雲霧仁左衛門
 金曜8時〜    BSプレミアム       
 脚本:宮川一郎    演出:山下智彦     P:海辺潔ほか
原作
雲霧仁左衛門 (前編) (新潮文庫)
◆ 出演者 ◆
雲霧仁左衛門 中井貴一 盗賊・雲霧一党の首領
安部式部 國村準 火付盗賊改方 長官
七化けのお千代 内山理名 仁左衛門の手下
木鼠の吉五郎 伊武雅刀 仁左衛門の右腕
因果小僧六之助 柄本佑 仁左衛門の手下
州走りの熊五郎 手塚とおる 仁左衛門の手下
おもん 遠藤久美子 仁左衛門の手下
高瀬俵太郎 松田悟志 火付盗賊改方の同心
お京 京野ことみ 火付盗賊改方の密偵
山田藤兵衛 村田雄浩 火付盗賊改方の与力
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「最後の大仕事」    最終回     2013 .11.08.              

これが最後の大仕事・・・
最低でも2万両は手に入ると算段し、
それを仲間に配って足を洗わせようとしていた仁左衛門・・・
結果、1万両しかなくて・・・
まだまだやめられないみたいっすね、泥棒稼業・・・・
続く・・・ってわけだ。

それにしても・・・
いくつも鍵があって、どうやって入っていくンだ・・?と思ったら、
鍵を出させればいい・・っていうオチでした。
その際、「大事な恋女房に手を出すぞ・・・?」と脅す仁左衛門。
お千代にしてみたら、これが演技でも、幸せ・・・って感じだっただろうなぁ・・。(笑)
これが最後の引き込みだ・・って言われて頑張ったけど、
こんな「報酬」をもらったら、まだ頑張れるってもんだ!!(笑)
仁左衛門め・・・心憎いぜ!


駆け付けた安倍式部でしたが・・・
仁左衛門が一歩早く仕掛けたため、まんまと逃げられましたね。
で、江戸に戻った雲霧一党・・・
大丈夫なのかね、六之助とかさ・・
顔、バレてるのに・・・?って気もしますが・・・

ま、面白かったからいいです!
全6話か・・
もったいないなぁ・・・
もっとやってくれてもよかったのになぁ・・・。




  ◇ 第回 ◇   「絶体絶命」     2013 .11.01.                      

ハラハラさせるわーっ!!

三次がねぇ・・・
ちょっと信用ならんヤツでね。
だからこそ、メインのメンバーがちょいと邪険に扱っちゃうんだよね。
そんな三次に・・・盗人仲間が近づき・・・金を渡し暴力をふるい女をあてがい・・・
三次よ、雲霧を裏切るのかい・・・?
・・・ってか、もう裏切ってるらしいけど。(汗)

公家の女を装ってるお千代・・・バレそうだったね!
そんなときに、そっと助けてくれるのが、愛しい仁左衛門・・・
「この人のために、あたい、頑張る!」ってなもんよね。
・・・なんか、切ない。(涙)

そして・・・盗賊改方の中にスパイがいると読んでた安倍式部は、
岡田がそれだと見抜いていて・・病のフリして名古屋へ!
岡田の情報を鵜呑みにしないでね、仁左衛門!

さぁ、いよいよ最終決戦!
無事に盗みを完了できるのか?
だれ一人傷つかず??
安倍式部との戦いは??
気になるところです!



  ◇ 第回 ◇   「新たな盗み」     2013 .10.25.                      

名古屋での盗みは大きな仕事のため・・・
残り三話で描く・・・ってことですね。
今回は、名古屋入り・・・の話。

しかし、なんで六之助を連れて行ったんでい、仁左衛門さんよ!
こうなるの、わかってたやん・・・

桑名にやるなら、早めにやっときゃよかったのに・・・
・・・行ってない気がするけどね、六之助。
引き込みで入ってる三次のことを信じてないみたいだから、
何かあった時は命がけで雲霧一党を守る!とかやりそうだもんね。

六之助のせいで、盗賊改に江戸を出たことを知られ、
名古屋にいることも知られてしまった・・・
お京と六之助のシーン・・・
お京の汗・・・いい演出でしたねぇ・・・
ドキドキしちゃいました!


でも、そのおかげで盗賊改が来てるってことを知った雲霧一党。
監視したり、ハトを逃がしたり、飛脚を止めたり・・・で、何とか時間稼ぎを・・・
とっとと盗みをやっちまいな!と思うけど、
肝心の金蔵の場所がわからない・・・
金蔵を見つけるのか先か、
盗賊改に見つかるのが先か・・・

どうなるんでしょ!
早く続きが見たいです!!



  ◇ 第回 ◇   「哀しき妹」     2013 .10.18.                      

