確証 〜警視庁捜査三課 
 月曜8時〜    TBS       
 脚本:森下直   演出:吉田健ほか   P:橋本孝ほか
 主題歌・・・ 「Message」  家入レオ 
原作
確証
主題歌
Message (通常盤)
◆ 出演者 ◆
萩尾秀一 高橋克実 捜査3課
武田秋穂 榮倉奈々 捜査3課
菅井 設楽統 捜査1課 警部補
猪野 山本龍二 捜査3課 5係係長
小渕貴大 柳下大 警視庁 鑑識課
友坂美奈代 黒川智花 渋谷山手署交通課勤務 秋穂の同期
牧村シズ 西尾まり 警視庁生活安全部
上村早苗 鷲尾真知子 警察独身寮の寮母
苅田浩 松田悟志 捜査1課 刑事
桑名光 中村靖日 渋谷山手署 刑事
福田大吉 泉谷しげる 錠前破りの達人
萩尾ゆり子 中嶋朋子 萩尾の最愛の妻
田端 角野卓造 捜査1課 課長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「最終回スペシャル盗まれた刑事の妻!VS怪盗百面相」  最終回  2013 .06.24.  

すごいねぇ・・・
妻の誘拐犯だけでなく、世界的に有名な犯罪者まで捕まえちゃって!
話がデカすぎたわ!(笑)

ゆり子を誘拐したのは、世界的に有名な窃盗犯の「ファントムシャドウ」っていうヤツで、
依頼したのは、ハギさんを恨んでる前科者でした・・・
たしかにね・・・
あんな風に絆されて捕まって刑務所行って、
出所したら、妻は一人で朽ちていた・・・なんて、可哀想すぎるよねぇ・・・(涙)
でも、だからって、逆恨みはダメなんだけどね。(汗)

一課の協力のもと、見事にたどり着いたハギさん・・・
そして、ファントムシャドウが逃げないように、ちゃんと最後まで読み切っておりまして、
最終的に捕まえることができたんだけど・・・
まずは人質である、心臓病の妻、搬送すべきじゃない??
犯人も怪我してるけどさ、まずは人質の確保でしょうよ。
最後の抱擁シーンに必要だったとしても、
こんな緊迫した状況下におかれてたのよ、心臓病の患者が!
心配でしょうに!!

と、いろいろ言いましたが、全体的に面白かったですよ。
続編があってもいいんじゃないかしらね。
またいつか、お会いできるのを楽しみにしたいと思います。



  ◇ 第話 ◇   「女子高生スリ団!盗まれた企業秘密と父と娘の涙の絆」     2013 .06.17.   

あんなスリ・・・そんなに成功しちゃうもん??(汗)
うーん・・・
ってか、個人的に言わせていただくと、
あんな風に口の開いたバッグは危険だと思うんですよ。
自衛が大事ですよね。
うむうむ。

さて・・・今回のことはさておき・・・・(おいちゃうのかい!(笑))
次回、なんと・・・・誘拐=人を盗難ってことらしい!
えぇ〜!そんな盗み・・?
驚いたわ・・・。
また、「人質が病気持ち」っていう設定なのね・・・



  ◇ 第話 ◇   「伝説の大泥棒が挑む人生最期の大仕事!」     2013 .06.10.   

このドラマは、後々シリーズ化すると思っていたので、
鍵福さんも、レギュラー情報屋として出続けると思ってたので、
えぇ・・・ここで退場ですか・・・?と残念。

まぁ・・・・情に流された、余命わずかの老泥棒・・・てことで、
きっと騙されてるんだろうな・・・ってのはわかっちゃいました。
しかし、それでも・・っていう鍵福さんの気持ちが、
最後は伝わっていたようで、
「人情モノ」としては、いい出来だったと思いますね。

それと・・・・確かに秋穂は成長してきてるのかもしれんが・・・
明らかに「女子」なんだから、一人で行動するのはやめてほしい。(汗)
それと、「お前、足が速いなぁ・・」っていう設定なら、
スニーカーとか、そういうのを履いてほしい。
あんなヒールで階段をえっちらおっちら降りてたら、
普通は犯人に逃げられますよっての。(汗)



  ◇ 第話 ◇   「身元不明の犯人は!?刑事の妻が語る真実と最大の試練」     2013 .06.03.   

