高校入試
 土曜11:10〜    フジテレビ       
 脚本:湊かなえ     演出:星護ほか     P:柳川由起子
 主題歌・・・ 「青い春」 back number
主題歌
青い春
◆ 出演者 ◆
春山杏子 長澤まさみ 橘第一高校 英語教師 2年B組担任
滝本みどり 南沢奈央 橘第一高校 音楽教師
相田清孝 中尾明慶 橘第一高校 体育教師
小西俊也 徳山秀典 橘第一高校 英語教師 3年A組担任
荻野正夫 斉木しげる 橘第一高校 情報処理教師 入試担当
松島崇史 羽場裕一 橘第一高校 英語教師 3年B組担任
坂本多恵子 高橋ひとみ 橘第一高校 英語教師
的場一郎 山本圭 橘第一高校 校長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇     2012.12.29.                                  

なんか、一気にまとめてしまっちゃった・・って感じ?
ここまで散々じわじわと引っ張ってきておいて、
そんなに急いでまとめちゃうの?って感じ。

まぁ、それも面白味の一つだったのかもしれんけど・・・
ちょっとあっけなかったかな・・・?

黒幕は、荻野先生でした。
田辺兄の不合格にも関与していて、
その後の田辺兄が引きこもるネットでの騒動にも加担していた・・・と、
その後、自分がしたことを目の当たりにし、
田辺弟くんのしようとしていることを知って手を貸すことにした・・ってわけだ。

うーん・・・
田辺兄の不合格の原因は、英語の試験だけ受験番号を書き忘れた・・ってことらしい。
同じように書き忘れた人は、担当教師が指摘してくれて、最悪の結果を免れた・・ってこともあったらしく、
自分はそういう教師にあたらなくて不幸だった・・って思うのもイヤになっちゃうんだろうね。
別に、受験番号を書き忘れて0点になったことに文句を言ってるわけではなく、
不公平を指摘したんだよね。
そういう、ドキュメンタリーを作ったのに、それに関してネットでの「否」の反応に追いつめられていったんだ・・

受験ってのが一生を左右するくらいに大変だってことはわかる。
それに関わる教師側も、そういうことを踏まえてしっかりやってほしいって気持ちもわかる。
だけど、ガッカリしていた杏子同様、「すべてを失う覚悟」で田辺くんがやってなかった・・ってのは
かなり後味が悪いって気がしたね。
ま、お兄ちゃんが弟のしたことを受けて立ち直ろうとしてるので、ヨシとするか・・・。

学校内では、校長がすべての責任をとるってことで落ち着いたようだけど、
あんだけやんや言ってた同窓会長とか麻美ママとか、大人しいのも釈然としないっていうか・・・
子どもが合格したから・・・ってこと?
だけど、麻美ちゃんが合格したあとも、いろいろ大変そうだしなぁ・・・
そうそう、同窓会長の息子と松島先生の息子、握手してましたね。
あんなんで納得いくの?
うーん・・・スッキリしない・・・(汗)

なんだろうなぁ・・・
全体的にスッキリしない最終回だったなぁ・・・
13話まで引き延ばさないといけなかったのか?って気もするし・・・
とはいえ、最後まで気になるドラマであったことは間違いないですがね。


  ◇  ◇     2012.12.22.                                  

あ、意外と簡単にゲロった・・・ってのが正直な感想ですね。(汗)


村井先生もさぁ・・・
そんな早い段階から杏子が怪しいって思ってたんなら、
そういう素振り見せるとかしなさいよ・・・(笑)
で、そこをつかれた杏子は、あっさりと「関与」を認める。
首謀者に命じられて動いていたのは三人。
衣里奈と杏子、そしてもう一人”教師”がいるらしい・・・

予告で村井が「尊敬してたのに・・」って言ってたので、
恩師の松島か・・?と思いがちだけど、
きっと荻野だろうね。
現行の入試に対して語る校長の話を聞いてるときの表情が、
思い切りおかしかったですもんね。
まさか、田辺くん兄弟の父親・・ってことは・・・ないか。(笑)

杏子のカレシは、入試の採点ミスが原因で自殺した生徒のことで思い悩み自殺したらしい。
そんな過去を抱えてる杏子からしたら、
この呑気で情けない一高の教師たちは腹立たしかっただろうさ。
このドラマの初回・・・
私も本当に「こんな人たちが出た学校がそんなにすごいわけ?」って思ったもん。(汗)


ぎゅーんぎゅーんと引き延ばしてきたこのドラマも、ようやく最終回を迎えます。
どんな結末を迎えるのでしょうか・・。


  ◇  ◇     2012.12.15.                                  

