ドクターX 外科医・大門未知子
 木曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本:中園ミホ     演出:田村直己ほか     P:内山聖子ほか
 主題歌・・・ 「Bi-Li-Li Emotion」 Superfly
主題歌
Superfly BEST (初回生産限定盤)
前作DVD-BOX
ドクターX ~外科医・大門未知子~ DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
大門未知子 米倉涼子 フリーランス外科医
近藤忍 藤木直人 帝都医科大学 第二外科・講師
城之内博美 内田有紀 フリーランス麻酔科医
海老名敬 遠藤憲一 帝都医科大学 第二外科・教授
鮎川司 満島真之介 帝都医科大学 第二外科・研修医
照井珠緒 笛木優子 蛭間の秘書
橋本理沙 水沢エレナ 帝都医科大学 看護師
亀山久 猪野学 帝都医科大学 第二外科・准教授
鶴田匠 野間口徹 帝都医科大学 第二外科・助教
鵜沢信 六角慎司 帝都医科大学 事務長・補佐
鷹野七起 浅野和之 帝都医科大学 第二外科・元主任教授
烏丸金男 笹野高史 帝都医科大学 事務長
神原晶 岸部一徳 名医紹介所・所長
馬淵一代 三田佳子 帝都医科大学 内科統括部長
蛭間重勝 西田敏行 帝都医科大学 外科統括部長
◆ レビュー ◆
  ◇ Ope. ◇   「さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので」
                           最終回84分SP      2013 .12.19.           
番組内サブタイトル ・・・ 「患者さんにとって、オペは最後のチャンス。だからそれに勝ち続けること。それが私の夢。」

盛り盛りだくさんでしたねぇ〜!
面白かった!!

一体、晶さんは誰から依頼されて未知子を高松にやったのか・・・と思ったら、
お懐かしや、毒島さんだった!!
帝都医科大学の、そのまた上の人たちの依頼だったわけだ・・・
となると・・・蛭間が「オペさせない!」と言っても無駄なわけで・・・
とはいえ、蛭間は、未知子が失敗すれば自分が上の人間と入れ替わって大出世!と目論んでて、
オペの日を主任教授選の日にしやがった!!
未知子としては、気の知れた、しかも腕のいい鷹野・海老名・近藤とともにオペをしたかったのに・・・
で、一人でやるハメになったわけですが・・・
んなの、いくら天才的な未知子で無理なわけで!!

ここからはねぇ・・・鷹野さんがカッコよくてねぇ・・・
近藤も教授選をぶっちぎってオペに来てくれたけど、
鷹野さんの登場がカッコよすぎたよねぇ〜!!
で・・・自分も行くタイミングを失っちゃった海老名は・・・
オペにも参加できず、蛭間にもあんまり認めてもらえず・・・
何やってんだ・・・な情けないヤツに。(笑)

成功しちゃった未知子を、正式に雇いたいと言いだす蛭間。
晶さんは、1億円即金で振込!と喜んでお引き受けしちゃって・・
未知子も観念したかと思ったら・・・なんと、ぶっちぎりやがった!!
まぁねぇ・・・
この女は飼い猫にはなれないっすよ・・・。(笑)


鷹野はこの病院を辞め、近藤は一から出世を目指す・・・と決め、
海老名は棚からぼたもちで、難手術の執刀医にさせられちゃって!
えぇ〜!それでいいのか・・・?と思ってたら・・・
なんと、蛭間、解雇された!!
・・・・となると・・海老名の立場も・・・(涙)
最初から最後まで、しょぼぼーん・・・・なヤツでしたな。(笑)

これでフリーのままの未知子。
こりゃ、第三弾、アリですな。(笑)
なんか、早々に戻ってくる気がする・・・。



  ◇ Ope. ◇   「最終章!影武者オペの報酬!?」     2013 .12.12.            
番組内サブタイトル ・・・ 「この世に失敗が許される医者なんていていいの? 私は失敗したくないから、自分で切る」

なるほど・・・・そうきたか!

