サキ 
 火曜10時〜    フジテレビ       
 脚本:渡辺千穂    演出:今井和久     P:豊福陽子
 主題歌・・・ 「Catch Me -If you wanna」 東方神起
美しい隣人 DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
網浜サキ 仲間由紀恵 港南総合病院 看護師
新田隼人 三浦翔平 大手雑誌社の記者
濱田直美 内田有紀 大手雑誌社勤務
和繁 庄野崎謙 ワインショップ店員
野中百合香 黒川芽以 隼人の彼女 OL
野村康介 萩原聖人 人権派弁護士
岩城利也 石黒英雄 大手雑誌社勤務
須藤繁之 高嶋政伸 港南総合病院の理事長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「ついに今夜完結!明かされる復讐の真相と、悪女の最後」  
                                         最終回    2013 .03.19.      
番組内サブタイトル ・・・ 「悪女の最後」

なんだそりゃ。
無理矢理「美しい隣人」につなげたのも、けっ!って感じがしてしまったわい。(汗)

隼人は、母が自分に腎臓移植をしてくれて、その結果命を縮めたかもしれなくて、
それを姉ちゃんが恨んでる・・・と思ったらしいけど、
それじゃなかったみたい。
単純に、「自分の不幸の上の幸せ」を何も知らずに生きていた隼人への妬ましさだったわけか。
子供やん・・・(汗)
とはいえ、毒入りワインを隼人が飲もうとしたとき、止めてましたね。
もう、この時点でサキの中ではすべてが終わった・・てことでしょうか?
・・・見てるコッチは、全然終わってないわーっ!!!(怒)

一年後・・・・だと?
あんだけ調査したくせに、サキが姿を消したら、捜しも追いもしないのか?
中途半端やのーっ!!!

そして7回目の命日・・・・
隼人は今は売家となった実家へ・・・
そこにはサキからの手紙が・・・
あんだけキレイってことは、書いて、その都度置きに来た・・・ってわけではなく、
今日、おいていった・・・ってことか?
隼人は姉を追う・・・
サキは、母を失った場所で思い返していた・・

あの日、母の乗せた救急車の前で、老婆にぶつかり、文句を言い去っていった中川・・・(一旦、救急車が止まる)
細い道を通っていた救急車・・・その前を、ヘッドホンをして自転車に乗る本田・・・気づかずジャマになる・・
さらに脇道に入る救急車・・・路駐していた野村の車のせいで一体停止・・・
・・・・そんな理由???
中川、確かに感じ悪いけど、そこまで悪い?
本田がジャマで救急車が通れなかったのは確かにかなりムカつくけど・・・
野村の路駐も、そこまで恨まれることかな?
時間で言ったら、それほどの時間でもないと思うんだけど・・・・?

サキが恨んで当然は、須藤と和繁だろ。
命を奪うなら、まずはこっちから・・・じゃないのか?
結果、須藤も和繁もピンピンしてるし・・・・
なんだかなぁ・・・

で?最後は「また逢う日を楽しみに・・・」とか言ってるサキ。
は?と思ったら・・・・サキ、ご懐妊でして・・・
ここで「美しい隣人」とつながるわけだ。
高知東生と出会って妊娠して、生まれる子には「隼人」ってつけて、その子を失って・・って流れになるわけね。
この復讐劇の報い・・・ってことか・・?(汗)

ただね、最後にお母さんガ「サキ・・ごめん・・」とか言って死んでくれたら、
ここまでサキの恨みは膨れなかった気もするわけで・・
「もう少し時間があったら、きっとお母さんは私の名前も読んでくれたはず。。。」とか考えちゃって、
時間を奪った人間を憎いと思ったのかなぁ・・・
そもそも、サキを捨てた親が悪いっていう・・根本に戻ってしまうわけだが・・・・(汗)


なんだかなぁ・・・・
やっぱりこういう最終回になったか、
この脚本家の作品は、やっぱりこういう感じになっちゃう。
予想してただけに、「またか・・・やっぱりね・・・」って感じですけど。(呆)
とはいえ、最後までガッツリ見てしまった・・・
くそ・・・。(笑)



  ◇ 第話 ◇   「姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です」    2013 .03.12.      
番組内サブタイトル ・・・ 「母を殺した最後の男」

なんも明らかにならん・・・・(汗)
中川、野村、本田の三人が、サキの母が倒れて運ばれるまでに
何らかのかかわりがあったであろうことは、
すでにみんな予想してるっつの!
で、そこんとこにやっと到達した・・・だけじゃん!

