dinner
 日曜9時〜    フジテレビ       
 脚本:黒岩勉      演出:星護ほか      P:小椋久雄ほか
 主題歌・・・ 「ミュージック」 サカナクション 
主題歌
ミュージック (初回生産限定盤)
◆ 出演者 ◆
江崎究 江口洋介 天才料理人
辰巳沙織 倉科カナ 辰巳の一人娘 ”ロッカビアンカ” 支配人
今井耕助 松重豊 ”ロッカビアンカ” 副料理長
夏野大樹 袴田吉彦 ”ロッカビアンカ” 肉・魚料理担当
武藤はづき 関めぐみ ”ロッカビアンカ” パスタ担当
浜岡孝太郎 志賀廣太郎 ”ロッカビアンカ” 前菜担当
本宮恵理子 柴本幸 ”ロッカビアンカ” ソムリエ兼ウェイトレス
大塚弥生 池津祥子 ”ロッカビアンカ” ドルチェ担当
辰巳日出男 風間杜夫 ”ロッカビアンカ” 料理長
木村数馬 八嶋智人 ”ロッカビアンカ” パスタ担当
瀬川壮一 ユースケ・サンタマリア ”ロッカビアンカ” 給士長
◆ レビュー ◆
  ◇ episode ◇   「これが最後の味」   最終回   2013 .03.24.          

こういう終わり方になるんじゃなか・・・っていう予想通りの話でした。
だけど、後味よろし。
私は満足ですよ。


格付けの人がくるってんで、江崎は今井に任せようとする。
ちゃんと今井の実力を認めて・・・のことなんだけど、自信がなくて断る今井・・・
江崎は、辰巳のこの店で食事をして、それからイタリアンに目覚めた・・・ということもあり、
この店を、この店の星を守らねば・・・と思ってやってきたのもあるので、
新しい仕事の誘いも断って、この店のために・・・とやろうとしていたわけですが・・・

結果、格付けの人が一番美味しかった、感動した・・といったのは、今井の料理・・・
負けたーっ!と言いつつ、ここで気持ちに整理がつきつつあったんだろうね・・・
そこに、辰巳の意識が戻った・・・という知らせ・・・。
もう、自分の役目は終わった・・・・ということでしょうか、
江崎は去っていきました・・・

そして、新しい、また場末の料理店みたいなとこで働いてる江崎・・・
ニュースから流れる、ロッカビアンカがアジア発の二つ星を獲得したという知らせを聞き・・・
喜びからあふれる笑いとともに、大きなガッツポーズ!!・・・で締め・・・。
うん、いいシーンだったね。
江崎らしいです。
どこにいても、この人はこの人らしくやっていってくれるでしょう。


しかし・・・あんな市場で出会っちゃうくらいに近くで仕事してたら・・・
そのうち、誰かに目撃されて、「シンガポール行ってないやん!」っってことになりそう。(笑)
ま、それを一興かな。

初回があまりにも残念で、
そこからは右肩上がりで面白くなっていった今作。
もったいないねぇ・・・
ツカミに失敗したよね・・・

裏の「とんび」も強かったけど、このドラマも私は好きでしたよ。
惜しいです・・・。
来期からはこの枠はドラマ撤退・・・
ま、見る側としては楽になりますけどね・・・。



  ◇ episode ◇   「店がなくなる!?決断の時」     2013 .03.17.          

縁の下の力持ち、瀬川メインのお話でしたね。

それにしても・・・・沙織、瀬川に何もかも頼りすぎ!
店の資産状況も知らなかったわけ?

辰巳さんが倒れてから、必要なお金を個人的にサラ金で借りていたなんて・・・
なのに、銀行の人にローン返済が滞ってるって聞かされて、
瀬川を責める沙織・・・・
こらーっ!!ってなもんです。

で、店がなくなっちゃうかも?ってとき、
支出を減らそうと必死の沙織に、材料費をけちることはしない!と言い張る江崎・・・
どうなっちゃうわけ?と思ったけど、
銀行の人、案外、いや、かなり優しい人で・・
ちゃんと店を見てくれて、「今後改善の可能性大」という報告をしてくれて、
追加融資まで!!
ちょいと出来すぎな気もしますが・・・・
ま、面白かったからヨシとしよう!