高松に飛ばされちゃった未知子・・・
晶さんh誰の依頼を受けて未知子をそこにやったんだ・・・?
未知子はそこで、オペ不可能な病の少女に出会う。
そんなとき、東京では蛭間の娘がメラノーマの再発で大変なオペが必要となり、
教授選に勝ちたい近藤が、未知子を影武者にして救う・・・という選択をし、
未知子はそれを引き受ける代わりに、少女のオペをさせてくれと言ったんだけど・・・

あの近藤の彼女である看護師がさぁ・・・
蛭間の娘に乗り換えようとする近藤を憎むのではなく、
好きな男の出世を後押しするという行動に出やがりまして、
「オペは途中から近藤先生がやって、大門先生は見てただけ」って蛭間に言ったのさ!
蛭間はご立腹・・・で、少女のオペ、やらせてもらいないっぽい・・・?

ってか、その前に、晶さんいわく、未知子にも成功できるかどうかわからんくらいのオペらしいやん?
失敗しないので・・・とは言えない状況よ。
それでもやるんだね。
やらずに後悔するくらいなら・・・・ってことなんだろうか?
ううむ・・・

いよいよ次回。
一人では到底不可能なオペを、誰か手伝ってくれるのかなぁ・・・?
そしてその結果、未知子はどうなるんだろ・・・
ま、こんな人気シリーズ、完結させるわけないから、
うまく次につなげる終わり方にするんだろうね。(笑)




  ◇ Ope. ◇   「失敗しない医者が嫌いな患者」     2013 .11.28.            
番組内サブタイトル ・・・ 「選挙のために手術を利用した…患者を道具にして。手術を舐めるな!」

なんと、未知子がインオペ!
驚きでした・・・。

「切ることが一番」ではないんだよね、未知子は。
患者さんのため・・・が一番なんだ。
でもさ、だったらさ、オペ前にもうちょっと強引に止めておいたら良かったのに・・・
あそこで鷹野が倒れなかったら、あのまま無理にオペが進んでいたわけでしょ・・・?
鷹野が倒れて、自身のオペから回復する間に、
内科的治療の効果が出てオペでガンが取れた・・・ってことなわけで、
結果的によかったけどさぁ・・・
ちょーっと納得いかんね。
しかし、あの患者さん、若くないのに、そんなに間をあけずにオペして大丈夫なんかね・・・?と
ちょっと心配ではあるぞ。(汗)

鷹野も、馬淵も、患者のガンが小さくなってないってわかっててオペをした・・・
選挙を有利に進めるために・・・と知った未知子は激怒!
そして、蛭間も、高野が倒れた隙に未知子がオペをすれば外科の手柄になったのに、
それをインオペにしちゃったもんだから、お怒りでクビ宣告!
未知子、これからどうすんだ・・・?と思ったら・・
何やらお仕事依頼の電話が来たみたいで・・・?

来週はフィギュアスケートのため、お休みです。
うーん・・・リーガルハイもお休みなのにぃ・・・
来週はなんだか、気が抜けるな・・。



  ◇ Ope. ◇   「親の命か出世か!?その手術致しません」     2013 .11.21.           
番組内サブタイトル ・・・ 「いらない臓器なんてない! 体の中にいらないものなんてない!」

今回も面白かったです。

でもさ・・・近藤くんよ、正直、父親の脾臓のオペは命にかかわるものではないし、
未知子が執刀してる・・・ってことで、かなりの安心なわけやん??
出世の道を捨ててまで、オペに来ちゃう・・・?
そんな男だとは思わなかったよ・・・
蛭間同様、キミにはガッカリだよ・・・って感じ。(汗)


で、教授推薦の話もなくなり、蛭間に見限られた近藤・・・
あーあ・・・・
でも、これで海老名に出世の道が・・・?と思ったら!
なんと、馬淵が主任教授候補として、蛭間がクビを切った鷹野を呼び戻してきたのよ!
馬淵の駒として、推薦されるらしい・・・

となると・・・蛭間としては、海老名では勝てない・・・と思ったらしく、
見限ったはずの近藤を呼び戻してましたね。
あの世間に認められたオペの件もあるし、近藤の方が勝てるかもしれん・・ってことかね?
可哀想・・・
かかってくることのない携帯を握りしめて待ち続ける姿・・・哀れすぎる・・。(涙)


未知子は、この争いに巻き込まれていっちゃうようです・・・。
どんな風に巻き込まれていくんでしょうか・・・?
ますます可哀想なエンケンさんと、ますますアドリブ発動の西田さんに期待します!(笑)
見どころ、間違ってます・・・?(笑)



  ◇ Ope. ◇   「神vs悪魔 失敗しない手術のカラクリ!?」     2013 .11.14.           
番組内サブタイトル ・・・ 「失敗しない医者なんて、いるわけない。私以外」

面白いねぇ・・・
どうせ、「ゴッドハンド」とか言いながら、最後は未知子が・・って流れでしょ?って
展開が予測できても、細かいところで魅せてくれるので、
十分楽しめました!