で、隼人が、「オレが母さんを殺したんだ・・・」って、
そこで終わりかいっ!
最終回で全部明らかにするってか?
引っ張るのぉーっ!
いやらしいやり方やわ・・・

ま、心臓が弱い母が、隼人のために何らかの手術を受けたことがあり、
そのせいで心臓をさらに弱くしていて、結果、命を短くしてしまった・・・ってことか?
ただでさえ、隼人は両親の愛を独り占めしてて憎たらしいのに、
母の命を縮めやがって!っていう恨み・・・かな?
結局、一番憎たらしいのは隼人だった・・てことか?

しかし・・・・恵のことがよくわからん。
自分を抑えて須藤の妻として生きてきて、
自分を解放して自由に生きてみたら・・・?ってメッセージを真に受けて、
あはは!と出ていった・・ってことか?
うーん・・なんだかなぁ・・・・変な感じ。(汗)

息子にも妻にも捨てられ、自暴自棄の須藤は、
灯油を口に含んでぶはーっ!と吐き出し、家じゅうに灯油をまいて、
火をつけて・・・
ってか、まくんなら、口に含まなくてもよくない??
おえーっ!って感じ!!(笑)

そこまでやるなら、飲んでしまったほうが・・・・(汗)

それにしても、簡単に壊れたね。。。
なんか、イマイチだよね・・・(汗)


さて、最終回。
どんなふうにまとめますかね・・・?



  ◇ 第話 ◇   「セレブ妻を狂わす疑惑の真珠…4人目の復讐」    2013 .03.05.      
番組内サブタイトル ・・・ 「セレブ妻を狂わす疑惑の真珠」

直美たちが、ようやくサキにたどり着いた・・・
「警察に言えば?」と開き直るサキ・・・
だけど相手はマスコミ・・・
法的に裁かれなくても、生きていくのが大変になっちゃうかもよ・・・?
いや、もしかしてサキはそれを望んでる・・・・?

サキがしたことが記事となって明らかになることで、
母の死の理不尽さを知らしめたい・・・みたいな?
で・・・中川、野村、本田のかかわりはいつ明らかになるんですかーっ!!
いい加減にしろーっ!!(笑)

「救急車で運ばれたときは、もう・・・」って医者が言ってたよね?
ということは、その過程でジャマが入った・・ってことで・・。
119にどーでもいいことで電話して、救急車が足りなくて到着が遅れた・・・とか、
ある出来事があって道が渋滞してて、到着が遅れた・・・とかかな?
となると、6年前の2月28日の三人の行動を追ってみてください!
岩城のリサーチ力にかかってるぞ!!(笑)

隼人は、自分が母を・・と言ってましたけど、
どういうことなんだろうねぇ・・・?
やっぱ、最後のお肉は、隼人ってことなのか・・?

さて、4人目の犠牲者であろう須藤院長。
サキを危険視して、息子から遠ざけようとするも、まんまと罠にはまって・・・
須藤妻=恵は、「夫を信じないと家族が壊れちゃうぞ。。。」と洗脳されてましたけど、
我慢ならずに、夫のポッケに入ってたイヤリングをつきつけちゃった・・・
それはサキのもの・・
あの女・・・恐ろしいヤツだーっ!!と慄く院長でしょうが・・・
すでに、息子も妻も、離れていってます・・・
で、スイッチ押されちゃった院長、家に火を・・・?
おいおい、スイッチ押されたとしても、そこまでやる・・?
そして、期待度満点の富田靖子さんのブチギレ、見られそうです!!(笑)
楽しみだ・・・。



  ◇ 第話 ◇   「母のための復讐…妻が寝ている間に男を誘う女」    2013 .02.26.      
番組内サブタイトル ・・・ 「母のための復讐ー真夜中の誘惑」