ほほぉ・・・・いよいよ佳境に・・って感じかな?

田辺淳一くんのお兄ちゃん・光一くんは、4年前、一高入試の開示請求をしていて、
その結果は納得いかないものだったらしい。
で、ドキュメンタリー番組を作って銀賞をとってましたけど・・・
コレ、公に出たのに対して話題にならなかったのかしら?
だから今、光一くんはあんな風になっちゃったのかなぁ・・?
とにかく、弟・淳一くんは復讐のために掲示板を利用して・・ってことらしい。
衣里奈は、相手が誰かは知らずに手を貸してたってことかな?
その動機は、キヨタン=相田先生の”恋人”への嫉妬・・
相手は杏子だと思ってたみたいだけど、みどりなんだよねぇ・・
で、その話をしてるのを外で立ち聞きしてたみどり、暴走!!(笑)
ったく・・・痴情のもつれがからんでくると、面倒だわぁ〜!!

最後の村井先生の告白は・・・なんか、わかる気がした。
博打に出るより、確実な低いレベルの高校を受けると決意したのは自分のはずなのに、
実際に試験の出来がいいと、「もっと上の高校でもイケたかも・・?」って思っちゃうよねぇ・・
村井先生みたいに「行きたかったけど諦めた」って人はそういう想いがもっと強いだろうし・・。
入試の在り方に疑問や不満を持ってるのは確かかもしれん。
だけど、だからこそ、受験の重みを知ってるんだ、
だから、現在の受験生を巻き込むようなことはしないと思うんだよね。

そして村井先生は、首謀者に気づいたっぽい・・・・?
あの指の角度は・・・誰を指してるんだ・・・?

残り2話・・・
もう、早く終わらせてくれ・・って感じ。(笑)


  ◇  ◇     2012.12.08.                                  

うーん・・・面白いんだけど、やっぱり進んでるような、進んでないような・・・。

答案用紙が2枚ある、一人分足りない・・・って問題、さておき・・・・って感じ?
さておいちゃ、いいかんだろ!(笑)
松島先生の息子が、同窓会長の息子にイジメられてた・・?なんて話で
すっかり盛り上がっちゃって、
今まであんまり登場しなかった分、水野っちがしゃべる、しゃべる!(笑)
こそこそ何をしてるかと思ったら、そんなことしてたんだねぇ・・・

で、実況はずっと続いていて、それに気づいた水野っちが、
なんと衣里奈を確保!
ありゃりゃ・・?
だけど、杏子はそれを知ってただろうから、自分がそばにいたいんだろうなぁ・・と思った。

そのころ、田辺くんはお兄ちゃんに問い詰められていました・・・
「復讐」と口にしていたけど・・
きっと、お兄ちゃんのためであり、その結果崩壊した(みたいな)家族の思って・・のことだろうね。
しかしまだ、全体像は見えず・・・
もやもやもや・・・・はまだまだ続く・・。


そうそう、気になったのは・・・
みどり先生、目上の坂本先生たちにタメ口・・・?
ズケズケ言いすぎてて、妙に気になったわ。(汗)


  ◇  ◇     2012.12.01.                                  

相変わらず、進んだようで、進んでないような・・・(汗)

55番の答案用紙が2枚、
どっちが本物・・・?
どっちでもいいじゃん!・・・いやいや、んなわけないだろっつの。
その答案用紙を見つけたのが同窓会長だったとしても、
筆跡から55番のモノではないって証明できるだろうから、
どっちが本物?なんてこと、考えなくてもいいんじゃない?って気がする。(汗)
46番がないってことの方が問題でしょっつの。

で、ここにきて、松島先生が怪しい・・っていう流れになってきましたね。
ってことは、きっと違うだろう。(笑)
この時点では、まだ全然怪しくない人が、実は・・・ってことになりそうな気がする。
そうねぇ・・・
のほほんとしてる、相田先生とか、みどり先生とか・・・?


  ◇  ◇     2012.11.25.                                  

