最高の離婚
 木曜10時〜    フジテレビ       
 脚本:坂元裕二     演出:宮本理江子ほか     P:清水一幸
 主題歌・・・ 「Yin Yang」 桑田佳祐
ノベライズ
ノベライズ 最高の離婚(上)
主題歌
Yin Yang/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密(通常盤)
サウンドトラック
フジテレビ系ドラマ「最高の離婚」オリジナルサウンドトラック
DVD-BOX
最高の離婚 DVD-BOX
SPドラマDVD
◆ 出演者 ◆
濱崎光生 瑛太 自動販売機設置会社の営業マン
濱崎結夏 尾野真千子 光生の妻
上原灯里 真木よう子 アロママッサージ店経営
上原諒 綾野剛 美大の助手 灯里の夫
瀬川智世 市川実日子 光生の姉
瀬川継男 松尾論 光生の義理の兄
有村千尋 小野ゆり子 美大の生徒
海野菜那 芹那 小牧歯科医院の歯科衛生士
矢萩聡子 宮地雅子 クリーニング店勤務
濱崎亜以子 八千草薫 光生の祖母
◆ SPドラマレビュー ◆
  「離婚の原因が何かわかりますか?結婚です。結婚するから離婚するんです。つらいです」   2014 .02.08   

結婚して、離婚して、もう一度やり直してみて、そして出た結論。
結夏らしくていいんじゃないでしょうか。
あれはさすがの口が達者な光生も、言い返せなかったしね・・・。

私は、「好きだけど別れた」とか、「好きだから別れた」とか、
「は?何言ってんの?」って思ってました。
だけど、今回の結夏の結論には納得しました。
こういう人だから好きになった、だけど、私と一緒にいると、そうではなくなる・・・だから、別れるってこと。
自分のことを好きって言ってくれる相手にも、これから嫌いになってほしくないってこと。
そこを折り合いつけて、妥協して我慢して・・・それが結婚だよと言えば、確かにそうだけど、
そうはできない不器用な人もいるんだよね。

それを、ちゃんと時間をかけて導き出せたわけだから・・・
きっと、結夏に未練はない。
女は、「こうだ」と結論付けたら、後ろは振り返らないから・・・

なのに、未練タラタラの光生。(笑)
まぁ、自分は再婚する気マンマンだったからねぇ・・・(汗)
だけど、結夏のいうことももっともで、
好きだから、幸せになってほしいって思っただろうし、
結夏の思う幸せを、自分は与えてあげられなかったわけだし・・・
だけど、頑張ってみるよ、だから・・・って思いはまだあるんだろうなぁ・・・
切ないのぉ・・
あの部屋に住んでる限り、結夏とともに生きる・・・とか思ってるかもしれんけど、
早めに切り替えてください。
お互いのためです。(滝汗)

・・・誰か、引っ越しを勧めてやってくれい・・・。

灯里と諒さんは・・・・諒さんがようやく「選択すること」を憶えたようなので、
今後は大丈夫でしょう。
まぁ、ちょいちょい風船のようにフワフワするだろうけど、
その紐をしっかりと灯里が握って離さないだろうしね。

しかし・・・・実らなかった初恋の相手の名前を娘に・・・なんて、
私でも殺すよ。(笑)
まぁ、提案したのは灯里らしいけどさ・・・
そのときに、「いやぁ・・・こっちのほうがいいな・・・」とか何とかいって、避けてほしいっすよ。
「初恋の彼女と同じ名前だから、なんかイヤかも!」とハッキリ言われても一瞬イヤな気はするけど、
黙っていられるより何倍もマシだからね!