さて、次回は最終回・・・・
江崎に引き抜きの話が!
いかないでくれーっ!!



  ◇ episode ◇   「あぁ、神様!料理長が不在」     2013 .03.10.          

ケータリングで出張していた江崎と数馬と浜岡さん。
だけど、ハプニング続きで店に戻れず・・・
店では、予約の客だけを何とかしようとするも、
今井さん、思いダンボール持ってギックリ腰、
そののち、夏野までも、同じダンボールの餌食になり、ギックリ腰・・・
はづきがメインを!ってことになり…って話でした。

江崎がいない中、トップにいなくてはいけない今井がまずいなくなり、
その下の夏野まで・・・っていう、おいおい・・っていう展開でしたが、
最後の弥生さんまでも倒れてしまうのか??と思ったら、
ヒョイ!と抱えてしまう・・っていう、かーっ!ヤラレタ・・・なオチ。(笑)

今回は「女は強し!」な回でしたね。(笑)

それにしても、今回、一番悪いのは江崎だな!
まっすぐ帰ってれば・・・・ね!



  ◇ episode ◇   「まずいと言った最強の敵!」     2013 .03.03.          

今回は面白かったですね!!

よかったのは・・・
自分が作った料理を子供に「マズイ!」って言われた江崎が、
「絶対上手いって言わせてやる!!」と奮闘し、
最後に作った一品で、「おいしい!」と言わせることが・・・
やっぱりできなかった!!ってとこ。(笑)

ふつうは、ここまで来たら最後は「おいしい」で終わりそうやん?
しかし、子供は空気を読みませんから。(笑)
いいよ、素直で・・
どうやってもカボチャが嫌いやねんなー!(笑)

そして・・・離婚寸前の数馬夫妻をとりもとうと動いてくれる今井さん・・・
本当は、数馬の妻=昔の同僚の女性に恋をしていて、
今でも「あなたたちには幸せになってもらわないとこっちが困る」と言ってくれちゃう・・・
くーっ!いかつい男の、切ない片思い姿に、キュンキュンするねぇ〜!(笑)

結局、「料理を作る楽しさ」を思い出した数馬・・・で、
離婚回避・・・できました。
「嫌いになって別居」したわけじゃないからね・・・
「問題が解決」すれば復縁できる状態でよかったよ・・。

さて、次回も「よくある展開」のお話です。
どう「料理」してくれますかな・・・?



  ◇ episode ◇   「最後の晩餐と叫ぶ皿洗い!?」     2013 .02.24.          

急にヒロミちゃん=見習い・古田くんがプッツン(おぅ!死語だ!(笑))
で、あわてた今井さんたちが辞めないように説得・・って流れでしたけど・・

まぁ、きっと古田くんは改心して戻ってくると思ってたよ。
だけど、江崎とサッカー選手との話で・・・?
きっと、古田くんがお世話になった人って、江崎より今井さんじゃないのん?
だったら、江崎より、今井さんの姿を見て学んでほしいよ・・・・と思えてしまった。(汗)

サッカー選手の黒木(東幹久)の話と、見習い古田の話が、
どっちも中途半端な気がして、もったいなかったです。


せっかく裏が野球で放送時間がズレたのになぁ・・・
もっと出来のいい回だったらよかったのにねぇ・・・(汗)



  ◇ episode ◇   「まず始めに前菜を」    2013 .02.17.          

浜岡さんは、20数年前、人を殺していた・・・
そうとは知らず、沙織は「前菜特集」の取材を受けてしまい、
その記事を見た、被害者の息子が店にやってきて騒動となり・・・
ネット上でうわさが広がって、キャンセルが相次ぎだした・・・
沙織は、それでも浜岡を店にとどめようとしたんだけど、
自分のせいで店が立ち行かなくなってはいかん・・・と、浜岡は退職願を提出・・・というお話。

なんで人を殺したんだ・・・?って気になってたら、
なるほど、襲われていた女性を救ったわけだ。
でも、その女性は結婚が決まっていて、名乗り出ることができなかった・・
浜岡さんは、そのことを言わず、5年の服役・・
その後、店に復帰するように辰巳さんが言って、今に至る・・ってことらしいけど・・

あの店で騒ぎを起こした息子・・・
そのまま・・?

