クロヒョウ 2 龍が如く 阿修羅編
 日曜深夜0:50〜  TBS       前作レビュー・・
 脚本・・安井国穂ほか    演出・・加門幾生ほか    制作総指揮・・名越稔洋 
 主題歌・・・ 「RIDE ON NOW」 HAN-KUN
主題歌
POSSIBLE / RIDE ON NOW【初回盤】
前作DVD
クロヒョウ 龍が如く新章 Vol.1 [DVD]
◆ 出演者 ◆
右京龍也 斎藤工 ボクサー
八代誠 佐藤祐基 東京・ドラゴンヒート ファイター
坂本信司 八神蓮 東京・ドラゴンヒート ファイター
斉藤保 冨浦智嗣 東京・ドラゴンヒート ファイター
水嶋彩 岡本玲 看護師
秋田靖人 阿部亮平 大阪・阿修羅代表
野崎亮 和田聰宏 大阪・阿修羅 トレーナー
二岡孝造 波岡一喜 元・東城会二岡組組長
榊天馬 石田卓也 龍也の親友 デザイナー
佐伯晃一 林剛史 鶴見の秘書
飯島賢也 高知東生 元プロボクサー
星野凌雅 魔裟斗 ドラゴンヒート主催者
鶴見正 大杉漣 東京都知事
◆ レビュー ◆
  ◇ 第章 ◇       2012.06.24.                      

うーん・・・・
まだまだ先があるぞ・・・っていう終わり方なんですかね・・・?
龍也はいずこへ・・・?
よくわからんが・・・
何はともあれ、斉藤工くんお楽しみ番組なんで、私はそれでいいです。(笑)


彩が龍也に、阿修羅と父・鶴見が繋がってる証拠のUSBを渡します。
それを使えば、鶴見の失脚は約束されてるのに・・・
そのUSB持って都庁に乗り込んだかと思ったら、
鶴見の挑発にのって、暴力で対抗しようとする龍也・・
おーいっ!もらったUSBを捨ててどうするーっ!!!


ま、そのUSB、記者会見中だったため、記者に拾われて明るみに出まして、
鶴見は捕まっちゃったわけです。
しかし、鶴見はちゃんと自分を救う手立てを用意していた・・・
自分に心酔している秘書の佐伯に「犠牲になってくれる人がいる・・」って遠回しにいうもんだから、
佐伯、「自分が全部悪い、都知事は関係ない」って遺書を残して自殺しちゃったもん・・・
鶴見はまだ死なない・・
この続きもまだある・・って感じ?

さぁ、DHを立て直すぞ!と意気揚々の信司たちだけど、
たくさんの人を失った龍也はその意味を見いだせない・・・
そして「オレにあるのはただ一つ・・」と拳を見つめながら歩いていっちゃった・・・
またボクサーになるの?
よくわからんまとめ方でしたな。
このドラマらしく、もっとドッタバタで終わってもよかったんだけどね・・・(汗)


ま、何度も言うが、斉藤工くんが素敵なんで、それでよしです、(笑)


  ◇ 第章 ◇       2012.06.17.                      

どんどん減っていくんですけど、(汗)

残りのジャマ者は龍也だけ・・・と鶴見は秘書・佐伯に命じる。
そして、神室町のカジノ計画を進めていくわけだけど・・・

まずは星野を捕まえ、龍也を孤立させる。
星野は事前に飯島に龍也たちが無謀なことをしないように頼んでおいたんだけど、
龍也は亮に会って話を聞いちゃうわけだ。
亮は、幼馴染の復讐のため、鶴見と暴力組織を繋がらせることで破滅に導こうとしていたってこと。
だけど、その途中、佐伯は龍也をライフルで狙っていた!!
暗闇の中で・・・
亮は、すっ・・・と龍也をかばう。
目が見えないからこそ、見えたものだったのか・・・。

そして力尽きた亮・・
無念を残して・・
さぁ龍也よ、鶴見との対決・・・か?


  ◇ 第章 ◇       2012.06.03.                      