いやはや、内容の濃いSPでございました・・・
まだ・・・ありますかね、続編・・?
未練タラタラの光生が、ニセ駿の家ですっかり子だくさんの母親になってる姿を見て
ようやく吹っ切れて・・・新しい出会いに・・・とかいう、完結編がありますかね・・・?
なんか、ほんと、一人の光生が切なすぎるんで・・・
あんなんでもいいっていう女性にめぐり合わせてやってください、坂元さん!(笑)




◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「結婚って、拷問だと思ってましたが、違いました」    最終回69分SP  2013 .03.21   

最終的に元サヤだろう・・・とは思ってたけど、
ふんわりとおさめた感じで、
こんなのもいいよね・・・って気がしております。


このまま別れていいのか、光生!!状態で始まった最終回・・・
なんと、猫2匹がいなくなる!というハプニング・・・
「そこにいて当たり前なものがいなくなってはじめて・・・」っていうのを、
改めて実感した・・・のに、だからって結夏を取り戻そうとはできない光生・・・

そこで力を発揮したのが、「家族」の存在です。
遠くに離れていても、伊達に何年も「家族」だったわけじゃないのさ!
光生ソックリの父、結夏寄りの母とともに、結夏の家に挨拶にいくことになり・・・
そこで、すっかり「家族」になってる面々を見てしみじみと感じたんだろうさ、光生は。
これまで過ごしてきた大切な時間と存在を・・・ね。

同じように結夏も思っていて・・・

さぁ、あとは言葉に、行動にうつすだけよ!!なんですが・・
まだまだモジ夫の光生・・・
ううう・・・・もどかすいぃ!!!(笑)
しかし、電車に乗るときにグワシ!と結夏を引き寄せましたな。
ふっ・・・・はっはっは・・・ったく・・・ねぇ?っていう、
言葉にしなくても、もうちゃんと通じ合っておりました。

二人が出会ったあのときのように、長い距離を二人で歩いた・・・
そして、こうやって好きになって、こうなって過ごしてきたんだ・・・と噛みしめつつ、
猫ちゃんたちが戻ってきていた家に、戻っていきました・・・。
・・・猫、戻ってきてよかったけどさぁ・・・
窓、開けっ放しで留守にするんでしょ?不用心だわぁ〜!
私にはできん!!
だって、犬派ですからーっ!!(笑)

序盤は光生のキャラがどうにも好きになれず、
俳優陣が苦手だった・・ってのもあって、全然ハマれなかったけど、
じわじわと味わい深くなり、最後は楽しんでみておりました。
最終回のタイトルバックも楽しみにしていたのに、それがなかったのが残念かな?(笑)
婚姻届を出さずに終わった今回・・・
もしかしたら、「出してなかったの??」っていうSPがある・・・かも?とか考えておりますが、
いかがなもんでしょうか。

上原家の同級生の赤ちゃんが・・って可能性もなくはない・・・し?



  ◇  ◇   「あなたがその子の父親になればいいんじゃない?」     2013 .03.14         

光生の気持ちがなぁ・・・・
まぁ、結夏を幸せにしてあげられなかったって気持ちを持ってることは間違いないだろうけど、
灯里が「妊娠した」って言わなかったら、
灯里との未来を考えてたわけでしょ?
諒の子の身ごもってると知って、灯里とは割り切って、
で、やっぱり、一人はさみしいな・・・結夏ぁ・・・って言ってるように見えるんだよなぁ・・・
うーん・・・・

とはいえ、灯里と諒はこのままうまくいくんでしょう。
いつかまた浮気するだろうし・・・と割り切って結婚するくらいのほうが、
あの二人はうまくいくかもしれないし。(汗)

浮気したら別れりゃいいし、
浮気しないで何十年も一緒にいられたら、「すごいね」ってほめてやりゃいいし。(笑)

問題は結夏と光生ですが・・
光生のベクトルは完全に結夏にむいてるけど、
結夏が、「人生そのもの」がふわふわしちゃってて、それどころじゃないので、
最終回でどうなっちゃうのか・・・・ですね。
ま、元サヤでしょうけど。(笑)

それにしても・・・・秋葉原のアイドルに光生がハマる流れって・・・
いるのかな?
気持ち悪かっただけなんですけど・・・(滝汗)



  ◇  ◇   「今度は最高の結婚をしてね!」     2013 .03.07                    

「一回寝てみよ」と言った灯里、しかし、やっぱり光生は「段階を踏んでから・・」ってことで、
まずはデートからはじめましょう・・・ということで、関係はナシ。
結夏と諒は、酔っぱらった結夏が記憶もないままに諒を誘って、キスしちゃった・・・ってとこで止まったらしい。
ほぉ・・・・諒にそんな理性があるんだ・・・(笑)
ということで、どっちのカップルも一線は越えなかったってわけです。

