ペテロの葬列
 月曜8時〜    TBS       
 脚本:神山由美子     演出:金子文紀ほか     P:鈴木早苗ほか
 主題歌・・・ 「心情呼吸」 近藤晃央
原作
ペテロの葬列
前作DVD-BOX
名もなき毒 DVD-BOX
◆ 出演者 ◆
杉村三郎 小泉孝太郎 今多コンツェルン・グループ広報室 副編集長
間野京子 長谷川京子 高級エステティシャン 菜穂子を担当
杉村菜穂子 国仲涼子 杉村三郎の妻 今多嘉親の娘
手島雄一郎 ムロツヨシ 今多コンツェルン・グループ広報室 編集部員
橋本真佐彦 高橋一生 今多コンツェルン 会長秘書室 秘書
柴野和子 青山倫子 バスジャック被害者 バス運転手
坂本啓 細田善彦 バスジャック被害者
前野メイ 清水富美加 バスジャック被害者
椎名遥 岡本玲 今多コンツェルン・グループ広報室 編集部員
高野千夏 映美くらら 今多コンツェルン 会長秘書室 秘書
早川多恵 冨士真奈美 事件の真相を知る謎の女性
迫田とよ子 島かおり バスジャック被害者
森信宏 柴俊夫 今多コンツェルン 元常務取締役
水田大造 本田博太郎 喫茶「睡蓮」マスター
田中雄一郎 峰竜太 バスジャック被害者
園田瑛子 室井滋 今多コンツェルン・グループ広報室 編集長
佐藤一郎 長塚京三 バスジャック犯 本名・暮木
今多嘉親 平幹二朗 今多コンツェルン 会長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「最後に罪を犯すのは?衝撃の秘密」    最終回     2014.09.15.    
番組内サブタイトル ・・・ 「最後に罪を犯すのは誰?」

原作では、菜穂子の衝撃の告白は突然だったんです。
ドラマでは、丁寧に菜穂子の気持ちを描いてましたけど、
本を読んでる時は、いきなり「不倫、離婚」っていう・・・
で、もう、ビックリだわ、ガッカリだわ・・・・で、ほんと、衝撃だったんですよ。
それに、まどろっこしい展開で、この原作の読後感はかなりよろしくなかったので・・
ドラマを見る前から、全然期待してなかったんです。

で、迎えた最終回。
最後までクソ野郎の井手のせいで、奈緒子の裏切りを知っちゃった杉村。
「私を許せる??」
・・・どーして強気で言えるかな、それ・・・(汗)
「あなたを解放してあげる」・・・みたいな感じも納得いかんし・・・

でも、杉村もかなり苦しい生き方を強いられてはいたので、
こういう結果でも良かったかも・・・ね。

菜穂子は橋本と、杉村は間野と・・・とかいう、さらに後味の悪い感じにもならなかったし、
それぞれの人生を歩んでいってほしいもんですな。

原作でもここでスパっ!と終わってまして、
杉村のその後はまだわかりません・・・
だけど、きっとこの続きをお書きになるでしょう。
「to be continued」ですから・・・(笑)

それにしても・・・孝太郎くんにピッタリの役だなぁ・・
話がどーこーを差し置いておきたくなるくらい、いいですもん。(笑)
また、会いたいですよ。
探偵・杉村・・・・かな、次は?


  ◇ 第話 ◇   「最終回直前!真性の嘘つき…魔性の女の正体!最後の秘密!」   
                                              2014.09.08.    
番組内サブタイトル ・・・ 「最終回直前!真性の嘘つき―魔性の女の正体!最後の秘密!」

なんと!!
最終回の放送が10:10から!
そこが一番驚いたんですけど・・・・(笑)

一体、何の放送があるから、こんな事態に?
あぁ・・・アレか・・・(汗)

さて、坂本くんの暴走・・・
杉村に「御厨を探せ」って言ってる時点で、
杉村頼りなわけで・・・
杉村が救ってあげなくちゃいかんことになって・・・
で・・・そのころ、菜穂子は父の緊急帰国で大慌て!
・・・杉村は、そんなこと知らずに・・・・と。