信司、死んじゃった・・・
ってか、助かったんじゃ・・・?って気もしなくはないが。(汗)
最後に野崎のことを頼んで逝きましたね。
龍也は、阿修羅を潰すことが信司の仇を取ることになり、
そして野崎を救えることだと思ってるようですが・・・

野崎はもう、復讐に取りつかれてるみたいね。
鶴見は野崎を利用して思いを遂げようとしてるみたいだけど、
逆に野崎が鶴見を利用して、結果復讐しようとしてるんだろうね・・・
まずその手始めに、鶴見が彩を救うために静香の腎臓を奪ったと彩に話してしまいました・・
鶴見にとって、仕事と同じように大切な娘を傷つけてやったわけだ。
だからといって、鶴見ももう止まらない・・・

神室町はどうなっちまうんでしょう・・・。

阿修羅との最期の闘いとなる、秋田と龍也の決戦・・・
龍也が勝利しました。
その後、あっけなくいい人になっちゃった秋田。(笑)
ま、男ってこういうスパッ!としたとこがあるから気持ちいいんだけどね・・。
鶴見にハメられて、一斉に阿修羅が捕まっちゃいました。

さぁ、鶴見にとってジャマなのは、DH・・・龍也だけとなったわけで・・・
どうなっていくんだろうね。


  ◇ 第章 ◇       2012.05.27.                      

野崎・・・何を考えてるんだ・・・?

二岡が死んで、阿修羅・・っていうか、秋田を止める立場の人間がいなくなっちゃって、
龍也を倒すために躍起になっちゃってます。
守るべきものができた龍也は、恐怖に立ち向かうことになるんだけど・・・

そんな中、野崎が誠に近づく・・・
阿修羅とDHが共存できないか・・?ということ、
そして、この戦いの元凶は龍也だ・・・ってこと・・・
一方で、鶴見の秘書・佐伯は、野崎を使ってある動きを・・・
「殺人ゲーム」をオンライン上に流し、一般人に龍也をしとめさせるのさ。
オマケに、彩もセットだと得点アップ!とまで・・・
その作戦、鶴見は知ってるのか?
娘をダシに使ってまで神室町をどうにかしようと・・・?

それとも暴走してるのか、この秘書・・・?

野崎は、鶴見に使われてる風で、実は独断で何か考えてるっぽいよなぁ・・・
だって、過去、大事な友達を失う理由になったのは、
鶴見が娘に腎臓を・・・と奪ったからでしょ?
知っててそこにいるのか?
何を考えてるんだか・・・

誠は、「オレたちは運命共同体だ」と野崎に言われ、
それを信じて龍也を捕まえてきやがったよ。
しかし、彩と龍也を妻帰るために利用されたんだ・・・とわかったとき・・・
彩をかばって刺されてしまいました・・。

そんな弱弱しいオタクなんて、やっつけちまえばよかったのにぃ〜!!
・・・ここまで野崎は予想してたのか・・?
親友だった誠を失っちゃったんだぞ・・・・?

いよいよクライマックスへと突入ですね。
守るべきものを得て、戦いへの恐怖が芽生えた龍也・・
その弱さを強さに変えて、絶対秋田に勝っていただきたい!!


  ◇ 第章 ◇       2012.05.20.                      

二岡が・・・・(涙)
野崎が言ってたように、とうとう死人が出てしまったよ・・・

これで波岡くんとお別れかと思うと、寂しい限りなり・・・。

信司の父の店のために、二岡が裏で動いてしまったせいで、組織(=鶴見)に追われることに・・・
土地の権利書をオヤジさんに返し、愛する女の行く末を龍也に頼み、
二岡は死んで行きました・・・

龍也は、自分が関わることで起こる不幸を意識し始めてしまった・・
そして、二岡の死を目の当たりにし、「死への恐怖」が芽生えてしまったか・・?

秋田との直接対決でも、見てられないくらいの不甲斐なさ・・
秋田、相手もしてくれなかったよ!
これを乗り越えられるか・・・?

今回は阿修羅側の内部分裂でしたが、
次回はDHの分裂か・・・?
鶴見の思うとおりになるんじゃないぞ!!


  ◇ 第章 ◇       2012.05.13.                      

あら、決着がつかなかったわい・・・
先が気になるわ。

阿修羅の新たなる敵・・・
それは、単にDHの戦いの敵ではなく、
神室町の治安を脅かす敵でしたね。
こうなってくると、鶴見が推し進める「浄化」活動のほうを応援しないといけなくなるっていうか・・・(汗)
ま、それも二岡や鶴見たちの計画なんだろうけどさ・・・

多方面から命を狙われる龍也・・・
野崎は命を救ったり、忠告したり・・・と、龍也も敵か味方か悩んじゃってます。

今回の試合は、誠が出るはずだったんだけど、
また負傷して、代役の龍也が戦うことに・・・
かなり苦戦しておりましたが・・・
勝てるのかなぁ・・・


  ◇ 第章 ◇       2012.05.06.                      