このドラマらしい話でしたね。
こういう話、嫌いじゃないです。

自分が追い詰めたせいで、容疑者が意識不明の重体になってしまったことを悔いる秋穂。
その秋穂の心を動かしたのは・・・・ハギさんの妻・ゆり子でした。
ゆり子は泥棒ではなく、
ゆり子の夫が泥棒で、ハギさんが追い詰めて事故で死なせてしまった・・ってことだったのね。
そのゆり子に謝り、ずっと寄り添ってきたハギさんと、二人は一緒に生きることにしたのね。
このゆり子の言葉で、秋穂は自分がやるべきことに気づき、
意識不明の男性の身元を調べ、待ってる人がいるなら知らせなくては・・って動き始めるのよね。

そして一方、
ハギさんは、自分と同じような状況に陥った秋穂を心配しつつも、
きっと戻ってくると信じ、
そして、男性の身元を調べていてくれたのよね。
その結果、容疑者の心も解放し、
意識不明の男性の身元もわかって、意識も戻って・・と、
ハッピーエンドでございました。
よくまとまってる話でしたね!
無駄もなかったと思います。



  ◇ 第話 ◇   「盗まれた疑惑…消えた2億円×殺人!警察VS権力の壁」     2013 .05.27.   

ハギさんの奥さんが元泥棒かも・・・?ですと?
うーむ・・・
引っ張るねぇ・・・
気になるねぇ・・・

さて、今回の事件・・・
まぁ、ありがちなお話ではあるけど、
しっかりと「捜査三課」らしいお仕事が全編を通してできていたので、
なかなか面白かったです!

窃盗犯が殺されちゃったときゃ、
あぁ・・・こうなるとまた前後編にしちゃうパターンか・・?って思ったけど、
あんまりそこは深めずに「盗犯メイン」で描いてくれたので、よかったです。

「ゲン担ぎ」でからめてきたのもよかったですね。
最後のオチもね・・・(笑)



  ◇ 第話 ◇   「少女を救う!?奇跡の銃声!立てこもり事件涙の解決編」     2013 .05.20.   

犯人が安原に電話を任せすぎなのは気になりましたが…
そうでないと解決しなかったので、
ま、ヨシとしましょう!(笑)

泥棒・安原が人質にされちゃった立てこもり事件・・・
安原とハギさんのやり取りだけで「捜査三課」の仕事とするのか・・・?と思ったけど、
その家の侵入方法を見つける・・・ってことで、
鍵福やほかの泥棒もからめてきていて、
なかなか面白かったですよ。
救出後、少女を見送る安原の涙に、もらい泣きしちゃったしね・・・(涙)

ハギさんの奥さんも、医者からの話ってのが悪い話じゃなくてよかったよ!
深刻な話かと思ってヒヤヒヤしちゃったし・・・(汗)



  ◇ 第話 ◇   「緊急事態!拳銃立てこもり犯を逮捕せよ!奇妙な人質」      2013 .05.13.   

途中からね、なんか、そんな気がしていたら・・・
やっぱり、前後編だったね。
だって、寮母さんとか、盛り込みすぎなところがあったもんね・・・。(汗)

でも、立てこもり事件に捜査三課が・・・っていうには、
なかなかいい感じの設定だったんじゃないでしょうか?
面白かったですよ!

まさか、屋根裏にいるのが少女とは思わなかったので、
あらら・・って感じです。
「病気持ちで命の危機が・・・」っていう設定は、
飽き飽きなんですけどね・・・(滝汗)




  ◇ 第話 ◇   「黒い蛇〜女泥棒の罠に隠された母の涙!」      2013 .05.06.          

