相棒 ten 
 水曜9時〜  テレビ朝日    
 脚本・・・興水泰弘ほか   演出・・・・和泉聖治ほか   P・・・松本基弘ほか
サウンドトラック
相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック
前作DVD-BOX
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)
◆ 出演者 ◆ 杉下右京
神戸尊
月本幸子
米沢守
角田六郎
伊丹憲一
三浦信輔
芹沢慶二







水谷豊
及川光博
鈴木杏樹
六角精児
山西惇
川原和久
大谷亮介
山中崇史







特命係 警部
特命係 警部補
小料理屋女将 
鑑識課
組織犯罪対策5課長
捜査一課 巡査部長
捜査一課 巡査部長
捜査一課 巡査
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「罪と罰」   最終回2時間SP   2012.03.21.             

うーん・・・ちょっとガッカリでしたねぇ・・・

最初に事件の詳細を明かしておいて・・・・の、
その後の「相棒」による捜査・・ってことで、
事件の真相を視聴者が知ってるんだから、
その後の時間はかなり引き延ばし・・・か感が否めませんでしたね。(汗)


クローン赤ちゃんは・・・生まれてきたら大変だろうな・・・と思ったら、生まれ来ることはできませんでした。
ま・・・そんなことになるだろうな・・とは思ってたけど。(汗)
神戸が職を賭して守った命だったんだけどね・・。

問題は・・・新相棒は!!ってことで。
神戸登場は、本格的に登場するシリーズの前シリーズの最終回には登場してましたよね?
だから、今回も出てくるかと思ったのに・・・
「ようやく一人に慣れたところです」って言ってたよね?
つまり、神戸がいなくなってから一カ月は一人だった・・ってことか。
補充はすぐには行われないんだね。
誰だろ・・・次の相棒は・・・
気になります。


そして神戸は・・・クローンとはいえ、一つの命を守るために、
右京の信念を曲げさせてしまったと自分を責めておりまして、
それでも、右京は神戸を放りだしたりしない・・・と思ってたのに、
右京を黙らせることに成功した神戸の力を手に入れようと思ったのか、
警察庁長官官房になった(みたい)長谷川が、官房付きとして神戸を任命しました!!
警察を辞めるっていうオチかと思ってたので、ビックリです。

しかし・・・そういう退場か・・・
亡き官房長の代わりに、準レギュラーとして長谷川が出てくることになり、
その下には神戸が・・・っていうことになるわけか。
薫ちゃんのときの「卒業」とはちょっと違った感じだね。
「”相棒”を卒業」っていうより、「"特命係”を卒業」ってレベルだね。

うーむ・・・
中途半端な気が・・・・(滝汗)


  ◇ 第話 ◇   「守るべきもの」    2012.03.07.                     

今回はちゃんと捜査した・・・って感じの回でしたね。
ちゃんと捜査してたどり着いた・・・わりには、最後はあっけなかった気もするけど。(笑)

しかし・・・銃の音か・・・
なるほどねぇ・・
でもさ、あの監視カメラの映像、明らかに「逃げ出した」だけではないよね?
ちゃんと見てほしいわ・・


それにしても、「狂言の銃撃」で死んじゃったSPさん・・
可哀想だなぁ・・
本当にいい人だっただけに、惜しいです・・

さぁ、いよいよ次回は最終回!
神戸がどんな風に退場していくのか・・・
死んで・・ってのではないことを祈ろう。

また、いつか出てきてほしいしね!


  ◇ 第話 ◇   「陣川、父親になる」    2012.02.29.                     

基本はいい話だったんだけどなぁ・・・
殺害理由と方法がイマイチ・・・だったよね。(汗)


小さい頃、母が過失で火事を起こしちゃって、母も死んだけど巻き添えで二人死んじゃって、
それをずっと抱えて生きてきた女性か・・・
辛いねぇ・・・

その女性を取材していた記者が、その巻き添えになった二人の娘で、
ドキュメンタリーをつくるという大きな仕事と、
その裏に、この女性を許してあげたい・・って気持ちもあって・・ってことだったのに
この記者の後輩が勘違いから殺しやがって!
ってか、なんで毒を持ってるんだ??
そこんとこはスルーしちゃうんだね。(汗)

いい話だっただけに、事件のオチがいまいち・・・だったな。


  ◇ 第話 ◇   「宣誓」    2012.02.15.                            