しかし、キスしちゃってますから・・・
諒は光生に、結夏は灯里に、正直に話すわけだ。
動揺するものの、光生は自分も灯里と「そうなること前提」でデートしようとしてるわけで・・
一方的に文句を言う関係でもないから、まぁ、こっちはたいしたことになりそうじゃなかったんだけど・・・

問題は女二人。
結夏が諒とキスしようが、どーでもいい灯里。
その灯里が光生とデートしてると馬券を見ただけで勘付く結夏・・・
「私がまだ光生に気があるって知っててそういうことするんだ・・・」と、遠回しに責める・・・
「離婚したんでしょ?」と、当然のツッコミ・・・
うん、そうだ、そうだ!という気にもなるが・・・
結夏がまだ光生に未練があると知ってて、光生をどうこうなろうとする灯里の気持ちもねぇ・・
なんか、解せんっていうかねぇ・・・
あぁ・・・やっぱ、女のほうが面倒くさい!(笑)

どどん・・・と流れで4人で話をすることになりまして、
自分の気持ちを抑えきれなくて、感情むき出しの結夏に、ちょっと動揺する光生・・
そんな結夏を容赦なく責める灯里・・・
そして、そのさなか、諒のLINEがピッコン、ピッコンと・・・
・・・・もぉ・・・・おいしすぎるやんけ!(笑)
笑わせたいの?聞かせたいの?どうやって見りゃいいの?って感じ!!(爆)


最後は光生の熱弁で・・・
こうならなかったら、もしかしたらそれなりにしあわせだったかもしれんけど、
こうなっちゃったんだから、しゃーないやん・・ってことで・・
なんと、4人で鍋囲む・・・という、もう、勝手にしやがれ状態。(笑)
きっちりと関係に線引きができないまま・・・
灯里と光生は、またデートすることになるも・・・

灯里、妊娠してるようですね。
諒の子・・・だよね。
だけど、灯里には本当に諒への思いがないように見えるので・・・
どうするんだろ?産むのかな?一人で育てるのか?
まさか・・・「僕が面倒を見る!」とか言いださないよね、光生??
アンタはそんな心が広い男じゃないんだから、やめとき!!

となると・・・やっぱり、どっちも元サヤ・・・な結末が見えてくるわけだね。
どうなりますやら・・。



  ◇  ◇   「いいじゃない、一回寝てみよ」     2013 .02.28                    

じっくりと、時間をかけて・・・
「いいじゃん、一回寝てみよ?」につながり・・・
およよ、そうなっちまうのかい・・・と思ってたら!!
諒と結夏まで!この二人まで!
こっちの二人の「そこに至るまで」は見せてもらってないんで!!
めっちゃビックリしたんで!!(笑)


いやぁ・・・しかし、元カノ、元カレってのは・・・面倒だなぁ・・・
思い出がある分、ちょっとしたキッカケで、そのときに戻っちゃう・・・
「いい思い出もあったよ」と灯里は言って、それからいい感じになっていったけど・・・・
決定的に「イヤな思い出」があったでしょうに?
それで別れたんでしょうに??
・・・・そっか、別に元サヤ・・・になりたいから、一回寝てみるわけじゃないもんね。
さみしさを紛らわせるために・・・だもんね。

じゃ、いいか!
よくないっ!!(笑)
・・・んな雰囲気になりつつ、結局、光生が「いや、いかん!」と言いだすと予想。
こっちの二人は、そんなことにならないと思うんだけど・・・
あっちの二人(諒と結夏)はどうなんだろ・・・
この二人だと、なんも考えずに勢いでホテルに入っちゃいそうだし。(汗)

ま、そんな、寄り道しつつ・・・結局最後は元サヤ・・・なんだろうけどね。
元の鞘に収まるにしても・・・ヤッったかどうかは・・・結構大きいぞ・・・?
どっちもヤッてないといいな・・・(汗)



  ◇  ◇   「お別れは自分で決めたこと」     2013 .02.21                    

はぁ・・・
やっぱ、恋愛や結婚って、タイミングだよな。
光生と結夏は、気持ちが完全にすれ違ってるもん・・・(涙)


