斉藤さん2
 土曜9時〜    日本テレビ       
 脚本:土田英生     演出:久保田充ほか     P:太平太ほか
 主題歌・・・ 「季節の風に」  浦江アキコ
前作DVD-BOX
斉藤さん DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
斉藤全子 観月ありさ 主婦 南アフリカから帰国したばかり
山内摩耶 桐谷美玲 主婦 拓海の母
山内弘高 田辺誠一 摩耶の夫
小杉大造 瀬戸康史 4年3組の担任
大庭麻衣 猫背椿 4年3組の保護者
播磨大三郎 音尾琢真 4年3組の保護者
山内拓海 橋本涼 摩耶の息子
斉藤潤一 谷端奏人 全子の息子
教頭 きたろう 教頭
立花知佐子 酒井若菜 4年3組の保護者
岩田巡査 勝村政信 警官
玉井眞美 南果歩 4年3組の保護者
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「斉藤さん最後の敵は子供達!正義の衝突」    最終回   2013 .09.21.     

三連休ですやん?
解放的になりますやん?
で・・・夫婦でお酒を飲んで、めちゃイケ見て爆笑して、
結構な酔いの状態で、「ながら見」しちゃったわけです、最終回。
・・・なので、あんまり書くこと、ない。(汗)
もう一度見直すほどでもないし・・・
ってことで、テキトーに参ります。

最後は斉藤さんが説教くらってました。
しかも、子供に!
いやぁ・・・そんなオチとはねぇ・・・

・・・そんくらいです、ごめんちゃい。

今期は「復活モノ」が多かったですけど・・・
どれもこれもグダグダでして・・
これもその一つ・・・かな?って感じですな。



  ◇  ◇   「決着玉井!立つ斉藤!街が一つになる日」       2013 .09.14.     

玉井さんが素直になった・・・
で、ようやくみんな一つに・・・という回。
でも、最後のあの100人の斉藤コールは・・・
うーん・・・・ドン引き。
あそこは知り合いだけでいいんじゃない?
全然知らない人まで入ってきて、「この町の斉藤さんが変えたんだ」とか言われても、
そこまでか?って言いたくなるし。
やりすぎっす。(汗)

さて、ラスボス玉井さんが陥落して、最終回は何をやるのかね?と思ってたら、
子どもたちの反乱らしい。
自分たちの思うことを作文にして、二分の一成人式で発表する・・・ってことらしいけど、
書き直しを命じられた子供たちが「このままでは大人のための式になっちゃう」と立てこもるらしい。

違うっしょ。
ここは、「想ったことを率直に書けばいいってもんじゃない」ってのを教えるべきでしょ。
太った人に「デブ」と言ったり、歯並びが悪い人に「出っ歯!」って言ったり、
相手が傷ついたり、快く思わないことを素直にぶつけることは、
思いやりに欠ける・・てことを、教師として教えるべきっしょ。
どうして書き直しをしないといけないのか、ちゃんと指導すべきでしょ。
しないからこんな面倒なことになるんだよ。
これは、小杉先生が悪いです。

しかし・・・最近の学園ドラマは、なんかありゃ「たてこもる」。
それしかないんか?

飽きてますよ、正直・・・(汗)



  ◇  ◇   「斉藤襲う黒い噂!?この街1番の悪の正体」       2013 .09.07.     

玉井が緊急保護者会をまた開くと言いだし・・・
一体何を言い出すかと思ったら・・・
いままでのことを謝りたい・・・と土下座してきやがった。

・・・・は?
自分がしてきたことを詫びるために、緊急保護者会を開いただ?
何やってんだ、このBBA!
とムカついていたら・・
斉藤さんが言ってくれた。(笑)
なのに、他の保護者・・・・玉井の味方になって斉藤さんを責め始めた!
こんなに謝ってるのに、ひどくないっすか?だと。
・・・はぁ・・・コイツらの相手してるとこっちがおかしくなりそうだね。(呆)

その原因は、斉藤さんを誹謗中傷するビラが出回ってるせいで・・
それを鵜呑みにしたヤツらが斉藤さんから玉井に戻っていった・・・ってわけよ。
そんな風にあっちいったりこっちいったりするヤツは、相手にしないに限るよね!!
しかし、誰がこんなビラを・・・ってんで、摩耶たちが調べ、
玉井の仕業だ・・・ってことがわかりました。

となると、手のひらを返したように玉井を責め始める面々・・・
はぁ・・・反吐が出るよ、コイツら。
子どもより悪いわ!
こんな親に育てられて、今のところ歪んでない子供たちのこの先を案じたくなるわ。(汗)

そこへ斉藤さんがやってきて・・
ガツン!と言ってくれました。
そんなことより、子供をちゃんと見ろ!!ということもね・・・。
ほんと、みんな関心を置くべくとこ、間違ってるもんね!

そしてまた孤立するだろう玉井・・・
夫と離婚・・・となれば、あの豪邸に住み続けるのも難しいだろうし、
出ていくことになる・・のかな?
マサヤ父・安西とのもめ事も続いてそうだし・・
いよいよ玉井までも斉藤さんが救う!の回・・・になるかな?

