サマーレスキュー 〜天空の診療所〜
 日曜9時〜    TBS       
 脚本・・秦 建日子    演出・・日比野朗ほか    P・・志村彰ほか 
 主題歌・・・ 「輝く月のように」 Superfly 
主題歌
輝く月のように/The Bird Without Wings (初回限定盤)
◆ 出演者 ◆
速水圭吾 向井理 明慶大学病院 心臓外科医
小山遥 尾野真千子

稜ヶ岳山荘の主人・雄一の娘 元看護師

平原あかり 小池栄子 稜ヶ丘山岳診療所 看護師
平原桃花 本田望結 あかりの娘
小山雪乃 三浦理恵子 雄一の後妻
井上幸治 山崎樹範 山小屋のアルバイトチームのリーダー
沢口光香 市川由衣 沢口教授の娘 圭吾の恋人
木野憲太 菅田将暉 明慶大学医学生
村田佳秀 小澤亮太 明慶大学医学生
鈴木真子 能年玲奈 明慶大学医学生
野村恭介 戸次重幸 遥の勤めている病院の跡取り息子
速水悦子 中田喜子 圭吾の母
小山雄一 笹野高史 遥の父 稜ヶ岳山荘の主人
高井聡志 佐藤二朗 明慶大学病院循環器外科医
沢口哲夫 松重豊 明慶大学病院 教授
倉木泰典 時任三郎 稜ヶ丘山岳診療所 責任者
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「診療所最後の日。そして感動のラストへ」   最終回   2012.09.23.    
番組内タイトル・・・ 「診療所最後の日に明かされる真実!」

あんなに「閉鎖しないで!」って騒ぎになったのに・・・
「オレ、病院辞めたから!」と倉木先生が言い・・
・・・え?それで解決する話だったのか?
じゃ、最初からそれをやれよ!と言いたかった!!
自分が辞めて、ボランティアを募って・・・って計画、早く話しなさいよ。
いつから考えてたのか知らんけどさ、あまりにもあっけない解決法・・・・(滝汗)
しまいにゃ、ドイツに行っちゃった速水が「夏の間はいさせてもらいたいってドイツの教授に頼んだ」と言いやがる。
えぇ〜!なんてゆるゆるな仕事ぉ〜!!(笑)
遊びにきた高井先生、チョモランマ明けの倉木先生、ドイツからの速水先生・・・
医者率高っ!!!(笑)
なんだかねぇ・・・

さて、総括いたしますか。
序盤、遥の感じ悪さでドン引き・・・・きっと、ここで離れていった視聴者も多かろう。
医療ドラマ・・・ってわりに、ネタが少なすぎ!
滑落、滑落、滑落・・・・またかいっ!って思っちゃいましたよ。(汗)
個人的に、山に登る人に気持ちが全然わからないため、
山の診療所への思いがイマイチ心に響かなかった・・ってのもある。(汗)
全体的に、ハマれなかったわけですわ、いろんな意味で・・・

さて、来期は慎吾くんと山P。
山P好きの私ですが、最近ではそうでもなくなってきたため、
このキャストだから・・・っていう思いはございません。
面白いといいなぁ・・とは思いますが・・・どうなりますやら。

  ◇ 第話 ◇   「おやっさんの命を救え!速水と遥の願い」    2012.09.16.         
番組内タイトル・・・ 「おやっさんの命を救え!」

引き延ばしたねぇ・・・
今回の冒頭の投票結果だって、前回にくっつけられたし、
小山さんの一件を一話にまとめられたし、
なんか、ズルズルと引き延ばしてるっていう気がしてならないわ。

次回は最終回。
きっと小山さんは助かるでしょう。
診療所は存続するか・・・そこが見どころなんでしょう。
沢口が小山の妻の死についてもう一度ちゃんと考えるようですけど、
総会であんだけの大差がついちゃった以上、閉鎖せざるを得ないっしょ。

うーん・・・今回、必要だったのかなぁ・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「遥の願い!速水が最後の戦いに挑む!」    2012.09.09.         
番組内タイトル・・・ 「運命の病院総会!」

