結婚しない 
 木曜10時〜    フジテレビ       
 脚本:山崎宇子ほか    演出:石井祐介ほか    P:中野利幸
 主題歌・・・ 「紙飛行機」 コブクロ 
主題歌
紙飛行機
◆ 出演者 ◆
田中千春 菅野美穂 契約社員
桐島春子 天海祐希 造園プランナー
工藤純平 玉木宏 生花店のアルバイト
谷川修司 小市慢太郎 明楓大学教授
鈴村真里子 福田彩乃 千春の後輩
森田淳 入江甚義 千春の後輩
佐倉麻衣 三吉彩花 明楓大学生
河野瑞希 伊藤歩 純平の美大時代の後輩
樋口享 石橋凌 春子の上司 不倫相手
田中紀子 市毛良枝 千春の母
桐島陽子 梶芽衣子 春子の母
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「最後の選択と決断!!私達が出した答え!!」   最終回   2012.12.20.     

「結婚しない」って・・・・そういうこと・・・・なんだ・・・。
なんか、変な感じでしたね・・・・


春子さんが倒れたと電話口で知り、純平のところではなく春子さんとこに走ってきた千春。
それはそれで後悔することなく、新しい道に進もうとするわけだ。
子宮筋腫で子宮全摘を言い渡された春子さんも、
「結婚しない」「子どももいらない」って思ってたのに、
いざそうなると、女として決断ができなかったようですが、一歩進みだしました・・・

で・・・どうなるんだ?と思ったら・・
春子さんが、教授のところに行ったのは嬉しかった。
まだまだ二人が一緒の場面はしっくりきてる感じはなかったけど、(笑)
この二人は、こういう形で一緒に暮らしていくんだろう・・って思えた。
もしかしたら、この先に「籍、入れますか」?」って流れになりそうだし。
いいのよ、この二人は。

だけどさぁ・・・千春よ、問題は。
あんだけ「結婚」って言い続けてて、どうしてそう割り切れる?
結婚にこだわらなくてもいいんだ・・って千春が思えるポイントがあったとも思えないんだけど・・?
純平も、北海道で絵の勉強をするなんていってるけど、
この期に及んで遠距離?
「結婚しないって形もアリだよね?」なんて話、できる関係か?
先が全然見えない、不安満満の二人でござったよ?
甘いねぇ・・。
最初から最後まで、ちっとも共感できない女だったわ。(滝汗)


「結婚しない」ってのは、
結婚しないという言葉そのもの・・・のオチになると思ってたのに、
「好きだと想う大切な人を見つけた」という流れでの「結婚しない」とは思わなかった。
そうね、そういうのもいいね!って思う人・・・そんなにいないと思うんだけど・・・
うーむ、うーむ・・・
モヤモヤ満載の最終回でした・・。


  ◇  ◇   「女の人生、最後の選択」    2012.12.13.                    

なんかねぇ・・・
冒頭で千春と高原がそういう関係になっちゃってたからさぁ・・・
ドン引きっていうか・・・。

失恋してすぐ、そうなっちゃうのかよ・・・って感じ?
なんか・・・ねぇ・・?(汗)

で、あっという間のプロポーズ・・・
純平への気持ちを捨てて、高原に流れていこうとしておりましたが、
春子さんが絶対阻止!でございます。
「素直になれ」ってのはわかるけど、ちょっと過干渉かなぁ・・?って気が。(汗)

それより、自分の体だよ!
教授の告白を断ったのは、気持ちがないから・・ではなく、
体のことを気にして・・・ですか?
だったら、教授はそんなこと気にしないはずだぞ!
アンタこそ、素直になりやがれーっ!ってなもんです。

すっかり先が読めてしまってる最終回・・・
とりあえず最後までお付き合いしてみますか。。。



  ◇  ◇   「女の友情に大波乱!!平手打ちの涙!?」    2012.12.06.            

次週最終回でいいのにねぇ・・・
まだ引っ張るんだ・・。


規定コースをたどったお話・・・でしたね。
お互いを思って身を引こうとする・・・どころか、
手近な相手でいいかなぁ・・・と手を打とうとする千春&純平・・ってことか?
それって、相手にすごく必要なんだけどねぇ・・?
そこ、わかってるかなぁ・・?

