バーテンダー
 金曜11:15〜  テレビ朝日      
 脚本・・・高橋ナツコ   演出・・・・片山修ほか   P・・・中川慎子ほか 
 主題歌・・・ 「Lotus」 嵐
原作
バーテンダー 1 (ジャンプ・コミックスデラックス)
主題歌
Lotus
◆ 出演者 ◆ 佐々倉溜
来島美和
杉山薫
三橋順次
桜肇
桜寿
葛原隆一
来島泰三







相葉雅紀
貫地谷しほり
荒川良々
三石研
尾美としのり
西慶子
金子ノブアキ
津川雅彦







バーテンダー
弱小出版社の記者 来島財閥の跡取り娘
BAR「ラパン」のバーテンダー
BAR「ラパン」のチーフ・バーテンダー
「さくら食堂」のおやじさん
「さくら食堂」の女将
凄腕バーテンダー
来島グループの会長 美和の祖父
◆ レビュー ◆
  ◇ glass  ◇   「今夜完結!!君へ捧ぐ最後のグラス…たとえ二度と逢えなくても」    最終回
                                            2011.04.01.          
第8話ゲスト ・・・ 本郷勇次 (錦戸亮) 

そうね・・・・
集客の意味では、葛原のほうがメインバーテンダーにふさわしいよねぇ・・・

でも、土壇場でカクテルを変えた佐々倉の気持ちは、
確実に美和の心を打ち、背中を押してあげた・・・
本物のバーテンダーっていう意味では、佐々倉は合格点だろうね。
加瀬も微笑んでたし・・・

結局、佐々倉のカクテルに励まされた美和は、
カーディナルのメインバーテンダーに選んだのは葛原でした・・・
でも、自分を救ってくれた神のグラスは佐々倉のグラスだと言う美和・・・
その言葉で佐々倉もまた、救われたんだろうね・・

そして佐々倉はラパンを卒業し、自らお店を立ち上げたようです。
誰かの下で働くってことは、ある意味責任がないから甘えになる・・ってことだろうね。
それに、大きな舞台より、より客に近い小さなバーのほうが、
佐々倉には似合ってるな・・って思えるしね。

目の前から佐々倉が消えて慌てる美和だけど、
ちゃんと「ここにいる・・」ってことで、こりゃ安心でございますな。
ここでまた、佐々倉はいろいろと成長していくことでしょう・・・。
しかし・・・どこにそんな金が・・・(汗)

原作を読んでなかったので、佐々倉=相葉ちゃんってことにほとんど違和感を感じず
最後まで見てこられました。
いっつも笑顔で元気な相葉ちゃんのシリアスな顔とか、新鮮だったわ。(笑)
結構面白かったと思いますよ。


  ◇ glass  ◇   「最終章!!さよなら…ラパンの日々」      2011.03.25.          
第7話ゲスト ・・・ 早瀬宏昭(別所哲也)   君島瑠美(佐藤江梨子) 

「さよなら、ラパンの日々・・・」なんてサブトイトルだから、
おやおや、ラスト前で店を去るのかい、佐々倉?と思ったけど、
そんな感じはないっすねぇ・・・?(汗)

でも、私は今回の話、好きです。
バーで出会った男女の恋バナ・・・
しかし、勇気を出せない男・・・その背中を押してあげる佐々倉・・・
実は、ダイススタッキングが完璧にできる!っていう佐々倉もカッコよかったし♪(笑)
そういえば、昔、私もよくやってたなぁ・・・あれ。
私も結構高い確率で成功してましたけどね!(プチ自慢(笑))

そんな小さな勇気を人に与え、自分も勇気をもらう佐々倉・・・
自分にできないことを見つけるのではなく、自分に出来ることでつくす・・・
その生き方を加瀬や来島から学び、
ようやく佐々倉はホテル・カーディナルのメインバーに立つことに挑戦する決意をする・・・
そんな佐々倉を受け入れた来島・・・
でも、死んじゃった・・・・ぽい?

