相棒 12
 水曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本・・・興水泰弘ほか   演出・・・・和泉聖治ほか   P・・・松本基弘ほか
前作DVD-BOX
相棒 season 11 DVD-BOX I (6枚組)
◆ 出演者 ◆
片山右京 水谷豊 特命係 警部
甲斐享 成宮寛貴 特命係 新人
月本幸子 鈴木杏樹 小料理屋女将
笛吹悦子 真飛聖 甲斐の恋人
米沢守 六角精児 鑑識課
角田六郎 山西惇 組織犯罪対策5課長
伊丹憲一 川原和久 捜査一課 巡査部長
三浦信輔 大谷亮介 捜査一課 警部補
芹沢慶二 山中崇史 捜査一課 巡査
甲斐峯秋 石坂浩二 警察庁次長 享の父
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「プロテクト〜甲斐享撃たれる!亡き小野田官房長が極秘に進めた計画とは!?」
                                最終回129分SP    2014.03.19.      
第19話ゲスト・・・ 御影康次郎(中村嘉葎雄)   瀬戸内米蔵(津川雅彦)    御影真一(阿部進之介)

見ごたえのある最終回でしたね。
大仰なテロだの爆発事件だの・・・っていう、
最近よくある「相棒2時間SP」じゃないだけでも、嬉しかったです。(笑)


亡き小野田官房長、収監中の瀬戸内・・と懐かしい面々で、
嬉しいやら、切ないやら・・・・でございました。

それにしても・・・すごい話でしたねぇ・・・
証人保護プログラム、日本でも法的に認めりゃいいのにね。
ま、いろいろと難しいんだろうけど・・・

最後まで右京さんが「生きてるんでしょ?名前は?」ってしつこかったので、
いいやん、もう放っておいてあげなはれや・・・って思っちゃった。(汗)

それと、「智三の代役」だったカイトくん・・・・
真一に撃たれる覚悟だったようですが・・・・
あれ、頭撃たれてたら、どうするつもりだったわけかね?
あの角度だと、頭を撃つぞ!ってヒヤヒヤしちゃったんだけど!!
いやぁ・・・怖い、怖い・・・

映画を挟んで、また秋に戻ってくる・・・のかな?
ちょっと停滞気味の「相棒」・・
どうなりますやら・・・ですね。



脚本:輿水泰弘   監督:和泉聖治

  ◇ 第話 ◇   「待ちぼうけ」    2014.03.12.                        
第18話ゲスト・・・ 友部巧(太川陽介)   伊沢雪美(芳本美代子)   

おぉ、今回は面白そうだ!・・・面白いじゃん!って思ってたら・・・・
やっぱり古沢さんだった!
どーりで・・・
イタミンの右京化なんて、面白かったもん!(笑)
最後の悲哀もね・・・(爆)


二人が別行動・・・しかし、実はつながっていた・・・という流れ。
なるほど・・・・そういうことか!て思ったね!
だってさ、彼女の居ぬ間にナンパ・・・なんて、マジだったら許されないもん、カイトくん!(笑)

古沢さんの脚本はたいていはずさないので、
もうちょっと出番を増やしてほしいなぁ・・・

それにしても、出演者が懐かしすぎましたね・・・(笑)
私たちの年代からすると、ウキウキする布陣だったね。


脚本:古沢良太   監督:近藤俊明

  ◇ 第話 ◇   「ヒーロー」    2014.03.05.                          
第17話ゲスト・・・ 杉本竜也(岸田タツヤ)   里見麗子(松尾れい子)   

うーん・・・
無理矢理だったかなぁ・・・
あの目撃証言の時点でおかしいっしょ。(汗)

なんだかなぁ・・・・


脚本:金井寛   監督:田村孝蔵

  ◇ 第話 ◇   「聞きすぎた男」    2014.02.19.                       
第16話ゲスト・・・ 小曽根直哉 (山崎樹範)   鍵谷里枝 (嘉門洋子)   

