失恋ショコラティエ
 月曜9時〜    フジテレビ       
 脚本:安達奈緒子     演出:松山博昭     P:若松央樹
 主題歌・・・ 「Bittersweet」 嵐
ノベライズ
ドラマ 失恋ショコラティエ 前篇 (小学館文庫)
原作
失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
主題歌
Bittersweet(通常盤)(CD)
サウンドトラック
フジテレビ系ドラマ「失恋ショコラティエ」オリジナルサウンドトラック
◆ 出演者 ◆
小動爽太 松本潤 ”ショコラ・ヴィ” オーナーシェフ ショコラティエ
高橋紗絵子 石原さとみ 爽太の高校の先輩
井上薫子 水川あさみ ”ショコラ・ヴィ” スタッフ
加藤えれな 水原希子 モデル
オリヴィエ・トレルイエ 溝端淳平 ”ショコラ・ヴィ” スタッフ
小動まつり 有村架純 爽太の妹 女子大生
関谷宏彰 加藤シゲアキ ”リクドー” スタッフ
六道誠之助 佐藤隆太 ”リクドー” オーナーシェフ
小動誠 竹中直人 爽太の父
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「ついに今夜、全員の片想いが完結!」   最終回69分SP   2014 .03.24.   

まぁ、なんか・・・・いろいろ頭の中ではゴチャゴチャしてますが・・・・
あっちこっちでフラれて、良かったかな・・・って感じ?(笑)

サエコは、妊娠が分かった時点で自分の気持ちにケリをつけてて、
あとはどうやって爽太に話そうかしら・・・状態だったわけだ。
となると・・・あの倒れたのも演技・・・?(笑)
妊娠を知り、今までは逃避で、現実に戻らなくちゃ・・・と考えたサエコ。
「爽太くんもそうでしょ?」と考えを押し付け、あっけなく去って行く・・
まぁ、そうよ、爽太にとっても、十何年もサエコは「幻想」だったさ。
だけど、アンタ、言いたい放題やりたい放題で、砂かけて出ていかんでも・・・
すっかり腑抜けになってまったでないか、爽太が!!

ショコラティエもやめちゃおう・・・と考える爽太ですが、
優しい脇役さんたちの熱いフォローで何とか立ちあがり・・・
「ちゃんと失恋」をしにサエコと再会・・
・・・って、何回目やねん、「ちゃんと失恋」!!(笑)

サエコさん無き今、腑抜けの自分に作れるのはこんなもん・・と、
オリジナリティのカケラもないチョコバーをサエコに渡し、
今までの自分と決別、感謝を伝えて、「二度と会わない」と本当に失恋。
しかしさ、サエコにしてみたら、「助かるぅ〜!」って感じだろうね。
だってさ、旦那とどんな話し合いがもたれたか知らんけどさ、
いろいろと知られちゃ困ることを爽太としてきたわけで、
今後も爽太につきまとわれちゃ、たまったもんじゃなかったわけで・・・
心の中でバンザイしてるサエコが見えるのは、私だけか・・・?(笑)
最後の「旦那とのラブラブデート」もさ、そんなことがあって、完全に楽になってやがって、
なんか、ムカつくーっ!(笑)

えれなのとこに行くのか?とヒヤヒヤしてましたが、
それはナシ・・・と自分でも判断し、えれな側からもキッパリ断られてましたね。
まぁそうさ、自分をキープしといて、人妻と乳繰り合い、それが終わったから戻ってきた・・・なんて、
んなダメ男、こっちからおさらばだわよ!!

薫子さんも、せっかくの関谷くんからの誘いを断って、見事に激しく転んでいて、(笑)
爽太に走っちゃうのか?と思ったけど、
薫子さんは薫子さんで、ちゃんと気持ちに整理をつけてまして・・・
いやぁ・・つくづく、女の方がバサッ!と気持ちいいですな!
・・・爽太がウジウジしすぎていただけではあるんだが・・・


結末は、一人になった爽太、再びパリで修業しまーす!というもの。
えぇ〜!「ショコラヴィ」は大丈夫か?
爽太の古いレシピだけで、新作なしで営業するのはキツイぞ・・?
あ、そうだ!パリの有名ショコラ屋さんの御曹司・オリヴィエがいた!!
しかも、まつりのカレシとなれば・・
おぅおぅ!この店は婿に継がせてはどうかね、小動父!!(笑)
戻ってくる場所、ないかもよ!
速く復活しやがれーっ!(笑)
・・・ただし、「恋をしないとショコラが作れない」ってことにはならないように、
精神的に強くなって帰ってこないとね!