なるほど・・・
母が倒れて運ばれた病院は須藤の病院・・・
そのとき、和繁が運ばれてくるのと重なったらしい・・・ってことか。
サキの母の治療が後回しにされた・・ってことかな?
「結局たいしたことなくて、ただの脳震盪だったんです!てへっ!」と明るく話す和繁・・・
おおお・・・隣からすんごい冷気が漂ってるように見えるが、
感じませんかね???(笑)


突然の展開で、須藤家に泊まることになったサキ。
で、その夜・・・須藤にちょいとせまってみるものの・・・
ほぉ・・・引っかからないよ、須藤・・・
ま、「お?オレに気があるのか?」と思わせといて、息子と付き合ってた・・・と知ったばかりだからねぇ・・
すっかり疑心暗鬼ですよ。(笑)
ふーん・・・ひっかかってこないのね・・・と割り切ったサキは、
自分の母が死んだ日付のことを話し、「5人の男に殺された」と言っちゃいました。
ここまで言われると・・・・
須藤、「和繁の事故の日と同じ・・・?」と気づいた?
だから「あの人はやめとけ」って言ったのか?
ただ単に、「なんか、ヤバイ気がする・・」って思ったのかね?
とにかく、いい判断ですが・・・

息子の相手にしては、年が離れてるし・・・と思った須藤妻・恵は、
サキに近づくも・・・いいように転がされて、すっかりサキ信者になっちゃってました!
あらら・・・結構簡単な女だったね、富田靖子さん・・・
うーむ・・・もっと暴れてほしいんだけど・・・(汗)


そして、サキからひどいこと言われた隼人は、自らサキを調べることに・・
その結果、サキは新しい家族のもとで幸せに暮らしていたのではないと知ります・・・
でも、実の姉かどうかまではたどり着いてないよね・・・・?
姉なんだよぉ・・・
不幸に育ったからこそ、本当のお母さんとの対面を楽しみにしてたんだよ・・・

そして直美と岩城は、本田とIT社長の死の接点が看護師・・・?と気づいております。
次回は、野村弁護士と付き合ってたサキが看護師だということも知るようで・・?
サキさんよ、急がねば!
残り2枚の肉の賞味期限も気になるしぃ〜!!(笑)

で・・・残り2枚は、須藤と和繁ですか?
それとも、須藤と隼人ですか・・?
隼人は・・・「母を殺した5人」には入らないと思うんだけど・・・?



  ◇ 第話 ◇   「母へ…明かされる“悪女”の履歴書」    2013 .02.19.           
番組内サブタイトル ・・・ 「母へ…明かされる“悪女”の履歴書」

ようやく・・・・”サキ”が見えてきましたね・・・。

20歳になるまで、サキは自分が両親と血がつながらないことを知らなかった・・・
それから・・・実の親を探していたらしい。
見つけた・・・母の姿・・・・
しばらくは見つめるだけのサキ。
だけど、ようやく、母と再会するってときに・・・
目の前で母が倒れてしまった・・・
再会が果たせないまま、母を失ったサキ・・・
それから・・・復讐が始まった・・ってことらしい。

これで、サキと隼人は姉弟ってことが確定・・・だよね?
だけど、隼人が「壊れた男三人」と姉のつながりを問いただしに来たとき、
「お姉さんじゃない」と言い放ってました。
「血のつながりなんて関係ない、アンタなんて弟じゃない」ってことでしょう。
しかし、隼人は何重にもショックだろうねぇ・・・

さて、前回同僚を殴った本田さんですけど、相手は重傷で済んだようで何より・・・
サキにヘルプの電話をしていたんだけど、
サキから優しく「一人で頑張って・・・」と言わんばかりの言葉に背中を押され・・・
自首しようとしてたのに、逮捕されちゃいましたね・・・
見事にサキは誘導しておりました・・・