今回・・・あんまり話、進んでないですよね?(汗)
引き延ばしてるとしか思えないんだけど・・・(滝汗)
麻美が携帯依存になった理由、
田辺くんのお兄ちゃんが自分の不合格に対して動こうとしていたらしいことはわかったけども・・・

だいたいさ、55番の答案用意が2枚あるってのに、なんでのんびりしてるの?
46番は見つかってませんよ?
足りなかった用紙が出てきて、数としては問題ない・・って安心しちゃったわけ?
よくわからんよ、この先生たちの心理状態・・・

わかったことといえば、やっぱり杏子は関わってるってこと・・・
採点について教師同士で話をしていたとき、
つい感情が出ちゃって、トイレに逃げ込んで平静を取り戻そうとしておりました。
やると決めたんだ、逃げちゃダメ・・・自分を鼓舞するように・・・ってことでしょうか?

さて、麻美ママと同窓会長が大騒ぎしておりまして、
それを記者会見しろだの話をしているのが掲示板にダダ漏れ・・・
衣里奈が流してるわけですが・・・
彼女だけとは限らないよねぇ・・・?

で、水野を視聴覚室に呼び出して、
校長、荻野先生、麻美ママ、同窓会長たちが話をするようです・・・
そして本部に残された教頭・・・
トイレに行きたくなって、本部を空に・・・
するなよ・・・今の状況、わかってんのかね、この人・・・・鍵くらいかけようよ・・・。
そこに誰かが・・・ってわけだ。
誰だろうねぇ・・・
まだまだ先は長いみたいだし、ずっとイライラさせられそうだわ・・・・(汗)


  ◇  ◇     2012.11.17.                                  

面白いよねぇ・・・
あっという間に終わっちゃった!
早く続きが見たい!!

答案用紙がなくなってると報告した杏子と坂本。
関わった人間の事情聴取が始まったわけですが・・・

水野と村井は、「答案回収時に受験番号も確かめた」って言ってたけど、
あれはウソついてますよね?

で、結局見つからないことが「入試をぶっつぶす!」ってことかと思ったら、
なんと、同窓会長が「こんなの見つけた」って持って来やがった!
その答案に書いてあった受験番号は「55番」・・・
55番とは、同窓会長の息子=ロン毛くんです。
小西は採点もせずに「満点だ・・」って言ってたけど、55番のじゃないよね。
じゃ、誰がそんなことを・・?ってことだけど・・・

冒頭で田辺君の事情が明らかになったということは、
田辺君は主犯・・ってことかな?
で、杏子も共犯・・・かな?
英語の答案を多めにしたのは杏子。
田辺君に2枚くばり、ちゃんと回答した用紙ではない白紙を回収させ、
そしてちゃんと回答した用紙を55番って書いて校舎の窓に貼ってったんじゃない?
なんで、それが「55番」でなくてはならなかったのかはわからんけど・・・

たぶん、田辺君のお兄ちゃん=光一くんは、自己採点で高かったんだから本当は合格するはずだったのに、
坂本の採点ミス(の可能性が高い?)かなんかで不合格になったんじゃ?
で、家族崩壊・・・?
その恨みで一高の入試をぶっ潰そうって考えたのでは?
なんでそれに衣里奈が手を貸してるのかはわからんけど・・
そして、杏子も共犯だとしたら、なんで手を貸してるのかはわからんわねぇ・・
杏子の元カレらしい男も、この光一くんの受験のときに関わっていたのかしら・・・?

最後に掲示板に書き込みをしたのは、きっと松島先生の息子くんだろうね。
どうしてもロン毛くんとまた一緒の学校なんてイヤっぽいから・・。
そして、麻美ちゃんもロン毛くんも、合格ラインギリギリみたい・・。
悩ましいことばっかりだねぇ〜!!

2枚存在する55番の答案・・・筆跡でどっちが本物かは判別可能かなぁ・・?って気もするけど、
どうなっちゃうんだろ!

あぁーっ!もう!早く続きが見たいわぁー!


  ◇  ◇     2012.11.10.                                  

