そこをなんとか
 日曜10時〜    BSプレミアム       
 脚本:今井雅子ほか    演出:片岡敬司     P:後藤高久
 主題歌・・・ 「アイル ビー ヒア」 プリシラ・アーン
原作
そこをなんとか 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
◆ 出演者 ◆
改世楽子 本仮屋ユイカ 菅原耕太郎弁護士事務所 弁護士
東海林弘明 市川猿之助 菅原耕太郎弁護士事務所 弁護士
久保田亜紀 MEGUMI 菅原耕太郎弁護士事務所 事務員
赤星弘貴 五十嵐隼士 奥山城之内弁護士事務所 弁護士
久保田昴 前田旺志郎 亜紀の息子 小学生
改世幸喜 武田航平 楽子の弟
中道志織 井上和香 奥山城之内弁護士事務所 弁護士
菅原耕太郎 大友康平 菅原耕太郎弁護士事務所 所長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「運命の決断」   最終回   2012.12.16.                      
第9話ゲスト・・・ 津田有希子(富田靖子)   関根裕也 (黄川田将也)   韮沢透(山崎一)    横山(渡辺いっけい)

うわぁ・・・・泣けるぅ〜!
こんな真相・・・

困っちゃうよね、楽子!
弁護士として、人間として・・・

津田有希子による、高美と・関根裕也の実家放火事件・・
二人の関係は悪くなさそうだし、有希子自体も悪い人じゃないみたいだし、
一体、なんで放火したんだ・・・?ってのがキモだった最終回。

実は、裕也は、韮沢という男に性的虐待を受けていて、
しかも、母親はそれを知ってて勧めていた立場だったという、悲惨な過去があったのよね。
でも、今現在の裕也はそんなこと、なかったかのように明るい・・・
・・・耐えられない過去を封印するということで笑顔を取り戻していたんだね。
有希子は、裕也の実家に行ってその証拠を目にする・・・
忘れられないと生きていられないくらいの過去・・
この忌まわしい家で、証拠も数々残ってる・・・
この家があると、いつ裕也が思い出すかもしれない・・・
だから、全部燃やしたんだ。
裕也を愛するがゆえ・・


調査の結果、その真実にたどり着いた楽子。
この事実を明らかにすれば、減刑が可能かもしれない。
だけど、有希子は断固拒否する。
たとえ罪が多少軽くなっても、愛する人を再び地獄に突き落とすことになる・・・
そんなこと、受け入れられるわけがない。

そんなの、火をつける前に散々考えてるよね。
自分がどうなっても、消してしまいたかったんだもん・・・

弁護士として、真実を明らかにする・・・それは正しいことかもしれん。
だけど、人として、有希子の気持ちは痛いほどわかったはず・・・
楽子のだした結論は・・・
この真実に蓋をするということ・・
それが弁護士として正しいかどうかはわからない。
だけど、これでよかったんだよ・・・って、東海林みたいにぽんぽん・・・ってしてあげたくなった。
よく頑張った。
成長したね・・。

これからもいろんな事件と向き合って行かなくちゃいけない楽子。
もうそばに東海林先生はいれくれない・・・
大丈夫か?って心配だけど、ま、なんとかなるっしょ!(笑)
頑張れ!!って応援したくなる最終回でした。
・・・所長と亜紀のエピソードは・・・いらん気がしたけど。(汗)

ちょっと成長した楽子のその後もまた見てみたい気がします。


  ◇ 第話 ◇   「愛の深淵」     2012.12.09.                         
第8話ゲスト・・・ 津田有希子(富田靖子)   関根裕也 (黄川田将也)   大島文香(原史奈)

最終回との前後編かぁ・・・
どーりで、途中、モタついてんなぁ・・・って思ったんだよね。(汗)
楽子と赤星、東海林と楽子、東海林と中道・・・の恋愛模様とか、
ちょっと多めだったもんねぇ・・・

さて、今回の事件は、放火・・・
さすがの富田靖子さん。
もう、想いを秘めてる演技が抜群です。

こりゃ手ごわいな・・って感じがしまくりでしたもん。

さぁ、彼女は何を隠しているのか・・・
そして、菅原弁護士事務所の未来や、いかに!!
所長が事務所辞めちゃって、楽子は東海林のオマケとして新しい事務所へ・・・とか、
そんなことにならないかしらん・・?(笑)


  ◇ 第話 ◇   「愛がすべてさ!」     2012.12.02.                         
第7話ゲスト・・・ 片桐龍之介(ささきいさお)   片桐成子 (鷲尾真知子)

まぁ・・・・ベタでしたね。

いくらちょいと暴力的なスキンシップがあるにしても、
あの母子はとても仲がいいことくらい、見てればわかるはず。
そこに「愛がある」から・・・。
でも、引き取りたいという、父親側にも、本当に息子を思うキモチがあったら・・・
結果は厳しいモノになったかもしれませんな。
相手が自滅してくれて、助かりました・・。(笑)

気になる東海林先生ですが・・・
本当に出て行っちゃうっぽい・・?
うーん・・・・まぁ・・・わかってあげたい気持ちはあるんだけど・・・
行かないでほしいなぁ・・・・