これは・・・・神戸も・・・・辞める・・・とかってことか?
自分のせいで冤罪になって、それを悔んで・・・の人の回だったもんねぇ。
神戸の最後が気になる・・・
のに・・・

次回は陣川くんかいっ!(笑)
来週放送休みでしょ?
ってことは、陣川の回を入れても、あと三回・・・?
陣川くんでホッコリさせて、残り2回を神戸に費やすってか?
なんか・・・それでいいのか?って気も。(汗)
まぁ、いいか!愉しそうだから♪(笑)

しかし・・・犯人捕まえたいからって、証拠を捏造するなんて・・・
そんな風に捕まえられて、取り調べで自供させられて・・・冤罪・・・とかになるわけでしょ?
ひどいよね・・・
全然同情できませんわ、あたしゃ。


  ◇ 第話 ◇   「アンテナ」    2012.02.08.                            

今シリーズで神戸が卒業と発表されました・・。
前々からいろいろと噂を聞いていたけど、本当だったんだねぇ・・・
残念だけど・・・まぁ・・・やっぱり右京さんの相手は同じエリートっぽい人ではなく、
薫ちゃんみたいな熱血漢のほうがいいかな・・って思ってたので、
次の「相棒」に期待!ですね。

・・・と思ってたら・・・出ましたよ、熱血漢!(笑)
米沢さん主演の映画版に出てきていた相原(萩原聖人)・・・
こんなにバカみたいに熱い男だったっけ?(笑)
引きこもりで、かなり怪しい男を、全力で信じまくってたけど・・・
危険っちゃー危険な男だ。(汗)


結局、この引きこもり男ではなく、なんと通り魔の犯人は女だった・・・というオチでしたね。
あの女性の旦那かなぁ・・・?って思ってたのに、女だったとは!!
旦那の話だけ聞いてると、夜の子育ての世話してくれたり、悪い夫とは思えないんだけど、
一度勘に障ったら、全部が全部裏にとれちゃうんだろうなぁ・・・
ちゃんと会話をすべきだったんだろうけどねぇ・・・
良かれと思ってやったり言ったりしても、相手にとってはそれがどう伝わってるか・・・
相手のアンテナ次第・・ってことだもんね。
うむむ・・・難しいっす。


で・・・この熱血漢・相原・・・・、まさか、「新・相棒」候補??
いやいや、ちょっと「オバカ」っぽいので、もうちょっと頼りがいのある人でお願いします。(笑)
同じレベルの陣川くんも、ご遠慮願って・・・・
あの人は、ときどき出てくるのがよろしいです!(笑)

次回は早速神戸の身に何かが・・・?
卒業へ繋がる話になるんでしょうか・・・


  ◇ 第話 ◇   「悪友」    2012.02.01.                            

懐かしい、そして、愉しい回でしたね!
やっぱ、暗い話より、明るい話のほうが見てて楽ですわ。


一昨年登場の三人組・・・・の再登場。
神戸になってから・・・の人なので、神戸もやりやすいでしょう。(笑)
で、相変わらずの人の良さっていうか、間が抜けてるっていうか・・・
この三人がつるんで会社起こしても、きっとダメっぽいから辞めとくべき。(笑)

しかし、面倒くさい話でしたな。(汗)
「晶」ってのは、女性の名前でもあるから、あの、美人の常連さんがきっと・・って思ってたけど、
まさかパートのオバチャンとは。
でも、あの常連さんに危害が及ばなくてよかったよねぇ〜!

次回は萩原聖人さんか・・・
懐かしい人のオンパレードですね!
・・この手法しかないのか、今の「相棒」は・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「藍よりも青し」    2012.01.25.                       