そんな千春に、素直になりなよと勧める春子さん。
だけど、一人で強く生きて、なんでも持ってる春子さんに言い返しちゃう千春。
んでもって、春子さん・・・ビンタ!でございます。
・・・そこまで癇に障ること言ったっけ・・?(汗)
春子さんらしくないよなぁ、あれくらいでビンタなんて・・・。


で、家を追い出されちゃうわ、契約は切られるわ・・・踏んだり蹴ったりの千春。
都合よく守ってくれそうな高原さんによりかかっちゃうわけか・・・
ま、最後はどうせ・・・・っていう流れだろうけどね。

それより、春子さんの病気が心配・・・
そんなとき、教授が春子さんに告白・・?
こんなときだからこそ、強がって素直に受け入れられない気がするなぁ、春子さんは・・・


  ◇  ◇   「キスの夜…恋と人生の大逆転!!」    2012.11.29.              

ベタでんなぁ・・・・(汗)


純平が一歩踏み出したことを応援してあげたい千春。
自分の気持ちに気づいてるのに、それを押し殺してるのを見て、
春子はそれでいいのか・・・?とつぶやく・・・
そして千春は、苦しんで一歩進もうとする純平に、「野バラ」を贈りたいと春子に相談。
夏の花だから・・と、野バラの実を花束にして、純平に渡してあげる春子。
そこには、千春からのメッセージ・・
きっとそこには野バラの花言葉を添えて、千春の言葉が書いてあるはず・・・
・・・で、ネットで花言葉を検索してみたら・・・繋がらない!!
みんな、調べてるんやね・・・(笑)

純平が絵を描きたいと思ったこと、
そこには少なからず千春がかかわってるはず。
そして純平が書きあげた絵は、満開の野バラの花束・・・
純平も自分の気持ち、自分でわかってるんだよね・・・
でも、そんな純平の目の前で、千春は本社からやってきた高原(徳重聡)にキスされてて・・・

えぇ〜!なんか、こういう男、ヤだぁ〜!!
契約社員が正社員の男性に頼んで企画に参加させてもらってる以上、
拒みにくいやん?

ウブな少女でもないから、拒絶するのも大人げないって気もしちゃうじゃん?
なんか、汚いっすよ、そのキスは!!
で・・・これを見て、純平は自分の気持ちを確信しつつ、
千春の相手には自分より・・って身を引くって流れだね?
もぉ・・・ベタやーん!(笑)

ま、そんなこんなで、最終的に純平と千春はくっつくんだろうけどさ。
そんなことより!教授、素敵やったやーん!!
樋口の誘いを断った春子に、本社の人が「戻ってこないか?」って言ってくれて、
それを聞いてた教授は、春子に良かれ・・・と言葉をかけてくれたんだよね。
春子の迷いを吹き払ってくれるような言葉だった・・
一本の花でも、外に出られない母にとっては、庭なんです・・・か。
いやぁ・・・花屋さんは嬉しいだろうなぁ・・・
しかし、春子の方は千春みたいに「仕事も恋愛も」という流れにはならない・・・?
教授の言葉は心に響いたみたいだけど、
教授の存在は・・・大きくなってないかい・・・?(汗)


さて、ベタベタな展開になってまいりましたが、
そこそこ楽しんでおりますよ、私。(笑)


  ◇  ◇   「好きなのにサヨナラ 不器用な恋の代償!?」    2012.11.22.           

今回は春子の部分もちゃんと描かれてましたね。
しかし、「妻とは離婚する、独立するから公私ともにこれから一緒に・・」なんてことになるとはねぇ・・
なんか、かなりイヤな感じがするのは、私が「妻」の立場だからか・・なんて見ていたら、
言いたいこと、春子ママが言ってくれたよ!

