息もできない夏 
 火曜9時〜    フジテレビ       
 脚本・・渡辺千穂   演出・・河野圭太   P・・川西琢
 主題歌・・・ 「firefly」 BUMP OF CHICKEN
原作
息もできない夏
主題歌
firefly
挿入歌アルバム21 サウンドトラック
フジテレビ系ドラマ「 息もできない夏 」オリジナルサウンドトラック
◆ 出演者 ◆
谷崎玲 武井咲 パティシエを目指す少女 無国籍
樹山龍一郎 江口洋介 区役所臨時職員 元記者
谷崎葉子 木村佳乃 玲の母 介護士
草野広太 中村蒼 生活保護申請をしている若者
谷崎麻央 小芝風花 玲の妹
鮎川宏基 要潤 謎の男
谷崎香緒里 浅田美代子 葉子の亡き夫の母
夏目周作 北大路欣也 謎の老人
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「絶望の果てに見た光…2人の最後の答え」  最終回  2012.09.18.        

どんなに憎くても、あなたは私の「始まり」だから・・・、一生忘れません。
玲の一言は、鮎川にどう届いたでしょうか・・・
きっと、葉子にした仕打ちを後悔しつつ、でも嬉しかっただろうな・・。
「死」だけではない、「別れ」にしても、”忘れられる”ことほど寂しいものはないから・・・
憎まれてもいい、覚えていてほしい・・っていうのが人間のエゴ。
憎いけど、あなたの存在を認め、受け入れ、忘れない・・って言ってもらえたんだ、
きっと幸せな最期となっただろうね。


とまぁ、玲が「谷崎玲」として生きていくためのケジメの最終回でございました。
前回の時点で、もう大きな動きはないだろうってのは予想してたので、
まぁ、こんなもんだろう・・・っていう感想です。
ってか、この脚本家さんのドラマの最終回は、
ドラマの展開同様の衝撃を最終回に求めたらガッカリさせられる・・っていうのを何度も経験してるんでね、
慣れっすよ、慣れ。(笑)

心配だった草野くんは・・・本当に無事でした。(笑)
あの悪徳業者みたいなオッサン、解放してくれたわけだね?
こんなにもアッサリこの部分を片付けるのなら、
草野くんをこんな可哀想な設定にしないであげてほしかったよ。(汗)


樹山さんんとこは・・・じゃ、結婚しよう!って思った亜沙美だけど、
19歳になるかならんかの小娘に「そんなの間違ってる!」って結婚に対して文句を言われ、
考え直しちゃったみたいです。
あたしなら、ガキが余計な口出しするな!と言いたくなるが?(笑)
「距離をおきましょう」と言いつつ、「この届は私が預っておくわね」ときた・・。
・・・それ、結局樹山を縛ってることにならんのか?(笑)
どこまでも怖い女だ・・・

こういう人は、一人で頑張る!とか言いつつ、また次に出会った男とあっさり結婚しちゃったりしそうで、
樹山を100%解放してやってくれって言いたくなりやす。

初回と最終回の矛盾・・・
鮎川はなんで夏目の爺さんから金を奪っていたのか・・はわからずじまい。
葉子の居場所や状況をそれぞれに知ってて脅しをかけてた・・ってのならわかるけど、
鮎川は葉子のことを知らなかったわけで?
うーん・・・よくわからん。
そして、いつからか、すっかりいい人のお祖母ちゃん。
そんな昔から死んだ息子は玲を受け入れていた・・・なんて、
そんなとってつけたような設定、やめてくれよーっ!
だったらアンタも玲に最初から優しくしやがれってんだー!!

まぁ、なんやかんやで最終回まで見ちゃいました。
また、この脚本家さんがドラマを書いたら・・・見てしまうんだろうな、私。(笑)
それにしても・・・回想シーンを見てビックリしたよ・・・
なんで樹山さんは序盤はあんなにモサかったんですか?(汗)
最初から後半みたいな髪型にすりゃよかったのに・・・



  ◇  ◇   「天国か地獄か…ついに明かされる出生の真相!」    2012.09.11.        