そして、その来島から手紙を受け取ってたような加瀬。
メインバーを任せる人間を選ぶのは加瀬・・・か?
それとも、遺言で残してるのかな・・?
とにかく、個人的には、葛原の「メインバーに立ちたい思い」は、人のためって言うより
自分のため(亡き恋人との約束)って気がするので、
お客様のために・・・っていうバーテンダーをお望みなら、佐々倉を選んでほしいなぁ・・って思っちゃいます。


来週のゲストは・・・次クールから始まるドラマに主演する錦戸くんが登場ですか・・・
役名もそのドラマの役名と一緒みたいですね。
そっか・・・もう「嵐」つながりはないのか・・・
初回のマツジュンの写真だけかぁ・・・ちぇーっ。


  ◇ glass  ◇   「あの人に勇気をもらった…今こそ最高の一杯を」      2011.03.18.      
第6話ゲスト ・・・ 山之内 (大友康平)

えぇ〜!
なんか、加瀬五朗(竹中直人)にクビにされた理由ってのがちょっと・・・だよね。
完全なる初歩的ミスで、しかもそれに気づかずに・・・なんて、そりゃ佐々倉が悪いわ。(汗)

そんな理由だったとは、ガッカリでやんすよ・・・。

そんな加瀬の前でカクテルを作るのは無理・・・と逃げてた佐々倉だけど、
美和に背中を押されて加瀬の前で一杯。。。
だけど、それは山之内っていうシェフに伝えたいメッセージがあって・・・の一杯で、
味醂を出しちゃったわけだけどさぁ・・・

そんな佐々倉を、加瀬は認めない!と背中を向けちゃいました・・・
どうなったら、加瀬は佐々倉を認めてくれるんだろうねぇ・・・
なんだか、感じ悪かったですわい。

いよいよ、来島が倒れました・・・
祖父の遺志を叶えてあげたい美和・・・
さぁ、メインバーのバーテンダーになれるのは、葛原でしょうか、佐々倉でしょうか・・・。


  ◇ glass  ◇   「母と認めない!!銀座の女帝 娘に遺す最期の一杯」      2011.03.04.      
第5話ゲスト ・・・ 諏訪早苗(室井滋)   諏訪マリ(芦名星)

今回は親子のお話ですね。
室井さんと芦名さんの存在が大きすぎて、相葉ちゃんがかすみがち・・・でしたけど、
それでも、二人の仲を修復させるために大きく働きましたね!


そして、佐々倉のことも明らかになりましたね。
早苗が佐々倉の父のことを知ってたんだ・・・
なんと、代議士の息子というおぼっちゃまだった佐々倉!
でも、バーテンダーになりたい・・って家を出てから、親の死に目にも会えなかった・・・という悲しい想い出をもってるのね・・・
最後に、亡き父に父のために作った一杯でもてなす佐々倉の姿に・・・
ちょっと泣けちゃいました。

これで、佐々倉も少しは吹っ切れたかな?

私としては、あのいつも冷静で素敵な三橋さんが、
早苗を前にするとブルブル震えちゃってる姿が可愛くて笑えました。(笑)
そこまですごいバーテンダーには見えなかったけどねぇ、早苗さん・・・(滝汗)


  ◇ glass  ◇   「涙の毒入りカクテル…12時歌舞伎町シンデレラ」      2011.02.25.        
第4話ゲスト ・・・ 北方 (カンニング竹山)   南原亜希 (田中美保)

竹山さんを見ると、最近芸人仲間から「役者さん」って揶揄されてるので、
シリアスに演技してても笑えてしまう・・・(笑)

今回で佐々倉の過去がちょっとわかるかなぁ・・・って思ったけど、
風ってバーで北方っていう先輩と働いてた・・ってくらいで、あんまりわかりませんでしたね。
いつも笑顔の佐々倉が抱えてる傷・・・
まだ見えてこないのかな?

尊敬していた先輩が落ちぶれてて、ガッカリするやら腹立たしいやら。。。の佐々倉。
でも、バーテンダーの本来の役割は・・・って来島に問われ、
訪れた客を少しでも幸せにすること・・・
それは、どんな場所であろうとできること・・・ってわかるわけだ。
野戦病院のようなバーで、北方はあそこでしかできない癒しを施してたわけだもんね。

でも、私はそんなことより、佐々倉の様子がおかしいことを察し、
来島をお呼びしちゃったりする三橋さんが素敵だなぁ・・・って思います。
ろくに知識もないくせに知ったかぶりする杉山を、
「すみません・・・でも腕は確かですから・・」ってフォローしてる姿もほほえましいし。(笑)

佐々倉は環境に恵まれてるんだよね。
少しずつ、成長していってるようです・・

さぁ、次回は「マイガール」ではお母さんだった室井滋さんとの再共演!
あのシェーカーの振り方・・・すごかったなぁ・・
練習・・・してないのね・・・(滝汗)


  ◇ glass  ◇   「40女結婚やめます!!モテキ到来…幻のカクテル」      2011.02.18.        
第3話ゲスト ・・・ 織田公彦 (津田寛治)