そうよ、略奪愛ってのは、悲しむ人のうえに成り立つ愛ってことなのよ。
春子ママも、同じ想いをしていたみたいだねぇ・・
だから、自分をかばい、励まし続けてくれた姑に、今も優しくして、最後まで看取りたいって思ってるわけだ・・・
このことを聞いて、春子はどう決断するか・・ですね。
申し訳ないが、春子さんには「一人」が似合うんだけどね・・・・(笑)
いや、教授との未来は・・・どうだろ?
うーん・・・それもあんまり想像できない。(笑)

千春は・・・純平が好きだけど、瑞希からフランス行きの話が出てると聞いて、
応援する立場にまわるみたいですね。
で、純平はフランスに行くみたい・・・?
へぇ・・・・そうなんだ・・・意外。(汗)
なんか、「先輩を救いたい」っていう言葉自体、あんまりいい気がしないっていうか・・(滝汗)
そんなこと言われたら、私は逆にカチンと来てしまいそうなんだけど。
小さいな、私・・(笑)

千春の会社に、本社の有望株がやってきました。
で・・・早速千春に目を付けた・・?
年齢設定としては、千春より年下ってことだよね・・?
なんだか急展開になっちゃいそうだけど・・
それを見て、純平が千春への思いに気づく・・とかにならないかしら?
ま、なったとして、純平が動き出すとも思えないんだけどね。(汗)


  ◇  ◇   「走り出した愛とは!?最後に見つけた答え」    2012.11.15.           

たった一日しか預らない、しかも他人の子どものためにお金かけすぎだよ、千春!!
んでもって、自分の家でもないのに、春子をないがしろにしすぎ!
春子もさ、優しすぎだよ・・・。(汗)
だいぶイタイな、今回の千春は・・・

で、日ごろ慣れてない人がやりがちな、「子どもの相手の仕方」でしたね。
あんなに全部付き合ってたら、マジで疲れるんだって・・・(汗)
ご機嫌をとりすぎなんだよねぇ・・
ま、気持ちはわかるけどね。

で、子どもって大変・・・無理かも・・・と思っておいて、
結局、やっぱり子ども欲しいなぁ・・って思う千春でした・・ってオチ。
そんなことより、春子さんの体調不良が気になるわ!
悪い病気じゃないよね?
まさか・・・もう更年期がきたわけじゃないよね??(滝汗)
いや、逆に・・?いやいや、まさか・・・

さて、次回は春子さん、樋口が離婚するとか言い出したぞ!
いやいや、もう、可愛くて仕方ない教授にしてあげてください!(笑)
いつもいつも学生にジャマされても頑張ってて可愛いじゃないか!
ま、この人もニコニコしてるけど、実は扱いが面倒くさいかもしれんし、
うーん・・・どうだろうなぁ・・。

純平は、瑞希に「一緒にパリに行きましょう!」って誘われてました。
本当のとこ、まだ諦め切れてないよね、純平は。
だったら、一緒に行ってみるってのも手じゃない?
そこで指揮者として花咲くかもよ・・?(”のだめ”じゃないっつの!(笑))
そこでダメなら、本気で違う道見つけて・・ってのもいいかもしれんし、
今のままじゃずっと中途半端で動けないぞ・・・?


  ◇  ◇   「動き出す想いとは!?恋の先にある衝撃!!」    2012.11.08.           

30代の恋愛は、結婚に繋がる恋じゃないと!!と真里子は言う。。。
確かに、誰かを好きになると、その人との未来を想像してしまう・・・
だけど、それって30代からか?
20代のときから、「あぁ、この人の苗字になると、私の名前はこう変わる・・」とか、
「この人と一緒になったら・・」って考えたりしたよ、あたしは。
それはきっと、30代でも40代でも同じじゃない?
その人との未来を想像しない恋愛をしてるなら、そりゃまだ結婚しなくていいよ。
「結婚に繋がる恋」をしなくちゃいけないって思わなくてもいいよ。
だって千春、アンタ、確か見合いを断った時、「ちゃんと恋をしたい」って言ってたよね?
それって、「結婚が前提の見合い」に違和感を感じたんでしょ?
もぉ〜!真理子に振り回されすぎ!!(笑)

さて、やっぱりこのドラマは千春が主人公なんだな・・・と実感した今回。
天海姐さんのスタンスがこれくらい・・ってのもわかりました。
・・・いや、いつか、教授との恋、不倫再燃?とかでメインになるときがくるかもしれないけど、
きっとメインは千春なんだな・・・。