しかし・・・親たちがアホすぎて、呆れ気分がマンマンだわ・・・。(滝汗)



  ◇  ◇   「新米母の嘆き 隠し続けた最後のSOS」       2013 .08.31.     

こういう話だよ、斉藤さんは!っていう話でしたね。
ようやくモヤモヤがとれたな・・。(笑)


玉井の姪だと発覚したヤンキー・冴。
若くして出産後、忙しい旦那、学校へ通えなくなったため一緒に遊べない友達・・と、
孤独と不安の毎日です。
唯一の頼りの伯母・玉井も、冴のことを黙っていたせいでハブられはじめ、悩み中・・・

もうね、冴が追い込まれていく様が見てられなかったよ。(涙)
若いから・・・とか、そんなの関係なく、世の新米ママたちならきっと誰しもが陥るであろう状況に、
見てるこっちも苦しくなってきちゃいました・・・

相談室にやってきた冴。
ボランティアで斉藤さんたちがいるはずだったのに・・・
偏見でしか人を見れないヤツらにあたっちゃって・・・
さらに追い込まれていって・・・
だけど、斉藤さんはそんな偏見やルールをぶち破って、冴を助けてくれました。
スッキリしたし、心からよかった・・・って思えた。
だからこそ、冴は斉藤さんみたいになりたい・・って言ったんだね。

いいお話でした・・・。

で、姪っ子や息子までも離れていってる玉井。
どうやら、夫には離婚届をつきつけられてるみたいで・・・
そんな玉井をも斉藤さんは救う・・っていう流れかな?



  ◇  ◇   「イジメ編完結。息子の涙。斉藤VS玉井」       2013 .08.17.     

摩耶・・・息子が潤一くんと遊んでないって気づいてるんやん・・・
ちょっと浮いてるみたいね、潤一くん・・・で済ましちゃうんだ。
ふーん・・・
で?夫と息子の会話で、息子もイジメに加担していたと知ってひょーっ!と驚いたらしい・・・
うーん・・
全く知らなかったっていうほうが納得いく展開だったなぁ・・・(汗)


親は手も口も出さず、子どもたちに任せる・・・という斉藤さん。
しかし、あそこまでエスカレートした状況で、黙っておられんなぁ・・・・(汗)
下手すると、本当にヤバイ怪我になっちゃいそうだったよ・・・?

結果、自分で転んで腰を痛め、母親にはウソついて潤一くんを悪者にした玉井息子=大和。
で、学校に文句を言いに行くも・・・
さすがにね、こりゃ黙っておられませんよ、斉藤さん。
斉藤さん一人だと埒が明かない感じだったけど、
たくさんの目撃者たちの証言で、ざまぁみろ!な展開に・・・
親を見てるんだよね、子供は。
あんな親、子供が可哀想だよ、ほんと・・・。


斉藤さんは、自分たちがいがみあうことで、子供たちに悪影響を与えている・・・と気づき、
玉井と表面的な和解を・・・を申し出る。
・・・なんか、それもどうかと思うんだけどね。(汗)
で、玉井グループと斉藤グループ共同の、バーベキューパーティを・・ってことになるんだけど・・・

えぇ〜!
お教室の場で、キャンプ風のセッティング???
キャンプの場に、セレブなシェフを派遣してくれたほうが、絶対いいんですけど!!

逆じゃない??
あんなとこで煙モクモクのバーベキューとか・・・ありえん!!
「キャンプ、行きませんか?」って誘われた他人たち、きっとガッカリしてるぞ!!(笑)

ヤンキー妊婦が出産。
ヤンキーたちが玉井さんに「子供が生まれたよ!」と報告したことで、
玉井とヤンキーの関係が明らかになるらしい・・・
・・・これがどう発展していくのやら・・・



  ◇  ◇   「イジメにあった斉藤の息子…母親の決断」       2013 .08.10.     

「1」とは違って小学校時代を描くんだもん、
こういう話になるよねぇ・・・

しかし、正しいことをして、イジメられちゃうなんて・・・
ほんと、今の時代の子は可哀想だ。
私たちの時代なんて、ほんとイジメなんて珍しかったもんなぁ・・・
こうなると、何も言わず、何もせず、我関せずでいなさい・・・って子どもに教えたくなっちゃうよね。
間違ってるけどさ・・・。(汗)

とはいえ、さすが斉藤さんの息子・潤一くん、
空気が読めません。(汗)

あの場合、確かに大和くんが悪いんだけど、
あーいう言い方だと、チクリと捉えられても仕方ないかなぁ・・と。
んでもって、孤立しちゃうんだけど、
ここは大人の斉藤さんではないから、「別に私は気にしない!」なんてわけにはいかん。
一人、苦しんでおりました・・

そのことに気づいた斉藤さん。
でも、今は静観すると決めたみたい。
・・・結構追い詰められてると思うけどなぁ・・・(汗)
んでもって、自分の息子もイジメに加担してるとは知らない摩耶の、無神経っぷり。(汗)
ひょーひょー言ってないで、自分の子を見ろ?

最近潤一君と遊んでないってことにも気が付かないの?

