TOKYOエアポート 〜東京空港管制保安部〜
 日曜9時〜    フジテレビ       
 脚本:宇田学   演出:西坂瑞城   P:関口大輔ほか
◆ 出演者 ◆
篠田香織 深田恭子 新人管制官
酒井真奈 佐々木希 管制官
近藤幸宏 要潤 主任管制官
山下佑司 瀬戸康史 管制官
桐島悠 佐藤江梨子 グランドスタッフ
城之内玲子 山口紗弥加 グランドスタッフ
中島ハル 野波麻帆 管制官
飯田博之 浅香航大 グランドスタッフ
本上圭介 平岡祐太 元パイロット研修生
竹内裕美 瀬戸朝香 主任管制官 訓練監督者
氷室一生 別所哲也 先任管制官
矢野元治 梶原善 主幹管制官
結城昇 時任三郎 主幹管制官
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「感動の最終回!命を守る航空管制官」    最終回   2012.12.23.       

一週空いたので、なんか変なテンションになっちまった。(汗)

GPS問題はテロではないとわかり、
停電も大きな事件ではなかったとわかりちょっと一安心だけど、
非常用電源もダメで、予備のバッテリーが残りわずか・・という危機!という状態を、
なんとか乗り切っての最終回・・でしたが・・・

とにかく、「TOKYOコントロール」っていうドラマが、CSで昔やってたんだよね?
その登場人物が出てきたり、話をちょいちょい混ぜ込んできたり・・・で、
そのドラマを見た人は楽しめたんだろうけど、
見てない人は、「は?誰?」って感じで、イヤな気分にさせられたわよ。

それと、いくら主人公だからって、重要な館内放送を新人に任せる・・・?
あっちこっち指示出してるのも違和感だし、
走り回って直談判も、なんかおかしいしさぁ・・
どーもそこが気になってしまった。

だけど、全体的にみると、面白かったと思います。
で・・・来クールの予告が流れてたけど・・・
キャストも含め、全然惹かれない・・・(滝汗)
こりゃ、未見でリタイアしちゃう可能性すら・・・?(汗)


  ◇  ◇   「届かぬ声…エアポート史上最悪の2日間」     2012.12.09.             

選挙かぁ・・・お預けかぁ・・・もぉ・・・・早く見たいのに、最終回!

史上最悪の2日間を、今回と最終回の前後編で描くようです。

アメリカでサイバーテロのせいか、GPSが使えなくなっちゃって大変な一日となる・・
インフルエンザで管制官も少ないし、
突如、停電まで起こって!!
無線は通じず・・・
上空にいる航空機との連絡がつかなくなっちゃって!!
ひゃーっ!もう、大変!怖いよぉ・・・飛行機、怖いよぉ・・・(涙)

原因ってなんだろうね・・?
それがわかるまで、上空で待機・・・てのも、燃料の問題があるから無理だし、
どうなるんだろ?
早く最終回を見たいです!!

それにしても・・・なんで空港長=小倉さんなわけ・・?
役者さんならたくさんいるでしょうに?

なんか、「君たちにかかってる・・・頑張って」とか偉そうに言いやがって!
何様だ!って言いたくなった。(笑)
演技が上手ならまだしも・・・
やめようよ、こういうキャスティング・・・


  ◇  ◇   「飛行機トラブルで試される管制官の絆」     2012.12.02.             

管制官が実際に飛行機に乗って経験する、登場訓練に香織が・・・って話。
その飛行機が、計器のトラブルで緊急事態宣言!
・・・しかし、こんな風なことになっても、乗客は何も知らされずに・・・ってことか。
まぁ、知らされないほうが・・・って気もするけどね。(笑)

香織がただ緊急事態を経験する・・・って話だったらどうしようかと思ったけど、
香織が乗ってることで、天候のこととかで安心できて・・・っていう流れでした。
でも、一応これは管制官が主役の話なんで、
もうちょっと香織が活躍する話でもよかったかなぁ・・・って気がする。

ま、面白かったからいいけどね。

ただ・・・本上ですよ。
車輪がちゃんと下りてるか、目視の必要がある!って事実、
あんな風に走って行かないと知らせられないもの?
もし、そうだとして、本上も行かなくても、「おまえ、走って知らせてこい!」って後輩に言うべきじゃ?
ドラマとして、本上が知らせる・・ってことにしたいとしても、
なんか、おいおい・・・って気がしてしまった。(汗)

カナダに行く竹内の代わりに、中島さんが羽田にやってきたけど・・
野波さんの英語はキレイだったねぇ〜!
そんなことが大きく印象に残った回でございました・・。。


  ◇  ◇   「交錯する思い…窮地に立たされた管制官」     2012.11.25.             