まぁ、いまさら真実を言ったって、死なせてしまったことに変わりはないけど、
女性を犯そうとしてたわけでしょ?
なんか・・・浜岡さんだけが悪い!ってのも納得いかんのだが・・・(汗)

で、沙織に引き留めにも応じず、引っ越し屋さんに荷物を引き取ってもらい、
バスで富山に行こうとしていた浜岡さんが・・・
フツーに戻ってきましたけど・・・?
え?荷物は??
バス停で、急に「やっぱ戻ろう!」って思ったわけ?
なんだかなぁ・・・
あの、クラシックバックの、スタッフのスローモーションとかさ・・・
変にもったいぶった演出で・・・興ざめだってのに、
ドーン!と戻ってきちゃった浜岡さんに、さらに「はいぃ〜?」って感じで・・


うーん・・・・イマイチだったなぁ・・・今回は。(汗)
だいたいさ、瀬川さん、浜岡さんの過去を知ってたんならさ、
浜岡さんが取材を固辞してるときに、沙織に耳打ちしてやりゃいいのにさぁ・・・・(汗)



  ◇ episode ◇   「空飛ぶタコと小さな奇跡」    2013 .02.10.          

おいおい・・・・「王様のレストラン」の話、そのままじゃないか・・・と
呆れつつ見た今回。
しかし、見終わってみると、これはこれで面白く感じ・・・
うーむ・・・不思議とこのドラマは、いい感じなんだよな・・・。


本宮と浮気中の夏野・・
その夏野の妻が、友達を連れて来店するという!!
夏野は困って、瀬川に協力を頼む・・・
オマケに、「ぼく、料理長になったって言っちゃったんです・・・」といいやがり・・・というお話。

瀬川が、「料理長の妻」として夏野の妻を扱ったため、
本宮だけでなく、沙織まで「あの人が江崎さんの奥さん・・・」と誤解しちゃって・・
それだけでなく、なんと本物の江崎の奥さんが来店していて!!
混乱必至!!(笑)

だけど、夏野の妻には何とかバレずに済みました・・・
夏野は料理長、料理長っぽい江崎は「副料理長」ってことを信じてくれたらしい・・・
ま、とはいえ、本宮には「妻が来てたことを隠してた」ってのはバレたわけで・・
そのあとの本宮がオトコマエでしたねぇ〜!
そうよ、こんな男、ぶっちぎってしまえばいいんだ!!!

「愛してるっていわれるより、美味しいって言われるほうが喜ぶ・・・」ってことで、
江崎と意気投合した本宮・・・
「私は”愛してる”のほうもあきらめませんけどね!」と、
次はちゃんとした男を捕まえる!とめげてないとこも、オトコマエでした!!(笑)


江崎の奥さんは、離婚届を沙織に託して帰っていきました・・・
これで沙織の気持ちは・・・やっぱり江崎に・・ってことかな?

そして次回はなんと・・・・浜岡さんの過去のお話・・・?
重たい話だけど・・・このドラマです、きっと魅せてくれると期待したいとこですな。



  ◇ episode ◇   「届け!パスタにのせた想い」    2013 .02.03.          

せっかくのドラマの雰囲気を怖いしていた、武藤の「刑事に見張られてる」という問題が、
今回無事に解決・・・・

しかも!!!
このドラマは、申し訳ないけど、気を抜いて見ているもんですから、
最後の「オバチャン、刑事やったんか!」っていう展開に、
まじで驚きやした。(笑)

なるほど・・・人間観察、酒を飲まない・・・ってのは、そういう理由だったか・・・

そして最後の、父が食べた皿に描かれた「はなまる」・・・・
ううう・・・・ニクイっすよ、お父さん!!
最高のメッセージだったね・・・

でも、ドラマ的には、「娘を作ったパスタを食べさせてあげたい!」と刑事を止めに入るべきは、
オバチャンより、主人公だよね・・・・(汗)

今回、かなり存在感が薄めの江崎でございました・・・・
個人的には全然問題ないっすけどね!




  ◇ episode ◇   「美食の女王来店!嫌な注文」    2013 .01.27.          