最終回は、杉村の私的なことの決着・・・かな?
原作と違って、その部分をちゃんと描いてるので、
もう、驚きはしないよ・・・(汗)



  ◇ 第話 ◇   「第2のバスジャック事件発生!人質はあの人…犯人は誰か!?」   
                                              2014.09.01.    
番組内サブタイトル ・・・ 「第2のバスジャック事件発生!人質はあの人― 犯人は誰か!?」

なんかさ、せっかくわかりやすく最終回に向かっていたのに、
変に難しくしてきちゃったかなぁ・・・?って感じがする。
杉村が御厨にこだわりすぎてるしねぇ・・・

坂本くんは、何か追い詰められちゃってるようで・・・
間野さんが巻き込まれ、また杉村と・・・ってですかな?
そのころ、菜穂子は夫のことではなく、橋本さんのことで心はいっぱい!
ふぅ・・・・

なんかね、とっとと話を終わらせてくれって思う自分がいるんだよね。
面倒くさくなってきたよ。(汗)



  ◇ 第話 ◇   「衝撃の一夜!妻は…夫の決断全ての謎を知る意外な共犯者!」   
                                              2014.08.25.    
番組内サブタイトル ・・・ 「衝撃の一夜!妻はー 夫の決断 全ての謎を知る意外な共犯者!」

井手・・・・・気持ち悪いぃ〜!!
こういう、人の弱みに付け込む男、ほんとに嫌い!
しかし、確かに揺らいでいる杉村の心・・・って感じですかね?

さて、バスジャック事件ですが、メイちゃんが大きな発見をしまして・・・
新事実が発覚!です。
暮木は、本名は羽田と言い、御厨という男の助手・・だったらしい。
日商の事件後引退したらしいけど、まぁ、詐欺師の片棒を担いていたことは間違いないわけで・・
まだまだ多恵さんの告白は続くようです。
次回を待ちましょう。

で・・・このバスジャック被害者の中から、今度は武器を持つ側の人間になっちゃう人がでるらしい!!
・・・伏線、ありましたからねぇ・・・
あの人だよねぇ・・・
お金って、人を狂わせるんだなぁ・・・
怖いよ・・・。(涙)


そして、菜穂子や間野のことですが・・・
なんか、菜穂子と橋本がどんどん進展しちゃってる感じなのに、
杉村のせい!みたいな、あなたを思ってるんだけど!みたいな、
そんな弱い女ぶってる菜穂子に腹が立ってきたわ。 (汗)

杉村よ、かなりの「サイン」と受け取って、家族をちゃんと見てなさい・・・
でないと・・・。



  ◇ 第話 ◇   「最終章へ!バスジャック犯の本当の目的…妻と夫の不協和音」   
                                              2014.08.18.    
番組内サブタイトル ・・・ 「バスジャック犯の本当の目的ー妻と夫の不協和音」

暮木は偶然出会った迫田さんの話を聞いて、
詐欺の被害者である迫田さんにお金を返すってことで
今も蔓延る悪に対して行動を起こしたかったわけだね。
この話を聞いて、あんなに金を欲しがっていた田中が受け取りを辞退し、
運転手の柴野さんは、「私も選ばれたんだと思う」と受け取りを決意・・・
どちらにせよ、警察には届けない・・ってことになっちゃったようで、
杉村は、そうなると辞表を受理してもらうしかない・・・と考えたようです。

・・・そうかなぁ・・・?
お金を受け取ったことが公になったとして、会社を辞めないといかんことかなぁ・・・?
杉村の心が、「この環境から抜け出したい」って思ってるから、
「いいキッカケ」ってことにしちゃいたいんじゃないの?って思いたくなるわねぇ・・(汗)


そんなこんなでいろんな面で揺れ動く夫のそばで、
菜穂子は耐えきれずに橋本とコンタクト・・・ってわけか。
確実に「夫婦が壊れる過程」を見せつけてきますね。(汗)

一方、間野さんは・・・
どうやらDV夫(だったっけ?)が戻ってきたみたい・・・?
立ち向かう気らしいけど、大丈夫かなぁ・・・?