坂本があまりにもアホで、イライラしたわ・・・
しかし、あそこまでイっちゃってると・・・、逆に怪しいかも。
無能なフリして・・・策士?それはないか!(笑)


さて、英語の採点・・・あんだけの人が関わり、
あんだけの手が入ると、正確を期すどころか、逆に間違いが起こりそうな気がしてくるから不思議。(汗)
私も採点のバイトしたことあるけど、ほんと、面倒なんだよねぇ〜!
やっぱ、公平にするためにも、マークシートがいいと思います!
・・・マグレ当たりがるから、完全に能力を判定するのは難しいかもしれないけどね・・。

今回明らかになったのは・・・在校生の衣里奈が、掲示板に問題をリークしたり実況してたこと。
メールは誰が送ってるんだろう・・・?
そのメールを送り主は、相田とみどりが付き合ってることを衣里奈にチクってましたが・・
それを知ってる人間ってことだよね・・?
誰だろう・・・?やっぱり46番田村くんかなぁ・・・?
このメールには、「本番はこれからだから」って書いてあったよね?
まだ何かが起こるのか、それとも仕掛けたことが発覚し動きだすっていう意味なのか・・・。
たぶん、単独犯じゃないとは思うんだけど・・・。

麻美ちゃんは、携帯が鳴ったことで、入学できても大変な未来が待ってると予測し、
行きたくない!!って大騒ぎしております・・。
まぁ・・自業自得だよねぇ・・(汗)
そうそう、去年の携帯騒ぎの張本人は衣里奈のようで、
それが原因でイジメにあってて、それを救ってくれてたのが相田先生のようね。

さて・・採点終了後、パソコンに点数を入力し、それで作業は終わりらしいけど・・
あの入力も、ミスが起こりそうだし、何か仕掛けられそうな感じだよね・・・
入力する人、読みあげる人・・・
そうなると・・・今までいろいろと怪しい荻野先生かなぁ・・・・?

主人公・杏子に関しては、寺島って言う男(元カレか今カレか、そう言う関係じゃないかどうかもわからんけど)が、
何かに失敗して苦しんでいるらしいこと・・・
このこと、「高校入試」に関係してることなのかなぁ・・・?
で、杏子が動いてるってことかなぁ・・?
うーむ・・・・まだわからんぞ!!


  ◇  ◇     2012.11.03.                                  

いろいろとありすぎて・・・書くの、大変。(汗)

まず、黒板に掲示していた注意事項の不備は、前回レビューに書いてたとおりでしたね。
この不備をついてきた麻美ママに押し切られ、校長は失格を取り消してしまった。
いいのか・・?(汗)

そして採点が始まる・・・
その結果・・・なんと2組の英語の答案が一枚足りないことに気づく!!
どういうこと・・・?っていう第5話でした。

この答案用紙に触れたのは・・・
まず、用紙の枚数確認のときに「一枚足りないから」と足したのは杏子。
英語の試験中倒れた麻美の答案を、回収後、普通にほかの生徒の答案用紙と合わせて袋に入れたのは村井。
本部におかれた答案用紙に触れたっぽいみどり。
採点会場に持っていったのは坂本、途中トイレに入ったけど、隣の男子トイレには松島・・
途中、その用紙の束を相田に預ける坂本・・・
採点会場で、試験会場2の束を坂本がバラバラにしちゃってかき集める相田、
白紙の用紙を見つけて、離れた場所に置いたのも相田、
そして、最初に試験会場2の用紙を担当し、用紙が足りないことに気づいたのは宮下・・・
足りない受験番号は46番・・
「この白紙を誰かが出したのね!」と、勝手に足りない受験番号を書き込んだのは坂本・・

こんなとこでしょうか?
・・ほぼ全員関わってるやないか!!(笑)
もう、わかりませんがなっ!!


答案用紙を配るときは、田辺君はほくそ笑んでた。
だけど、麻美の携帯が鳴って、運び出されたあとくらいから表情に変化が・・
この子が関わってるのは間違いないだろう。
そして、だれが杏子の携帯をロッカーに入れたのか・・・?
誰でもそのチャンスはあったと思うけど・・・

とにかく、進んではいるけど、いろいろとヒントをバラまかれすぎて、
余計にこんがらがってきた!ってことでしょうか。

わたったことといえば、みどりの相手は相田ってことと、
坂本が思ってる以上にアホってことですな。
白紙の用紙に勝手に受験生の番号書くなんて・・・信じられない!
・・・予告で慌てて消してたけど・・
どうやら足りてない46番ってのは田辺くんらしいってことも、座席から考えると間違いないようだし・・
ただ、「英語の時間に"事”を起こそうとしていた」ってことは間違いなさそうなんで・・・
英語担当教師が怪しいかな・・?