ヤマシゲさんは・・・いいキャラですなーっ!
今後も何かしらで出てきてくれるといいな♪


あんな風に「解剖すると見つかっちゃう」と言われたら、
そりゃ、何かが埋め込まれてるか・・・と考えちゃう気持ちはわかるけど、
死体を手に入れてアンタに何ができるんだっつの。(汗)
後先考えずに・・・危険なヤツだ。

オチとしては、「覚せい剤が見つかる」ってことだったらしく、
ま、角田さんがその話でからんできてたので、
そーなるかなぁ・・・とは思ったけど・・・

でも、面白かったですよ、久しぶりに。
楽しめました。



脚本:戸田山雅司   監督:和泉聖治

  ◇ 第話 ◇   「見知らぬ共犯者」    2014.02.12.                     
第15話ゲスト・・・ 有村 (天野浩成)   大倉 (中山仁)   

無理があるっしょ・・・・といろいろと思った。(汗)
最初からちゃんと調べれば、ウソは見抜けたでしょうに・・・?
ほんと、特命係以外は使いもんにならんな。(汗)



脚本:山本むつみ   監督:和泉聖治

  ◇ 第話 ◇   「顔」    2014.02.05.                             
第14話ゲスト・・・ 上野拓馬 (笠原秀幸)   児玉則彦 (山口翔悟)    炭谷善也(遠山俊也) 

いろいろとこねくりまわしてますが・・・・
なるほどね・・・と思う部分もあれば、
いやいや、ありえないっしょ・・・って思う部分もあり・・
だけど、概ね楽しめたのでよしとしようかな・・・?

一番ひっかかったのは、担当者と上司の顔で開くセキュリティ。
もし同時に二人に何かあったら、開かんやん。
そういうときのために緊急避難的なオープンの仕方があるはずだよね?
そうでないと、開かずの扉になってしまいますしーっ!!
ちょっと無理があったよね、そこ・・・(笑)


脚本:真部千晶   監督:橋本 一

  ◇ 第話 ◇   「右京さんの友達」   2014.01.22.                        
第13話ゲスト・・・ 毒島(尾美としのり)  

なんか、すごく変わった回というk・・・
ほほぉ・・・・こういう話、珍しいかな・・・?と思ったら・・
お初の脚本家さんですかね?
私は面白く観ましたよ。

紅茶でつながったお友達・・・・ってのが微笑ましい・・と思いつつ、
そんな、お友達の犯罪を暴かなきゃいけないとは、切ない・・・と思いつつ、
最後はカイトくんの「右京さんのお友達です」で、ちょっと救われたというか・・・

テレ朝さんは、「毒島」っていう苗字、好きですねぇ・・・
かなり珍しい苗字のはずなのに、なんだか親しみを感じてしまうんだけど・・・。(笑)



脚本:真野勝成   監督:橋本一

  ◇ 第話 ◇   「崖っぷちの女」   2014.01.15.                        
第12話ゲスト・・・ 中井雪絵(小島聖)  

まぁ、ちょっと変わった趣向で・・・って感じ?
最後に「腹黒女だった」・・・ってオチまでついてくるとは思わなかったよ。
カイトもなかなか洞察力がついてきたようで・・・?
「はいぃ〜?」という返しも、すっかり右京さん風だしね。(笑)

・・・以上!(笑)


脚本:金井寛    監督:近藤一彦

  ◇ 第話 ◇   「デイドリーム」   2014.01.08.                         
第11話ゲスト・・・ 西牟田叶絵(雛形あきこ)    陣川(原田龍二)   

毎シリーズ確実に出てくる陣川くんの回でした。
相変わらずのお人よしで、利用されちゃってましたね・・・
そして今回はカイトくんが怪我しちゃって別行動という・・・
ちょっと変わった回でした。

しかし・・・よくもまぁ、あそこまでたどり着くよね、右京さん。
ほぼ一人の推理劇でした。
相手に復讐するために自ら死ぬ・・・なんて、
んなことまで推理できちゃうんだもん、すごいっす。