千春は、純平に恋をしたようです。
しかし、真里子から、「結婚願望がゼロの男 奥さんや彼女がいる男 経済力のない男はダメ!」と言われ、
純平がそれにいくつも引っかかるもんで・・・グッタリ。(笑)
だけど、やっぱり好き!ってことで、朝っぱらからスィートポテト作って持っていったのに・・・
寝ている純平の横で、勝手に純平の絵を開けて見てみたら・・
そこには、純平の後輩・瑞希が・・・
「思い入れのある絵だから・・」って純平は言ってたよね。
こりゃ・・・真里子の言う「ダメ三カ条」、全部引っかかっちゃったね・・・(涙)

でもさ、正直、自分は成功し、相手は挫折してるのに、いつまでもしつこくする瑞希もどうかと思うぞ・・?
特に男の方が挫折パターンでしょ?
うまくいかないって・・・(汗)
ここはキッパリ、純平が気持ちを伝えるべき!!
・・・でも、次回、どうやら絵の道に再度純平を引きずりこもうって展開らしい・・
どうするよ、純平・・?
あたしは、花屋の純平、嫌いじゃないぞ!!
・・・ま、バイトっていうのは・・・やっぱ、結婚相手には厳しい気もするけどね・・・(汗)


そうそう、あんなに結婚しろってうるさかったお母さん、
病気になって、考え方が変わったみたい・・
そうね、元気で、自分らしく生きてくれてたら、それだけでもいい・・って思えてきたのかもね・・。
・・・治ると、やっぱり「結婚しろ」って言いだしそうだけど。(笑)

そして春子。樋口家族とレストランで鉢合わせしちゃって、逃げるように立ち去るも、
樋口妻から「公私ともに世話になった」と嫌味を・・・
うん、妻の立場なら、それくらいは言ってやりたい気持ちは理解できる。(笑)
この恋で、春子もいろいろ学んだだろうさ。
是非、次は教授と・・・お願いしたいもんだ!
いい人そうやーん!
・・・ただねぇ・・恋愛を理論だてる男ってのも・・・面倒くさいかも!!(笑)

なかなか面白くなってきたんじゃないでしょうか?


  ◇  ◇   「独身=親不孝!?でも未婚女子の大奮闘!!」    2012.11.01.           

結婚は誰のためにするの・・・?
「結婚式は誰のためにするの?」ってのなら、それは、親のためでもあると答えよう。
正直、男の人はどーでもいい儀式だと思う。
妻になる人の望みを叶えてあげるために、頑張ってやってくれてるんだと思う。
でも、まぁ、だいたいの女性は人生の晴れ舞台だからやりたいって思うよね。
しかし、そうでもない人はいるわけで・・・
実際、ウチも身内でこういう問題、ありましたからねぇ・・
このもめ事は他人事じゃなかった。(笑)(できちゃった結婚問題ではないけどね)

でも「結婚は誰のためにするのか」だとすると、そりゃ、自分のためだよ。
だけど、「二人だけ良ければいい」ってもんじゃないことは確か。
だって、生まれも育ちも違う人間が一緒になるんだ、その家族がついてくるってことは、
結構大変なことなんだよね。
だから、結婚なんて、考えすぎてもダメ、考えなしでもダメなわけだ。

今回は、千春の妹・千夏がいきなり結婚式はしないって言いだした・・って話。
どうせできちゃったんだろ?と思ってたら案の定・・
今時珍しくもないよ、そんなこと。
ってか、お腹が大きくても、みんな堂々と式とかやってんじゃん?(笑)
まぁ・・・世間体とか、親の考えとかを考えると、隠しておきたい気持ちはわからんでもないけど・・

そこに、母のガンの手術が発覚し、急いで母に「親孝行結婚式」を見せてあげたいってことになり、
千春、大奮闘!でございました。
しかし・・・まだ自分も着てないウェディングドレスを貸してくれるつぐみちゃん、どんだけいい人??
いくら「何か古いものになる」ってったって、せっかく作ったドレスが「古いもの」になっちゃってもいいの?
いやぁ・・・あたしなら無理。(汗)
だいたいさ、ちょっとゆるめのドレスくらい、探せばあるんじゃね?って感じなんですけど?
それに、そんなに急いでしないとダメ?
「私、初期のガンって聞いてたけど、そんなに急ぐってことは悪いってこと・・?」って
お母さん、勘ぐっちゃうかもよ・・?(汗)