まだまだ先は長いので、きっと決着はしないだろうと思ってたけど、やっぱりね。(汗)
今回は、「診療所の存続に尽力する」という話でした・・。

それにしても・・・・あの手紙で全員拍手まで行く??(汗)
圭吾の演説もあんまり説得力なかったし・・・


で、その後、投票になってたけど、
きっと、拍手はしたけど存続反対に投票するんだろうね、みんな・・・

そのころ山では・・・小山さんがピンチ!
倉木先生まで下界に降りてきちゃってるし、遥もいないんで、
一体どうなるんだか・・・
結局ドクターヘリで地上に降ろして治療・・・なんてことになったら、
診療所の存続意味が・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「診療所の危機!遥の想いに速水の決断!」    2012.09.02.        
番組内タイトル・・・ 「診療所の危機!存続か廃止か」

引き延ばすねぇ・・・・
診療所の存続も、小山さんの胸の症状も・・・
まだ先は長い・・・
うーん・・・(汗)


遥の夫がやってきて、
桃花が「パパと一緒がいい!」と泣き、一緒にハイキングに行ったら、
はしゃいじゃって、崖からまたコロコロリンしそうにんあり、
小山さんが助けて怪我・・・と。
で、圭吾に救ってもらい、医者がいるってありがてぇ・・・神様や・・・・と言い、
んだ、んだ、やっぱ医者は必要だ!と、
圭吾はこの診療所存続のために立ち上がるのだーっ!!というお話。

うーん・・・・
えと・・・沢口の「診療所撤廃」の理由って、何だっけ・・?
真剣に見てないから、よくわからん。(汗)
そんなに躍起になって潰さないといけないのかねぇ・・・?

それと、今回は、こっちのドラマでも子役ちゃんの泣きの演技がねぇ・・・って感じでした。
もうちょっと上手に泣ける子だと思ってたのになぁ・・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「医学生の反乱!遥の告白!揺れる想い」    2012.08.26.        
番組内タイトル・・・ 「医学生の反乱」

まぁねぇ・・・
あの程度でそんなに目くじらたてて怒らなくても・・っていう学生の気持ちもわからんでもない。
だけど、後々、あの患者さんに何かあった時、
学生さんには責任取れないわけで・・・

で、カチーンときた木野くんは、山をおりる!と言いだすんだけど、
ちょっと山の景色でもみて考え直したら・・?って遥に言われて、
「天候が崩れるだろうからやめとけ」って小山さんが言ってるのに、
学生3人で出かけちゃって、またもコロコロと滑落し、大けが・・

治療してくれた二人の医師の働き、
そして、倉木の熱い言葉に心動かされ、木野君は山に残ると決めたのでした、
めでたし、めでたし・・・
・・・で、いいのか、これ??(汗)

以前にも、大けがで麻酔なしで処置しなくちゃいけなくなって大変な想いしといて、
またこんなことになったときのために・・っていう動きは何もしなかったわけ?
天候が悪化するかもしれない・・ってことでヘリが飛ばなかったわけ?
そんなとこで麻酔なしで処置するなら、下におろしたほうがいいんじゃないの?
そうすると、「おれ、山は下りません、残ります」っていう展開にしづらいから、
無理矢理そこで処置したんか?って言いたくなってしまう。
ほんと・・・・なんだかねぇ・・って感じよ・

小山さんの問題は、こりゃ最終回のメインになりそうですね。
大丈夫かなぁ・・・って思いつつ見逃していた倉木先生・・・アカンでしょうに?(汗)
しかし、オリンピックで何回も休止になったせいで、
まだまだ先が長いよね、このドラマ。(汗)


  ◇ 第話 ◇   「第2章スタート!!桃花が行方不明!突然のプロポーズ!」    2012.08.19. 
番組内タイトル・・・ 「突然のプロポーズ!」

いやぁ・・・みんな、コロコロとよう転げ落ちるのぉ・・・(汗)
そんなんばっかかよ!と言いたくなるわ。

今回転げ落ちたのは、あかりの娘、桃花。
散々番宣で転げ落ちてさぁ大変!ってのを見せられていましたが、
なんともあっけない結末。
序盤でこの部分は終わってもーたやん。(笑)