しかしさぁ・・・「失敗しない」って言ってるヤツがさ、
オペの最中に異変を感じておきながら、そのまま放置するかね?
オペ後の合併症=オレには関係ないで済まそうと思ったの?
ってか、今までもそうやって「オペは失敗しない」けど、その後は・・・ってこと、あったんじゃないの?
怪しい…いや、胡散臭い・・・・だな、まさに。

そのゴッドハンド日下部の失敗を再手術で救ったのは未知子・・・だけど、
主任教授選へ野心マンマンの海老名が、
「再手術は蛭間教授がしたことにして名声を・・・」とささやきまして・・・
手柄は蛭間のものになりました。
うん、姑息だねぇ・・・・
必死だねぇ・・・痛々しいよ・・・。(滝汗)

最後の、請求書→メロンのくだり・・・面白かったなーっ!
一旦座ってからの、金額見て立ち上がる・・・のシーン・・
巻き戻して見ちゃった!(笑)

西田さん、いいわぁ・・・♪
未知子と博美の二人分の請求は・・・・メロンも二つにしてね・・・なんて、バカウケでした!
最後まで美味しさ詰まってますね、このドラマ!(笑)



  ◇ Ope. ◇   「黒い手帖 招かれざる患者は銀座の女帝」     2013 .11.07.           
番組内サブタイトル ・・・ 「成功したら、あなたに手帖をあげる。蛭間の秘密がぎっしり詰まったあの手帖…」

いやぁ・・・・エンケンさんの涙!
強面なのに、なぜか子犬のような涙・・・
笑える!泣ける!!(笑)


それにしても、いろんな展開が用意されてるよねーっ!
このドラマの第2弾は、まったく飽きさせないです!
次回は、「失敗しないので対決」!!
楽しみだ!!

今回は、「黒皮の手帖」&釈由美子で、ちょっと小ネタから入り・・・
この手術はどうやって、どんなふうに展開していくのか・・・と思わせといて、
実は権力争いに巻き込まれる!という話でした。
結果的に、「いたしません」ことをしてしまった未知子だけど・・・
人の命がかかってたからねぇ・・・仕方ないか。
いや、策を感じつつも、ちょっと面白がっていた風もあり・・・(笑)
なのに、せっかく手に入れた黒皮の手帖を捨てちゃうんだもん!!
思わず「あっ!」って声をあげてしまったわよ!

アキラさんじゃないけど、もったいないよねぇ・・・
あの手帖で数倍の金が手にはいったのに・・・
ま、おかげで、エンケンさんの可愛い泣き顔が見られたのでヨシとしよう!(笑)

自分の出世の道に光が見え始めた近藤・・・
しかし、ジャマな海老名を追いやれると思ったのに、うまくいかず・・・
そして、蛭間の娘との話を勧めたいとこだろうけど、
お遊びのツケが…って感じかな?

まだ馬淵もいるしね・・
どうなりますやら・・・

あー面白かった!



  ◇ Ope. ◇   「教授夫人会の仁義なき戦い!!」     2013 .10.31.             
番組内サブタイトル ・・・ 「生体腎小腸交換移植、私ならできます!」

難しい病気の患者が・・・未知子がすごい術式を提示・・・成功させてめでたし!・・という
今までのパターンをガラリと変えてきましたね!
面白かったです!


内科の教授夫人と外科の教授夫人・・
二人ははとこ同士、小腸と腎臓を病んでいる・・・そうだ、交換移植だ!と未知子が思いついたのに、
それを聞いた近藤が・・・カンファレンスで自分の発案として発表しやがった!!
一人で同時移植なんてできるのかよ!と思ったら、
「もう大門先生に頼んでます」ときた。
黒いねぇ・・・イヤなヤツだけど、こういう男が出世していくのかもねぇ・・・
だって、馬淵に取り入ってることを見ても、わかるもんなぁ・・・

しかし、その「出世技術」と「手術の技術」は一緒じゃない。
実際にオペに入ってみれば、近藤では全然手におえなくて・・・
結局、全部未知子がやっちゃってるじゃん!
・・・だけど、未知子の功績は全然表に出ないんだけどね・・・(涙)
今回のオペ、300万は安いんじゃない??
もうちょっと高くてもいいと思うけど!!