仁左衛門さんよ、甘くないか?
顔を火付盗賊改方に知られてしまった六之助を自由にしすぎだよ

危険だよっ!!
案の定・・・な展開だよ・・・(涙)

六之助は母親の墓参りへ・・・
そこで、死んだと思ってた妹を見つける・・・という流れ。
その前に、火付盗賊改方に何かをチクりにきた男がいたからね・・・
こりゃ、騙されてるな、六之助・・・てなもんですよ。(涙)

案の定、妹と名乗る女は安倍式部の手下で・・・自害しちゃいました。
暴走した六之助は、自分を売った幼馴染の男を殺しちゃいまして・・・
殺しちゃったよね・・・?
ってことは、今度こそ破門じゃないのかい、仁左衛門さんよ?

なのに!
名古屋での大仕事に連れていってるやん??
いいのかなぁ・・・・ルールってのがあるだろうに・・・
うーむ・・・

さて、次なる獲物は名古屋の金持ちらしく、みんなで大移動しちゃうわけだけど・・・
ほらほら、六之助のせいでバレちゃうみたいじゃん??
破門にしとけばよかったのにねぇ・・・(汗)




  ◇ 第回 ◇   「子分の破門」     2013 .10.11.                      

もぉーっ!ハラハラドキドキぃ〜!!
45分とは思えない内容の濃さでした!


雲霧一党のアジトが、昔六之助が使っていた子分に知られてしまい、
ソイツが金目当てに、火付盗賊改方のスパイにチクったもんだから、さぁ大変!!
見つかっちゃう!!と思ったけど、
それに気づいた六之助が、そのスパイともみあいになり、殺してしまったのよ・・・
殺生はしないというルール・・・
仁左衛門は、六之助に破門を言い渡し、とっとと江戸を出ろというわけですが・・・

これは、六之助の身を案じて・・・だよね。
若いからこそ無茶をしそうな六之助を、わざと冷たく突き放してほとぼりを冷まそうって考えなんだろうよ。

お千代たちの働きで、チクった男の居場所を見つけたものの、
先に火付盗賊改方が見つけちゃってて、
雲霧一党がやってくるのを待ち伏せしてやがりまして、
まんまと引っかかってしまって、あちゃー!小頭まで捕まっちゃう!!ってヒヤヒヤしたけど・・・
六之助が助けてくれちゃいました・・・

小頭たちは逃げられたものの、六之助は捕まってしまい・・
拷問を受けておりました・・・
このまま、六之助を捨てちゃうのかい、仁左衛門???と思ったけど、
やっぱりカッコよく連れ戻してくれましたよ・・・
火付盗賊改方たちも、まさか身内にスパイがいるとは思ってないようで・・・(汗)
しかし、女で身を亡ぼすとは・・・
情けない男だねぇ・・・(汗)

ほんと、見ごたえありすぎです!
次回も楽しみ!!



  ◇ 第回 ◇   「大盗賊の首領」     2013 .10.04.                      

金曜放送を見逃したので、日曜の再放送を録画して見ました。

いやぁ・・・久々の、「これぞ時代劇」!!!って感じのドラマでした!
なんでこれを地上波でやらんのだ?
木曜時代劇でやればいいやん??
こっちの方が絶対いいと思うんだけど・・・?
甚だ疑問・・・・
ま、そのうち地上波に昇格すると思うけどね・・・。

有名な大盗賊・雲霧仁左衛門のドラマ化ですね。
何度も演じられてきた時代劇の王道の話でございますが、
中井貴一さんがいい感じで仁左衛門を演じておられました!
そして、雲霧一党を意地でも捕まえてやる!という火付盗賊改方に、國村隼さん!
「スターマン」の重田さんの記憶が新しい中・・
さすが、ちゃんと時代劇の人になっておられました!←当たり前やな・・・(笑)

誰も殺さず、あこぎなヤツからだけ大金をせしめていく大盗賊なわけだけど、
つったって泥棒ですから?
個人的には、正義の人を応援したい気持ちもあるんだけど・・・
雲霧一味の鮮やかなお仕事に、見てるこっちも気持ちがいいというか・・・
おぅおぅ、きばんなはれや!!と言いたくなるんですわ。(笑)

でもね、あんなにたくさんの手下をまとめるってのは大変だろうよ・・・と思ったら・・
掟を破って出ていくヤツらもいて・・・ですよ。
そいつらのその後も自分らのクビを絞めかねないわけで・・・
うむむ・・・・
大変だわよ、首領ってのはさ。
次回も切ない話になっていきそうで・・・

とても見ごたえのある時代劇です!
自飽きも楽しみです!!




★ STORY ★ 本作は「鬼平犯科帳」や「剣客商売」で知られる池波正太郎の時代小説を原作に、盗みのプロと捕り物のプロの激突を描く。
★ 期待度 ★ 見ごたえありそうなメンツですなー!