検事・鬼島平八郎
 金曜9時〜 テレビ朝日    
 脚本・・・樫田正剛ほか   演出・・・白川士ほか   P・・・安井一成 
 主題歌・・・ 「On your mark」 三代目 J soul Brothers
原作
検事・鬼島平八郎 1 (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)
主題歌
On Your Mark ~ヒカリのキセキ~
◆ 出演者 ◆ 鬼島平八郎
森本真紀
越中二朗
土方小百合
和久井雄二
寺岡政次郎
大橋はじめ
安東正親
木戸勉
藤波達彦
武藤伸司
敷島康弘
山岳法徳
橘寛二













濱田雅功
内田有紀
濱田岳
西山茉希
小沢仁志
板尾創路
細川茂樹
ビートたけし
田山涼成
松重豊
西村雅彦
石橋凌
古谷一行
松方弘樹













伊智地検 新米検事 44歳
伊智地検 エリート検事 32歳
伊智地検 検察事務官 23歳
伊智地検 若手検事 26歳
警視庁 刑事
ビルメンテナンス作業員
優明党 代議士
謎の男
伊智地検 ベテラン検事
伊智地検 支部長 51歳
巡査 45歳
東京地方検察庁 検事正
東京地方検察庁 総長
優明党 幹事長
◆ レビュー ◆
  ◇ Flie. ◇   「戦いの果てに…」   最終回   2010.12.03.                       

もやもやもやもや・・・・・
たけしは一体何の役やったねーん!!!
もーっ!なんて無駄遣い!

なんだこりゃ・・・

命がけで森本がネタをマスコミに売ったけど、
んなもん、軽く握りつぶされちゃってて・・・
オマケに殺されかけちゃって・・・
なにくそーっ!!って橘のところに乗り込んだ鬼島・・・
吠えるだけ吠えといて、つまみだされて・・・
で、優明党の一斉捜査・・・いきなり??
森本の頑張りが全国の地検を動かした・・ってこと?
鬼島・・・もっと大きく動いての結果・・・ってのを期待してたのに、
なんだそりゃぁ・・・って感じ。
しかし、最終回にしてこんなにもまるまるっ!とまとめてくるとは・・・
詰め込みすぎですな。(笑)

結局、橘を完全に潰すこともできず、
頼りになりそうな山岳総長はやめちゃうし・・・
なんか、いまいちスッキリしませんのぉ・・
でも、現実ってのは、こんなもんかもねぇ・・・と、諦めてしまうお年頃・・・悲しい・・・(笑)


  総評  
ま、最初からたいして期待してたわけではないので、
裏切られたーっ!とか、たいそうなガッカリ感はないんですけど。(笑)
作り方次第では面白くなったかもしれないなぁ・・とは思うけど、
全体的には、残念な感じ・・・かな、個人的には。


  ◇ Flie. ◇   「告発…検察の闇」    2010.11.26.                          

せっかく救ったのに・・・
結局、力には勝てないのか・・・っていうお話でしたね。
自殺・・・って言ってたけど、また「殺された」ようなもんでしょうな、大橋さん。
そう、鬼島の義兄のように・・・。

森本が最後に寝返ったのは痛快ではありましたけど、
次回の最終回で、悲惨な最期になっちゃうのか・・・?
橘にたてつくと、みんなこうなっちゃうのかねぇ・・(涙)

今のところ、また安東さんが何者か、よくわかりませんのぉ。
最終回には何か動きがあるんでしょうかね?

ってか・・・もう最終回??
早いな・・・
打ち切り・・・?(汗)


  ◇ Flie. ◇   「仮面を脱ぐ女検事」    2010.11.19.                          

ま、わかってたことを説明された・・って感じの回でしたね。

大橋をジャマだと思った橘が、死なせるために保釈を申請、
で、保釈された大橋は、秘書から橘の意向だ・・と聞かされ、自殺を図る・・ってわけだ。
ただ、「本人が申請するもんなのに、本人は知らんかったみたいや・・」と思った鬼島が駆け付け、
一命は取り留めたらしい。
・・・出来すぎな気もするけど。(汗)

生きててもらっちゃ困る・・・ってんで、大橋の入院先を聞きだした秘書がまた殺しに行くも、
勘付いていた鬼島の機転で、鬼島代役となり、秘書は逮捕・・・
森本の動向を探るため、自分が扱ってた事件の容疑者に「逆スリ」をさせて誘導したようです。
鬼島、大活躍ですが・・・