終わりましたね・・・
失恋ウジウジ男の妄想に三か月付き合っちゃいました。(笑)
松潤のウジウジ男は、正直キャラと違いすぎてイマイチ慣れませんでしたが、
石原さとみちゃんの爆発的ブリブリキャラは破壊力がありましたね。
可愛かったっす。
そして何より、薫子さんの存在は回を増すごとに大きくなっていき・・・
最後は彼女無しでは耐えられないくらいでした!(笑)


そして何より・・・どの店に行っても、ショコラ売り場が気になるようになっちまって・・・
結構食べたぞ、あたい!(笑)



  ◇  ◇   「最終回目前!未来に何も思い描けない」     2014 .03.17.        

爽太は「片想い体質」なんだね。
恋が成就しちゃうと、幸せよりも不安を感じる人っているもんね。
片想いのほうが安定してしちゃうんだなぁ・・・

ってことで・・・
サエコは夫のところに戻る・・・ってオチかな?
ずっと指輪もはずしてないしね・・・
ってか、妊娠してるらしいが、どっちの子か、わかってるんだよね・・・?
何日爽太と暮らしてるのか知らんが、まぁ、夫の子なんでしょう。

今回は、薫子さんとサエコのシーンが多かったな・・・
引き伸ばしですかね・・・?(汗)
サエコと二人きりで話す機会が多く、
いつしか「この女、すげえ・・・」って感動しちゃってて、
いかんいかん・・・と思いつつ、なんでも話してしまってる薫子さん。(笑)
サエコが店に出ちゃって、夫に居場所がバレてしまい、無理矢理連れて帰ろうとするのを、
「友だちだから!」と引き留める・・・
薫子さん、素敵です!!

フランス行きの可能性が出てきて、サエコとの未来を妄想しようとする爽太だけど、
全然妄想できない・・・
この恋の未来はないってこと、心底ではわかってるんだよ・・・
だから、片想いのときはどんな妄想もできたんだよ・・・

で、そのフランス行きもダメになり・・・
さぁ、最終回。
サエコがダメなら、えれな・・・ってオチはやめてほしい。
それでもいいってえれなが思ってても、なんか、後味悪いもん。

やっぱ、爽太は恋に恋してるくらいが美味しいチョコを作れていいと思うぞ!(笑)



  ◇  ◇   「最終章突入!正も誤もない、これが恋だ」     2014 .03.10.        

これでコミック発売分の内容は描き切った・・・・と。
さて、どんな結末になるんですかねぇ・・

サエコとのイチャイチャ生活、
こんなの、おかしい!と薫子さんは何とかすべし!とまつりを仲間に引き入れるも・・・
まつり、陥落。(笑)
でも、サエコのアドバイスもなかなか・・・でね。
出会った男が悪かったんだ、だから次に進まないなんてもったいない!ってのは、
全くその通りで・・・
で、まつり、オリヴィエとの恋にまっしぐら!になるらしい・・・
良かったね、オリヴィエ!
で、薫子さんは孤立無援・・・のはずだけど・・・
どうやら、関谷の「四文字メール」の悩まされ・・・
サエコに相談 → 陥落・・・の図が見えてきた。(笑)

一方爽太は・・・イチャイチャでウッキウキ!のはずが・・・
だからといって、「完全」にサエコを手に入れたわけではないために・・・不安らしいのさ。
えれなのことも考えちゃいるみたいだけど、相変わらず放置・・・・
はぁ・・・もう、爽太を応援したくないわ。(滝汗)
えれなよ、とっとと吹っ切って、次の恋をしちゃえ!
・・・いや、だから、爽太がきっぱり言ってやらんと、進めないっつの!
可哀想に・・・・(涙)
自分が不安なのと同じように、えれなも不安んだってこと、わかってんでしょ!
しっかりしろや!!

で・・・最終章へ・・・
爽太はパリへ行く話が出てくるみたい。
サエコに一緒に行こうと誘うようですが・・・
サエコにそこまでの「爽太への思い」と「覚悟」があるのか・・って話よね。
ちょっと爽太が本心をぶつけたら、「わかった、出ていくよ」とか軽く言っちゃう女だもの、
そんな重たい話、受け入れるとは思えないのよねぇ・・
それに、「失恋ショコラティエ」ですから・・・
失恋っていうオチがお似合い・・・?(笑)




  ◇  ◇   「ついに間男に成り上がったよ」     2014 .03.03.                