現場復帰した近藤・・・
だけど、トラウマになってしごとができないわけだ・・
今回は近藤の話を描くのかと思ったけど、
香織の資格試験をからめてきましたね。
別々に描いてもいいくらいのお話だったと思うんだけどねぇ・・・?

香織は竹内の勧めで資格試験をうけることに・・・
だけど、一回目は不合格。
あんな天候下なんて、可哀想だったよねぇ・・
でも、本上に励まされて、もう一度受けることに・・・
無事に合格・・・と。
そんな香織の姿に動かされた近藤も、無事に復活・・・と。
カナダ転勤が決まった竹内としては、自分が抜ける穴を埋めるために、
どうしても必要な二人だもんね、
めでたし、めでたし・・・ですな。

それにしても・・・ジャマとしか思えなかった真奈の存在が・・・
最近は、ほんとに愛すべき存在になってきてる。(笑)
あの「空気の読めなさ」が、いい働きをしてるよね!


  ◇  ◇   「究極の選択−1人の命vs200人の命」     2012.11.18.             

緊迫感があって面白かったです。

国土交通大臣の栗山(橋爪淳)を乗せた政府専用機が、
メディカルエマージェンシーで緊急着陸を要請してきた。
その直後、片方のエンジントラブルで、火災の可能性もあるとい旅客機も緊急着陸を要請・・
今使える滑走路は一本・・
どちらを優先するか、担当の近藤が出した決断は・・・ってわけだ。

まず、先に要請してきたのは政府専用機。
前方にいるのも政府専用機。
普通に考えると、政府専用機が先だよね。
だけど、離陸直後で燃料を消費できてなくて、重量オーバーで着陸が難しい政府専用機を後にし、
先に旅客機を下ろそうと近藤は判断。
いろいろもめたけど、竹内も賛同し、先に旅客機をおろした・・。
大臣は心肺停止で意識不明・・・
この件がマスコミに大きく取り上げられ、問題になっていく・・・ってことなんだけど・・・。

この判断、間違ってないと思うよ・・・
管制の仕事に理解がある、素敵な大臣・・ってのを先に説明していたことで、
余計に先に大臣をおろしてあげたい・・って思わせるあたりもうまかったですね。

だけど、冷静に考えて、旅客機が先・・で正しいと思うけどねぇ・・・?
ま、旅客機をおろしたときに火災発生で消火・・・そして唯一の滑走路が使えなくなる・・って可能性も
無きにしも非ずなんだけどね・・・(汗)
難しいよねぇ・・
だけど、早めに政府専用機をおろしていたからといって、大臣の容体に影響があったかどうかも、
それはわからないわけで・・・

マスコミが、大臣を後回しにしたと問題にしてたけど、
ちゃんと取材すれば、何が正しかったかわかるだろうに・・・
きっと、大臣が目覚めたら、あの人なら理解してくれそうな気もするんだけどねぇ・・。(汗)

近藤は責任をとって辞める気みたいだけど、
予告を見る限り、それはないみたいね。
それより、このことで指示を出すのが怖くなってしまったみたい・・?
次回は、近藤の復活のお話になるのかな。

それにしても・・・主人公の影、薄っ!!(笑)


  ◇  ◇   「1枚の写真に隠された40年前のフライト」     2012.11.11.             

いい話だったねぇ・・・
実話をもとにして作られたという今回。
だけど・・・・管制官の話・・・では・・・ない・・・よね?(笑)
ま、毎回、管制塔でのハラハラやりとり・・ってのをやってたら、
マンネリ化してしまう可能性もあるので、これはこれでいいかな・・?