そして結婚式・・・
純平の作った「何か青いもの」ブーケ・・素敵ねぇ・・
いいなぁ・・・私も欲しいなぁ・・
ってか、作ってほしい・・・いや、手渡しで受け取りたい。(笑)


この「取り急ぎやったにしちゃ、すげぇいいじゃん結婚式」を通して、
どうやら千春は純平に恋心を・・・?
でも、次回で早速失恋か?
そして、春子の方も・・・
不倫ネタがやってくるようですな・・・。(汗)

そうそう、純平の実家のシーン・・・
身につまされた人、多いんじゃない・・・?
あーいう親戚がいるから、冠婚葬祭で実家に帰るの、イヤなんだよねぇ〜!!


  ◇  ◇   「不器用すぎる私達!?話題沸騰!!恋の行方」    2012.10.25.           

千春ぅ〜・・・
焦りすぎ。(汗)
せっかく春子と暮らしはじめたんだから、ちょっとは違う価値観に触れて、
勉強していこうよぉ・・

元カレの誘いに引っかかってホテルまで行っちゃうなんて・・
はぁ・・
しかもさ、結婚相手にフラれて、一人じゃ寂しいよぉ・・なんて泣きついてくる男となんて、
あたしなら絶対ゴメンだしっ!!
焦りすぎだよ、千春ちゃん!!
・・・最後までいかなくて、本当によかった・・・
しかし、アンタ、そのスタイルで「くびれがない」とかよく言ったもんだ!
嫌味かっ!!(笑)


で、今回はちゃんと春子のほうも描いておりまして・・
やっぱり、この状況に納得いかないらしく、退職願を書いておりましたが・・・
アンタ、その年でプーになる気?
再就職も決まってないのに辞める気だったの?
浅はかぁ〜!!

そんなに甘い世の中じゃないでしょうに!!
ま、お祖母ちゃんとの素敵なやりとりのおかげで、辞めるのは踏みとどまったようですが・・
それより!
まさか、春子の恋のお相手は、教授・・・?
えぇ〜!まさか、春子にもそんな流れが用意されてるんですか?
もう、このまま「結婚しない」で通すかと思ってたのに!(笑)
とはいえ・・・・最終的に、やっぱり結婚しない気がしてますけど。(汗)

純平もねぇ・・
あの後輩女、罪深いよなぁ・・・
個展を開くとこまで行ってるヤツにさ、情けかけられたみたいじゃん?
先輩を思って・・・って言ってるけど、
それこそ、この世界はそんなに甘いもんじゃないわけで・・

三人三様、いろいろとありますな。
でも・・・イマイチ、共感はできないんだけども。(汗)


  ◇  ◇   「結婚したい!!でも、譲れない条件とは!?」    2012.10.18.           

千春メインの回・・ってことかな?
そのうち、春子メインの話もあるのかな?
メインは千春でいくのか・・?
なんだかまだ、固まってない感じがしちゃいますね。

千春に舞い込んだ、「条件のいい」お見合い話。
条件だけみれば、確かに問題はない。
ただ・・・急に決まったドイツ転勤の話を、本人からではなく、ブログで知ってしまった・・ってことかな?
ってか、見合いの時点で、それをお知らせするのが礼儀だと思うけどね!(笑)

悩んだ結果、千春が「結婚にあたって譲れない条件」に気づき、
「恋をしたい」ってことらしい。
恋か・・・確かにね、結婚なんてね、好きってだけで乗り越えられるもんじゃないけど、
好きって気持ちがないと、我慢も忍耐もできないわけだ。
その気持ち、大事にしたい気持ちはわかるよ。
わかるけど・・・そうも言ってられないんだろうな、このご時世は・・(汗)
ま、真理子の「は?」と言いたくなるくらいの条件は、行き過ぎで笑えるけど。(笑)
この子も、いずれ30に突入だな・・・