そして、サキはワインショップの和繁の誘いに乗り、和繁の実家へ・・・
そこで、理事長・須藤と対面!!
須藤ったら、「私の夢の中の理事長は、オヒゲがなくてカッコよかった!」って言われて、
ちょいっ!とヒゲをおとしてやがりまして・・・
なんとも滑稽なことになっておりました・・(笑)
サキの魂胆が読めずに困惑してる感じで、
こりゃ、こっちから攻めるのは難しくなったんじゃね?と思ってたら・・・
どうやら、妻のほうから攻めるみたい?
どうなるんでしょうな・・・

ま、これで、「サキの母の死」ってのが大きな復讐の原因であるのはわかりました。
あのIT社長、弁護士、本田さんが、その死にどうかかわっていて、なんで恨まれてるのか・・・は
まだわかりません・・・

理事長は、母の治療絡み・・・かな?

いよいよ最終章へ・・・ですね。
ようやくです・・・。



  ◇ 第話 ◇   「弱者の逆襲!追い詰められた悪女」    2013 .02.12.           
番組内サブタイトル ・・・ 「弱者の逆襲−追いつめられた悪女」

なるほどね・・・・
そうだね、あのワインショップの和繁・・・名前しか表記されてないんだもん、
そこに気づくべきだったわ・・

なるほど・・・和繁は須藤の息子だったか・・・
ってことは、和繁への攻撃は、須藤への復讐へとつながる・・・
となると、ステーキの枚数は合う・・・かな?(笑)

まずはそれより・・・・本田さんです。
岡田義徳くんって、ほんと、演技がうまいよねぇ〜!
演技の幅が広い!
安心して「壊れる」のを見守らせていただいた!(笑)
そうねぇ・・「スイッチを押す」のは、何も「自殺への・・・」とは限らないわけだ。
もともとネガティブな人間には、あーやって発破をかける・・・くらいのほうが、
そのあとのふり幅を考えると、効果的なのかもしれん・・・
意図せずして、サキを疑っていた隼人もごまかせたしね・・・

とはいえ、結果、本田君は同僚をボコボコに殴ってしまうことになったわけで・・・
サキの押したスイッチは、思った通りに発動した・・ってことになるんだろうね。
しかし・・・相変わらず、なんで本田くんがこんな目に?ってのはわからないまま・・・
うーむ・・・・もどかしい・・・・


そして、サキは隼人との食事で、思わず感情が行動に表れていましたね。
母との思い出を語る隼人・・・
それを聞いて、感情を爆発させておりました!
・・・あれ、あのあと、ちゃんと弁償したのかなぁ・・・?と、結構気になる・・・(汗)

そして!予告で「姉弟ごっこ」と言っておりました!
・・・でも、きっとサキは隼人と実の姉弟なんじゃないかね?
だからこそ、幸せに母との思い出を語る隼人に怒りを覚えたわけでしょ?

自分に好意を持ってる隼人に、「実は姉弟じゃなかった・・」と言っておいて、
最後はやっぱり「血がつながってるんだよ・・」ってオチにするのかしら?
ってか、そろそろ、サキの魂胆を教えてくれい!!



  ◇ 第話 ◇   「新ターゲットへの赤い罠…姉への疑惑完全犯罪がバレる時」  
                                       64分SP     2013 .02.05.    
番組内サブタイトル ・・・ 「姉への疑惑」

延長する意味・・・ある?
サキのお食事シーンがいつもに増して長かったが・・・その分か?(汗)
しかし、サキはどんだけ高給取りなんだろうね?
あのマンションに、高いワイン飲んで、高級食材を食べて・・・
でもさ、あの食事だと・・いつか体を壊しそうなんだが・・・(滝汗)

新しいターゲット・本田くん(岡田義徳)。
なんでサキに狙われてるのか・・・・わかりません。
だって、前回死んだ野村がなんで自殺に追い込まれたのかもわからんし・・・
もぉ・・・ほんと、まったくヒントもくれないんだね、このドラマ!!
いい加減、もう、「どういうことぉ〜??」って探る気を失ってますよ?(汗)