  ◇ 第話 ◇   「信じる力」     2012.11.25.                         
第6話ゲスト・・・ 村松陽一 (蟹江一平)   村松真奈美 (遊井亮子)

東海林先生、カッコイイ!!!
こういう弁護士にあたると、本当に助かるよねぇ・・・

ほんと、生カキ、グッジョブ!だわ!
楽子が担当してたら、どうなったことか・・・(笑)

今回の痴漢冤罪事件。
東海林の過去と重なり、いい感じで描かれてました。
なるほど、そんな理由で大手に勤めずに、こんな弱小事務所にいるわけだ・・・

そんな東海林に、中道が「一緒に仕事しよう」と誘いをかけてきました・・
でも、きっと東海林はこの事務所を辞めないよね?
だって、どん底にいるとき、救ってくれたのが菅原先生だもん!

そんな恩知らずじゃないよね?
・・・まぁ、菅原先生は、東海林の未来を思って送り出しちゃう可能性はあるけど・・・。
そんなことになったら、この事務所、つぶれると思うけど。(滝汗)

それにしても・・・ほんと、痴漢の冤罪だけはやめてほしい。
今回はうまく無罪になったけどさ、証明するのって、本当に難しそうだもん・・
電車通勤の夫を持つ身としては、ほんとうに怖いです。
やっぱ、この際、電車に乗る男女比に合わせて、
終日、女性専用車両を作るべきです!
痴漢にあいたくない女性も、痴漢に疑われる男性も、それを望んでるはず!
検討願う!ですわ。

ただ・・、楽子の弁護士バッジはいずこへ・・?
あたしゃ、東海林先生が新人弁護士を演じるにあたり、
ピカピカ弁護士バッジが必要で、楽子のをちょっと拝借したんじゃ・・?って思ってたのに、
そうじゃなかったみたいだね・・・?(汗)



  ◇ 第話 ◇   「嘘の中の真実」     2012.11.18.                         
第5話ゲスト・・・ 原田哲郎 (伊武雅刀)   佐伯春菜 (村川絵梨)

最初から、原田は怪しかったですからねぇ・・・
やっぱりか・・ってガッカリでした。(汗)

しかし、「ダメ親父を持つ娘」ってことをうまくからめてきてて、
なかなかのいい話に仕上がってたんじゃないでしょうか?

最後に弟に「頼みがある」って楽子が言いだしたときは、
せっかく当てた300万を原田さんに貸してやってくれって言いだすのでは?と思ったけど、
そこまでお人よしではなかったですね。(笑)
「私が結婚する時、お父さんのタクシーで教会まで送ってね!」か・・・。
いい話やなぁ・・・
私も泣けてきたよ・・。
原田さん、改心してよ!!

そして楽子も同じく借金を抱えて家族を捨てた父を持つ身。
しかし、同じように借金作ってる弟もいる分、楽子のほうが大変かも。(笑)
弟くんは、父の知り合いから「東京にいるかも」って聞いて
大阪から探しに上京してたんだね。
だけど、今回の1件でいろいろ考えるところがあったようで、
大阪でマジメに働くみたい・・。
・・いや、あのテキトーさは、そう簡単に治るとも思えないが・・・(汗)

ダメ親父に救いの手を差し伸べるのをやめようとしていた楽子を諭す菅原。
そこで、楽子は、自分が憧れたヒーローみたいな弁護士=菅原って気づくのよね。
菅原も自白・・
お母さんの知り合いだったみたいね。
ずっと楽子を見守ってくれてたんだ・・。
ほんと、東京の父だわね。


  ◇ 第話 ◇   「立ち上がれダメ男!」     2012.11.11.                         
第4話ゲスト・・・ 土屋忠(坂本真)   土屋芳子(岡田奈々)

今回は著作権問題。
これを勝てば、相手が大企業だけに、まさに一攫千金!!
・・・だけど、難しいよねぇ・・・・こういうのって。

最終的に、日付入りの写真が見つかって・・ってことだったけど、
それも、操作されてないとは限らないわけで・・・
相手側の”自白”がなければ、長引いただろうなぁ・・・(汗)

ま、勝ちは勝ち・・・結構大きな金になったみたいで何よりですな。
このドラマのユイカちゃんは、ほんと、可愛く見えます。
ガンバレ!って応援したくなるしね!

今回、楽子の弟が出てきてたけど・・・
苦しい暮らしをして這い上がった楽子みたいのもいれば、
そこに甘んじてダラダラ生きてるヤツもいる・・ってことだろうけど
いつか大問題を起こしそうなキャラで、危ういわ・・・(汗)


  ◇ 第話 ◇   「この子だれの子」     2012.11.04.                         
第3話ゲスト・・・ アンジェリカ・タバタ(ソニン)   稲本勝代(秋野暢子)

これは偏見かもしれないけど・・・
最後まで、アンジェリカのお腹の子、ほんとに稲本さんの子なの・・?って
思いながら見てしまったのよ。(汗)
日本にいたいがために、言ってるんじゃないの・・?って。
だけど、稲本の奥さんと向き合って覚悟を話してる姿を見たら、
そっか、そうだよね、疑ってゴメン・・・なんて思ってたけど・・・
やっぱりなのか?
やっぱり、お腹の子は稲本、改め小山田さんの子じゃないのか??
・・・・まぁ、生まれた娘が父親に似てないからって決めつけるのはどうかと思うけどね。
だって、私も父には全然似てないし。(笑)