今回も2つのエピソードが盛り込まれていて、
あらら、まとまるのか・・・?って思ったけど、最後はうまくまとまりましたね!
面白かったです。

美和の上司である五木編集長の恋人・織田・・・
今まで必死に仕事をしてきた五木にようやく訪れた幸せ・・・
でも、カウンターの中から佐々倉は違和感を感じ、ウソを見つけ、見抜き、つきつけていく・・・
本当なら、客のウソをいちいちつっこんだりするのは、バーテンダーとしてはルール違反かもしれない。
でも、そこには許せないウソが隠されていたから、佐々倉はあえてつきつけたのね。

そして、織田への話をしつつ、自らの個性を持たずに悩む杉山へのメッセージも伝える・・・と、
なかなかよくできた話でした。
後から入ってきた後輩として、偉そうに説教もできないだろうし、
遠回しに・・・って感じで杉山も悪い気はしなかっただろうしね。

最終的に、結婚詐欺師だった織田は、五木からキレイに離れていってくれました。
まぁ、だからって詐欺師をやめるとは思えないけど。(笑)
五木の傷も最小限で済みそうだし、佐々倉のカクテルで癒されてたし、
大丈夫でしょう・・・
美和たちにはとばっちりがありそうだけどね。(笑)

そして、カクテルコンクールで自分らし発想で作ったカクテルを作った杉山は、
完敗ながらも満足していたようです。
これからまた一皮むけたバーテンダーになってくれるでしょう・・・

いやはやしかし、あの葛原って男の目つき、どうにかならんかね?
あの上目遣いで睨みつける顔見ると、笑えて仕方ない。(笑)

たいして強くない人が必死に粋がってるようにしか見えないんだよねぇ・・
逆に見下すくらいの目つきにしたらどうだろうか・・?


  ◇ glass  ◇   「危険な女子会…美しすぎる親友の秘密」      2011.02.11.        
第2話ゲスト ・・・ 山岸由香利 (倉科カナ)  清水 (城島茂)

私はまぁ、そこそこ面白いと思うんだけど・・・
世間的に評判はどうなんだろうね。(汗)

たださ、由香利と清水の話か、佐々倉と葛原の対決か、どっちかの話にしたほうがよかったかもね・・
由香利の話なんて、浅くしか扱ってないんだもん。
城島くんなんて、出てこなくてもよかったくらいじゃない?
由香利が濃いで悩んでる・・・って設定だけで済んだ気がする。
無駄だったなぁ・・・(汗)

パーフェクトなバーテンダー・葛原・・・
見た感じから、すごくイヤな印象を与える男なので、
絶対に佐々倉には負けてほしくないんだけど・・・
葛原の言うことは納得・・・なわけで・・・(汗)
でも、佐々倉みたいに、相手のために作るカクテルってのもいいと思うんだけどね、私は。


あぁ・・・このドラマ見てると、ほんと、カクテル飲みたくなる!
旦那が作ってくれるって言ってくれてるので、楽しみだーっ!!


  ◇ glass  ◇   「嵐を呼ぶ男vs伝説ホテル王…永久にまずい酒」      2011.02.04.        

原作は読んでません。
だからかな、結構面白かったですよ、私には。
ま、嵐好きですからね♪(笑)

祖父が認めるバーテンダーを捜していた美和・・・
やっと見つけた!と思った溜という男だけど、すでに辞めたらしく・・・・
一話でどこまで描くのか・・?と思ったら、ちゃんとまとめてきましたね!
変に「次回に続く!」っていう風にされなくてよかったなぁ・・って思いました。


あ、ちなみに、ウチの旦那、若かりし頃バーテンダーやってまして、
途中で「きっと温度だな・・」って言ってました。
ま、私はカクテルのことなんて全然知らないけど、
妙に氷のアップを映すので、おかしいな・・って思ってましたけど。(笑)
久しぶりに旦那に作ってもらいたいなぁ・・って思う、そんな夜でございました。
・・・でも、もう道具がないから無理だわい。(涙)

「本物のバーテンダー」になるため、溜はこれからいろんなお客さんと接して
人生に深みを持たせていくわけですな。
今後も見続けようと思いまーす!



★ STORY ★ 普段は無邪気な天然キャラだが、ひとたびカウンターに立つと、最高のもてなしと一杯のカクテルで客の悩みを解決する天才バーテンダー・佐々倉溜(ささくら・りゅう)役を相葉が演じる。
★ 期待度 ★ 相葉ちゃんに癒し効果はあると思うけど・・・ちゃんとバーテンダーできるのかな・・?(笑)