うーん・・・イマイチだったなぁ・・
まぁ、きっと誰かかばってるんだろう・・とは思ったけどさ。
元暴力団が何を隠してるかと思ったら不法労働者で、
それが「かばう理由」に繋がってたとはねぇ・・・
ひねってはあるけど・・・あんまり面白くなかったっす。(汗)

ただ・・・最後の幸子さんは良かったです!
たまきさんと同じような女将じゃ、交代した意味ないもんね!
しかし・・・生ハム、茹でた時点で「生」ではないわけで・・・(笑)
まぁ、食べてみれば、美味しいかもよ、ハムだもん。(爆)


  ◇ 第話 ◇   「つきすぎている女」    2012.01.18.                       

なんとなく記憶していた「ついてない女」の幸子さん・・・
今日の昼、再放送してたので、一気に3話、見ちゃいましたよ。
そのうえでの今回・・・
楽しめたわぁ〜!
まさか、まさかのオチに、そうきたか!って感じだったしね!


昔、夫を殺した男を殺し、右京さんと亀山に捕まって服役していた幸子。(相手は死んでなかったんだけど)
その後、脱獄騒ぎに巻き込まれて刑期が伸びたものの、無事に出所してきたようで・・・
分相応な仕事をしていたら、あれよあれよというまに、食品会社の社長に気に入られてプロポース!
私にそんな幸運が訪れるわけない・・・と、右京に相談した幸子ですが・・・って話。
そうなんだよね、ついてるんだか、ついてないんだか、わからん人なんだよね。(笑)
だから、幸運を疑いたく成る気持ちもわかる・・


しかし、相談された右京さんの調子がおかしい!
いつもの右京さんではない・・・ってことで、幸子は伊丹に助けを求めて、
捜査一課を巻き込んでの大騒ぎ!
・・・でも、そんな深刻な話ではなさそうだなぁ・・って思いつつ見てました。

結局、誰も死んでなくて、ちょっとした脱税問題はあったものの、
事件ではありませんでしたね。
幸子が「誰かにつけられてる・・」って思ってたのは、昔「組の姐さん」をやってたときのヤクザが、
「姐さんを恨んでるヤツがいつかもしれないから・・」と、守るために尾行させてたみたい。
ったく・・・人騒がせな人がたくさんだわ。(笑)

そして、右京さんの不調の理由は・・・
いわゆる、「喪失感」による「いつもと違う状況」が長く続いたから・・のようです。
「花の里」がなくなったからねぇ・・・
でも、「いつもの習慣」が戻って、調子を取り戻したみたい・・・
そう、幸子さんに「花の里」を任せたのよ!
そうきたかぁ〜!
もう4話も相棒に出てるんだもん、ほぼ準レギュラー状態の幸子さん、
いよいよレギュラーになった!ってことかな?
よかった、よかった・・・なんか、すごく嬉しくなっちゃったわ♪

・・・これで本当にたまきさんは降板・・ってことになっちゃうんだろうね・・

久々に明るく楽しいお話で、最後のオチもよかったし、満足な回でした!


  ◇ 第話 ◇   「名探偵再登場」    2012.01.11.                       

今作、懐かしの人を使う話・・多すぎやしませんか?(汗)

次週もかよ・・・

それにしても、懐かしいヤツを復活させましたねぇ〜!
でも、好きなキャラだったので嬉しいです。
だけど・・・もっと面白めに作ってほしかったかも・・。
陣川くんレベルの面白さが欲しいのよねぇ・・・(笑)
ってことで、また出てきてくれると期待したいところです♪

今回の話は・・・ちょっと回りくどかったかなぁ・・・
そのわりに、わかりやすいネタがたくさんだった・・という、
どっちやねん!っていう話でした。(笑)
マーロウのおかげで愉しかったですけど。
最近は凝り過ぎてる話が多いので、もっと気楽に見られる話でもいいんだけどな・・って思いますね。


  ◇ 第話 ◇   「ピエロ〜オペラ公演中にバスジャック誘拐道化師が微笑む夜に、最悪の事件が始まる」 
                                     元日スペシャル    2012.01.01.     

最近は重すぎる話が多かった「相棒10」・・・
でも、この元日SPは、なかなか見ごたえがあって、私の好きな「相棒」でしたよ!