動ける子どもたちを飛行機に乗せてあげる・・・
だけど、動けない子は可哀想ね・・・と思って見てたら、
なんと、病院でもちゃんとイベントが!
いいね・・・こういうの。
大変だけどさ、あの笑顔で全部吹っ飛ぶっていうか・・
よかった、よかった・・。
思わぬところで本上までもいい方向に影響を受けてたしね。

さて、次回は管制塔でのお話のようです。
キャナメくんメインの回かな?
今回のような話もいいけど、やっぱり、管制塔での回を期待しちゃいますわ。


  ◇  ◇   「100年の夢を運ぶ航空管制官!」     2012.11.04.             

今回は、ノゾミールの出番が多めの回でございました・・・
能天気な天然キャラと思わせといて、
資格取得マニアだったとは・・・・
まぁ、いろいろ考えて管制官を続けることにしたみたいだけどね。

今回は、季節に合わせてワインのお話・・・・
管制官の仕事とどう関係があんねん!と、竹内と同じ気持ちになっちゃいましたが。(汗)
最後はそのワインを運ぶチャーター便を下す・・ってとこに関わってきて、
なるほどね・・・って感じでしょうか。

香織も、みんなに温かく見守っていただき、また成長したようです。
竹内が香織から目が離せないのも、ちゃんと育てたいからだろうしね。
しかし・・・まさか、現場にいない結城の存在があったとは!
うーむ・・・恐るべし。(笑)

そうそう、本上に冷たく言い渡されちゃった香織だけど、
別に本上はやけっぱちになってるわけではないんだよね。
新たな道に向かってリハビリを開始していました。
・・・もしかして、管制官になって香織のそばにくる・・・とかか?


  ◇  ◇   「管制官VSパイロット 空を守る責任とは…」     2012.10.28.             

前回があまりにもひどかったので・・・
今回がかなりマシに見えた!(笑)


今回は、よくありがちの、「仕事を数年やって慣れてくると、”出来る”気になってくる」という山下くんのお話。
自分が飛行機を誘導「してやってる」という態度・・・
引き継ぐにも、後の人のことを気にしなかったりと、ちょいと問題児。
で・・その横暴さがパイロットとの間に問題を引き起こす・・・ってわけだ。

まぁね、いくらライセンスを取るために飛行だっつっても、
「アンタだけの管制官」ではないわけだから、「もっと教えてよ・・」ってのはワガママなのかもしれん。
だけど、ちょっと感じ悪いよね、山下くん・・・
で、見かねた結城は、パイロットの立場になって指示を送る香織を見習え・・・とばかりに、
香織のやりとりを聞かせるんだけど・・

これってさ、自分より上の人のやりとりを参考にしろって言われたら素直に受け入れられるけど、
入ったばかりのペーペーを見て見習え・・ってのは、逆に反発しそうじゃね?(汗)

しかも、パイロットの立場で指示を出せる香織・・・っていうのもさ、
ある程度できてから応用編として付け加える余裕・・・みたいな感じでさ、
まだ早いような気がするんだけどねぇ・・・
そんなに「すげぇ新人」って扱いでもないのに、ちょっと違和感を感じてしまったわ・・

とはいえ、前回に比べるとはるかにいい出来だったと思います。
最後までちゃんと見れたよ。
パイロットとのやりとりをからめてくると、話もしまってくるしね。

そして・・・香織と、元カレ(らしい)本上って男の関係もわかってきましたね。
香織が管制官を志したのは、パイロット候補生だった本上が
「ずっとお前の声を聞いていられるから」って言ったことがキッカケだったんだね。
しかし、そうなる前に、どうやら事故で下半身にマヒが・・・ってことらしい。
だけど、同じパイロット候補生だった西川(忍成修吾)が、着実に前に進んでること、
香織が本当に管制官になったこと・・ってのが、力を与えてくれた・・・っぽい?
引きこもり脱出・・・かな?
まぁ、余計なお世話かもしれないけど、飛行機に関わる仕事はパイロットだけじゃないから・・
違う道を探してみてもいいんじゃないかね・・・?


  ◇  ◇   「空港緊急閉鎖!迫りくる不審者の影…」     2012.10.21.             

裏の「MONSTERS」が2時間だからさ、こっちをリアルタイムでみて、
あっちを追っかけ再生してみる方が効率がいいだろうと思ってさ、
だから、こっちをリアルタイムで見たってのにさ・・・

なんだこりゃーっ!!!
こんな話ある??
変な話だよー!