「この女、気持ち悪い・・・・」という薫子さんの発言に座布団10枚っ!!
もぉ・・・ほんと、気持ち悪い。

そんなサエコに簡単に引っかかる爽太も気持ち悪い!
まぁ・・・あの状況じゃ、条件反射で食いついちゃだろうけどさ・・・(汗)

でもさ、天使・・・いや、妖精さんなサエコがよ、
あんな風に「携帯、欲しかったら、こっちきな・・・」って態度で誘ってきたらさ、
興醒めとかしないわけ?
オレの好きな女はこんなんじゃねぇ!とかって、目を覚まさないの?
えっ?あっ・・・って崩れ落ちちゃうの?
ってか、床でするなよ!
汚いっつの!(笑)

誰もサエコに何も言わんもんだから、薫子さんが言いに行ってくれたけど、
「本気で好きって、どういうこと?」って聞かれて答えられず・・・
爽太とサエコ、爽太とえれながうまくいかないことを願ってしまっていた自分の想いだって、
「本気の好き」って言えるのか・・・って自問自答しちゃって、
サエコもだけど、私も気持ち悪い女じゃん・・って思っちゃったらしい。
いや、質が違いますから。
あなた程度の思いなら、みんなしてますから。

旦那がいるのに、決着もつけてないくせに、「爽太くんに一番好きになってもらえるようになりたい」とか言う女と
同じじゃないですからーっ!!

だいたいさ、夫に爽太のチョコ食べられて、暴力振るわれて、
その衝動で出てきた・・・とかならまだわかるけど、
一か月、時間をおいて爽太のとこに来たんだよね?
だったら、離婚届くらい置いて出てこいやってなもんよ。
それはおいといて、こっちに・・・とか、何やってんだよ。
「泊めてあげられないよ・・」って爽太が言ってるのに、
「2階があるよね・・・?」と目で誘導するあたり・・・・恐ろしいほどの悪魔だわ。
爽太が自分を好きなんだ・・・って知って、その思いが後ろ盾になって、
大胆な行動をとるようになっちまったんだね!

はぁ、はぁ、はぁ・・・・ムカムカして興奮しちった。(笑)
こんな女に引っかかって・・・
爽太も気持ち悪いっ!!
気持ち悪いけど・・・どんな結末になるか、見届けてやる!
こんな私も・・・・おバカか?(笑)



  ◇  ◇   「…なんの、涙?現実にしていいの?」     2014 .02.24.            

ケジメをつけるんだ。
そして、えれなと先に進むんだ・・・
そう考えていた爽太。
そこにはもう、サエコとの「可能性」なんて、考えてもないと思ってたのに・・・
・・・やっぱ、「手ごたえ」感じると、進んじゃうんだね、アンタってヤツは。
まだまだ、サエコのことが好きなんだね・・・
ま、気持ちの整理が完全についてたら、「サエコさんのこと、好きなんだ」じゃなくて、
「好きだった」って言うはずだもんね。


サエコにしてみれば、あんまり幸せな状態ではなく、
爽太のチョコが唯一の「よりどころ」だったのに、
この爽太の告白により、ケジメをつけられちゃうことがショックだった・・ってことよね。
で、涙ポロポロ・・・・なわけだ。

んで・・・・空気にのまれて・・・爽太、キスしてもうた。
はぁ・・・・私の望まぬ、原作通りの展開に・・・
その先に何があるっていうのさ!
予告でサエコが家を出てきちゃってましたが、
で、それを受け入れて、どうしたいんだよ、爽太!!
待ってるえれなの立場はーっ!!!

もぉ・・・ヤダヤダ。

唯一の共感ポイントは、オリヴィエですよ。
元カレに会いに行くというまつりについていって、
元カレにガツンと言ってくれちゃうとこ・・・カッコええじゃないですか!!
私なら、あんなクソカレ(千葉ちゃんは悪くない(笑))、こっちからポイで、
オリヴィエ、素敵ぃ〜!!になるけどなぁ・・・
ま、まるくおさまって、オリヴィエが幸せそうだったので、いいんですけどね。

はぁ・・・この先・・、マジでムカムカする展開になっていきます。
原作でもまだ先が見えてないと思うんだけど・・・
ドラマとしては、どんな結末を用意してるんでしょうか・・



  ◇  ◇   「俺、失恋することにした」     2014 .02.17.                   