草壁(吉田栄作)によって集められたテロリスト・・・
子どもたちを誘拐して、自分の思想を表明しようとしておりましたが・・・
あっけなく殺されちゃった!
えぇ〜!って驚いちゃったよ。(汗)
で、お金目的だった残りの三人のせいで面倒なことになるわけだけど・・・

今回は、神戸が事件に巻き込まれ・・・っていう設定だったので、
いつもみたいに右京さんのサブみたいな存在ではなくて面白かったですよ!

警察と悟られまいとする行動とか、
テロリストの目を欺いて助かる方法を考えるとことか、カッコよかったし♪
いつも右京さんの影に隠れて頼りなかったもんね。(笑)

右京さんは右京さんで、数少ない手がかりから確実に事件に近づき・・・
解決したと思わせといて・・・その先をちゃんと読んで無事に解決いたしました。
ただ・・・速水(斎藤工)の動機がねぇ・・・
相変わらずのこの世相をちょっと匂わせるっていうやり方で・・・
そこがちょっとねぇ・・・って気がしちゃいました。

とはいえ、二転三転があり、ハラハラもさせられて、
かなり楽しめたと言えるかもしれませんね。
今後もこんな感じで作ってほしいです。
次回は・・・カッツミーなんで、ちょっと愉しそう♪(笑)


  ◇ 第話 ◇   「あすなろの唄」   2011.12.14.                            

ツッコミどころは多々あるけど・・・
まぁ、楽しめたかな・・?

バクテクロリスというバクテリアから重油を作る研究をしていた男が殺されたんだけど・・・
右京がちょっと匂いを嗅いで「こんな早く腐敗臭が・・?」って気づいたけど、
それくらいアンタが気づいてほしいね、検死官のおっさん。(汗)
だから死因不明社会って言われるんだよ・・・(滝汗)


自殺と判断されるも、納得しない右京たち・・・
共同研究者の栗田(利重剛)をしつこく調べるわけだ。
ま、コイツが犯人だろうとは思ってたけど・・・

いくら、この研究をやり遂げたいからって、人を殺したり、刑事を殺そうとしたり・・・
しまいにゃ、その大事だった研究のバクテリアを自分で死滅させちゃうなんて!
自業自得だけど・・・
そのバクテリアから出ていくる硫化水素を充満させて右京たちを殺そうとして、
結果、バクテリアが全滅しちゃうとは・・・
追いつめられてたとは言え、うっかりさんにもほどがある。(滝汗)

でも、捜査のためにちょっといただいてたバクテクロリス・・・
唯一生き残ったこのバクテリア・・
研究する人間は逮捕されちゃったけど、完全に未来が閉ざされたわけじゃない・・ってことで、
いつもよりは明るい結末だったかな・・?

次回は元日スペシャル。
なんか、豪華だねぇ〜!面白そうだねぇ〜!
・・・今シリーズはいまいちしっくりこないので、あんまり期待しないで見るとしよう・・・。(笑)


  ◇ 第話 ◇   「フォーカス」   2011.12.07.                            

まぁ・・・最後は「そうだったのか・・・」ってのがいい感じではあったんだけど・・・

あんな風に通り魔を目の前にして、
傍観意識とやらが働くとしても、あんな風に誰しも通り過ぎるなんて・・・
ありえないっしょ?

ってか、そうあってほしくない!って思いまくっちゃった!
実際、廃品回収の車の音にかき消されて・・っていうほうがなんぼか救いがあるわ!
・・・あり?話のフォーカス、ズレてる?(笑)

今回は・・・交番勤務のどっちかだろう・・・とは思ってました。
若い方かな?と思ったけど、爺さんのほうでしたね。

それにしても・・・報道カメラマンってのは・・・
仕事とはいえ、やっぱ、好きになれないなぁ・・って思っちゃいました。
その暇があったら、救えるだろ?って感じやもん。
自殺した子を救えなかったと思ってた・・・なんて、最後は右京さんが良い話にしてたけど、
今度の通り魔事件では、救えたんじゃないのか?

あの男、おかしいな・・・って思ってたんじゃないのか?って感じやもん。

ってことで、あんまり共感できる部分が多くない話でございました・・・。


  ◇ 第話 ◇   「すみれ色の研究」   2011.11.30.                         