個人プレイっすよね?
越中とか小百合とか、藤波は一緒になって森本と事件の繋がりを探ってるのに、
鬼島は蚊帳の外・・・(汗)

寂しい・・・協力すればいいいのに・・
まだ鬼島は信用されてないのか?
なんか、物悲しくなるくらいの疎外感ですわい。(滝汗)

事故に遭った幼い森本を救ったのが橘らしく、父親と思って生きてきた森本だけど、
「父のように慕ってくれた」大橋をバッサリと切り捨てる男を前に、どう思ったよ?
それでもこの男に尽くすのかい?って話っすよ。
ま、伊智地検が話に寝返れば、命の危険も・・って気もしますが。(汗)

メインの話は動き出したわけで、最終章へ突入・・ってことかな?


  ◇ Flie. ◇   「華麗なる真の黒幕」    2010.11.12.                          

大橋の事務所のゴミをひろって、つなぎあわせてパーティ券を完成させると言う、
すんごい地味な活躍を見せた木戸さん・・・
なんと、15年前から追ってる事件だそうな・・
そこまで根深い話なのね・・(汗)
となると、やっぱり鬼島の姉夫妻の件も関わっているんだろうね。

私が担当します!と森本が大橋の聴取をするも、
途中でおかしい・・・と気づいた木戸さんがストップをかける・・・
もっと大きな何かが裏にあるはず・・・とね。
その通り、大橋は「トカゲの尻尾切り」されようとしてたわけよ。

大橋自身は知らなかったんだけど、のちに秘書から「党のため・・・橘先生のため・・」と言われて自首・・・
不正献金の件はこれで終わり・・・となっちゃうわけだけど・・・

これは、優明党、そしてそれと繋がってる人たちのシナリオ通りの展開・・・
木戸さんは倒れ、定年まで復帰不可能らしい。
虚しいのぉ・・・
鬼島も、森本に不審を抱きつつ、結局何もしてないし、
なんだかねぇ・・って感じっす。

そこに安東弁護士登場・・・
「伊智から日本を変える」ってポスターを破り、「敷島に渡しとけ」と森本に・・・
おや?敷島側とつるんでると思われた安東さん・・・
もしや対立する対場なの?

次回は森本の本性にみんなが気づくみたいね。
でも藤波さんの表情は・・・?
そして、大橋、自殺しちゃうのか?
うーむ・・・それも指示だとしたら・・・イヤな話やのぉ・・・(汗)

それにしても・・・いつも都合のいいように、鬼島が担当する事件が
メインの話に関係してるよねぇ〜!(汗)

今回のはなんか無理矢理な気がするけども。


  ◇ Flie. ◇   「女検事の黒い秘密」    2010.11.05.                          

大橋の秘書である九条誠(長谷川朝晴)が裏金を受け取ってたとわかるも、
行方知れず・・・
きっと大橋の不正とからんでる!と九条の家宅捜索に加え、大橋の事務所の捜索も始めた伊智地検だったんだけど・・・
九条一人の仕業って証拠しか出てこなくて、
言いだしっぺの森本が責任を取らされそうになり、
伊智地検、みんなでもう一度調べる!!って展開です。
ただ、鬼島だけは自転車泥棒の男の調査をしてましたが、
その途中九条に関連することを偶然見つけ、
最終的に今回も、鬼島が軽く説得しちゃいまして、九条、出頭・・・です。
毎回同じパターンやな・・・(汗)

鬼島は、森本が九条の家宅捜索のときに、領収書を入れてるのを見て、
何がしたんだ、何者だ?と疑問をぶつけておりました。
・・・これ、予告で見てたけど?
それ以上は進まんのかいっ!!(汗)

なんか、ちょっと飽きてきたぞ・・・(滝汗)

そろそろ、鬼島の姉夫妻の死に繋がるヒント・・・とか出てくるといいのにね。
はぁ・・・
無理して見るドラマじゃないなぁ・・って感じになってきやした。(汗)


  ◇ Flie. ◇   「検察バッシング」    2010.10.29.                          