チョイ見せしましょうよ・・・

で、隼人、野村の死の「原因」となったと思われる「妹への恋心」をサキから聞かされまして、
そんなときに、同僚の岩城や直美との会話から、「故意に人の弱いところをつついたら・・・」って話になりまして、
んでもって、岩城が取材してる「自殺したIT社長」の資料を見せてもらって、
サキのストーカーだった男だと知り・・・
姉の周りで二人も自殺・・?
姉は・・・・スイッチを故意に押したのか・・・?と疑惑がわいてきた・・ってわけだ。

だけどね、本田くんの場合・・・
自殺っていうか、自滅しちゃいそうだよね・・・
あの、かなり感じ悪い同僚を殺しちゃう・・・って流れでしょうか?
ま、その後自殺・・・ってのはありうるかもしれないけど・・・
三人目が出たら・・・さすがに完全に疑われるな、サキは・・・



  ◇ 第話 ◇   「第一ターゲットの結末…秘めた恋が暴かれる時」    2013 .01.29.      
番組内サブタイトル ・・・ 「タブーの結末」

わからん・・・・
今回でまた一人「処理」が済んだんだろうけど、
その理由が全然明らかにされないので、モヤモヤモヤ・・・・って感じ?
そろそろちょっと見せてくれんかねぇ・・


手紙に思いを書いて吐き出せば楽になる・・・・とサキに誘導されて、
まんまと書いてしまった野村。
で、それを読んだサキは・・・旅行に行く途中、「全部知ってるの」と言いだし、
「妹さんに手紙を渡した、受け入れてくれたわよ」と大嘘をぶっこき、背中を押す・・・
妹のもとへ車を走らせた野村・・・
だけど、いざ妹の顔を見たら、引き返してしまう・・・
そして・・・崖から投身自殺・・・
という結末でございました。

うんと・・・・
妹が受け入れてくれたことで幸せ、
だけど、世間でタブーのされてる関係を妹に強いることはできない・・・
この思いを抱えたまま、一人で死のう・・ってことでいいんですかね?
こういう結末をサキは望んでたの?仕組んでたの?
よくわからん・・・(汗)

しかし、身を投げるところを釣り人が見ててくれてよかったねぇ〜!
間違いなく、「途中まで一緒に行ったサキ」は疑われただろうに?(汗)
これで野村への「復讐?」は完了・・・なんでしょうが・・・
次なるターゲットは本田っていう男らしい。
えぇ〜!今まで出てきてる男の中から・・・じゃなかったんだ!
新たなる男の登場かよっ!!
で、コイツはどんな恨みをかっちゃったんだろうねぇ・・・
ご愁傷様でやんす・・・・(汗)
この男とのやり取りの中で、野村やほかの男たちとサキの関係もちょこっと見えてくるといいな・・・
あまりにも見えなさすぎで、ポカーン状態になってきてますから。(滝汗)




  ◇ 第話 ◇   「禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女」    2013 .01.22.      
番組内サブタイトル ・・・ 「禁断へ導く女」

ふむふむ、「禁断へと導く」わけですね。
サブタイトルでまるっとわかっちゃってますけど?(笑)

野村の妹への思いを知ったサキ。
どうやら、最初からそれを知ってて、そこを突いていこうとしてたわけじゃないみたいね。
いろいろと部屋をあさってますし・・
で、すんごい「弱味」を握っちゃったわけで・・・

だけどさ、妹は普通に「お兄ちゃんとして大切な人」って思ってるだけよね?
野村をあおって、妹に一方的に何かをさせる気?
伊豆旅行に二人を別々に誘ってるみたいだけど・・・
結末は気になるが、この時点で萩原聖人を失うのはイタイ気もする・・・(汗)
ま、高島政伸、富田靖子夫妻が残ってるから、
まだ目は離せないんだけどね・・・

とはいえ、なんか、面倒くさいな・・・って思えてきた。(笑)
あと、サキのお食事の口元シーン・・
伝えたいことはわかるんだけど・・・
嫌いなんだよねぇ、あーいう食事の音って・・・
今後も続くと思われるこのシーン・・・
うーむ・・・って感じです。(汗)