大なり小なり・・・・
こういうことってあるんだろうなぁ・・・って思う。
店をよく書いてもらうために、批評家に・・・・なんてことがね。
だけど、そんな人間より、客を大事にする・・・
キレイ事かもしれんけど、そうであってほしい…と、私は思う。
そんなお話でした・・・。

いまだに客が戻らない店のため、ブログが人気の朝倉(真野響子)を招待する沙織。
しかし、この女が曲者だった・・
よく書く見返りに、金を踏んだくるだけでなく、
自分の思い通りにならないと機嫌を損ね、
しかし自分は周りに気を遣えない非常識女!
なんでこんな女が人気なんだか・・そっちが疑問だわ!!

最後は沙織が痛快に追い出してくれてましたけど・・・
実際、こうなるとイタイんだろうなぁ・・・
あのとき店にいた客が、地道にキャンペーンしてくれてるといいんだけど・・・(汗)

それにしても・・・シーザー・・・具合は・・・?
沙織からは、父を案じる雰囲気が全然感じられなくて・・・・
まぁ、明るいドラマはいいことなんだけどね!



  ◇ episode ◇   「居場所を無くした料理人!?」    2013 .01.20.          

あり?初回と比べるとテンポもよくなってきたし、
主役の江崎のキャラが思ってたよりも愛すべきキャラだったので、
グググと面白くなってきた気がする・・・?


新しい料理長に反感を抱きつつ、
確かな腕と味に、いつしか厨房の面々は江崎の指示に従い、
厨房が円滑に動き始める・・・
そんな中、副料理長としても自分の立ち位置に疑問を感じていた今井の前に、
以前の同僚が誘いをかけてきて・・・って話でした。

ありがちっちゃーありがちだけど、テンポがよくて、最後まで苦なく見ることができました。
ってか、面白かったです。
裏がもろに感情を揺り動かされるので、
こっちは気楽に楽しめる・・っていう面ではいいバランスだと思います。

惜しいね・・・初回があんな出し惜しみしなければ・・・・(汗)

結局、この厨房でやっていきたいと思った今井は、
ロッカビアンカに残ることになりました。
デカイオッサンが一人抜けたら、もうちょっと圧迫感が減る・・・と思ったけどね・・・(笑)

そして、江崎があんなふうに感情を露わにし、言葉数が多い人だとは
初回を見る限り全然思えなかったので、驚きつつ見ておりました。
だけど、いいキャラやん?
しかし、最終回はシーザーが戻ってきて、江崎が退場・・・ってことになるのかな・・・?
だとしたら・・・うーん・・・惜しい・・・



  ◇ episode ◇   「最高のレストランに最低のシェフ登場」    初回69分SP  2013 .01.13.   

どっかで見たような気がする・・・・
そう、アレと、アレと、アレと・・・・と、いろんなドラマが思い浮かぶ。

かなりの既視感・・・・(滝汗)
しかし、視聴前に予想していたほどのガッカリ感はさほどなかった。
ので、ちょっと評価も甘めで・・。

ただね、厨房、狭すぎ!!
あんなに狭いのに、何人がひしめいてるの?って感じ。
効率が悪そうでねぇ・・・

そんな人気店「ロッカビアンカ」には、「アイアンシェフ」という料理番組からお呼びがかかるくらい、
有名な人間がオーナーシェフ・・・
しかし、その辰巳が、くも膜下出血で倒れてしまう・・
一気に客が減る店・・・
辰巳の存在の大きさをまざまざと思い知るわけですが・・・

天才シェフ登場のまでの時間が長すぎて、イラっ・・・としつつ、
結局最後まで見てしまった。
策略にハメられた気持ち・・・(笑)


厨房の面々は、それぞれいろいろと抱えているらしい。
そんな面々の事情を描きつつ、
天才シェフ・江崎と一体になっていく・・っていう流れなのは間違いないだろう。
テッパンですな。

初回は、そんな感じで最後まで見ちゃったので、
次回以降次第・・・だな。
もちろんリアルタイム視聴は裏で・・・・。




★ STORY ★ 超有名イタリアンレストランを舞台に、シェフやオーナーらそこで働く人々の悩みや葛藤、夢を描く群像劇。
★ 期待度 ★ 全然惹かれない・・・もちろん、裏を見ますし・・・。