たけしとハマちゃんのシーン・・・
まとめ撮りかなぁ・・・とか、そんなことを考えちゃった。(笑)

毎回一言二言言うだけの登場か?と思ったけど、
次回はもっとしゃべる様子・・・
うーむ・・・あんまり単調だと、飽きちゃいますからね、そこんとこ、よろしくです。

さて、前回の裏金作りの話の続き・・・
裏金作りを支持したであろう社長のほうの取り調べを開始するも、もちろん話すわけはなく・・・
でも、木戸の一言で小百合と越中が動き出し、裏金運び人らしき男を見つける・・・
家をたずねようとすると、「私が行きます」と森本が横取り。
しかも、しれーっと小百合の足を引っ掛け、その運び人を逃がす・・
一体、何をしたいんだ?と思ったら・・
ただ単に東京地検との繋がりだけでなく、悪い方とも繋がってる??
最終的に自白した社長に、「ペラペラしゃべって・・どうなるうかわかってんの?」と睨みつけてましたよ?
悪いヤツがエースか・・・
困ったもんですなぁ・・。


次回は早速鬼島が森本の「悪」に気づくのか?
早すぎる気がするけど・・・(汗)

今回は、地元民に好かれ尊敬されている社長の存在を知り、
その市民の気持ちを社長に届けよう・・・と鬼島が一計を講じ・・・
その結果、社長は自白することになったんだけど、
「鬼島の手柄」と明らかにはなりませんでしたね。
小百合は「もしかして・・?」って思ってたし、木戸も鬼島がちゃんと調査してることに気づいたみたいだし、
そのうち、みんなが鬼島を認めてくれる・・って流れかな?

でもさ、ただでさえ「正義の味方じゃないじゃん!!」って怒ってた甥っ子には見せられない「悪者っぷり」でしたね。(涙)
知られないといいけど・・・(汗)


  ◇ Flie. ◇   「子連れ検事の挑戦」    2010.10.22.                          

オッサン版「HERO」みたいな感じ・・・?(笑)
44歳にして検事になった男の奮闘・・・って感じね。
しかし、ハマちゃんがかすみまくるほどの・・・・たけしの存在感!!
廊下歩いてくるだけで、すんごいオーラでしたねぇ〜!

もう、アレ見ちゃうと、アレしか印象に残ってない!(笑)
弁護士とか何とか言ってたけど・・・
後々は一緒になって立ち向かってくれるのか、敵となるのか・・・楽しみですな。

ハマちゃんは、何をやっても関西弁なんで、あんまりいつもと印象は変わりませんが、
議員だった義兄と姉が死んでしまい、その息子と娘を引き取って養子にして育ててるみたいですな。
本人は結婚もしてない・・ってことか・・・
姉夫婦の死の真相は、結局はいろいろと繋がってて、明らかになっていく・・ってことになるんでしょうね。

検察ってさ、警察が取り調べ・捜査してきた資料とかを見ちゃうと、
「だったら、そうかもね、はい、起訴」ってしちゃいそうで怖いなぁ・・ってのが私の印象なんだけど、
少なからずそんなとこはあるみたいね・・・
でも、鬼島は自分の感覚で、なんか違う・・と思ったら一人で動く!って感じの男のようです。
鬼島の過去を知る警視庁の刑事・和久井は協力的ですけど、
護送車乗っ取りは問題になると思うがね・・・(汗)

最終的に、鬼島の暴走により、今回の事件は劇的な結果を生んだわけだけど・・
その先には、東京地検が追ってる大橋議員の不正に繋がってるようで、
いろいろと面倒なことになっていきそうですな。
今のところ、東京地検と繋がってるらしい森本ですが、
そのうち、鬼島の影響を受けて伊智地検の人間として動いていく・・ってことになるのかな?

ま、可もなく不可もなく・・・って感じかな?
一話完結でいくのなら、気楽に見られそうですけども。



★ STORY ★ 濱田が演じるのは、6年前に政治スキャンダルに巻き込まれ自殺した姉の事件をきっかけに44歳にして検事になった鬼島平八郎。正しいと思うことを押し通し、大人の事情や理不尽な圧力に屈せず、日本の法曹界に渦巻く巨悪を痛快に暴いていくヒューマンストーリー。
★ 期待度 ★ マジメな浜ちゃんのドラマってことか・・・最近のテレ朝は、お仕事ドラマが好調みたいなんで、これもイケる・・・か?(汗)どうだろう・・・。