その後は・・・圭吾が光香に「ドイツ留学の話を考え直して」って言われて、
「うん、夏の診療が終わったらね」って言われて、
遥の胸がキューン・・・・っていう流れ。
その遥は、下界で付き合ってた男にプロポーズされるも、お断りぃ・・・・
玉の輿やのにねぇ・・・もったいねぇ。

さて、次回のコロコロさんは、木野くんらしいです。
何かショックなことがあって、一気に白髪になってもうたんか?っつーくらいの染めっぷりの男。
なんでそんな頭してるのか、教えてくらはい。(笑)
しかし・・・コロコロ以外のハプニング無しではいかんのかねぇ、このドラマ・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「麻酔の打てない手術 速水と遥が急接近!?」    2012.08.05.        
番組内タイトル・・・ 「麻酔が使えない手術に挑む!」

山を甘く見ている客には、強く言わないんだね、遥。(汗)
圭吾にだけ厳しいのか、この人は?(笑)


井上さんがガイドでついた結果、あんな怪我をした・・・ってことになってたら、
遥は井上さんを責めただろうか・・・とかも考えたりして。
なんか、ちょっと遥の性格の設定が変わってきてるような気もしてきたなぁ・・・
感じ悪すぎて、設定変更したか?(笑)

まぁでも、井上さんがガイドとしてくっついていってても、
ロープを越えてしまう元上司に何も言えなかったかなぁ・・・と思うし、
その結果怪我させちゃったら、山岳ガイドとしても自信をなくしちゃって、
生きる力を失っちゃったかもしれないから、
これはこれでよかったかな・・・とも思ったり。(汗)

それにしても・・・
全然面白味を感じないなぁ・・・
困ったね・・・
次週もオリンピックのために放送がないみたいだし、
この機に乗じてリタイアしちゃおうかね・・・。


  ◇ 第話 ◇   「母のいのちを救え」   2012.07.22.               

お母さん、救えなかったんだね・・
急いで下山してオペしたものの、ガンが見つかってインオペ・・
その後、動脈りゅう破裂で、あっという間に死んじゃったんだもん・・・
で、その後の圭吾の選択は・・・・ってことだけど・・・

まず、もう助からない母を抱えた部下に、ドイツ留学の話をする沢口ってどうよ?
デリカシー、なさすぎじゃない??

そして、結局母が死んでしまって、ドイツに行けることになった圭吾が、
山の診療所を選択したこと・・・
まぁ、ナイスタイミングで「山で救った女性からの手紙」が届いたから・・ってのはあるだろうけど、
救えなかった母のためにも、医学の進歩の研究をしたら・・?って思っちゃうんだけど?
なんか・・・逃げてるとは言わんけど、
手を差し伸べてくれた優しいところに行くことにした・・って感じがするんだよなぁ・・

出来すぎっていうかねぇ・・・(汗)
ま、そうしないとドラマとしては成立しないんで、仕方ないですけどな。

ギャンギャン言っちゃって、ちょっと後悔・・・な遥。
そして、医者がいない診療所に急病人!という事態になるも・・
医学生がいて、ベテラン看護師がいて、電話があれば・・・
そんなに大変なことにはならんだろ・・?って気もするのさ。
診療所に医者がいないからって、責任取れ!とばかりに怒鳴る男もねぇ・・・
うーん・・・

で・・・有能な外科医が二人も山にいることになるわけ・・・?
もったいない・・・
一人でいいんじゃないのん??
倉木が山にずっといるのなら、「勉強させてください」っていう圭吾はいらんと思うし・・
なんか、よくわからん。

やっぱり・・・・あんまり共感できる部分が少ないよね、このドラマは。


  ◇ 第話 ◇   「判断ミス?!夕陽に託す緊急手術」   2012.07.15.        

携帯・・・・通じるんだね、そこ。
だったら、ガイドさん、客を置いて行くくらいなら、山小屋に電話すればよかったんじゃね?
・・・やっぱり、無理な設定が鼻につくわね、このドラマ。(汗)


ツアーでやってきた登山客の中の一人が、「風邪気味」ってことで、
診察して薬を出すだけで終わった圭吾。
その客が出発した後、そのことを知った遥が激怒!!
山のナメるな!!!と・・・。
わからんでもない、言ってることはごもっとも。
だけど、なんだろう・・・すんごいムカついてくるよね、この子の言動。(笑)
言い方ってのがあるだろうよ・・って感じ??