玲は鮎川の子でした。
はぁ・・・・長かった。(笑)

そして、鮎川は末期のすい臓がんだそうで・・・
あっという間に死にそうです。(汗)
最終回は、事実と向き合い、鮎川をちゃんと見送れるか・・ですな。
父子の事実は変えられないわけだから、
命が消える前に、気持ちの整理がつくといいですな。


さて、樹山ですけど・・・同居してる亜沙美の玲への攻撃を目の当たりにし、
出した結論は・・・婚姻届だそうな。
それが樹山の「この関係を維持するために方法」らしい。
維持・・・しなくちゃいけないの?
婚姻届を渡されても、そこに「気持ち」が感じられないから、
全然亜沙美は嬉しそうじゃないし、前に進めそうもないじゃん!

あとは・・・亜沙美がどう決断するか・・・ですね。

それより何より気になるのは!草野くんですよ!!
あのいかがわしいバイト、「辞めたいか?」って聞いてきた男・・・
違う仕事を紹介するらしいけど・・・?
草野くんは玲に「無戸籍児のための施設に・・」って言ってたけど本当か?
さらに奥深いとこに行っちゃうんじゃないのか??
心配だーっ!!

なんだかんだで次回は最終回・・・
ぶーぶー言いつつ、完走しちゃうんだよね、やっぱり。(笑)


  ◇  ◇   「悪夢の晩餐会へようこそ…遂に明かされる家族の謎」   2012.09.04.        

戸籍の話・・・そっちのけだね・・・・(汗)


ありり、あっけない「引っ越すのやめた!」宣言・・・。
玲も麻央も、ここでやりたいことがあるなら無理して引っ越さなくてもいいよ・・と葉子。
葉子が引っ越したいって言ったんだっけ・・?
玲が言いだしたんじゃなかった?
ま、どっちでもいいけどさ・・・
やっぱり引っ越さなかったね。
もう、何も信じられないよ、アンタたちの言うことは・・・って感じ。(汗)

今回は、樹山と同居女のお話。
玲と樹山の関係に嫉妬した女の暴走・・・にしては可愛いもんだったけど、(笑)
気持ち悪いのは確か・・・(汗)
息子の誕生日ケーキを玲に・・・と依頼して、当日取りに来ないで玲に配達させる・・・
で、その誕生日会の席で、普通じゃない空気を醸し出してみんなをビビらせ・・・
逃げた玲は、あんなの家族じゃないと樹山に説教。
前に進めって言ったのは樹山さんじゃない、おかしいよ・・・もう会いません・・・ときた。
いやいや、別に樹山から会ってほしがってないっすから。
アンタが頼ってるくせに、迷惑がってるみたいな言い分??
なんじゃろね、この子は。(笑)
樹山さんよ。。。親切すぎて、面倒な女を抱え込みすぎ。(笑)

DNA鑑定するっつってるのに、一向に姿を現さない鮎川・・・
ぶっ倒れて入院中・・・だそうな。
早く鑑定して結果を知らせてくれよぉ・・・イライラするわん。
ってか、死にかけてる・・っていう鮎川、「可哀想設定」にて、許されちゃうんでしょうか?
まさか、やっぱり玲は鮎川の子で、鮎川の命を救う・・なんて展開に??
まっさかーっ!(笑)



  ◇  ◇   「一編の記事が全てを壊す…今はただ抱きしめて」   2012.08.28.          

はぁ・・・・・
何て言ったらいいんだろう・・・
全部、ちぐはぐな気がするんだよねぇ・・・

まず、鮎川がそばにいる!って時点では逃げなかったのに、
ここにきて「引っ越す」という選択をするんですかいな。
早く逃げてればよかったのに。
そして、母親の事件が・・ってことで謹慎処分を出した店長さん、
今回の記事が出てからは謹慎させないんだね?
どっちかっつーと、今回は本人のことなんだから、店から遠ざけておくべきでは?
そして、記者の中津。
新人さんが初めて書いた記事じゃあるまいし、
「これを書いたせいであの子が・・」ってブルブル震えるか?