結夏は、初島くんにプロポーズされて、改めて光生への思いを確信しちゃったのかな・・・
それに亜以子さんの言葉も背中を押してくれたしね・・・
だけど、それを光生にうまく伝えられないんだな。
もともと、自分の考えをしっかりと伝えるのが苦手だし、
光生はちゃんと話を聞こうともしてないし・・・・

だって、光生くん、この期に及んで頭の中は灯里でいっぱい!ってか?
灯里との過去の夢を見てるし・・・
はぁ・・・・もう、コイツの心の中に「結夏との復縁」はゼロなんだろうか・・・(汗)
そんな中、傷心の灯里を励ましちゃう光生。
それがドンピシャにハマったらしい灯里は、一緒にのみに行っちゃったりして・・・
で、光生は浮かれぽんちで、結夏の話や様子は全然入ってこない・・・

そして結夏は決断した。
家を出ることを・・・
きっと、その数日前からの「良き妻」な姿は、サインなんだ。
どうした?って気づいてほしかったんだろうな・・、自分をちゃんと見てほしかったんだろうね。

だけど、光生は、何度も言うが、全然気づかず・・・

最後に、自分の気持ちを手紙に書いて、出ていこうとした結夏だけど・・・
書いてるうちに、これ、告白やん!って気づいたんだろうな。
離婚を言いだしたのは自分。
その自分が何言ってんだか!って我に返ったんだろう・・・
ビリビリに破いて、チラシの裏にメモ程度で、出て行っちゃった・・・

帰宅して、家の様子、メモを見て愕然とする光生・・・
そこへ・・・諒がやってきて・・・「泊めてくれ」だとよ。
はぁ・・・・コイツ・・・・
でも・・・・なんか、憎めなくなってきた・・・(笑)


結夏はどこへ行くつもりだろうか?
いざ、本当に結夏がいなくなって、光生は自分の気持ちと向き合うのだろうか・・?
いや、その前に・・・灯里とすごいことになっちゃいそうで・・・?
まだまだ、すったもんだが続きそうですな・・・。

それにしても、桜が嫌いって人、そんなにいるんだね!
そういう人と、サクラが好きな人・・・一緒になったら、つまらなそうだけど!
価値観って大事だし。
だけど、結夏はそれをわかってて、光生と一緒にいたんだよね。
やっぱり、結夏は本当に光生が好きなんだね・・・。
離婚しようが復縁しようが、どっちにしても、
そんな結夏の気持ち、光生はちゃんとわかってあげてほしいな・・・。




  ◇  ◇   「男が子供だから女は鬼嫁か泣く嫁になるしかない!」     2013 .02.14        

あぁ・・・・わかる気がする。
子供相手でもそうだけどさ、
こっちが必死になって正論を言ってるのに、相手に全然通じてないと、
正論を言ってるこっちがバカみたいに思えてくるっていうか・・・
バカバカしい!って思う気持ち、わかる気がする。
そこで、鬼になるか、泣いてしまうか・・・に分かれる・・・。
うーん・・・
あたいはどっちだろう・・
あ、考えるまでもない、鬼だわ!(笑)

さて・・・風邪を引いた結夏。
手伝いに来た淳之介・・・
その次の日、深夜のバイトもやってると知って、家で寝かせようとする結夏、
お言葉に甘えて寝ちゃう淳之介、
その間に、お風呂に入れてなかった結夏は風呂へ・・
そのとき、亜以子さんが・・・・という、エライ事態に・・・
ま、この続きの修羅場は次回においといて・・・・と。(笑)

今回は、灯里と諒。
諒の過去のお話は・・・今の「幸せ恐怖症」へとつながるものらしいけど・・・
別にさ、諒に「何かが足りない」わけではなく、
「先生じゃない人は、誰でもダメ」ってことだっただけだぞ・・・と当時の諒に言ってやりたい。(汗)

かなり引きずってるよねぇ・・・その後の進路まで影響されちゃってるし・・・

でも、前回終わりで、明希って年上女とまた・・・かと思ったけど、
そうなることはなく、やっぱり灯里とは別れたくない!って思ってるらしい諒。
そんな諒と灯里に話し合いをさせようと家に連れてきた光生ですが・・・
みんなに「うるさい」だの「めんどくさい」だの言われ、
頭の円形脱毛症を気にしまくりの姿が笑えた。(笑)