ってか、何時の間に、あっという間に同居してんだ、この二人??って感じですけど、
懐が広すぎる春子姐さん・・・
「どーでもいいわ」と放っておけない優しい人です。
八つ当たりされても、「かもん!」と言ってくれるデカイ人です。
この際、結婚しないで春子さんとこのまま暮らすのが一番では?と言いたくなる。(笑)

そんな、傷心千春のために、春子との間に入ってくれる純平も、いい人だ。
しかし、どうにも覇気がない・・・
この人に力を与える女性は、どんな人だろうなぁ・・・


  ◇  ◇   「結婚は当然!?義務!?できないVSしない女!!未婚女の恋と結婚!?」
                                        初回69分SP   2012.10.11.     

まぁ、予想通り、安定した出来でしたね。
「私が恋愛できない理由」のオバチャン版・・って感じがしなくもないが。(汗)
(スタッフが同じらしい)

結婚したいけど、気が付いたら35歳になってしまった千春・・・
周りの友達は結婚・出産をしてるし、家では妹から「早くお姉ちゃん結婚しないかなぁ・・」と言われるし・・・
・・ってか、35にもなって、実家に住んでるのも問題だと思うぞ・・?
独り立ちしようよ・・・(汗)

久しぶりに会った元カレは、新婚旅行の相談で店にやってくるし、
若かりし頃、「35になってもお互いに結婚してなかったら結婚しよう」と約束していた男と再会したのに、
「オレも頑張ろう!若い子を見つけよう!」って言われちゃうし・・・
・・・あの男、空気が読めないねぇ〜!
気を持たせやがって!!かなりカチン!ときちゃったぜぃ!!


一方、春子は、44歳で「結婚しない」と決めてるキャリアウーマン。
上司と不倫していたようだけど、そのせいで婚期を逃したのは間違いないだろう・・・
本人はそれを認めてないけどね。
仕事と結婚したんだ・・・って思うことで納得しようとしてるけど、
会社のコンセプトがファミリー層向けにチェンジした・・ってことで、
なんと、花屋に出向になっちゃった!!
そんな理由で出向させられて、すぐに受け入れちゃうわけ?
えぇ〜!納得いかないんですけどーっ!!!


そんな二人が出会って親しくなる過程は・・・・まぁ、ドラマらしいっていうか、
んなことあるかい!って言いたくなっちゃったりもしますが・・・・(汗)
それより、その程度の親しさで家に転がり込もうとしている千春の図々しさに驚きよ!!
その図々しさがあったら、結婚しなくても家で堂々としてりゃいいのさ!(笑)

私なら、こんな風にズカズカ上がりこんでくる女と同居なんて、絶対ありえないけどね!!

そして・・・紅二点に対して、黒一点の純平・・・
結婚なんてできないよ、現状では・・・という、本当にそこらへんにいそうな男。
でも、あんな素敵オーラがプンプンなのにねぇ〜!
後輩とか、バイトの子とか、「好き好き」って表現しまくってるやん!!(笑)
この人が、千春と春子のどちらかとくっつくのか、
それとも、三人がそれぞれの「幸せ」を見つけるのか・・・
どっちですかね?

気になったっていうか、ちょっとねぇ・・・ってのは、福田彩乃の演技かな?
一昔前のトレンディドラマの演技みたいだった。(笑)
もっと自然に、力を抜いて・・・って言いたくなったよ。

若者向けではないので、私は楽しく見られそうです。
今後も視聴決定です。



★ STORY ★ 菅野扮する千春は「結婚できない女」代表。35歳の誕生日を目前にしながら、 実家で暮らす彼氏いない歴5年の契約社員。結婚願望はあるが、交際が長続きしないのが悩み。一方「結婚しない女」代表で、44歳の春子を演じる天海は、造園プランナーとして成功するデキる女。長年、上司との不倫を続けてしまったため、結婚や出産に対する葛藤も乗り越え、1人で生きる大人の女性だ。そんな2人が偶然出会い、千春の妹の結婚をきっかけに春子の家で同居することに。
★ 期待度 ★ 主演二人がどっちとも好きだし、掛け合いが楽しみですね!