今までどんだけぬるい記事を書いてたんだっつー話し。(汗)

玲もさ、「あなたを辞めさせると店にとってよくないから」と辞めさせないと言われてたのに、
自ら辞めるってどういうことよ?
「やっぱり辞めさせたのね!」って会社は責められるんだよ?
勝手すぎますよ。
ちゃんとご挨拶もしないで・・ったく!!

どんどん状況を悪くするためにいろいろと後手後手に・・って感じがして、
何やってんだか・・っていう呆れ部分が多いですな。

ふぅ・・・

鮎川とお祖母ちゃんが一気に「いい人モード」に入りそうですし、
「北海道に引っ越す!」と言いつつ、結局行かないみたいだし、
そろそろまとめに入ってくるんですかねぇ・・・
とりあえず、次回は、樹山のの話らしい・・・



  ◇  ◇   「私は誰の子?惨劇の一夜」   2012.08.21.               

なんか・・・変な方向に動き出したね。

鮎川が玲を自分の子だと言いだし、「だってあのとき・・」と言い始めたもんだから、
慌てた葉子は包丁で刺そうとし、間に入った夏目が刺されてしまって、
近所の人が警察を呼んだもんだから、大騒ぎになっちゃったわけだけど・・・

夏目の意識が戻るまで拘留されることになった葉子。
玲は一人で悶々と考えるわけですが・・・
釈放された葉子から、離婚届を出すように鮎川に頼みに言ったときに襲われたの・・と話を聞き、
「そんなのイヤ!そんな男から生まれたきたなんてイヤ!!」と言いつつ、
私、真実を知りたい、だからDNA鑑定をする・・・と言いだす玲・・・
イヤだけど、知りたい・・って気持ちはわからんでもないが、
なんか、支離滅裂っていうか・・・(汗)
イヤ!と言いつつ、ちょっと時間がたった後で、やっぱり知りたい・・・ならわかるけど、
その感情のままでその結論は、ちょっと納得いかんっていうか・・

ま、納得いかんと言えば、
いくら悶々としてるとはいえ、部屋のじゅうたんくらい掃除しろよって言いたいしね。(笑)
消せないならじゅうたんごとはずすとかさ、何とかしろよって言いたいさ。

それと、最初の設定が変わってきてないか?
玲にも冷たかったお祖母ちゃん、「鮎川の子かもしれない」ってなってるのに、
どんどん優しくなっていくし?
うーん・・・よくわからん。
で、鮎川さ、夏目からお金をせびってたよね?あれは何さ。
本当に反省してる!とか、実は重病で余命わずか・・っていう設定も、はい?って感じやし。
よくわからんわー。

で、変な方向に話しが・・・ってのは、
樹山の後輩で、広太を取材していた中津っていう記者が、
玲の一家の事件(事故となってる)に興味をもったんだけど・・
そんなに惹かれる事件か?(汗)

しつこく調べ、そして広太の家で「無戸籍の人のコミュニティ」の話をしていて、
すんなりと玲と結び付いちゃったりしてさぁ・・
できすぎだろっつの。

で、広太のことそっちのけで、玲の一家の事件を記事にしちゃうらしい。
・・・ってか、「刺殺?」って、死んでませんから!!
あることないこと、誇張した記事になっちゃうんだろうねぇ・・

いろいろと壊れていきそうですなぁ・・・
ここに、樹山に執着する女が便乗するのか?
面倒くせーっ!!

変な話だな、コレ。(笑)
でも、次回も見る。(爆)


  ◇  ◇   「19年の秘密…すべてを切り裂く訪問者」   2012.08.14.          

