ハンチョウ 6 〜警視庁安積班〜
 月曜8時〜    TBS       
 脚本:大川俊道ほか    演出:酒井聖博ほか     P:橋本孝ほか
 主題歌・・・ 「」 
前作DVD-BOX
ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ5 DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
安藤剛志 佐々木蔵之介 警視庁 押上分署 班長 警部補
結城沙緒里 比嘉愛未 警視庁 押上分署 巡査
尾崎誠 小澤柾悦 警視庁 押上分署 警部補
小池竜也 福士誠治 警視庁 押上分署 巡査
真山塔子 高島礼子 警視庁 捜査一課長
丸岡喜一郎 六平直政 鑑識課主任
木村千春 加藤夏希 鑑識職員
城戸章弘 合田雅吏 警視庁 捜査一課管理官
寺田正一 林家正蔵 押上交番 巡査
久米島保 升毅 警視庁 押上分署 課長
徳吉幸吉 金田明夫 居酒屋店主
水沢圭次郎 橋爪功 医師
川口総太郎 里見浩太朗 警視庁 刑事部長 警視監
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「ひとつの命のために」    最終回    2013 .03.18.          

坂木役の榊英雄さん、ごめんなさい。
極悪人扱いしちゃった。(笑)
まさか、いい人役だったとは・・・(汗)

しかし、あんなに「心臓移植が必要な少女」に肩入れするなんて・・・
誰かの娘とか妹とか、そういうのではないんだよね?
なんか、そこまでする???っていう違和感を感じてしまった。(汗)

徳さんもさ、赤ジャンパー着て、坂木の左腕を撃ってたけど・・・
ちょっと間違ったら心臓で、死なせてたかもしれないよ?
危険すぎるわぁ・・

「自分の移植が強盗の金で行われたと知ったら、少女が可哀想・・・」と、
町ぐるみで口をつぐんでいたらしいけど、
ほんと、ウソを隠すために、罪を重ねていく・・・という安積の言う通りになっちゃってねぇ・・・
罪深いわねぇ・・

さて、第6シリーズも終了・・・
尾崎は海外勤務で2年戻ってこないらしいよ?
ってことは、2年は続編はないってことか?
それとも新人投入?
ともかく、きっと続編はアリでしょうな・・・。



  ◇  ◇   「課長撃たれる!遂に明かされる15年前」      2013 .03.11.        

課長が撃たれるような事件ですもん。
きっと前後編だと思ってました。(笑)

15年前に押上で起こった現金強奪事件・・・
当時、久米島さんは事件を担当していて、しかも誤認逮捕までしちゃってて・・・・
すでに時効となったこの事件を、ずっと調べていたわけだ・・・
ある関係者に会おうとしていて、撃たれてしまったらしい・・・・

で、戻ってきた尾崎も加えて、安積班で調べ始めると・・・
うーん・・・わかりやすいなぁ・・・
あの俳優さんを使うことで、明らかに怪しいし、(笑)

あんな風に遺影を意味ありげにアップにしちゃうもんだから、余計にね・・・

さぁ、次回は最終回。
どんなまとめ方にするのかな?



  ◇  ◇   「容疑者は初恋のカレの母親!?結城刑事号泣す」      2013 .03.04.        

知り合いを逮捕しなくちゃならない、
その家族も不幸にしてしまうかもしれない・・・
悩む結城、
しかし、職務を全うするのであった・・・という、刑事ものにはありがちなお話。

でもさ、「妹の幸せを壊したくない!それでもお前はオレを逮捕するのか?」ていう感じの、
あの男の態度が気に食わんかった。

不可抗力とはいえ、
自分たちに暴力をふるっていたクソ親父だったとしても、
人を殺めてしまったことに変わりはないってのに・・・

とはいえ、妹さんの結婚が立ち消えにならずに済んでなにより・・・
・・・しかし、婚約者は「ボクはかまわない!」と言ってても、
カレの家族も納得されてますのんん・・・?とちょっと心配・・・(汗)
そして、「兄が帰ってきてから結婚式をします・・」って言ってたけど、
反省してないみたいだから、罪は重くなるかも・・・だぞ?(滝汗)
いかん・・・どうしても、あの男の態度が気に食わんかったから、
同情しかねる・・・(笑)


いよいよ佳境に入ってきまして、
ようやく尾崎が帰ってきて、
久米島の「隠密行動」が明らかになってくるようですね。



  ◇  ◇   「温泉街に消えた5000万…伊豆湯けむり旅情編」      2013 .02.25.        

あら、この女性、高野志穂さんだったんだ・・・・
髪型のせい?
雰囲気が昔とかなり違ってるよね・・・?

そんなことより!
事件とかより、もう、高野志穂さんの走り方ですよ、今回のメインは。(笑)

ひどいな・・・
あの足で追われたら、私でも逃げ切れるかも・・・と思える。(笑)
いやぁ・・・衝撃的だった。
ロンブー淳以来の衝撃だった。(笑)

で・・・第7話から結城が戻ってくるって聞いてたけど、
最後だけかいっ!
で、尾崎は・・・?
小出しで戻ってくる理由は何なんだよ・・・(汗)

そうそう、この押上で、15年前に「警察が嫌われるような事件」があったのかね?
その信頼回復のために安積たちが派遣されたってことかね?



  ◇  ◇   「消えた交番巡査…いぬのおまわりさんの秘密」      2013 .02.18.          