神戸と右京、仲間割れか??・・・と展開していった今回・・。
いくら友達だからって、怪しい人物をかばう右京さん・・
いや、きっとちゃんと気づいてる・・とわかってはいましたが・・。

加藤(柴俊夫)が最初っから挙動不審で、
そこがイマイチ・・・な感じでしたね。
それに、神戸が右京を殴る・・ってとこ・・
演技でしょ?打ち合わせしてるんでしょ?ってのがわかりやすかったし。(笑)
ま、今クールの「鬱」な話に比べると、まぁ、気楽に見られた・・・かな?


しかし・・・「自殺するのに、使えるヒモらしき物体がたくさんあるのに、
どうしてわざわざ掃除機のコードを切って使ったんだ?」ってこと・・・
自殺と判断した警察に問いたいわ!
どう考えたっておかしいだろうに??(汗)

それと、母親の死の原因を、「卵を食べた」と答えた加藤。
妻が卵を食べないって知らなかったのか?
そんなわかりやすいウソをついたから、娘が疑うんじゃん!
ちょっと考えろっつの。(汗)


  ◇ 第話 ◇   「ラスト・ソング」   2011.11.23.                           

研ナオコさんがゲスト。
・・・女優・・・ではない・・・よね?
歌は確かにお上手だけど、演技が・・・(汗)
歌は吹替えとかできるから、普通に女優さんを使えばいいのに・・
なんか、今シリーズは始まる前から「大物ゲストが続々!」と、そこを目玉にしていたけど、
そんなの、別に求めてないんだけどね・・・(滝汗)


最初から犯人がわかってるパターン・・
それを右京たちがどうやって証明するのか・・・という話。
かと思ったら、殺した人間はほかにいましたね。
カレの演奏でないと歌えないから・・・と、遺体の始末を勝手にしたわけだけど・・
その真相が暴かれたとき、そのサックス奏者の態度が気に食わん。
アンタのために始末してやったってのに、心が全然動いてないのかっつのよ。
自分が殺したはずの事件が、思わぬ方向に動いていたら、
彼女がやってくれたんだね・・とか、そういう気持ちはわかなかったのかねぇ・・
感じ悪っ!


  ◇ 第話 ◇   「消えた女」   2011.11.16.                           

よかった・・・普通に戻ったって感じ?
それに、まさか・・っていうオチだったし。

あんな無礼な女、謝ってきても、あたしなら相手にしないけどね!な感じで始まった今回・・・(笑)

無理矢理近づいてくるんだもん、アリバイでも作りたいのか・・?と思ったけど、
その後姿を消した・・・となると、きっと存在を覚えていてほしかったんだろうな・・・ってわかりましたね。
でも、その相手がちゃんと調べてくれる人かどうかはわからないわけで・・
賭けだったのかな・・・?

てっきり、殺人を目撃して、犯人側にさらわれたのかと思ってたら、
なんと、高級売春婦だった彼女は、お相手の政治家が売春をバラされちゃ困るってんで、
事件解決まで監禁しておこう・・ってことだったらしい。
あらら、そんなオチとは・・って感じね。
右京さん、さすがですわ・・・
「販売促進課」ねぇ・・・ヤダヤダ。(笑)

今回のヒロインは守村やよい(本仮屋ユイカ)という女性で、
劇場版に出ていた子・・・だったんだけど・・
この映画を見たのはだいぶ前で、記憶にない・・・(汗)
でも、記者らしいので、また出てくる可能性アリ・・・だね♪
それより何より、劇場版というと・・・もう官房長に会えないのが寂しいなぁ・・
官房長がいれば、ドラマシリースのスパイスになってくれて、面白くなるのになーっ!!

・・・言ってもしょうがないことだけどさ・・・(涙)


  ◇ 第話 ◇   「ライフライン」   2011.11.09.                           