よーやく・・・・ですよ。
やっと気が付いてくれたよ、爽太が・・・
失恋してるえれなの姿を客観的に見て、ようやく悟ってくれたよ・・・
独りよがりの恋だった・・・って、これじゃいかん・・・って。
ちゃんとケジメをつけよう、ちゃんと失恋するんだ・・・って。


ま、まつりちゃんの言うとおり、サエコへの思いが創作の原動力だっただけに、
失恋した後のショコラヴィがかなり心配ではあるんだが・・・。(笑)

でもね、失恋する前に「キープ」がいるっていうのが・・・・
ちょっと男らしくないって気もしなくはないんだけど・・・(汗)

ま、えれなもその気だから、いいか!(笑)

さてさて・・・爽太、ちゃんと失恋できるのでしょうか・・・
それじゃ、話が終わっちゃいますからねぇ・・・
ってことで・・・・私の望まぬ流れに突入しちゃいそう・・・だな。(涙)
やだわぁ〜・・・・



  ◇  ◇   「切ない切ない切ない…」     2014 .02.10.                   

いままでとはちょっと違った展開になると思うので、
もうちょっとガマンして見続けましょう・・・・ね!(笑)
・・・と、前回私は言いましたが・・・・
違ってたね。(汗)
ってか、原作と結構変えてきてますもん!!
確か、えれなとの話、あんなになかったはずやもん!
長すぎだもん!
・・・正直、水原希子ちゃんは、あんまりしゃべらんほうがいいと思うし・・・(滝汗)

今回で、えれなの告白からの・・・っていう流れになると思ってたんだけど、
次回に引っ張るのね。
で、爽太の気持ちにも変化が・・・と、次回になるわけだ。
引っ張るね・・・
いや、引っ張るっていうか、引き延ばしてるっていうか・・・
うーん・・・よろしくないよぉ・・・・(涙)

オリヴィエはまつりに、
爽太はサエコに、
そして今回はザックリと薫子さんも爽太に・・・・失恋ショコラティエばっかり!!(笑)
確かに、サブタイトル通り「切ない×3」だわな・・・。


次回こそは・・・と、見続けますが・・・・
今更ですが、松潤にこの役は合ってないとしみじみ思っちゃってます。
もうちょっと若くて、もうちょっと情けなさ満点の感じがいいよねぇ・・・
どうしても松潤だと、「それでも自信ありげ」に見えてしまうんだなぁ・・・
ううむ・・・
今更すぎですが・・・。(笑)



  ◇  ◇   「2人の恋は、チェスのように」    2014 .02.03.                  

おやっ!
もうダンナの暴力が・・・
ってことは、かなり原作をすっ飛ばしますね?
ま、オリヴィエとか薫子さんの部分は端折れますからね・・・(汗)

しかし・・・相変わらずドMの爽太。
痛めつけられたい・・・
それが原動力になる・・・ってかい。
毎度いうが、はいはい、ご勝手に・・・だよ。
オリヴィエのいうとおり、それが仕事のクオリティをあげるのなら、
二人の関係を否定できない・・・ってことだよ。
その思いのおかげで仕事がはかどるなら、不毛な恋しててもいいんじゃ?ってことだよ。
わかるけど・・・友達がそんな恋をしてるってのに・・・
・・・オリヴィエにとっての爽太って、一体。。。(滝汗)

サエコはさ、夫もいて、自分を好きな爽太も可愛くて・・・って感じだったのが、
あんまり幸せではない結婚生活の中で、
爽太と爽太の作るチョコは、よりどころになってきてるんだよね。
それが、次回の夫のDVにより・・・ってことだ。

えれなの恋の行方をキッカケに、爽太の恋にも大きな転機が訪れます。
そのときサエコは・・・ってことで、
いままでとはちょっと違った展開になると思うので、
もうちょっとガマンして見続けましょう・・・・ね!(笑)




  ◇  ◇   「走り出した恋、それぞれの告白へ」    2014 .01.27.               

相変わらずイタいな・・・。(汗)

だってさ、オリヴィエも、えれなも、前に進んでる・・・オレは一体・・・って言いつつ、
サエコからのデートのお誘いに振り回されちゃっててさ、
アンタのさ、その思いの先にあるものは、オリヴィエたちとは違うからね?って言いたいのさ。
浮かれ気分ですけど、で?って感じなのさ。
何度も言うが、サエコはさみしさをアンタで埋めようとしてるだけよ?
夫と別れる気なんてないんだぞ?
・・・それでもいいんだ、サエコさんのさみしさをボクが埋められたら・・・と言い返されそう。(笑)
もういいよ、勝手にしやがれ、です。

そうなんです、勝手にしやがれなんです。
見守る気さえも失わさせる、破壊的イタさ。(滝汗)

うーん・・・
まだ3話なのに・・・
最後まで見続ける自信がなくなってくるよ・・。(涙)
見ると思うけど。(笑)



  ◇  ◇   「今夜も”妄想”と片想いが止まらない」    69分SP   2014 .01.20.        