暮木の正体まであと一歩・・・ですね。
最終章に突入・・・です。



  ◇ 第話 ◇   「母の愛と罪…新たな殺人の真犯人!バスジャック犯と人質の接点!」   
                                              2014.08.11.    
番組内サブタイトル ・・・ 「母の愛と罪−新たな殺人の真犯人!バスジャック犯と人質の接点が明らかに!」

確かに1000万以上を預かってるのって・・・
かなりのストレスだよなぁ・・・(汗)

返せてホッとしただろうよ、運転手さん・・・。

さて、今回明らかになったのは・・・
人質の中のお婆さんの娘さんが出てきまして、
暮木と知り合いだったらしい・・・ってこと・・・
どういうことなんでしょうか・・・

そして、前回終わりで足立が高越って男を殺した・・・ってことになってたけど、
やったのは足立の奥さんだったね・・・
詐欺で両親を失ったのに、結婚した相手が詐欺師だった・・・と。
衝動的に殺してしまったものの、黙っていたことで自分も人を「騙してる」と気づき・・ってわけだ。
ほんと、なんて皮肉な人生なんだろう・・・

他にもちょこちょこと動きつつ・・・・
後半に突入・・ですね。



  ◇ 第話 ◇   「秘密の告白…新たな殺人…急展開!悪が家族に伝染する!」    2014.08.04.    
番組内サブタイトル ・・・ 「秘密の告白−新たな殺人 悪が家族に伝染する!」

どんなスパンで絵を変えてるんですか、睡蓮マスター・・・(汗)
あの絵は、確かに気色悪いなぁ・・・
変えたほうがいいと思うよ・・・。

足立という男が、高越って男を殺した容疑で逃げてる・・と。
それが気になって、娘のピアノ発表会を中座する・・・と。
うーむ・・・・
原作ではそこまで引っかかってなかったけど、
確かにこれじゃ、杉村よ、菜穂子が今後何をしようと、文句は言えないかもよ・・・。(汗)
橋本ってのもさ、明らかに・・・だしね。
いやはや、この部分の「ネタフリ」、しつこいくらいですね。(笑)

さて、暮木老人と詐欺集団についての調べは・・・
進んでるようですが、まだまだ・・・ですね。
「御厨」という男が、今後明らかになっていくでしょう。



  ◇ 第話 ◇   「30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い」   
                                            2014.07.28.         
番組内サブタイトル ・・・ 「30年前の真実 悪の歴史 動き出した後継者争い」

園田編集長の過去が明らかになることで、
暮木の正体も明らかになっていった・・・と。
なかなかいい感じですね!
とはいえ、話の進み方は相変わらずのんびりなんですけどね・・・。(笑)


編集長があんな風になっちゃったのは・・・過去のトラウマが甦っちゃったからだ・・・。
若いころ、自己啓発セミナーみたいなのに仕事で行かされて、
追いつめられて自殺未遂・・・・までいっちゃってたんだ・・。
編集長は、暮木老人と会い、その話し方から過去を思い出しちゃったんだ・・。
暮木は、詐欺集団でトレーナーの役割をしていた・・・んだね。

詐欺集団の一味といってもいい暮木が、どうして会員を「悪人」呼ばわりしていたのか。
そこはまだ謎だし、慰謝料の発送先もまだまだ明らかにならない中、
新たな事件が・・
あの、新聞配達の兄ちゃん、なんであんなことになっちゃってるんでしょうか。
そして、杉村の中の「探偵気質」がムズムズとしてきちゃって・・・

もぉ・・・菜穂子との会話でも、この先が読めちゃうよねぇ・・・
杉村は、自分でその道に行ってしまうわけだから・・
どんな結末でも、受け入れるしかない・・・かもですね・・・、(涙)



  ◇ 第話 ◇   「大金が人生を狂わせる…人質達の秘密…誘惑…探偵杉村ついに始動」   
                                            2014.07.21.         
番組内サブタイトル ・・・ 「大金が人質たちの人生を狂わせる 探偵杉村三郎始動!三悪人の正体とは?」

