山田くんと7人の魔女
 土曜11:10〜   フジテレビ       
 脚本:小川真     演出:星護ほか     P:清水一幸ほか
 主題歌・・・ 「タイムマシンなんていらない」 
原作
山田くんと7人の魔女(1) (少年マガジンコミックス)
◆ 出演者 ◆
白石うらら 西内まりや 高校2年生 学校一の優等生
山田竜 山本裕典 高校2年生 学校一の問題児
伊藤雅 トリンドル玲奈 高校2年生 超常現象オタク
宮村虎之介 井出卓也 高校2年生 生徒会 副会長
小田切寧々 大野いと 高校2年生 生徒会 副会長
五十嵐潮 間宮祥太朗 高校2年生 山田の幼馴染
大塚芽子 美山加恋 高校2年生
滝川ノア 松井愛莉 高校1年生
猿島マリア 小島藤子 高校2年生
猪瀬潤 永江祐貴 高校2年生 生徒会 書記
飛鳥美琴 小林涼子 高校3年生 生徒会長 秘書
山崎春馬 徳山秀典 高校3年生 生徒会 会長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「魔女封印」    最終回    2013 .09.28.                  

なんか・・・・よかったような、よくわからんような・・・
そんな最終回。

魔女全員が「願いがかなえられる」という儀式に出てくれることになり、
さぁ、「魔女の力を封印しよう!」って思ってたら、
なんと、リカが「すーすーして寒い、パンツ履いてくればよかった・・」とつぶやき、
その願いがかなえられ、パンツがふってくる・・・という、
どっかで見たオチ。
・・・そう、ドラゴンボールやんか!!ウーロンやんか!!!(笑)

時代やなぁ・・・懐かしいのぉ・・・と感傷に浸るあたい。

で、魔女封印はかなわず・・・
こうなりゃ、山田が会長とキスをして魔女殺しをコピーすれば・・という
予測通りの展開となり、
でも、リカとキスをすると、記憶を失っちゃう・・・という切ないモードへ・・・

「絶対思い出させる!!」とうららたちは言い、
山田は魔女封印のキスをしまくって・・記憶を失う・・・・と。
でも、あれは・・・頭をぶつけて記憶が戻った・・とかですか?
で、おかえり・・・・とうららとキスをしておったのだが・・・

魔女殺しの能力をコピーしたままの山田の能力は消えてないよね?
なので、うららとキスをしたら、うららの能力は復活するんじゃないのん?
そこは、どうなってるのん・・・?
感動な感じで締めくくられましたけど、いいのん??
よくわからんのじゃが?

ま、別につきつめなくてもいいや!(笑)

なんとなーく、楽しめたような気もするが・・・
腑に落ちないとこもあるため・・・
もやもやーん・・・・な感じです。





  ◇  ◇   「キオクソウサ」      2013 .09.21.                      

7人目の魔女は・・・川村ゆきえ演じる西園寺リカ。
能力は、記憶操作・・・。
・・・
・・・・・
オバチャンやないかっ!!(汗)
ピチピチギャル(古っ!)ばっかだったのに・・・いきなり年増やないかっ!

驚くわ、ガッカリだわ・・・で、しばらく茫然よ・・。(滝汗)

でも、見ているうちに、キャラの濃さのおかげで気にならなくなってきた。(笑)
宮村の姉ちゃんは、魔女伝説に興味があって、友達のリカとともに調べてて、
「どっちか魔女だったりして?」って興味本位でキスしてみたら、リカには記憶操作の能力があって、
宮村姉は、記憶を失い、その後引きこもりに・・・
宮村は、姉のためにも魔女伝説の謎を解明したく、生徒会長になる!って決めてたらしい。

さて、次回は最終回。
山田たちのところに「下巻」を持ってきてくれたのは・・・飛鳥先輩っすよね?
最後はどんな風になるんでしょうか。



  ◇  ◇   「トウメイ人間」      2013 .09.14.                      

完全に生徒会長の「都合のいい女」・・・いや、「便利な部下」な飛鳥先輩。
でも、山田に言われて、ようやう気づいたみたいね・・・
生徒会長の目論見は、生徒会長には扱いづらい山田のせいで崩れていくかも・・・?ですな。

さて、飛鳥先輩の能力は、透明人間になる・・・ってことらしい。
キスした相手には見えなくなる・・ってこと。
どうやら、「いつも”好奇な目線”に耐えられな」かったらしい。
・・・うむむ、ただのモテ自慢だよね。(汗)
うららちゃんまで・・・
モテる子って、大変ねぇ・・・・(冷ややかな目(笑))

この人を味方につけたいんだけど・・・
まだ生徒会長寄りだよねぇ・・・
どうしたもんか・・・。
あ、そういえは、魔女殺しの能力を持ってるのは生徒会長らしい。
ってことは、山田が会長とキスして、その後魔女たちとキスをすれば、
能力を消せるのでは・・・?
でも、再びキスをすると復活させちゃうみたいなんで・・
うららとは二度とキスできなくなっちゃうな・・・(涙)



  ◇  ◇   「ミライトウシ」      2013 .09.07.                      