野崎め・・・不気味だぜぃ・・・
本当に見えてるのかなぁ・・・?
確かに、龍也の周りの人が傷ついていきそうな気はするけどさぁ・・・
だからといって、敵ってわけでもないんだよね。
まだ治らない龍也の腕を、凄腕整体師として一発で軽くしてくれてたし・・
争い事をこのんでいるわけではないらしいので、
いつか、龍也の味方をしてくれるといいなぁ・・


さて、今回も龍也が戦うことになった阿修羅との試合・・・
今回は、二岡が優しかったです。
信司の父の店が、二岡の知らないところで勝手に秋田が奪っていて、
だけど、この店は大阪から出てきたばかりの時に二岡が世話になった店で・・・
阿修羅との戦いに勝ったら返してやると言ってきやがったのよ。
で、龍也が無事に勝って・・・・もどってきました。
あとは、信司も早く治して対決に参戦していただかないと・・・だな。

彩が都知事の娘だと知った龍也。
金持ちが住みやすい街にしたいだけだ・・・と都知事を悪く言う龍也に、
自分を愛してくれている父を悪く言うのはやめて!とケンカになっちゃった・・
今後もこの件では歩み寄れないだろうし・・
この先を考えると、彩とはこれ以上親密にならん方がいいな。



  ◇ 第章 ◇       2012.04.29.                      

今回は、細っこ保くんの話・・
いいように女に騙されてお金を稼ぐために騙されて・・
ほんと、どうしようもない状況で・・・

「自分の弱さを知り、それに打ち勝つために戦う勇気・・・」
「戦うってことは、逃げずに自分を知るってこと・・・」
そう教えられた保は、怪我してる龍也の代わりに、阿修羅との対抗戦に出ることにしたんだけど・・

まぁ・・勝てる気はしてなかったよ。(汗)
でも、よく頑張った。
まさに、試合には負けたけど、勝負には勝った・・って感じだったもんね。
これで、ちょっとは強くなった保・・・
だけど、次、勝てる気は・・・まだしない。(笑)



  ◇ 第章 ◇       2012.04.22.                      

私は、バイオレンスドラマはあんまり好きではないんだけど・・・
このドラマは好きなんだよなぁ・・・
龍也と人間臭さが出てるからだと思うんだけど・・・
そんな、龍也の人間臭いお話でしたね・・。

街で阿修羅にからまれる金持ち風のオッサンを助けた龍也。
それは、都知事の鶴見で・・・
鶴見はその後、神室町を一新する計画を発表・・
小さな罪も見逃さず、神室町を希望の街へ!!ということらしいけど・・・

実際、全員検挙対象かと思いきや、二岡や阿修羅がらみの人間は対象外・・・
そう、鶴見が襲われてたのも自作自演だったのさ!
神室町を思い通りにするためにわざとやらせたこと・・

そんな噂を耳にした龍也・・・
しかし、看護師の彩は鶴見を擁護する・・・
まさか・・・・と思ったら・・・

彩は鶴見の娘でした。
そして、彩は腎臓移植を受けていた・・・
やっぱり、誠の幼馴染が受け取るはずだった腎臓を奪ったのは鶴見だったのね、きっと・・・
それを誠が知ったら、彩さえも憎しみの対象になっちゃうのか・・?

龍也と敵対することになっちゃうのかしらね・・・?

一方、輝く未来を捨てた龍也に呆れる天馬。
自分はデザイナーとしてNYに行く、
ボクサーとして成功する龍也となら付き合うけど、
こんなとこに戻ってきた龍也とはもう縁を切る・・・という言い草!!
まぁ・・・大人としては、いつまでこんなことやってんだよ!っていう気持ちはわからんでもないけど・・
そんな風に言わなくてもねぇ・・・(汗)

そんなとき、天馬の事務所が阿修羅に襲われ、
天馬が龍也をイメージして描いた絵が持っていかれてしまった・・
それでも諦めムードの天馬を見て、龍也は一人、阿修羅に乗り込んで絵を取り返そうとするのよね。
そこに、天馬が・・・・
おぉ〜!戻ってきたんか!!と思ったけど、
龍也との友情、神室町を自分の根っこだってことを認識し、
一人NYへと旅立っていくようです・・
・・・行けるのか・・?阿修羅に襲われないといいけど・・・(汗)

阿修羅だけでなく、都知事も敵となってまいりました・・・
鶴見としては、神室町のゴミの一つである龍也が、愛娘にちょっかい出してると知ったら、
さらに排除にかかるだろうねぇ・・・・
大変だ・・
誠のこともあるしね・・・


  ◇ 第章 ◇       2012.04.15.                      