私は嫌いじゃないんですよ。
でも・・・万人が「好き」とは言わないだろう・・・ってことも予想がつくというか・・

だって・・・
薫子さんのいうとおり・・・・キモイんだもん!!(笑)
何度、「キモっ!」と思いながら、笑いながら見ていたことか・・・。(爆)

しかし・・・サエコって女は・・・・悪魔だわ。
コイツはさ、結婚もしたし、べつに爽太とどうこうなるつもりもないけど、
「私のことをずっと好きでいてくれる可愛い年下の男の子」の存在が必要なんだよね。
何も応えてあげられないのに、でも好きでいてほしいんだ。
自分勝手な女なのだーっ!!
それを知ってか知らずか・・・
爽太は自分で「もっと悪い男じゃないと・・・」と策を講じたらしい。

・・・策・・・?
策を講じて、何をしたいんだ・・・?どうなりたいんだ・・・・?
もう、薫子さんの言ってることに激しく同意しつつ、疑問疑問!ですよね。
サエコに対して悪い男になって、どうなるたいんだっつの。
まぁ・・・・振り向いてほしいんだろうけどね・・・
振り向いてもらって、それからどうなりたいとか、そこまでは現実的に考えてるわけじゃないんだろうけど・・・

とにかく、爽太がショコラを作るためには、サエコへの思いが必要なのだ!
そのサエコを、冷たく突き放してみたがために、疎遠になっちゃった爽太は・・・
すっかり乾ききってしまったわけですが。。。
その爽太に潤いを与える女が登場・・・
そこに感情はなく、お互いの片思いを応援しあう関係なわけですが・・・
・・・寝ておいて、それは・・・ねぇ?(汗)

なんかね、書いてても、支離滅裂になっちゃうんだよねぇ・・・
だって、どう書いても上手く説明できないんだもん!(笑)
私の理解の範疇を超えてるからね、爽太の思考は・・・
ふぅ・・・
毎週レビュー書くの、面倒くさいよ・・・
ただただ、「バカだねぇ・・・」で済ませたい。(笑)




  ◇  ◇   「もっとあなたに傷つけられたい!!」    初回69分SP   2014 .01.13.        

これは・・・・
ダメだ・・・という人は、スッパリとダメ!でしょうね。
でも、私は嵐好きですし、原作も楽しく読んでおりますので・・・
ほぼ、見事に原作のままだったので、楽しく拝見しましたよ。

しかし・・・CMの入りがねぇ・・・・ちょっと気になった。

あと・・・爽太の妄想・・・・
うん、原作でもあの量で、あの質なんですよ。(笑)
だけど、こうして映像になると・・・イタイな。
うむ、かなりイタイ。(爆)
今後、もっともっとイタイこと妄想していくのに・・・大丈夫かな。(汗)

お話としては・・・・紗絵子という小悪魔先輩に惚れちゃった爽太が、
付き合ってるつもりだったのにズバっ!とフラれて、
紗絵子が忘れられず、紗絵子の好きなチョコを作るためにフランスへぶっ飛び・・・
6年後、帰国すると「チョコレート王子」としてもてはやされることになって・・・
紗絵子、爽太に近づく・・・と。

この小悪魔めぇ・・・有名になったら寄ってくるのか?と爽太は怒るかと思いきや・・・
ヒャッホーッ!と喜びまくって・・
「私、結婚するの、パーティのチョコ、作って♪」と頼まれ撃沈・・・
そう!上がって、落とされ・・・・の繰り返し!(笑)
でも、その紗絵子への思いと、振舞わされていくことこそが、爽太の原動力なわけで・・・

ドM男の、ちょっと変わったラブストーリーでございます。(笑)
リクドーとえれなは、今後絡んでくるわけですが・・・
とりあえず、私は楽しく見ることができましたよ。
そして、登場人物のほとんどが片想い、一方通行の恋をしてくわけで・・
その面々の恋の行方も見どころでございますよ。

他の面々の恋は、爽太ほどイタくはないのでご安心を。(笑)

原作はまだ続いていて、ドラマ版はどういう風に終わるのか・・・
7巻からの展開は好きではないので、その以前で終わってほしいと希望。

ただ・・・映像の雰囲気が・・・どっかで見たことある・・・と思ったら・・・
「ビブリア」とスタッフが一緒なんですね・・・。
となると・・・・イヤな予感がしなくもない・・・。(汗)




★ STORY ★ チョコに目のないヒロインにふられた主人公が彼女を振り向かせるため、チョコの本場フランスへ渡って修業。イケメンのショコラティエになって帰国し、再びヒロインにアタックする。
★ 期待度 ★ 久々にキュンとする月9になりそうね・・・と期待しちゃいます!