・・だって、このドラマのキャスト、英語教師が多すぎやもん!!(笑)
もしくは「英語教師に恨みを持ってる人が・・」ってことかな?

早く続きを見せてください。

追記、勘違いしてる部分を修正しましたが・・・
まだ間違ってるかもしれません。
ま、その間違いにはおいおい気づいていくってことで・・・(恥)



  ◇  ◇     2012.10.27.                                  

予告で散々、小西先生が貼り紙を見て「あれ?」って言ってるシーン流しておいて、
今回、そこで終わるのか!!
何なんだよ!もぉ〜!!ズルすぎ。


さて、携帯がなっちゃった麻美。
途中退室となり、入試は失格らしい。
けど、母親がそんなのおかしいと言いだすんだけど、
きっと、小西先生が気づく貼り紙の「?」は、そこに関係してるんだろうなぁ・・
あの注意の貼り紙書いたの、誰だったっけ・・・?
荻野先生だったっけか・・?

そういえば、去年のヤツを持ってきちゃったって言ってたもんね。
去年は携帯を持ちこんでもいいけど、電源は切っておくように・・・ってことで、
今年からは携帯を持ちこむことを禁止する・・ってことになったんだっけか?
カンニングとみなして、その場で失格にするって今年の分には荻野先生が書いてたような・・?
そこを麻美ママはついてくるかもねぇ・・・
ま、去年の貼り紙には「電源を切っておくように」って書いてあったわけで、
電源、切ってなかったんだから、どっちにしろ違反なんじゃね?って感じですけど。
「失格とは明記してないじゃないですか!!」って言ってくるんだろうなぁ・・
2組の注意書きの貼り紙は、「荻野先生が渡してくれた」と村井先生は言ってたよね?
荻野先生がわざと去年のを村井先生に渡したのか、
それとも、途中で村井先生がすり替えたのか・・
去年の貼り紙だと気づいているのに、取り替えずに年度だけを書き直すように命じた水野先生も怪しい・・?

わからんねぇ・・・

ほかに気になったことは・・・・
英語の解答用紙が一枚足りないと言って、杏子が一枚足していたこと。
ロッカーに杏子の携帯が入ってたこと、
麻美を連れて杏子が保健室に行くことになって、急に田辺君の表情が不安そうになったこと、
翔太のカンニングに良隆がきづいたこと、
ゴールドカードを持って、杏子の元同僚が学校に侵入したこと、
在校生・エリナが中学の制服を来て潜入してること、それを相田先生は知ってること・・
それくらいでしょうか?

相変わらず、怪しいのは杏子・・・
でも、いろいろと怪しい人が出てきてますねぇ・・
もしかして、みどり先生のお相手ってのが、旅行に行きたくなくて問題を起こしてる・・・とか?(笑)


  ◇  ◇     2012.10.20.                                  

これは・・・俄然杏子が怪しくなってきたな・・・

受験生で注目すべきは、
松島先生の息子、良隆。
同窓会会長の息子、翔太、
女生徒の麻美、
そして田辺淳一・・・

翔太は良隆をイジメている。
麻美は携帯没収なのに隠し持ってる、
淳一は、ほくそ笑みながら解答・・・
受験はネット上で実況されている、誰が・・・?って感じです。

まぁ、普通に考えると、もう一個携帯を持ってるヤツがいる・・ってことよね。
杏子の携帯がいつもの場所にない・・・とみどりが言ってたけど、それはどこにあるんだろう・・・?
なんか、杏子と淳一が怪しい会話してたでしょ?
「今年の桜はいつ咲きますか?」 「入学式の2日前じゃない?」っていう会話・・
もう一度淳一が聞いた時、小西先生は「3月21日じゃない?」って答えて、
それは合格発表の日らしいので、大人の返し方だなぁ・・って思ったけど、
「入学式の2日前」ってのは、なんか裏がありそうな言葉じゃない・・・?
暗号めいた・・・?