あら、一気に進んだね。

阿修羅の本拠地である大阪に乗り込んだDHの面々。
そこで、すでに阿修羅にこてんぱんにやられたチームの連中に襲われる・・
阿修羅が東京進出すれば、また自分足りが大阪を仕切れる・・・と思ってのことらしい。
星野や龍也の力でやっつけるも、
「阿修羅はこんなもんじゃねぇ・・・」と言われるわけだ。

阿修羅側の二岡に、ウチには四天王がいるから、4人でタイマンだ・・って持ちかけられ、
早速一人目の沖田ってヤツと龍也が戦うんだけど・・・
必ず相手の腕をへし折っていくという沖田に捕まって腕を折られそうになる龍也!!
戦いの勘を忘れたか・・?と思ったけど、それは誘い水で・・
最終的に龍也がやっつけて、まずは一勝・・・。
なんか、ちょっとあっけない。(汗)

今回は別の話も進んでまして・・
誠は、どうやら施設で育ったらしく、当時仲良くしていた男女を探していたのよ。
その男の友達は・・・阿修羅のトレーナーで盲目の野崎って男・・
未来を言い当てるらしいコイツは、DHと阿修羅の戦いをやめたほうがいい・・と龍也に言うんだけど・・・
誠は、もう一人の女子の行方を野崎に訪ねたら、死んだんだと。
腎臓移植直前で、何者かに腎臓を奪われてしまって死んじゃったみたいね。
ソイツが・・・今後の「戦いの相手」ってことになるのかね?
都知事か・・?

阿修羅の四天王の残り三人・・・
龍也は負傷しちゃったし、伸司はようやく意識を取り戻したし・・・
あと戦えるのは、誠と星野しかいないよ?
・・・まさか、あの弱ちゃんの保に・・?殺されてまうわっ!!(汗)

龍也の怪我が早く治るといいね・・(汗)
龍也しか勝てそうにないんですけど。


  ◇ 第章 ◇       2012.04.08.                      

あれから一年後・・・ってことで・・・
龍也はあれから単身渡米してプロボクサーになってたようで、
日本でのデビューを控えて帰国してきたのに・・・ってことですね。

自分の故郷・神室町・・・
DH(ドラゴンヒート)が、大阪の阿修羅のやつらにおされ気味になってる現場に立ち会うのさ。
でも、ボクサーとして手が出せない自分に苛立つ龍也。
現在、デザイナーとして生きてる親友・天馬は、それでいい・・って大人びたことを言うわけよ。
でも龍也はそれじゃ自分自身が許せない!!と、なんと、ボクサーとしての道を捨て、
またDHに戻ってきてしまったのよ!
・・・もったいない・・・
天馬の言うとおり、大人になりなよ・・・
死んだ姉ちゃんもさ、アンタが危険なことするの、心配してるよ・・・?


二岡は、阿修羅と組んでDHを手に入れようとしてます。
コイツ、DHへの執着、ハンパないね!
しつこいわぁ・・・(笑)

それにしても・・・・DHのファイターの一人・・・保くん。
「来るもの拒まず」なんだね、DHって。(笑)
弱すぎだろ・・ってか、その体でファイターと名乗るのはどうかと・・?

それで阿修羅にバカにされるんじゃ・・?って気もする。(汗)

斉藤工くんの「右京龍也」が好きなので、辛くならない限り、見ていきたいと思っておりやす。


★ STORY ★ ドラマの内容もちょうどその1年後から物語はスタートし、主人公・右京龍也を取り巻く環境にも変化が訪れる。
★ 期待度 ★ 基本的に暴力モノは嫌いなんだけど・・・このドラマは最後まで見ちゃったんだよねぇ・・
なので、今作も見ちゃいたいと思います・・が、完走できるかはわかりません!(笑)