うん、めんどうくさいし、うるさいです。

で・・・「もう浮気はしない!したらオティンティンを切ってもいい!」という諒に、
「じゃ、今切る!」と言いだす灯里・・・
ごめんね、他人事だからね・・・笑った。(笑)
で、結婚なんて・・・どうせ人間、みんな一人なんだよ・・・・なんて話に行きつき・・・
「そんなの、ダメだ!そんなこと言ってたら幸せになれないよ!」と言いだす光生・・・
ほぉ・・・・珍しく、正論を言うんだね・・・(笑)
その頭の中に・・・結夏がいるのかな・・・?

それにしても・・・・餃子=サナギの話・・・・
ひどすぎるよ、光生・・・
いや、坂元先生、やめてよぉ・・・
もう、水餃子、食べられへんわ・・・・(涙)

それと・・・いくら乾きモノだからといって、賞味期限、切れ過ぎでは・・・?(汗)
さすがの私も、それは食わん・・・な・・・。



  ◇  ◇   「出来るもんなら浮気したい!」     2013 .02.07                  

いきなり負傷して入院してる光生・・・
うん、言葉で経緯を説明してたけど、急展開にビックリ。
ま、映像で見せないあたりが、このドラマらしい気もする・・・(笑)

で、療養もかねて・・・濱崎元夫婦と、上原”未”夫婦での温泉旅行・・・
その中で、婚姻届を出してようがなかろうが、一緒にいたいからそれでいい・・・という
なんとも涙ぐましい話を聞かされた諒は・・・
「ちゃんと書き直して婚姻届を出しに行こう!」と灯里に言い・・・・
すごくうれしい灯里・・
あらら、何とも懐のでかい女やのぉ・・・な展開で・・・

諒は、教え子とも年上女(かな?)ともキッパリ別れようとするわけですが・・・
一人の女のもとにいられる男じゃないと年上女に言われてしまう・・・
それでも灯里と生きることを選ぶ諒に、アッツアツ紅茶をぶっかけた女・・・
ひゃーっ!湯気出てますやん・・・(汗)
ま、そういう「ちゃんと区切りをつける」ってのができる男で、ちょっと安心したんだけど・・・

ほんと、このドラマは後半が急展開で気が抜けん。(笑)
諒と婚姻届を書き、早く証人になってくれる濱崎さんとこに行こうとしていたのに・・・
諒の胸のやけどを見つけちゃった灯里・・・
理由を聞かれて、素直に話し始めちゃった諒・・・

私もそうだけど、旦那の浮気って、「やってた」としても、目の前に突き付けられない限り、
見ないふりをして生きていこう・・って思ったりするとこ、あるよね?
問い詰めるけど、認めないで!みたいな?
矛盾してるんだけど、そういうこと大事なんだよ。
ま、証拠をつかんであぶりだそうとしてる妻には不要な「ウソ」ですけど。(笑)

灯里は、妹から「夫の浮気を我慢していた母にソックリ」って言われた直後ってのもあって、
目の前で浮気を認める諒に怒り爆発!!でございました。
そして、そんな浮気夫を見てみないふりして、実は傷ついてる女・・っていう自分を姿が、
母と重なって、イヤでしかたなくなっちゃったんだろう・・・
わかる気もするが・・・・

諒は、年上女に言われた通り、本当は灯里一人でこれから生きていけるか自信はなかったはず。
それでも、そうやって生きていこうって決めたのに、
完全拒絶をくらっちゃったわけで・・・
「どっかで見てたんか?」っつータイミングで年上女からの電話・・・
諒は、せっかく買った結婚指輪をポイ捨てして・・・女のもとへ行っちまいましたとさ。。。
やっぱり好きになれんし、理解したくもないわね、この男は・・・。

いやぁ・・・面倒くさいね、男と女って。(汗)
しみじみ・・・・。




  ◇  ◇   「あなたが好きなのは自分だけ」     2013 .01.31                  

ズボラで、あっけらかーん!としてる、能天気な女・・・として描かれる結夏。
だけど、この人はちゃんと考えて恋して結婚して離婚したんだ。
そして、それをこの男に話しても、きっと理解はしてもらえないって思ってたんだろうな。
しかし今回、ぶちまけましたね・・・
最初は、おぅおぅ!言ってやれ!!って思いながら見てたけど、
途中から胸が痛くなっちゃったよ・・・