慰謝料が死んだ犯人から届いて、全員で集まって話し合いをすることに・・・
田中がさ、ギャンギャンうるさいんだよね!
一人でいきりたってさぁ・・・
だからって、調査には協力しないくせに、状況を知りたがって電話してきやがるし・・・
参加しないなら、黙って待ってろ!って感じよ!!
・・・ま、いろいろ大変そうだけどねぇ・・・

杉村は、犯人・暮木が名指しした「悪人」の三人を調べることに。
すると、死んでるか転居していて誰も見つからず・・・
だけど、どうやらそのうちの一人は詐欺の加害者だったようで・・・・
そのことと暮木はどういう関係があるのか・・・・
まだ見えてこない・・・ってとこでしょうか。

ほかは・・・ちょこちょこ動いてるんですよねぇ・・・
一番気になるのは、やっぱり「あの人」の動きなんだけど・・
ちっ!このときからすでに・・・とか、勘ぐってるしまってる私がいる。(笑)

さて、次回は編集長について・・・かな?
彼女の過去と、この事件・・・どんな風に描かれますでしょうか・・・。



  ◇ 第話 ◇   「バスジャックの謎は巨大犯罪へ…共犯者!?死者からの慰謝料!悪は伝染する」   
                                            2014.07.14.         
番組内サブタイトル ・・・ 「バスジャックの謎−共犯者の影・・・死者から届く慰謝料」

なんか・・・ほぼほぼネタバレしてますけど・・・大丈夫ですか?(汗)

バスジャック事件は終わった・・・
穏やかな平常が戻ってくると思われたが、
なんと、犯人から慰謝料っが届いた!っていうところで終わりました。

でも、進んだような、進んでないような…って状況でしたね。(笑)
ちゃんと進んでるんですよぉ・・・
いろんなヒントが再び散りばめられていて・・・
杉村の未来が・・・あぁ・・・・って感じ?(笑)

さあ、死んだはずの犯人から送られていた「慰謝料」・・・
受け取った人たちがどうするのか・・・ですね。




  ◇ 第話 ◇   「宮部みゆき最新ミステリー!“悪”が生まれた瞬間、それは30年の時を経て日本中を巻き込む巨大犯罪に!
            謎はドラマ史に残るバスジャックから始まる」   初回109分SP     2014.07.07.   
番組内サブタイトル ・・・ 「悪が生まれた瞬間 それは30年の時を経て日本中を巻き込む巨大犯罪となった」

原作小説もね、最初はハラハラしながら引き込まれたのよねぇ・・・・なんて思いつつ見てました。(笑)
バスジャックの一部始終をしっかりと描いた初回でしたね。

でも、バスジャックをここで終わらせてしまったら、
今後はどんな話になるのさ?って感じでしょ?
ここから、杉村はいろんなことに巻き込まれていくわけです・・・
いや、相変わらず自ら首を突っ込むというか・・・。

かなりのヒントが散りばめられた初回で、
原作よりもわかりやすく、楽しめそうな気はしておりますが・・・
なんせ、あの展開がね・・・
そこが喉に引っかかった魚の骨みたいで、スッキリしないんですわ・・・。(涙)

とはいえ、上々の初回ではないですか?
やっぱり、小泉孝太郎くんはいいですねぇ〜!
バスジャック犯は、杉村の人となりをピッタリと言い当ててましたが、
ほんと、杉村くん役は小泉孝太郎でバッチリでございます。

バスジャック犯は、「探してほしい人」を警察に三人告げ、
突入してきた警察の中、拳銃自殺しました・・・
「人質の皆さんには慰謝料を払いますね」と言っていた犯人。
今後、どうなっていくのでしょうか・・

そして、いつも勝ち気な編集長が見せた「影」・・・。
彼女は一体、どんな過去を・・・?ってことです。

そして、バスジャック犯の真意とは?
探していた三人とは一体・・・?ってことで、今後が楽しみですな。




★ STORY ★ 昨年7〜9月期放送の続編。今回は、自身が遭遇したバスジャック事件から始まるさまざまな出来事に、自ら首を突っ込んでいく。
★ 期待度 ★ この原作のオチを知ってるので・・・・見たくない気もするのよね・・・。(汗)