  ◇ 第話 ◇   「悪女の微笑みは復讐の始まり…最初の標的は」    2013 .01.15.      
番組内サブタイトル ・・・ 「タブーの正体」

富田靖子、キターッ!!!!
もう・・・それだけでドロドロ感が増す予感・・・・♪(笑)


サキの次なるターゲットは野村・・・
心理的にうまく誘導して、本音を吐き出させる・・・
さすが、勉強してるだけある!!!
・・・で、寝ちゃったって形だけで、本当は寝てない・・・でいいのかな?
ホモのくせに、女が抱けるのか・・とか、そんなことを考えていたら・・・

しつこく野村の携帯に着信がある「祐樹」が訪ねてきた!!
ひゃーっ!鉢合わせかよ・・・と思ったら・・・
やってきたのは女!!
どういうこと・・・?と思ってたら・・・
「祐樹です。」ときた。
なぬーっ!男みたいな名前の女だったか!
なるほど・・・親友の妻を好きに・・・っていう「タブー」か・・・って思ってたら・・・
「妹です。」ときた!!
何度騙されてるんだ、あたいは・・・(笑)
つまり・・・近親相姦という「タブー」ってこと?
そりゃ、かなりの「タブー」だね・・・

いや、血がつながってない妹・・・とか?
もっと事情がありそうでもある・・・。
いろいろと下調べしていたらしいサキだけど、さすがにこの事実は知らなかったか・・?
さぁ、ここからどう攻めていくのか、サキ?

そして、そして!
病院長の妻役が・・・富田靖子さん!!
くぅ〜!!面白くなりそうです!!

・・・まだサキのたくらみは全く見えてこないんですけどね・・・・



  ◇ 第話 ◇   「美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒」   初回69分SP  2013 .01.08.  
番組内サブタイトル ・・・ 「接近」

2011年放送の「美しい隣人」の主人公・沙希が、「網浜サキ」として帰ってきた・・・らしい。
前作=過去がかかわってくるのかどうかはわかりませんけど、
今回のサキのターゲットは・・・男たちらしい。

生き別れの弟(らしい)隼人、
隼人の紹介で知り合った(ってことになってる)弁護士の野村、
サキが働く病院の理事長、(愛妻家ってとこが妙に笑えるんだが(笑))
隼人の同僚の岩城、
ワインショップで働く和繁・・・
この5人ですかね?
でも・・ストーカーだった(らしい)中川ってのが死んだあと、5枚のステーキの1枚を食べてたよね?
残り4枚・・・ってことは、ターゲットは4人ってこと?
うーん・・・まだわからん。
しかし、出しも出したり、登場人物・・・って感じ?
男たちだけでなく、出版社の直美や、隼人の恋人・百合香とか・・・
この女たちもサキの恨みを買ってるんでしょうか・・?
サキの本当の狙いとは・・・ってことですね。

ツカミはOKだったんじゃないですかね?
あっという間の69分でしたし。
ただ、気になるのは脚本家ですよ・・・
この人には散々振り回されて、最終的にあっけないまとめ方をされちゃってる過去が
多々あるのでね・・・・
散々ゴチャゴチャにしておいて、なんだそりゃ・・っていう結末にならないことだけを祈る!って感じです。

しかし・・・サキは隼人の本当の姉なんだろうか・・・
姉でしか知りえない事実を知ってたし、母の味を再現できてたし・・・
病院の子供に対する会話とか見てると本当かなぁ・・?って気もするけど、
まだまだわかりませんな。

それにしても、サキ、いい部屋住んでましたね?
食べてるものも高級だし・・・
男から搾り取ってるのか・・・?(汗)
ただ、気になるのは、「高級ステーキ」。
あれって冷凍庫じゃなくて冷蔵庫に保存してたよね?
早く食べないと腐るぞ?
早めに仕掛けるのか?
あ、別に関係してないのか、肉は?
ただの肉好きなのか?(笑)




★ STORY ★ 昨年1月期に同局系で放送された「美しい隣人」のスタッフが再結集したシリーズ作品。前作では女性をターゲットにする悪女を演じたが、今回の主人公である看護師の網浜サキが狙うのは男性。
★ 期待度 ★ どんな悪女っぷりを見せてくれるか、楽しみですな。