到着飛行機の乗客が一人滑走路に進入した!・・・これ、一大事だよね。
どこに逃げたかわからないから、閉鎖!ってんで、飛行機は離着陸ともにダメな状況・・・
うーん・・・・緊迫だねぇ・・
なかなかいい感じか・・・?と思ってたのに・・

なんと、日本に残した妻子に会いたくて、だけど入国禁止を受けてるから・・っていう動機らしい。
まぁ、そんな理由でも100歩譲ろう。
・・・アタッシュケース、持ってたよね?
捕まった時、持ってなかったよね?
あれはいいのん??

ってか、「どこに爆発物が仕掛けられたかも!」って危惧するなら、
飛行機から降りたときの監視カメラの映像にアタッシュケースを持ってる姿が写ってるんだから、
「持ってたカバンはどうした!」ってことにならんのか?
そこまでちゃんと確認してから、滑走路の閉鎖をとくべきじゃないのか?
大丈夫なのか、この空港は!って感じ。


んでもって、この「侵入者」&「緊急着陸の要請」の話で一時間・・・かと思ったら、
なんと、「可哀想なこの父子のために、ちょっと気を利かせてみました・・」って
ちょいとお涙頂戴話にうつっていきやがった。
はぁ?
この父子のために、そんな時間を使う余裕、あるのん??
ってか、そのやりとりのとき、全員注目してたよね?
ほかにも飛行機、いるよね?たくさんいるよね??
なにしてるのーっ!!!
もう、やっぱり飛行機、乗りたくなーいっ!!って感じよ!(笑)


はぁ・・・もう、ダメかもだわ・・・



  ◇  ◇   「空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ!」   初回69分SP   2012.10.14.  

うーん・・・・わかりづらいね。
こっちに誘導しなさいとか、どうしてそっち?とか、
わかりやすい図とかを差し入れたりしてくれたら、もっとわかりやすいのになぁ・・
そこまでちゃんと理解しなくてもいいのか。(汗)

いろいろとツッコミどころが多かったですな。
あんな小さな子を、いくらお子様一人旅を経験させるとはいえ、空港までも送ってこないのか、親は?と言いたいし、
緊急に戻ってきてしまった飛行機からおろされた子を、あんな風に放置していいのか?とも思うし・・・。
んでもって、サポートしないといけない上司が、新人から目を離すってのもおかしいよね。
そもそも、この管制官たちがチームになってないんだろ?って話。
香織の問題じゃないわ、って言いたくなったわ。

そういう、基本的に「んなこと、ある?」って思っちゃうと、
途端に見る気が失せてくるんだよねぇ・・・
一般人が実際に触れられる場所じゃないのに、
一般人の仕事の現場でもありえないことをされると、余計に興ざめっていうか・・
命がかかってるんだぞ、
もう絶対飛行機には乗らないぞーっ!!!って思っちゃったわ。(汗)


香織が管制官になった理由は、あの足が不自由な男性=平岡祐太くんのせいでしょう。
管制塔のミスで体が不自由になっちゃった・・とかですか?
ま、そこんとこは後々明らかになるんだろうけどね・・・

私の管制官のイメージは、滑舌がよくて、キビキビと・・・って感じなんですよね。
深キョンとはちょっと違うなぁ・・・と思ったけど、
思ってたよりもしっかりさんに見えて安心しました。
そばにいる佐々木希のおかげかもしれん。(笑)
この子の方が先輩ってのが、どうにもこうにも受け入れがたいけど・・・(汗)
あと、出来る上司は・・・真矢みきさんとかがいいなぁ・・
甘ったるい話し方をする瀬戸朝香さんじゃねぇ・・・・って気がした。
ってことで、キャストへの不満があるみたいだな、私。(笑)
お仕事ドラマは嫌いじゃないんだけどねぇ・・
ちょっと厳しいかも・・・だなぁ・・・。
次週は裏も始まるしね・・・
うーむ・・・・


★ STORY ★ 舞台となるのは羽田空港。年間6258万人超の命を預かる航空管制官と空港を利用する客の安全を守る航空業界のスタッフの強い絆を描いた人間ドラマ。
★ 期待度 ★ 空港モノって、なんか、一昔前のドラマを思い出させるよねぇ・・・・(汗)