そんな結夏に、「じゃ子供作ろうよ、もう一回結婚しよう」と言いだす光生。
・・・そうじゃないんだよなぁ・・・・
わかってないよなぁ、この男は・・・
とはいえ、まだ結夏は光生を思ってる。
光生も、円形ハゲができるくらい・・・・・あ、それは結夏のことっていうか、灯里のことか・・?(汗)

灯里と諒は・・・というと・・・いろいろと理由をつけてたけど、
結局は型にはめられるのがイヤなんだろうな、諒は。
だから婚姻届を出さないんだろうさ。
灯里は、諒が外で何をしてるか、なんとなく予想はしてても、
目の前で「夫の女」がすすり泣く姿を見ちゃって、さすがにおとなしい女ではいられなかったらしい。
そうやって感情をむき出しにすると諒が逃げちゃうってわかってるから
外に飛び出したんだろうなぁ・・・

で、光生のとこから飛び出してきた結夏と合流・・・
結夏が来ていた光生の上着のポッケには・・・・
諒から見せられて、返しそびれていた婚姻届が入っていて・・・
あらら、灯里、また「現実」をつきつけられちゃったね・・・
どうよ、「未提出の婚姻届」を目の当たりにするなんて・・・
いやぁ・・・・こりゃ崩れるなぁ・・・、何とか保ってきてた「妻の座」っていう根本が・・・・
それでも一緒にいられるのかね、あの男と・・・・(笑)

それにしても・・・諒には何人の女がいるんだろうね?
あの大学の生徒=千尋は、自分が「2番目」ってのは、イヤイヤながらも「現在の位置」として受け入れてただろうに、
ほかにも何人もいる・・・と知り、「2番目」の地位が揺らぎそうでジャマしてるんだろうな・・・
それって、むなしくないか・・・
あたしゃ、「2番目」も「3番目」も、同じだと思うぞ・・・?(汗)
まぁ、諒の場合、「1番目」すら危うい立場ではあるけどね・・・・(滝汗)



  ◇  ◇   「もう一つの夫婦の秘密と真実」     2013 .01.24                  

口は災いのもと・・・とは、よく言ったもんで・・・
とにかく、私は光生っていうデリカシーのない男が嫌い。

思ったことをすぐ口にだし、
それが相手にどう響くかも考えない。
相手が出すシグナルを感知する受容体も持ってないと見える。
そんなんでは、結婚生活は持つまい。
いや、結夏くらいのいい意味で「ズボラ」な、許容範囲の広い女しか無理だろう。
そんな結夏にも愛想をつかされてしまったわけで・・・
救いようがない。
それに気づいて直さない限り、次回もダメだろう・・・

そんな光生に「死ねばいいのに」と言った灯里。
何があってそこまで・・・?と思ったけど、そりゃそうだ・・・という話でした。
何も話さずに、何かを仕掛け、くみとってほしい・・と思った灯里も、
そりゃまったく非がないとは言いませんよ。
何も知らなかったんだもん、光生が言っちゃったのはわかる。
だけど・・・
たとえそう思っても、全部口に出しすぎです。
灯里がどれだけ傷ついたかを思うと、はぁ・・・・最悪な男だったわね。

で・・・・この告白シーン。
当の本人=光生と灯里は当然として、
結夏は、光生の初恋の相手が灯里だと知っております。
しかし、諒は・・・・どうなんだろ?
相手のことにあんまり興味を持たない感じなんで、右から左に聞き流す・・・くらいな感じか?
いや、実はカンは鋭く、「コイツら、付き合ってたな・・?」って気づいた??
ま、気づいたところで、たいして動揺もしそうにないですが。(汗)

そして・・・思った通り、諒は婚姻届を未提出でしたな。
押し切られて書いたものの・・・って感じか?
愛人である生徒が思ってたよりも強気女ですけど、どうなっていくんでしょ?
ってか、諒よ、相手は一人じゃないんだね・・・
いつか、身を滅ぼすぜ・・・?(滝汗)