近藤の策士っぷりに目を付けた蛭間・・・
外科での出世の道が開けてきた近藤だけど・・・
当然、馬淵は面白くないわよ。
簡単に外科で出世できるとも思えないな・・・
こっそり看護師とも付き合っちゃって、そのうち痛い目を見る・・・って展開だろうな。

すっかり普通のフリーの医者の話で、「ドクターX」っていうタイトルはどうよ・・?と思ったら、
ちゃんと入れてきましたね。
公安から昼間に未知子が海外でやった無茶なオペの情報が入ってきたみたいです。
また、この病院を出ていくことになる伏線・・・かな?



  ◇ Ope. ◇   「患者のお腹に残された秘密!?」     2013 .10.24.             
番組内サブタイトル ・・・ 「私なら切れます。死なせません。絶対に失敗しないので」

なるほどね・・・
馬淵が連れてきた未知子だけど、
内科の医者がどうやって未知子を動かすのか・・・?って思ってたから、
こういう展開で納得。
まさか、こんな早く・・・・とは思わなかったけどね。(汗)

しかし、こういうこと、あるんだろうなぁ・・・
医者だって人間だもん、完ぺきではないんだから、
ガン細胞を一つ残らず確実に撮りきるってのは難しいよね。
それはわかる。
だけどさ、隠したり、部下がかぶったり・・とか、本当にありそうだよねぇ・・・
未知子がいなかったら、あの患者さんの命は・・と思うと、
私、何かあったら未知子に絶対お願いしたいわ!!

で、その未知子、名声等には全然興味がないので、
手柄は蛭間がもっていきました・・・
確実に仕事をこなす未知子を手に入れたわけだもん、
多少扱いづらくても、うまく使えばいいのさ!


しかし・・・「自分の馬」にしたかった未知子が外科に寝返ったわけで・・・
馬淵とはこれからも対立していくのかな?
オマケに、「自分の男」である近藤も未知子の助手になっちゃったわけで・・
ますますご立腹な予感・・・(汗)




  ◇ Ope. ◇   「復活!!!!失敗しないハケンの女オペは1億の競走馬」   
                                         初回69分SP   2013 .10.17. 
番組内サブタイトル ・・・ 「このまま閉じたら、三ヶ月以内に命落としますよ」

キャストが豪華ですね!
第2弾ってことで、気合が入ってる感じがアリアリです!!
そうなると、中身がついてこないとな・・ってことで、実はちょっと心配だったんだけど、
いやいや、やっぱり面白かったです。

偶然見つけた素晴らしい医者・未知子を、自分の勤める病院に呼んだ馬淵。
「ある患者をオペしてほしい・・」と。
ま、この時点で、その匿名の患者はアンタでしょ?ってのはわかってましたけど・・・・
自分のこれからにかかわる大事なオペだからこそ、
「コイツだ!」と思った未知子に任せたかったんだろうね。
いや、自分の病院にいる外科医では治せないって思ってたからか?(笑)
あんなに保身やら出世やで忙しい医者に、命を任せたくないもんね。
「金さえくれれば、絶対失敗しないんで」って医者のほうが信用できるもん。


でも、そんなどこの馬の骨ともわからない女医を簡単に受け入れてくれるはずもない医局の面々・・・
オペの最中に全員、オペ看ともどもいなくなったときゃ、
おいおい、おいおい・・・と焦りましたけど・・・
馬淵の犬・近藤が部下を連れて入ってきましたよ。
おやおや、いくら馬淵っていう後ろ盾があるとしても、外科医局でやりづらくなるんじゃ?って気もするけど・・
ま、いっか!

極秘手術の代金、極秘にする口止め料、合わせて2000万をせしめた神原。
うむむ・・・・そのうちのどれくらいが未知子にわたるのか?
全額借金返済に??
それでいいのか、未知子!!(笑)

病院の面々のキャラはとっても濃く、見ごたえはあるんだけど・・・、
これじゃ、毎回のゲストがかすむよね・・・(汗)

大丈夫かな・・・?
ま、大丈夫でしょう!、今後も痛快にやっていただきましょう!
期待しております!



★ STORY ★ 昨年の民放連続ドラマで首位を獲得したヒット作の続編。今回、未知子が乗り込むのは、帝都医科大学付属病院本院。前作の舞台・第三分院より権力闘争や確執、しきたりがはびこる巨大組織である。
★ 期待度 ★ パワーアップすればいいなー!