あんだけ予告で「鮎川が自分の子と言いだす!」って見せといて、
最後の最後にそこで終わるんかいっ!と、いつものようにつぶやかせるドラマです。(笑)

いやはや・・・葉子にもイライラっ!とさせられますが、
玲も頑固すぎる・・・。
まぁ、葉子の「痛いトコ」をつくためには、玲には意地を張ってもらわねばならんのだろうけど、
「とっと戸籍とれよ!」って言いたいわよ。
広太同様、「理解できねぇ」っすよ、マジで。

いいやん、裁判しなくていいって母ちゃんが言ってんだから!!
ったくもぉ・・・

で、樹山に相談し、紙切れ1枚にこだわらなくてもいいやん?て言われて、
裁判をやめると言いだした玲。
しかし、店では「またシフトが狂う」と仲間が愚痴ってまして、
それを偶然聞いちゃった鮎川が、「無戸籍・・?裁判・・?」って疑問に思って調べ始めちゃった!
はぁ・・・自らが招いてしまった展開ですな・・・(汗)

で、鮎川は、玲の誕生日を雑誌で再確認し、
「あのときできた子かも・・・」と思ったらしい。
そう、離婚してくれと頼みに行ったとき・・・もう一度無理矢理抱かれてしまったわけだよね、葉子は。
きっと、そのことを夫に言えなかったんだろうなぁ・・・
夫は、早く玲の戸籍をとってあげたいと思ってて、
だけど、葉子はどっちの子が自信が無くて避けてたんだろうな・・・
もしかして、「ケンカして飛び出して行って事故にあった」らしい旦那さん・・・
この「玲の件」でケンカしてたんじゃないの・・?
だとしたら・・・切な過ぎるなぁ・・・・(涙)


葉子はどっちの子か自信がない・・・
さて、どっちの子でしょう・・・
死んだ旦那さんの子であってほしいよ、
いや、まだまだ先は長い・・・まだまだもめ事は続くよな・・・(汗)

それにしても、夏目を許さないらしい葉子。
何に怒ってるんだっけ・・・?
厳しい父から逃げるために、鮎川と駆け落ちした・・みたいだけど・・・
そんな男選んだのはアンタやし、その後の苦労はお父さんのせいではないでしょうに?
うーん・・・よくわからん。


  ◇  ◇   「最悪の悪夢がやって来た…あの男がついに」   2012.08.07.       

ツッコミどころが多すぎる!!(笑)


戸籍がとれる!っていうことになったのに、
「一旦、鮎川の籍にはいらないといけないのか・・?」と言いだす葉子。
何がそんなにそこに引っかかるんだろ・・?って、普通に育った私には理解できないんだけど、
憎い男の籍にちょっとの間でも娘を入れるのはイヤだ!ってこと??
玲の存在を知られるのがイヤ・・・ってのもあるだろうけどさ・・・。

無戸籍の人たちのオフ会に参加した玲は、
同じように、母を苦しめた男の籍に入るのはイヤと裁判をしてる女性と出会うのよね。
そういう考え方もあるのか・・・って思ったであろう玲。

その玲、偶然を装って近づく鮎川と親しくなっていきます。
新しいスイーツの研究に・・と店の器具を家に持ち帰ろうとする玲だけど、
重くてフラついて、偶然出会った鮎川に手伝ってもらうんだけど・・・
あんなさ、底の浅い袋に入れるから落ちるんでしょ!って言いたい!!
もっとちゃんとした袋に入れて持って帰れよ!って感じよ。
何度も落としてさぁ・・・店の備品でしょ?壊したら弁償よ?
それにさ、拾ってもらって家まで運んでもらったのまではヨシとしよう。
だけどさ、素性も知らない男を家にあげるとは何事???
危険すぎるよ!家に家族がいるならまだしも、一人なんでしょ、アンタ!!!