そんな諒の不倫を知ってしまい、だけど自分が灯里を傷つけたという事実をつきつけられ、
灯里に「部屋に石を投げ込んだのはオレじゃない」とは言えなくなった光生・・・
ふっふっふ・・
なんか、この男がぐっ・・・て何も言えなくなると、なんか、ざまぁみろって思えてくるわ。(笑)



  ◇  ◇   「あなたなんて死ねばいいのに」     2013 .01.17                  

やっぱり、ただただセリフが多い・・・って印象。
とくに、後半の光生の演説はウンザリ・・・
灯里が言う前に、私は思ってたよ、「そんないい思い出と思ってるの、あんただけじゃね?」ってね。
案の定、そうでしたな。
ただ・・・それを伝えるのに「死ねばいいって思ってた」という、すんごい言葉を持ってくるとは思わなかったけど。(笑)
夫の浮気のことなんてわかってる!
私がいいって思ってるんだから、放っておいて!うるさいな!って思いが、
こういうキツイ言葉になって出ちゃったのね・・・と思ってたら、
いやはや、灯里も相当な根性の持ち主のようで・・・

ま、最後はちょいと驚いたけど、
だから何・・・?ってくらいで・・・(笑)

とにかく、やっぱり私はあんまり好きではないみたいです、このドラマ。
そのうちリタイア・・かな。




  ◇  ◇   「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ」   初回69分SP   2013 .01.10.         

うーん・・・・やっぱりダメっぽいな・・・。
苦手な役者さんが、好きになれない役をやってる・・となると、
やっぱり拒絶反応が出てきちゃう・・・(汗)


瑛太くんは・・・・まぁ、よーしゃべる。(笑)
普段が寡黙ってのが有名なんで、「無理して頑張ってるね・・」って感が・・・(滝汗)
だいたいさ、歯医者でしゃべりまくるって、どんだけ迷惑な患者だよ!(笑)

そもそも・・・あまりにも違いすぎる二人。
なんで結婚したんだって感じ。

あの震災直後の状態で出会ったというのなら、普通の状況ではないわけで、
その後、冷静になって、一緒に過ごしてみて、
合わないな・・・って気づかなかったのか?
そんなことを考える間もなく結婚したのか?
よくわからんよ。

で、やってけない!離婚する!と言い出したのは光生。
だけど、届を出したのは結夏。
きっかけは、またも地震・・・
一人で家で怖い思いして、夫から来たメールに書いてあったのが盆栽の心配とは・・
たしかに、「で?」っていうか、「は?」って感じよね。
だからって、衝動的に離婚届を出しちゃうか?
まぁ・・・結夏らしいっちゃーらしいけども・・・。

別れたい!と言ったのは自分、だけど、相手に区切りをつけられちゃうと
なんかスッキリしない・・・みたいな気になるのはわかる気がする。
とはいえ、合わない合わないといいつつ、2年もったんでしょ?
子供がいるわけでもないのに別れなかったってことは、
そこまで相性が悪いわけでもないのでは?
だいたい、「つらいつらい」って言ってるけど、
光生は自分だけが努力して我慢して・・って思ってるんだろうけどさ、
実はあんなふうでも結夏も結構努力してたのかもよ?
結婚ってのはね、忍耐と譲り合いと思いやりですよ。
別れてみて、結夏の存在に気づいていく・・・・ってことになるんでしょうか?

と、二人だけを描くかと思いきや、もう一夫婦おります。
こっちは初回はあんまり描かれてません。
そのうち描かれていくんでしょうけど・・・
博愛主義者っぽい旦那・・・・あたしゃ無理だわ。
灯里が好きで諒と一緒になったのかね?
こっちもこっちで、忍耐がかなり必要っぽいな・・・。

とりあえずもうちょっと様子を見ます。
なんか、テイスト的には「最後から二番目の恋」っぽい感じもするけど
個人的には全然違うーっ!って感じです。(笑)
私も忍耐が必要だ・・
頑張って見続けてみよう・・・かな・・・・。




★ STORY ★ 東京・中目黒に住む2組のアラサー夫婦を通し、夫婦や結婚とは何か?を軽快に描くラブ&ホームコメディー。
★ 期待度 ★ キャストがどうにも・・・・苦手なんですよね・・・。でも、きっと見る。