淳一が廊下に出てる机から何かを取ってたのも気になるし・・
どうも杏子は「入試をぶっつぶす!」って言ってるヤツらと繋がってる気がする・・・
「ぶっつぶす!」って言ってるヤツらと淳一が繋がってるかどうかはわからないけども・・・

それにしても、受験にあんな風に親がついてくるわけ?
見送り・お迎えは理解できるけど、待機する??
そんなテレビドラマ見る余裕があるなら、家に帰れよって話。(笑)

みどり先生がインディゴリゾートのゴールドカードを紛失したことで、
ネット検索していたら、ネット上のサイトがみつかっちゃいました。
こうなると・・・もう問題だよね。
入試の続行は無理なんじゃ・・・?(汗)


  ◇  ◇     2012.10.13.                                  

ほぉ・・・・もう入試当日になっちゃうの?
前日と当日を描くんだよね?
当日が長くなるわけだねぇ・・・・大丈夫か?(笑)

前日の準備段階で、黒板の上にいろいろと仕込まれていたけど・・・
あまりにも怪しいのが村井先生・・・
だけどこの時点で明らかに怪しいので、犯人じゃないだろう。

ただ、ちょこまか動いてるのは事実・・・・
関わってはいるのかな・・?

みどり先生のお相手は・・・誰かまだわからず。
だけど、旅行のゴールドカードをなくしてしまったらしい?相手が?
いつ渡したの?って思ったけど・・・
相田先生に渡していた「生徒の忘れもの」っていう封筒の中身が怪しいよなぁ・・・
相田先生、みどり先生が本命で、生徒と遊んでるってこと?
まだわからんけどね・・・

で、入試当日・・・受験生がやってきましたけど、
その受験生の中でも何やら問題がありそう・・・
はぁ・・・ゴチャゴチャしてきたわ・・・(汗)

掲示板でもさ、入試のことだけでなく、みどり先生の旅行先の話が出てきてるよね?
どういうことなんだろうか・・・

なんだろうなぁ・・・
「入試をぶっつぶす!」っていう張り紙があんなにたくさん貼られていたのに、
イマイチ緊張感が感じられないっていうか・・・

そんなことがあったくらいで入試を中止することはできないわけだけど、
こんなことがあったんだから、もっとピリピリしてもよさそうなのに・・・
そこがちょっとイマイチなんですよね・・・。


  ◇  ◇      初回60分SP   2012.10.06.                      

うーん・・・・
ツカミがOKではない・・・・な、この初回は。
初回はどうしても説明が多くなっちゃうから仕方ないのかもしれんけどね・・・。

まず、何かが起こった!ってのが、よくわからん。
「入試をぶっつぶず!」っていう張り紙・・・だけ?
まぁ、殺人が起こるとか、わかりやすい「事件」のほうが、ぐっと最後に惹きつけられるわけじゃん?
だけどねぇ・・・その貼り紙だけじゃねぇ・・・
正直、ショボイっていうか・・
きっと、んな貼り紙がされたくらいで、入試中止するはずもないだろうしさ。
まだこのあと、いろいろと仕掛けられていく・・ってことなのか?
だとしても、初回でこの程度では・・・引きが弱いですな・・・・(滝汗)


それと、登場人物が多すぎ!
教師だけで何人だよ・・・
で、次回は受験生も出てくるんでしょ?
保護者まで??
多すぎやわぁ〜!
怪しい人を増やしすぎですよ。(笑)


それと、旅行の予約を頼んだみどり先生。
予約が取れたら相手を教えるっていう約束はどうなってるの?
小西は否定、水野はありえない、相田は女子高生と付き合ってる・・
んじゃ誰よ、あの非常勤講師か?
まさかの不倫・・・?
貼り紙より、そっちの方が気になってしまったやないかーいっ!!(笑)

まぁ、とりあえず次回も見ますよ。

しかし・・・高校のレベルが、その後の大学や就職よりも重視されるなんて・・
変な土地だね。
東大や優良企業のほうが、あたしゃいいと思うけど?
高校の段階でそんなゴールみたいな定義にしちゃったら、
この学校に受かった人のその後の未来が心配だわよ。
・・・この土地で一生生きていくのなら、いいのかもしれんけどね。



★ STORY ★ 「入試前日」と「入試当日」の2日間をピックアップ、高校入試を巡り、地方の名門県立高校で巻き起こる、さまざまな事件を描くミステリー。入試前日、試験会場の全教室に「入試をぶっつぶせ!」と謎の紙が張られ、入試当日もさまざまな事件が巻き起こる。
★ 期待度 ★ 湊かなえさんの本は好きだけど、「ドラマ用に書いた」ってのはどうなるか、不安でもある・・・が、期待!