でもなぁ・・・なんか、変な話だったね。
動機も不倫がらみだし・・・
今回も、どうつもこいつも・・・って話でした。
はぁ・・・・



脚本:高橋悠也   監督:安養寺工

  ◇ 第話 ◇   「ボマー」   元日SP   2014.01.01.                  
第10話ゲスト・・・ 桂木重吾 (宇崎竜童)   北村悠馬 (大和田健介)    正木新公安部長 (中村橋之助)  

まぁ・・・・最初から怪しかったですからね、正木さん。(笑)
ってことは、警察内部に・・・ってことで、あとはどう騙していくか・・・ってわけで・・・

正月SPらしく、テロだの、爆発だの・・・で、
脚本の太田さんらしく、社会の弱者とか闇・・・とかのオチで・・・
まとまりましたね・・・・なSPでございました。

なんだかなぁ・・・・
昔みたいに、「相棒の元日SPだ!!」ってワクワクがないんだよなぁ・・
マンネリ化してるんだろうね。


脚本:太田愛    監督:和泉聖治

  ◇ 第話 ◇   「かもめが死んだ日」   2013.12.11.                      
第9話ゲスト・・・ 小鹿・小西皆子(三津谷葉子)    酒田鉄平(高橋洋)   源(外波山文明)   夢路(入来茉里) 

はじまりは、カイトが幼馴染の死を知って遅刻してくる・・・・ってことで・・・
まぁ、「みなこ」を「皆子」と書くのは珍しいかもしれんから、それで気づいたのかもしれんけど・・・
どんだけ思い入れがあるんだって感じ。(汗)
あたしゃ、絶対に気づかないだろうなぁ・・・

で、殺されちゃったってんで、気になって調べたら、
自分が知ってる彼女とは違う・・ってんで、新潟まで勝手に・・・
これ、出張費として申請してないでしょうね?(笑)
右京さんも気になって調べはじめ・・・

最後はなんか、どいつもこいつも・・・なオチでした。(汗)
皆子って女が最悪でさぁ・・・・
酒田って男がアホでよぉ・・・
ったく・・・

なのに、カイトくんったら、酒田に同情・・・?
その必要はないっす。

あ、個人的には、夢路ちゃんが可愛かったなーっ!ってのが一番印象に残ってます。(笑)



脚本:輿水泰弘   監督:橋本一

  ◇ 第話 ◇   「最後の淑女」   2013.12.04.                        
第8話ゲスト・・・ 江花須磨子(岩下志麻)    矢嶋小百合(大谷英子) 

岩下志麻さん・・・最後まで女優ライトがあたりまくってましたね。(笑)
違和感がハンパなかったっす。(滝汗)

55周年記念番組だからですかね、豪華な犯人でしたが・・・
うーん・・・イマイチ。(笑)
ただ、ホトトギスも托卵すんのか・・・と初めて知りました。
カッコウと同じ種目なんだね・・・
ったく、托卵する鳥は嫌いなんだよね!
勝手に産み付けるだけならいいけど、そこにある卵を一個捨てて、代わりに・・・なんでしょ?
ひでぇヤツらだ!

おっと、感想が変な方向に…。(笑)
まぁ…それ以外、書くことはあんまりない・・ってことだな。
あ、カイトパパが、なんかどんどんいい人になってきてるのも違和感・・・かも。(笑)


脚本:戸田山雅司   監督:橋本一

  ◇ 第話 ◇   「目撃証言」   2013.11.27.                        
第7話ゲスト・・・ 佐野(小松和重)    美久(菅野莉央)   片山(井田國彦)  

あぁ・・・久しぶりに右京さんの洞察力を見た気がした。
「その場所の新参者」てのに気づいて、全部ムショ帰りなのでは・・・?って結びつけたわけじゃん?
なるほどーっ!って思っちゃったもん。
で・・結局、殺したのは佐野さんだった・・・っていうオチで・・・
あぁ・・今度はほんとに人を死なせてしまったんだねぇ・・・
また刑務所だぜい・・・。(涙)