危惧通り、その客は途中で体調を壊し、一人置き去りにされまして、
登頂した帰りの客たちが探してもいないという状況に!!
慌ててみんなで探しに出かけると・・・崖からちょっと落ちてまして、手を怪我しておりました。
手の腱が切れているという重傷・・・
圭介は、夕日を使って縫合に成功、前回の面目躍如ってわけだ。

遥がまたブチ切れて、下界からの電話をブチ切ってしまっていた要件は・・・
圭介のお母さんが大きな動脈瘤を抱えて危険な状態ってことでした。。
代わりの先生が到着したら、下山しておいでと倉木からの連絡・・・
圭介は、代わりの先生を待たずに、夜明けとともに下山しちゃいました・・・

まぁ、母一人子一人だしね、心配だよね・・
わかるけどさぁ・・・
新米医者じゃあるまいし、仕事放棄して駆け付けちゃっていいのか??
第一、身内の手術をさせるかね、普通??
うーん・・・やっぱりどうにも共感しづらいドラマで困ります。(汗)

それと、小山さんもどうやら心臓に爆弾を抱えてるっぽい・・・?
まさか、代わりの先生が到着する前に・・・医者不在の間に倒れちゃうか?とヒヤヒヤしましたけど、
違う急患のようですねぇ・・・
いつか、倒れるんだろうなぁ、小山さん・・・


  ◇ 第話 ◇   「天空の診療所に急患あり!!」   初回69分SP   2012.07.08.        
番組内タイトル・・・ 「標高2514Mに急患あり!」

「患者は医者に会いに来るんだ、医療機器に会いに来るんじゃない」
・・・・ん?
山で医者が必要になるってときに・・・その理由って何??
医療機器が揃ってればそれに越したことはないだろうに??
キレイ事でまとめないでくれって感じがしちゃったわい。(汗)

それにさ、どういう患者が待ってるか、わかってるわけだから、
街におりてた倉木先生、輸血用血液だって酸素だってヘリに乗っけて見送ればええやん?
ってか、乗っていけよーっ!とも思った。

何しに街に下りたんだっけ??
夜明けが来たときのヘリに乗ってくるなら、最初に乗ってこいよ!てなもんで??
よくわからん。
圭吾の経験のために・・・ってこと?
うーむ、うーむ・・。
人の命がかかってるのに・・・?(汗)

それに、主人公もヒロインも感じ悪いってのは、ちょっと致命的ちゃう?(笑)
どっちも愛想悪いしさぁ・・・
イラッ!とさせられっぱなしだったわよ。
いかんなぁ・・・苦手な俳優さんだからかもしれんなぁ・・・
キビシーなぁ・・・。

患者二人の設定も、あんまり描いてなくて中途半端だったし、
全体的に物足りない感じだね。
それに、医者に手を握られても・・・って気もした。(笑)
これから成長していくんだろうけど・・・・
別に倉木の後継者になるわけじゃないよね?
ひと夏の経験・・・って感じの話になるのか?
ってか、沢口先生は、自分の娘の恋人を、どうして「不要」だと思ってる山の診療所に送ったんだ?
いろいろ経験させたいから?
引き裂きたいから?
よくわからんけど・・

それにしても・・・時任さんは、こういう役が多いね・・・
似合うけど・・・「またか・・」って気もする。(汗)
あと、市川由衣ちゃんもね・・・(滝汗)

うーん・・・まぁ・・・大きくハズすことはないかもしれんけど・・
それほど魅力的には感じなかったですね、私としては。
次週からはフジをリアルタイムで・・・
あ、だけど今日はこれからテニスを見るので、「ビューティフルレイン」の視聴は明日になりまする。(ここで言うことじゃないな。(笑))


★ STORY ★ 将来を嘱望されるクールな医師が、医療機器や薬がそろわない標高2000メートルを超える山の診療所に派遣され、懸命に治療する中で、命とは何かを考えていくヒューマンドラマ。
★ 期待度 ★ うーん・・・最近向井くんが苦手なんでね・・・ま、見ますけどね。