キス・・・・しすぎ。
っていうか、男同士のキスが多くて、気持ち悪っ!(汗)

キスすると相手の未来が見える・・・か。
他の魔女の子もそうだけど、好きな人とキスして、
その能力が発動しちゃうわけだから・・・可哀想だね。
でも、能力を消せる「魔女殺し」なる能力の持ち主がいるらしい。
消せるもんなら、消してもらえばいいじゃんね。

このドラマって・・・見てる人間のコンディションによって捉え方が違ってくるかも・・。
比較的疲れ切ってる今、このテンションを見せつけられると、
はぁ・・・ってさらに疲れる。(汗)
元気なときに見るべきだね。
うん、元気をくれるドラマ・・・ではないんだな。(汗)



  ◇  ◇   「トラウマ」      2013 .08.31.                      

うーん・・・
「トラウマ」ねぇ・・・
今回の能力は、イマイチ・・・だったね。
使いようがあんまりないやん?(汗)

あんな風に「私の苦しみをわかってくれたから・・」って思ってくれる人もいれば、
何を勝手に人の弱みをのぞき込んでるのよ!って怒る人もいそうだし?
私はあんまり、こういう人とは関わりたくないな・・・と。(汗)
読むだけではなく、解消してあげる能力まで持ってるなら、
話は別なんだけどね・・・。

山田と五十嵐の過去の話・・・
なるほどね・・・・と、それだけだな、感想は。(汗)



  ◇  ◇   「テレパシー」      2013 .08.24.                      

ノア役の松井愛莉って子、ゼクシィのCMの子だ!
可愛いのぉ・・・
次回は萌え回だな。(笑)

さて、今回はテレパシーの能力を持つ魔女・芽子の話。
テレパシーで通じてるから、声に出してない演技・・・っての、
長く続けるの、大変そうだったね!
どうしても顔芸になっちゃうけどね・・・(笑)

テレパシーなんて、めっちゃ便利やん!な能力だけど、
最後はちゃんと言葉にして向き合って・・・が大切!っていうオチでした。
しかし・・・
ポメラニアンの柴犬カット・・・
我が実家の犬も、ポメで夏は柴犬カットされてる・・・・
ラッキー(愛犬の名)よ、お前もイヤなのかい、柴犬カット・・・?(笑)

ドッタバタしてるけど、私は結構好きです、このドラマ。



  ◇  ◇   「トリコ」      2013 .08.17.                      

面白いんだけど・・・・
面倒くさーっ!!
脳みそのシワが極端に少ない山田くんほどじゃないにしても、
あーっ!!って言いたくなるね、このグチャグチャな感じ!(笑)


とりあえずまとめると・・・
うららには入れ替わりの能力が、
寧々には相手を虜にする能力があり、
山田には、それをコピーする能力があって、上書きされると、前の能力は消える・・・ってわけだ。
なんか・・・「HEROES」ってアメリカ映画で、そんな能力を持ってたな・・・なんて思ったりした。

しかし、トリンドルは持ってないんだね。
キャストに7人の女子がいるから、てっきりトリンドルも魔女だと思ったのに・・・

キスしても能力の上書きはされなかったし・・・
何かキッカケがあって発動する能力を持ってる・・・とかか?

次回はテレパシー・・・・
残りの能力は何なんだろ?
そして、7人の魔女が集まったら絶大な何が起こるんだろ?
楽しみでやんす。

ただ・・・あの生徒会室でのシーン・・・
画面が揺れすぎてて酔います。
あーいう演出はやめてほしいな・・・。(汗)



  ◇  ◇   「イレカワリ」      2013 .08.10.                      

原作は未読なんで、何の知識もいれずに見てみました。
・・・・面白かったよ?

かなりのスピードで入れ替わり、
かなりのスピードで元に戻り、
かなりのスピードでバレて・・・
あらら・・・っていう展開でしたけどね。(笑)

誰とキスをしても入れ変わる山田・・・
つまり、山田に「入れ替わり」の能力があるんすか?
でも、この学校に伝わる「7人の魔女伝説」・・ってことは、女の子の側に能力がありそうなんだけど・・
うららには何の能力もないんかね?
ま、おいおい明かされていくでしょう・・・
気楽に見られて、楽しめましたよ!
西内まりやちゃん、大変よく頑張ってました!(褒)

しかし・・・徳山秀典さん・・・高校生役って・・・
どんだけチャレンジャー・・・(笑)
一人浮きまくりなんですけどね・・・(汗)




★ STORY ★ キスで特殊能力が発動する7人の魔女たちと、学校一の問題児・山田が織りなす、学園青春ラブキスコメディ。
★ 期待度 ★ どの程度の「ラブキスコメディ」なのか・・・によるな。(汗)