またこんな話・・・・
確かに今の日本、こんな感じかもしれん。
そんな事実をドラマでまでも突きつけられたくないっつの。
もぉ・・・どんよりだわよ・・・
今シリーズはこんな話でずっと行くのか?
久々に、マヌケな陣川くんに会いたい・・・(涙)


取り立てられる側が、取り立てる側にも・・・なんて、
はぁ・・そんなことまでしなくちゃいけないんだね・・・
でもさ、追いつめられた同業者に同情して刺してあげる・・・なんて、
もぉ、どっちこっちもあっちも追いつめられてて、辛すぎる。

あの携帯に写ってた伝票の写真・・・
それはあくまで右京さんの解釈であって・・
「寺泊」にピントが合ってるならまだしも、他に意味ありげじゃない?
あんだけひっぱいといて、そんなん?って感じでガッカリ。
普通は被害者の携帯にそんな写真があったら、
差出人やお届け人をもっと調べるはずだけどねぇ・・
変なの!!


  ◇ 第話 ◇   「晩夏」   2011.11.02.                           

うわぁ・・・なんか、今回もジットリした話だったね・・・
もっと、普通の話でいいんだけどなぁ・・・
最近、変に凝りすぎてないっすか?(汗)

昔の恋人の死が実は自殺じゃなった・・・
その事実を知った時、「もしかして、あの人が私を想うがあまり殺してしまったの。。?」と
ちょっと嬉しくなってしまった・・・ってことらしい。
で、その相手が犯人だったら・・・と期待したのに、違ったんだ・・・と、
悲観して死んでしまったらしいよ?
うーん・・・・なんか、ほんと、グッタリ。(汗)

もっと、スッキリ、痛快、爽快!みたいな、そんな事件&解決の話、ないかなぁ・・・
もー、疲れちゃったよ。(汗)


  ◇ 第話 ◇   「逃げ水」   2011.10.26.                           

今回はなんか・・・重くて苦しかったですなぁ・・・
それに、「出所したての人間が死亡」って、前回と同じだし。(汗)

加害者家族と被害者家族・・
でも、加害者家族も、被害を受けていることは事実で・・・
それはわかってるけど、
なんか、後味悪いっていうか・・・
何ともいいがたいお話でございやした。


  ◇ 第話 ◇   「贖罪」   初回108分SP   2011.10.19.                      

見ごたえのある初回でしたね!
堪能させていただきましたよ!

殺人罪で服役していた男が、出所と同時に投身自殺・・
遺書には、「やってない!神戸尊を絶対ゆるさない!」って書いてあって・・
右京とともに調べ始めた尊は・・・って話でしたね。

なんとなく、「一事不再理」を絡めてくる気がしてたんだけど、
真犯人・若林(大沢樹生)が一事不再理で無罪になっちゃうとはねぇ〜!
これじゃ、真相にたどり着けないじゃん!ってヒヤヒヤしたけど・・・
やっぱり右京さんには奥の手がございました♪

でもね、相手が元警察官、元検事、元判事だもん、大変そうだ!と思ったけど、
最後はやっつけてくれましたね!

「贖罪の機会」か・・・
若林がちゃんと償ってくれればいいけどね・・・。

しかし、まさか尊がねぇ・・
あんなうその証言をしていたとは・・・
人に「罪を償え!」とはいえない立場だったのね・・・
無念だっただろうなぁ、城戸さん・・
でも、尊を許さない!って遺書を残したのは、
純粋に尊がウソの証言をしたことが許せなかったこともあっただろうけど、
命をかける行動をすれば、尊なら何とかしてくれるかも・・って思ったのかもしれないな・・とも思うのよね。

だから、真相を突き止めた・・ってことと、
民事で訴える城戸の母のサポートする・・ってことで、贖罪・・ってことになるかな?
とにかく、とても面白かったです!

やっぱり「相棒」は面白い!
そう思える初回でございました。



★ STORY ★ 15年前に女性を殺害したとして、刑を終えて出所したばかりの城戸充(池内万作)が投身自殺した。彼の遺書には、自分は無実であるという訴えと、尊(及川光博)を「絶対に許さない」という言葉が。大河内(神保悟志)から連絡を受けた尊は、自ら事件を検証し直す覚悟を決める・・・。
★ 期待度 ★ 毎度おなじみ・・楽しませていただきましょう・・・