んでもって、久しぶりに捜一に邪険にされちゃう特命・・ってのも見られましたね。
「相棒」らしい作りになった回だったと思います。



脚本:飯田武    監督:東伸児

  ◇ 第話 ◇   「右京の腕時計」   2013.11.20.                     
第6話ゲスト・・・ 津田 (篠田三郎)  

かなり早い段階で、津田が怪しい・・・と匂わせ、
かなり早い段階で、殺害トリックに気づく右京たち・・・ってことで、
おいおい、早めにいろいろわかりすぎだろ・・・?と思って見てました。
ただ、どうして津田さんが藤井社長を殺したのか・・・?てのがわからなかったんだけど、
なるほど、妻の死の復讐か・・・・

それでもさ、藤井が殺したって気づいてからがバタバタだっただろうね。(汗)
策を考えたり、時計を狂わせたり・・・
よく上手くいったもんだ・・。
だって、時計を狂わせてたとしても、現地到着まで、いろんな時計が目に入る可能性があるわけで・・

だって、4時前に絶対に帰らなくちゃいけないんだもん、
時間を気にしまくってたはずだよ・・・?
ちょーっと、納得いかんけど・・・
ま、いっか!(笑)


脚本:徳永富彦 監督:近藤俊明

  ◇ 第話 ◇   「エントリーシート」   2013.11.13.                     
第5話ゲスト・・・ 北川奈月 (岩田さゆり)    紀平浩一 (斉藤祥太)   高林真理 (近野成美)  

一体、どうしてこの子は殺されたんだろう・・って、
今回は結構引き込まれて見てたんだけど・・・
おいおい、そんな理由かい・・・
・・・ってか、お前、誰やねん!(笑)
あんな薄い顔の人、道でぶつかった女子よりも印象がなくて、
最後にドーン!コイツが犯人!!って登場されても、
えっと・・・どこのどなたでしたっけ・・・?って感じだったよ。
しかも、なんだ、その殺害動機。(汗)
くだらん・・・
なんて可哀想な被害者さん・・・って感じだったわ!

こういう、「誰やねん、お前!」な人が犯人だった・・ってパターン、
相棒では結構ありますよね。
確かに、いろんなドラマで、「あぁ、この役者さんが出てきたってことは、この人が犯人ね」って
すぐわかっちゃうパターンは多々ありますよ。
それも確かにどうかな・・・とは思うけど、
いくらなんでも、ここまで役的に俳優的にも薄い人が犯人って・・・
ガクっ!って感じで、そこで気が抜けてまうわ!(笑)

ふぅ・・・・そんな印象が強く残った、そんな回でございました。



脚本:金井寛   監督:近藤俊明

  ◇ 第話 ◇   「別れのダンス」   2013.11.06.                      
第4話ゲスト・・・ 須永肇 (大澄賢也)    今宮礼夏 (陽月華)  

なんか・・・
ちゃんと捜査一課が操作すればたどり着けたんじゃないか?って気がするんですけど??
第一発見者である右京とカイトにしか導き出せない展開・・・とかじゃないよね?

解決は多少早まったかもしれんけどさ・・・
あの犯人のメールを調べればわかるわけだし・・・
なんか、イマイチ・・・だったかなぁ・・?