その感覚、理解できないわ・・・

で、家に帰った葉子は、鮎川の姿を見ておののく!!
「逃げて!!」と言いつつ、玄関とは逆の方向に逃げ込む・・・
おいおい、ちゃうやろ。(笑)

そして、「玲は渡さない!!」と叫びまくる・・
鮎川って、葉子が娘を産んだことすら知らないってことじゃないの?
鮎川が玲の存在を知ってるって、アンタ、知ってたの?
「渡さない!!」ってさぁ、死んだ夫の子なら、渡すも渡さないもないっしょ。
取られる理由がないんだから・・・
ってことは、やっぱり玲は鮎川の子・・・ってことか?

それについて、鮎川もいろいろと調べ動き始める様子・・・?
本当に死んだ夫の子と確信しているなら、検査だってなんだって、受けてやりゃいいやんって話です。
・・・ここで逡巡したら・・・認めるようなもんですよ、葉子・・?
まさか、アンタ自身も、どっちの子か確信がない・・・・とかですか?(汗)

鮎川は、土下座して過去を謝り、やり直したいと言ってたけど、
それは本心・・・ではないよね?
それよりさ、ずっと葉子の父から金を脅し取ってた理由は何なんだろう・・・?
本当にやり直したいと思ってたなら、そんなことするわけないしね・・。


そして気になってた広太のことだけど・・・
体を売ってて、その斡旋をしてる人に名義を借りてるみたいね・・・
今の生活から抜け出すのは難しいなぁ・・
そんな広太に、希望キラキラのメールを送る玲・・・
もう、自分が幸せなら、相手のことは気にしない、その無神経さが嫌い!!

樹山の同居女もプッツン切れちゃったみたいで・・・
ドロドロ要素、多すぎて怖い。(笑)


  ◇  ◇   「直接対決!いま襲い掛かる同情という名の悪意」   2012.07.31.       

うううううううぁぁぁぁぁぁぁああああああああっ!!!
イライラするぅ〜!!!
葉子にイライラするぅ〜!!

そんな風に逃げた場所で申述書を書くからまた逃げたくなるんだよ!!
ちゃんと向き合うって決めたなら、早く帰ってこんかいっ!!!
この母ちゃんが一番嫌いだーっ!!!

玲は、タウン誌の取材を受けて、大きく取り上げてもらっちゃって、
先輩の嫉妬の対象になってしまっちゃってました・・
で、その先輩、「戸籍がないから可哀想だからって、同情じゃないですか!」って逆ギレ。
戸籍問題が発覚する前から、玲はちゃんと認められてたのにねぇ・・
みっともない嫉妬だ・・・
しかし、さすがにこれはショックだった玲・・・
だけど、樹山に戸籍がないからって卑屈にならずにもっと欲張ってもいいって言ってもらえて、
前向きになれたようです。

で、ネットで知り合ったウィスキーボンボンこと、広太にわざわざ会いに行って、
私たちは可哀想なんかじゃないよね、欲張っていいのだよ!って言っておりました・・・
あのさぁ・・・
アンタと広太は状況が違うやん?
母ちゃんがしっかりしてくれさえすれば、戸籍を手に入れる可能性のあるアンタと、
これまでずっと戸籍がないことで生きていく上で支障が出ていて、
これからも光が見えてない広太と一緒にするなよってのよ。
自分に希望があるからって、それを押し付けるなーっ!

やっぱ、あの母ちゃんの子だね、玲・・・
空気、読めなさすぎ。(汗)

前回終わりで、鮎川とぶつかって「知り合い」になっちゃってた玲。
その鮎川・・・タウン誌の玲の記事を見て「谷崎・・・?」と言いつつほくそ笑んでましたよ!
えぇ〜!葉子が結婚した後の名前、知ってたのか・・・
こりゃイタイなぁ・・・(汗)