だいたいさ、27歳設定だったの、摩耶って?
息子は10歳よね?
つまり、16歳で身ごもったのか?
弘高さん、なんつーことを・・・(滝汗)

さて、今回だけでは終わらず、次回へ持ち越しの様子・・・・
それより驚いたのは、あのヤンキー妊婦、
玉井さんの姪ってこと??
いきなりの設定だね!
あんな目の敵にしていた集団の中に姪がいたわけ?
なんか、ビックリっつーっか、なんつーか・・・・(汗)



  ◇  ◇   「子供の本心見抜けてる?流れた最後の涙」       2013 .08.03.     

今回は今までよりもずいぶんと見やすく、「斉藤さん」らしい話だったね。
今までと比べると、面白かったと思いますが・・・。

子どもの気持ちを考えず、自分の思いを押し付ける母・・・の話でした。
その話はなかなかいい感じだったんだけど・・・
あの、プールの清掃を「ワシらがやるんじゃい!!」と文句をつけてきたマサヤくんの親父・・・
その後出てこなかったけど、話はついたんだっけ・・?
中途半端な気がしちゃいました。(汗)

それにしても・・・
「おしゃれファーブル」ちゃんとはいえ・・・
「ヤゴ」って。(汗)
可愛くないやーん!!

もっと可愛い昆虫のほうがいいよ・・・
クワガタとか、カブトムシとか・・・
ヤゴって・・・(笑)

ヤンキーたちもすっかり斉藤さんになついちゃってますが、
妊婦の子だけは何か今後ありそうですな。



  ◇  ◇   「襲われた子供達!!若者変える大人の正義」       2013 .07.27.     

最後はちゃんと斉藤さんがビシ!と決めてはいるんだけど・・・
イマイチ、やっぱり斉藤さんの影が薄いよねぇ・・・(汗)


前作も、ミムラ演じる真野が奮闘して、斉藤さんが最後に〆るっていう展開はあったけど、
今作よりももうちょっと面白かった気がするんだよね。
そういう斉藤さんに惚れてしまう気持ち、わかるなぁ・・・って思えたし。
だけど、今作はそうでもないんだよね。
ちょっと正義感の強い孤高の人・・・って感じで。(汗)

それと、「斉藤さん」が正しい・・ってのを表現するためか、
ほかの大人たちのひどさが際立ちすぎよね。(汗)

そのせいで、斉藤さんの影が薄くなってるのかも。(滝汗)
見てて、かなり不愉快だもん。

ってことで・・・
いつしか、フェードアウトしちゃうかもしれません・・・、(汗)



  ◇  ◇   「不良の友達は排除!?救え!稲作の大乱闘」       2013 .07.20.     

斉藤さん・・・なんか、弱くない??
昔はもっとグイグイきてた気がするんだけど?

これじゃ、あんまり「斉藤さん」っぽくない気がしたなぁ・・・・。
痛快なとこがないと、つまらないです・・・。

磨沙夜って名前・・・
すご稲前だね。(汗)
そこがすごいインパクトだった!(笑)

悪い親に育てられてるからって、悪い子とは限らないけど・・・
まず、あの感じだったら、自分の子を近づけたくないのは理解できちゃうかも。(汗)
まぁ、玉井さんはちょっと行き過ぎだけどね・・・。

摩耶は、斉藤さんに心動かされつつも、やっぱり距離を置こうとしてたんだけど、
今回でとうとう斉藤さんにハマっちゃった感じ?
この流れは、ほぼ1シリーズと同じですな・・・。



  ◇  ◇   「正義の迷惑ヒロイン!新たな街で大暴れ」    初回69分SP   2013 .07.13.     

やっぱり、どうしても、設定と役者を変えただけで、
話は前作とたいして変わりはない・・・って印象よね。
意識してなぞって作ってるのか?って思うくらい・・・。

保護者の中で仕切ってる人がいる、
それに振り回されている人がいる、
若い不良が絡んでくる、
斉藤さん、最初は孤立するもそのうち・・って感じでしょ?
ほぼほぼ一緒やん。(汗)
うーん・・・・
これでいいのかなぁ・・・・
ネタも、どうしても目新しいものはなさそうだしなぁ・・・

それにしても、桐谷美玲に小学4年生の母親ってのは無理があるよね?
23歳でしょ?
いくつで子供を産んだんだって話よ!
19歳で産んだ・・・っていう設定らしいから、29歳くらい?
「私、若いから・・」って連発してたけど、
あんまりいうと、オバサマたちの癇に障ると思うんだが。(汗)
もうちょっと、リアルにアラサーの女優さんをもってくりゃいいのに、
なんでこんな無茶なキャスティングにしたんだろ?

わからん・・・(汗)

いろいろとむずむずとした感じの初回でしたよねぇ・・・
不安、的中・・・かな?





★ STORY ★ 08年1月に放送された第1弾の続編。今回は別の街に引っ越した斉藤さんが、小学4年になった息子のクラスの保護者や教師たちと、本音でぶつかる姿が描かれるく。
★ 期待度 ★ 前作は面白かったけど、ネタがかぶるんじゃないかって不安もアリ・・・