しかし、かばいあい・・ってわけね。
お互い殺してないってのに、お互いがやったと思って・・ってことですわ。
それって、相手を信用してないってことにもならんか?
いい話のようで、腑に落ちん。(笑)

それにさ、あんな大の大人を抱えて、あの部屋まで誰にも見つからず運ぶって、
すごくないか?(汗)
うーむ、うーむ・・・

最後まで、なんかモヤモヤーん・・・とした話でございました。



脚本:戸田山雅司     監督:東伸児

  ◇ 第話 ◇   「原因菌」   2013.10.30.                      
第3話ゲスト・・・ 円 (赤塚真人)   大倉 (山本剛史)  

どこか一つでもちゃんとしてれば・・・という食中毒事件でしたね。
ほんと、外食って怖いよね・・・って、こういう事件が起こると思っちゃう。(汗)

でも、殺人事件が起こってなかったら右京さんが乗り出すことはなかったわけで、
そうなると、原因菌の特定や問題解決まで時間がかかっただろうねぇ・・。

あの機械の不備がなければ、あの円ってヤツはずっと加熱用を使い続けてたんだろうなぁ・・・
はぁ・・・ヤダヤダ。

それにしても・・・
食品偽装ネタ・・・・ということで、今話題の、あの件が・・・
なんともタイムリー・・・(汗)



脚本:櫻井武晴    監督:和泉聖治

  ◇ 第話 ◇   「殺人の定理」   2013.10.23.                      
第2話ゲスト・・・ 肥後教授 (岡田義徳)   大倉 (山本剛史)  

はぁ・・・
あたしはね、この世で数学ほど嫌いなもんはないんですよ。
いや、数学というより、その前段階の算数ですら、天敵ですもん・・・
見てて、途中で気を失いそうになった。(笑)
ので、ゲームしながら見ちゃった。てへ!

とにかく、肥後さんが犯人ってことはわかってたんで・・・
あのダイイングメッセージの意味は何かなぁ・・って思って見続けてたら、
あんまり有名ではない円周率の覚え方だったとは!
あの覚え方知ってる人、少なくないっすか?
え?みんな、知ってるんすか??
へーっ・・・・・・・。(涙)

ってことで、私にはもう、チンプンカンプン部分が多すぎたので、
もっとわかりやすい話をお願いしたいもんです。
懲りすぎると、オバチャンを敵にまわすぞーっ!!!(笑)



脚本:金井寛   監督:和泉聖治

  ◇ 第話 ◇   「ビリーバー」   初回129分SP   2013.10.16.                      
第1話ゲスト・・・ 綾辻隆一 (忍成修吾)   猪瀬幸徳 (石田卓也)  

お久しぶりでございます。
毎度おなじみ、相棒でございます!(笑)
初回は、ちょっと甘い評価とさせていただきまして・・・

さて、冒頭、あれ?カイトくんがおかしくなった・・?ってとこから入りまして・・・・
本当にあれれ?と思っちゃうおかしな軍団に入っちゃったかと思ったら・・・
嫌いだけど、それでも父親である峰秋の過去に反応しちゃって、
自分で調べようとしてた・・・ってことでしたね。

まぁ、
そこからは・・・あっち行ったり、こっち行ったり・・・としつつ、
無駄に時間が過ぎていき・・・・(汗)
最終的に、やっぱり怪しいコイツやんけ!っていうオチでした。


でも、驚いたのは、三浦さんよ!
警部補試験に受かって、係長になってましたもん!!
あぁ・・・トリオ・ザ・捜一のバランスが崩れるな・・・ちっ・・と思ってたら・・
なんと、刺されちゃって!
いやいや、足を刺されたくらいでピーピー言わんの!と笑って見てたら・・・
なんと、障害が残って刑事を辞めるですと!!
えぇ〜!バランス崩れるどころか、トリオじゃなくなるやーん!!
そこ、崩さないとダメ??
いいやん、ずっとあの三人は三人組で・・・(涙)

いや、この際、特命係のデスク担当とかにするってのはどう?
このまま退場は切ないよ・・・

となると・・、まさか、陣川君がトリオに入閣とか??
いろいろと妄想は膨らみますが・・・
いやぁ・・・ちょっと、悲しい結末だったな・・・(涙)




脚本:輿水泰弘  監督:和泉聖治

★ STORY ★ 人気シリーズの第12弾。
★ 期待度 ★ ふつーに楽しみでする。