次回は玲に接触し、最後は葉子と再会??
かなりの緊迫した状況ですが・・・

あのさ、
確かに前の夫からDVを受けてて今でも怖いのはわかるけど、
実際、玲は鮎川の子ではなく、死んだ夫の子なんでしょ?
だったら、一旦鮎川の戸籍に入れなくちゃいけなくても、
その後、鮎川が何を言ってこようと、DNA検査とかして実証すれば、
鮎川が手を出せる問題じゃないんじゃない?
役所とか、警察とか、もっと頼ってみてもいいんじゃない?
弱すぎるくせに、誰にも頼らないで・・・そんなんで玲を守れると思ってるの?
・・・まさか・・・谷崎の子じゃなく、実は鮎川の子とかじゃないよね・・?(汗)


夏目爺さんもそうだよ。
アンタがうろついてるせいで鮎川に玲の存在を知られる結果になっちゃったってのに、
何を悠長に谷崎の祖母に会ったりしてるのさ。
「私に何かできないだろうかと・・・」なんて言ってないで、何かしろっ!!

はぁ・・・ほんと、いろんな方面でイライラさせられるドラマですな・・・。
葉子の申述書ができれば戸籍が作れると思ってたのに・・・
また書類書いてこいだと?
もぉ・・・手続きとか書類とか・・・なんて面倒なんだ!!!

そっち方面もムカついてくるわね!
でも次回も見ますけどね。(笑)

そうそう、広太のバイトって・・・
何をしてるんだ・・?
樹山の後輩記者の「今度の取材対象」って広太ってこと・・?
何をしてるんだ、広太に・・・?
名義を貸してもらってるとか言ってたけど、それってこの記者に・・ってことかしら・・・?


  ◇  ◇   「母娘哀しき断絶!そして新たな悲劇開幕」   2012.07.24.       

面倒くさい話やなぁ・・・
どんなに「愛してる」って言ってもさ、逃げたことには変わりないわけで?
どうしても早く戸籍を作ってあげたいなら、
逃げても何かできたでしょうに?
ってか、娘二人を放って何日も連絡しない親ってどうよ?
理解不能やわ・・・。



鮎川を見て逃げた葉子は、連絡もよこさず行方不明・・
お姉ちゃんは何も話してくれない!と、妹は祖母ちゃんとこに行っちゃって、
一人ぼっちの玲は・・・もう、お母さんには頼らない!自分で何とかする!!と、
生まれた病院に言って出生証明をもらってきたりと健気に動いておりました・・

そのころ葉子は、亡き夫との想い出の場所で一人小さくなっていて・・・
はぁ・・・何をやってんだ、っとに!!
ようやく数日たって樹山に電話してきて、「私は何をすれば・・・?」だとさ。
樹山もお人よしで、わざわざ葉子のいるとこまで行って申述書の用紙を届けて・・・
そこで、玲にちゃんと話してやってくれ・・って言ってくれるわけだ。
で、葉子は玲に手紙を書いて、逃げちゃったのは、元夫を見ちゃったからで、
なんでアイツがこの町に入るのかわからんし、
自分が見つかったら玲たちに危害が・・・と考えて逃げた・・って言いわけするのさ。
で、愛してる・・・戸籍作ろうね・・・とまた甘いことを・・・
申述書書くのにも、鮎川のことを思い出して時間かかりそうだし・・・
うーむ・・・引き延ばすよねぇ・・・(汗)

いつまでも、いつまでも戸籍はできない・・・っていう流れですか?
はぁ・・・困った展開ですな・・・

で・・・玲、どんだけ時間とカネがあるのか知らんけど、
夏目小百合って人からのハガキを見つけて、北海道へピュン!
で、そこが母の実家で、小百合という祖母は亡くなった・・って聞くわけだ。
・・・普通、じゃ、お祖父ちゃんは・・・?って話にならんのか?
ってか、あの従業員も、社長に電話して玲と話しをさせてやったらええやん!

何だよ、もう、じれったすぎだろ!!