窃盗犯を扱うドラマらしい、人情モノでしたね。

明らかに「何かを発信してる」黒蛇さん。(笑)
かなり怪しい女性でした。

そして・・・最後はこの人が侵入した・・・と思わせて、
旦那さんだった!という驚きの展開・・・・にはならん。
だって、ツダカンさんだもん。(笑)
怪しさで言ったら、この人も満点だからね!


息子のために学校に盗みに入った両親。
刑事ですもん、何が理由であっても捕まえねばならないけど・・
ちゃんと、学校側のヒミツも暴いてくれちゃいまして、
痛快な部分もございました。

一時間でちゃんと「魅せてる」って感じの話でしたね。



  ◇ 第話 ◇   「二重の密室殺人!鍵のかかった絆と涙!」      2013 .04.29.          

一話完結になって、見やすくなりましたね。
だけど・・
秋穂のプライベートなシーン・・・・いる・・・?
萩尾の夫婦ネタは、なんとなく今後活かされそうな気もするんだけど。。。
こういう無駄を省いて、もっと事件を面白く見せてほしいな・・と。

今回の忍成君の涙に、グッときちゃいましたねぇ・・・
やってることはダメなんだけど、抱きしめてやりたいっつーか。(笑)
絶対、罪を償って、婆ちゃん生きてるうちに出てこいよ!!って感じっす!

それにしても・・・
早々に1課と仲良くなりつつあって・・・
いきなりすぎて、ちょっとガクっとなっちゃいました。(汗)
そしてやっぱり・・・設楽の演技は受け付けないわ・・・・(滝汗)



  ◇ 第話 ◇   「3課の流儀…“死体が余計だ”解決編!」      2013 .04.22.          

原作読んでるんでね・・・
全部わかっちゃってたんで・・・
そうなのよね・・・って思いながら見てた・・・だけ・・って感じ?

まぁ、次回からはオリジナルネタになっていくわけで、
純粋に楽しめるかどうか・・・ですね。

それにしても・・・
「確証がないんで・・・」
「確証が・・・」
連呼しすぎ。(滝汗)
もう、ネタ化してきてる。
やりすぎ注意報ですぞ!



  ◇ 第話 ◇   「警察ミステリー最高峰!死体が余計だ」      2013 .04.15.            

原作は既読です。
「警察ミステリーの最高峰」と謳ってる今作。
・・・それは言い過ぎじゃね?って気もしなくはないが・・・・
この小説は、短編ではなく長編です。
つまり、一つの物語なのです。
なので・・・一話完結のお話ではないということ・・・
この事件・・・10話以上に引き延ばすのか・・・?
それはいくらなんでも無理があるので、
オリジナルの事件とかでつないでいくんだろうね・・・。

新人とベテラン刑事の相棒モノですが・・
ベテランさんがとても優しく、昔ながらの「ガンコ無口刑事」ではないのが好感触。(笑)
ハギさんに物おじせずについていく秋穂も可愛い。
今回の榮倉奈々ちゃんの髪型、いいですね!
この相棒は初回にしていい感じでございます。

さて、事件は・・・
強盗事件のあと、午前午後の違いはあれど、同じ2時に窃盗事件が起こる・・・
この二つの事件に関連があるのか・・・?
捜査三課のハギさんは、確証はなくても、何か感じるものがあり、調べていく・・・ってわけだ。
そして、第三の事件・・・強盗殺人事件が起こる・・・
この事件の真相は・・・
次回で解決するかな?
もっともっと引っ張るかな・・・?
この事件が終わってみないと、評価しづらいな・・・・(汗)

それにしても・・・なんで設楽・・・・?
一人だけめっちゃ浮いてるやん?
もっと上手な人、いるだろうに・・・。(汗)




★ STORY ★ 高橋克実×榮倉奈々の新刑事コンビが誕生!盗犯専門刑事VS窃盗犯 プロVSプロの頭脳戦。今野敏作原作で本格刑事ドラマの新たな歴史が幕を開ける!!
★ 期待度 ★ カッツミーは好きなので、ちょっと楽しみだけど・・・。