今回は裁判まで行きませんでしたね。
ま、こういう案件もあっていいでしょう・・・。
しかし、結局金にはならず・・・(後々ゆっくりと分割返済らしい)
いつになったら一攫千金??(笑)


  ◇ 第話 ◇   「涙の値段」     2012.10.28.                         
第2話ゲスト・・・ 矢部圭太(吉沢亮)   篠原久子(水野久美)    篠原俊輔(辻本祐樹)

今回も面白かったですね。
二転三転ありましたし。

ただ・・・いくら拘置所に入れられてるとはいえ、
自分の依頼人を調べることなく、
被害者との示談の話にかかりきり・・ってのは、やっぱりねぇ・・・
同情し、いつしか友情が芽生え、最後はその情で示談を勝ち取った・・って感じもするし、
弁護士の技!ってとこじゃないのが、新人らしさといえばそうなんだけどね・・・

結局、ひき逃げ犯の被告人は、執行猶予を手にするも、
依頼人のお祖母ちゃんから、飲酒していた・・っていう事実を聞かされて、
私のやったことって・・・って自己嫌悪に陥っちゃって・・・
まぁ、執行猶予を勝ちとって、初戦としては勝利なんだろうけど、
スッキリしない勝利となってしまいましたな・・

逆に被害者のほうから感謝されちゃって、
何がなんだか・・って感じ?(笑)

しかし、このひき逃げ犯、また飲酒して捕まったらしく、執行猶予は取り消されたそうな。
反省しないバカボンボンだったのね。
はぁ・・・弁護士って、不毛なことが多そうだわ・・・(汗)

最後は、アニ弁の東海林に犬を介して慰められちゃう楽子。
あぁ・・・そんなことするからぁ・・・懐いちゃったぞ!(笑)


  ◇ 第話 ◇   「最後に愛は勝つ」     2012.10.21.                      
第一話ゲスト・・・ 安斎(川畑要)   貴子(内山理名)

全然期待してなかったんだけど、これは結構面白い!
テンポもいいし、それぞれのキャラが可愛らしいもんね。

父の借金のせいで幼いころから貧乏暮らしの楽子。
しかし、借金取りが押し掛けてきたときにやってきた弁護士の言葉に救われる・・・
日本国憲法第13条・・・あなたは大事な人、幸せになる資格がある・・って言ってる気がする・・・
楽子は、その条文に救われ、這い上がって弁護士にまでなった・・・という珍しい子。
しかし、このご時世、雇ってくれる事務所がなくて・・
バイトしてたキャバクラで出会った菅原という弁護士事務所に入りこみ、
ある案件で執行猶予を勝ちとったら雇ってくださいね!と言いだし、
最初の事件に立ち向かうわけだけど・・・

前科があって、反省してなくて、情状を訴えてくれる証人もいない・・
そりゃ、執行猶予、とれるはずないがな・・・(汗)
でも、楽子は諦めない!
ドラマとしては、ハチャメチャな主人公が体当たりで執行猶予を勝ち取る!ってのが普通かもしれないけど、
これはちょっと違う。
どんなに頑張ってもなかなか成果が上がらず、
やっと証人として妻が法廷にたってくれる・・・と思ったら、
その妻、「一人で生きていく、離婚する」って言いだして、万事休す!!

まぁ、この事件とは関係のない、夫婦関係の修復に時間をかけすぎてて、
どうして検察側から「異議あり!」の声がかからないのか、不思議ではあるけど・・・(笑)

そのおかげで、夫婦仲は何とかかろうじて繋がった・・って感じでした。
だけど、執行猶予はつかず・・・
事務所にも雇ってもらえないのね・・・と肩を落とす楽子だけど、
なんと、事務所のみなさん全員で迎え入れてくれた感じです。
まだまだ青二才の楽子。
数々のご迷惑をおかけしそうですが・・・
なんか、見守ってあげたい子でございます。

弁護士になって一攫千金!と目論む楽子ですが、
今回の案件の報酬は、時給計算すると、東京都の最低賃金を下回っていたようで・・・
小さい楽子の「しゅん・・」が可愛かった!(笑)
あと、アニ弁の東海林・・・
ホッケでペロペロ・・・て一体どんな夢なんだ!
それに、優秀なのにこんな事務所にいる理由も気になるわね。
それと・・・小さい楽子を救った弁護士って、菅原なのかしら?
そんな偶然はないか・・・
いや、あるかもね、ドラマだし。(笑)



★ STORY ★ 金儲けが目的の元キャバ嬢の新人弁護士が、やっともぐりこんだ零細弁護士事務所で金にならない案件をの弁護人を引き受けて毎度失敗を重ねながらも一人前の弁護士に成長していく物語。
★ 期待度 ★ 最近のユイカちゃんの化粧がケバイのは、この設定のせいか・・・(笑)