その夏目爺さん、玲が北海道に来たと聞き、急いで洋菓子店へ・・・
・・・・いやいや、今北海道に来たって聞いたでしょ?
店にいるわけないやろ?
んなことしてるから、鮎川に怪しまれてるやん!!
もーっ!!ジジィーっ!いい加減に自分が危険を招いてるって気づけーっ!!!


で、鮎川・・・この店に何かあるわけやね・・・って勘付いちゃったよ!
しかも、何も知らずに玲とぶつかっちゃって!!
あぁ・・・フリーペーパーにも載っちゃうし・・・
そろそろ鮎川にバレちゃいそうな感じ・・・?

んでもって、樹山の同居女性・・・玲の店に来て様子をうかがってるね・・・?
自分も「弱きもの」で、そんな人を放っておけない樹山だからこそ、
玲に親身になっていくうちに、自分たちから離れていってしまうのでは・・?って思っちゃってるのかもね。
あぁ・・・面倒くせぇ・・・

次回は公太までからんでくる・・?
さらに面倒くさ度UPの予感ですな・・・
・・・と言いつつ、見ますけどね!(笑)


  ◇  ◇   「今夜衝撃の告白!母の壮絶な秘密が今私を襲う」   2012.07.17.       

まぁ・・・・想像通りでしたな。
夏目って爺さんは、玲のお祖父ちゃんで、
鮎川って男は、葉子の元夫・・・
なんで鮎川が夏目から金をまきあげてるのかは知らんけど、
夏目と鮎川が父子ではないので、つまり、夏目は葉子の父親だ・・・と。
予想を裏切らない展開でした。(笑)

補足事項としては・・・
葉子は、駆け落ちして鮎川と実家を出て、
その後家庭内暴力に悩まされシェルターに駆け込み、そこで夫に出会ったわけだ。
離婚してくれてるとばかり思っていたのに、
玲を身ごもって結婚しようと思ったら離婚できてなくて、
このままだと鮎川に子どもを産んだことが知られてしまうから・・・と届を出さず、
今住んでる区だと、そういう事情でも学校に通えたので、引っ越してきた・・・と。
早いうちに戸籍を何とかしようと考えていたけど、
夫が急死してしまい、一人で玲を守れる自信がなくて、このままズルズル・・ってことらしい。

ほんと、弱いよね。
あの祖母ちゃんは感じ悪くて嫌いだけど、
逃げて生きていたんだから、逃げ癖がついてるって言われてもしゃーないかも。(汗)
ここまで育って、もう本人に知られてしまったんだから逃げられないでしょうよ。
しっかり向き合わんかい!って感じ!!

玲が、仕事場に書類を出せなくて、強行突破で書類を作ろうとしていたら、
DVの証拠写真を見つけちゃって、ようやく白状した葉子・・
二人で戸籍を作るために努力しよう・・・と決めた矢先・・・
葉子は鮎川を目撃してしまった・・
孫に会いたくて、夏目がこの界隈に来ちゃったもんだから、くっついてきちゃったのさーっ!!
夏目爺さんよ・・・
アンタの行動が孫を危険にさらしてるんやで・・?
その男の本性知ってるなら、アンタがまずそこを離れるべきでは・・・?(汗)


一緒に戸籍作ろうって言ってくれた母は・・・区役所にこなかった・・・
鮎川を見てビビったんだろうけど、携帯をバスの中に置いたまま、どこへ逃げちゃったんだ・・?
また裏切るのかい、玲を・・・
・・・・ま、それくらい恐怖なんだろうけどね・・。


で・・これだけでも結構お腹いっぱいな展開だったのに・・
樹山関係で面倒くさいことになる・・・?
樹山が一緒に住んでるらしい女・・・
玲に親身になってる樹山を疑って、玲を偵察にきてたよ・・?
夫を失い、今は樹山に依存してるんだろうなぁ・・
怖いなぁ、こういう思い詰めるタイプの女は・・・(汗)

それにしても、いい店長さんでよかったね、玲。
まだ、同僚の女は冷たい目で見てるけど・・
この女も厄介の種になるのか・・?
もう、これ以上増やさないでくれーっ!!(滝汗)


  ◇  ◇   「無戸籍…存在しない少女と罪を背負った男、衝撃の夏が今始まる」  
                                       初回69分SP   2012.07.10.   