基本的に、林家さんが好きではないので、
どうなることやら・・・・と流し見していたけど、
そこそこ面白かったかな?(負け惜しみ?(笑))


どんな恨みを、この実直な警官がかったのか・・・と思ったら、
部下を叱責したから・・・か。
最近の若いもんはこれだから・・・と言われそうな話。(汗)

しかし、こんなことがあって、別居中の奥さんと復縁とは・・・
もっと「やっぱりその仕事やってる限り、無理!」ってもめるかと思ったわ。(汗)
大変だねぇ、警察官ってのは・・・
しみじみ・・・・

それより・・・・久米島さんの過去が気になるな・・・
そして、尾崎と結城・・・
個人的には、もうこのままでもいいかな・・・?とも思いだしてる。(笑)



  ◇  ◇   「ストーカーに狙われた花嫁!人形が語る真実」      2013 .02.11.          

えぇ〜!
先週だけかと思ったのに、今週も尾崎と結城は出てこないわけ?
いつまで駆り出されてるんですか!!
・・・これって・・・「ハンチョウ」ですかね・・・?(汗)
でも、いないならいないで・・・それでもいいかと・・・・も・・・・?(笑)


今回は・・取り違えの話だろう・・ってのは、かなり早い段階で気が付いた。
で、竜さんは犯人じゃないだろう・・ってことも。
まさか、婚約者の男性が・・?とも思ったけど、
父親か、婚約者が殺人犯・・・なんて悲しいオチにはしないだろう・・・と思いつつ見ていたら、
悪徳院長が出てきたので・・・コイツで決まり。(笑)
いやぁ・・・よかった、よかった・・・

ちょっと蛇足ですが・・・
娘役の女優さんが、若かりし頃の中島みゆきさんに見えてしまい・・・
もう、頭の中に「中島みゆきメドレー」が流れっぱなしでした。(笑)



  ◇  ◇   「アメ横〜川越…伝説の女スリが狙ったサイフ」      2013 .02.04.          

渡辺美佐子さんの存在が大きすぎましたね・・・・
おかげで、久しぶりに楽しく「ハンチョウ」を堪能しました。

それと、結城と尾崎をちょこっと退場させたおかげで、
久米島の存在がグググッ!といい感じで前に出てきて、面白かったです!!
まだまだ謎深いけど・・・
デキる男に違いない、この人は!!(笑)

今回は、あんまり水沢医師が憎たらしくなかったのもよかったですね。
この程度でからんできてくれるといいんだけどねぇ・・・。



  ◇  ◇   「8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密」      2013 .01.28.          

「奥さんが末期がんで余命わずか、だから逮捕は待ってやれ」と言いやがる水沢医師。
この人さ、なんでそんな警察を目の敵にしてるのか知らんけどさ、
態度が横柄だし、理不尽!

そんな理由で、殺人犯を逮捕しない・・・なんてこと、あるわけないやん!
ま、結果的に「殺してなかった」っていうオチだったけど、
「もしヤツが殺してたら、逮捕してたのか?」と責めるような口ぶり・・・
当たり前じゃ!!!と言いたくなるわ。
そこに、ちょっとの情が発生して、待ってあげようかな・・って思ったとしても、
このジジィの態度で吹き飛ぶわ!!
嫌いやわぁ、この爺さん・・・・
だから、早めに「なんで警察嫌いか」ってのを明らかにしてください。
毎回イライラさせられるっつの!!!


それにしても・・・・犯人に自白させる=凶器を自ら手に取らせる・・・という、
なんともベタな手法に引っかかったもんだね、真犯人。(汗)
ま、そこまで「悪」ではない人間ってことかもしれんけどね・・・。



  ◇  ◇   「バスジャック!解決編」      2013 .01.21.                      

案の定・・・の結末。
バスジャックの犯人が指名した男性たちは、以前振り込め詐欺をしたヤツらで、
バスの中で人質になった人たちも実は詐欺の被害者で、
バスジャック犯と共犯だった・・・という、やっぱり・・・なお話でした・・。
それでも、「ハンチョウらしさ」が出てれば意味はあったんだけど・・・

イマイチ、この面々になってから「ハンチョウ」らしさってわかりづらいよね。
以前の「ハンチョウ」なら、人情劇という部分が大きかったから、
事件が多少ショボくても、その「らしさ」でカバーできてたのに、
この「ハンチョウ」では、ただの「刑事ドラマ」って感じで・・
なので、事件もありきたりとなると、つまらなく感じてしまう・・・

早めに何やら過去がありそうな水沢医師をからめてきたり、
もっと現メンバーの人間らしさを出してくるとかしたらいいんじゃないかね?
あ、人情モノにしたくないのなら、そんな話は意味ないんだけどね・・・(笑)

うーん・・・
無理して月曜8時に見る意味を見いだせなくなってくるな・・・



  ◇  ◇   「バスジャック発生!」      2013 .01.14.                      

こういう展開の話・・・・あったよね?
きっと、人質全員…実は・・ってことだろうけど、
そういう話・・・違うドラマであったよね・・?
うーむ・・・・
先が読めすぎる・・・・(汗)

ずっと言ってるけど、私はやっぱり神南署の「ハンチョウ」が好きだわ・・・。
戻ってこないかなぁ・・・あの人たち・・・・

で、今回も川口刑事部長は何か目論んで、この4人を集めたんですか?
あの、仕事できなさそうな課長を送り込んだのも意味がある・・・
とりあえず、見続けてみますか・・・。




★ STORY ★ シリーズ第6弾。安積警部補(佐々木)が、東京の新名所・東京スカイツリーのお膝元、押上地区に新設された日本初の分署「警視庁押上警察分署」に移って奮闘する姿を描く。
★ 期待度 ★ 前作を引き継いで・・・の話なんですね。「神南署」の面々はもう出てこないのかなぁ・・