いろいろと無理があるな・・ってのが第一印象だね。

「無国籍」っていうのがテーマと聞いていたけど、
その理由は何か・・って思ったら・・・・「離婚後300日問題」のようですね。
離婚した後300日以内に生まれた子は、元の旦那の子・・・って法律が決まってるらしい。
離婚届が受理される前から、他の男性との間に子どもを作っちゃった場合、
こういう面倒なことになるわけですな。
親のせいです、子が可哀想です。

で・・・・その子=玲は18歳。
バイト先で正社員になれる・・ってんで、手続き上住民票関係の書類が必要らしく、
区役所に行ったら、戸籍がない、存在してないってことだ!!って言われちゃって・・・
もう、何がなんだか・・・だよね。

18歳で、しかももう社会人として働いてるのなら、立派な大人です。
えんえん泣いてないで、事情を説明してやらんかい、母ちゃん!ってなもんで。

ってか、18になるまで病院にかかることがなかったのか?
看護師だから、いろいろと自分で何とかしてきたのか?
うーむ・・・
それに、戸籍がない → パスポートがとれない → 留学できないってわかってて、
フランス語の本を買ってきたのか?
罪深い母やなぁ・・・

母ちゃんは、「玲のこと、守るためだったの!!」と言ってました。
ほほぉ・・・元ダンナってのに玲の存在を知られては困る・・・とかですか?

その元ダンナ=キャナメくんでしょうか・・?

そのキャナメくん=鮎川って男は、夏目って爺さんを訪ねておりました・・・・
この爺さん、愛おしそうに玲を見つめていた・・
ん?
玲は、死んだ谷崎との間に生まれた子ってのは間違いないんだよね?
元ダンナの子ではないんだよね・・・?
だとすると・・・夏目は母ちゃんの父親か・・?
まだまだわからんことは多いけど・・
お祖母ちゃんが玲には冷たいのも気になるよねぇ・・・
息子=父ちゃんの死が玲に関係してるとでも・・?

それと、謎の男が三人もいて、面倒くせぇ〜!(笑)
鮎川に、夏目・・
そして、どうやら自分も戸籍がないっぽい草野って若者・・・
玲に近づいてきたよぉ〜?
危険な香りがプンプンでございますが・・・・。

さて、そんな玲の話でも手いっぱいだってのに、
区役所臨時職員の樹山にも何やら過去があるようで・・・?
記者だったころ、書いた記事のせいで死人がでたのかしらね?
で・・その遺族と一緒に暮らしてるの??
えぇ〜!あんな風に「帰って!!」って追い返してた女性と・・?
罪滅ぼしかもしれんけど、変な関係!!

まぁ・・・こんなにてんこ盛りにしちゃって、大丈夫かいな・・?と心配になる初回でしたけど・・
やっぱり、予想通り、先が気になるドラマになりそうでやんすね。


そうそう、木村佳乃さん・・
裏の「はつ恋」が始まると消えるだろうと思ってたけど、消えたね。(笑)
予告からもキレイに消えてたわ!
大人の事情って、ほんと、面倒くちゃい。(笑)

先が気になるのはいいけど・・・
毎回毎回、イラッ!とか、モヤっ!とか、ムカッ!とかさせられそうです・・・。(汗)



★ STORY ★ ある日、自分が無戸籍だと知った19歳の少女が、自身の出生の秘密を知る上で、心に傷を負う41歳の男と出会い、親子ほど年の離れた“許されない愛”を育む社会派ラブストーリー。切ない想いに翻弄される2人を軸に、主人公と母の絆など「贖罪と許し」をテーマに描く。
★ 期待度 ★ どんな感じになるんだろう・・・でも、結構に気になってます。