日曜10時〜    BSプレミアム       
 脚本:浅野妙子     演出:渡邊孝好ほか     P:篠原圭ほか

◆ 出演者 ◆
森村朋美 鈴木京香 専業主婦
森村浩光 杉本哲太 ハウジングメーカーの宣伝部広報課長
森村優太 濱田龍臣 次男 高校一年生
森村健太 前田公輝 長男 就職活動中の大学生
山岡孝吉 品川徹 長崎の被爆を伝える語り部
亀田章吾 高橋一生 山岡の講演活動をサポートするボランティア
富田 でんでん 気の良さそうな長距離トラックの運転手
桜田百音 小野ゆり子 サービスエリアで朋美と出会う女性
三浦 泉谷しげる 長崎の漁港にある水産食堂の親方
加藤桂子 中原ひとみ 長崎の古い洋館に一人ですむ上品な老婦人
滝川知佐子 YOU 朋美の高校時代からの親友
千春 筒井真理子 バー「エルチェ」のママ
宮内繁 豊原功補 朋美の高校時代の元カレ
竹内 笹野高史 浩光が所属するゴルフ・サークル「ピンそば会」の会長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「告白」    最終回    2015.03.01.                    

相手の声に耳を傾け、自分の想いをちゃんと伝える・・
そして、思いやり、心寄せ合う・・・
その大事さが伝わった最終回でした。


縁もゆかりもない人との触れ合いで、
優太は一歩前に踏み出せたし、
亀田は過ちを償う機会を得、
山岡先生は、心の奥にしまった後悔を吐露できた・・・
そして朋美も・・・ってわけですな。

最後まで変わらないんじゃないか?って思えた浩光でさえ、
長男に背中を押されて・・・ではあるけど歩み寄ってきたし、
それぞれに希望の見える最終回ですな。

でも、浩光の言う通り、あんなふうに知らない土地で生きていけるってすごいよ。(汗)
この夫婦は、こういう距離感がまず必要だね。
ただ・・・優太が高校を卒業するころ・・・
朋美は一人でバリバリ生きていけてる気がして・・・
やっぱり浩光は捨てられるのかもな・・・・(笑)



  ◇ 第回 ◇   「悪魔と天使」      2015.02.22.                      

朋美は亀田を追い出す・・・
まぁ、しかたないわね・・・
いろんなところで必要な分だけ頂いてきた・・・といってる亀田さん・・
じゃ、あのお葬式の香典もそういう「必要経費」ってこと?
なんか、おかしいよ・・・。

浩光に「優太は逃げさせちゃいかんだろ?」と言われて、
そうだな・・・と思った朋美は、優太にそうすべきでは?って話をするんだけど・・・
「オレの人生をオレで決める!オレを言い訳にしないで!」って言い返されてましたね。
わかるんだけど・・・
養ってもらわないと生きていけないのに、偉そうなんだよなぁ、この子・・・(汗)
ま、無理に戻すより、「休憩」を与えてもいいとは思うんだけどね・・・

最後は山岡先生の告白。
最終回へとどうつながっていくんでしょうか・・・。



  ◇ 第回 ◇   「妻と夫」      2015.02.15.                         

百音って女に盗まれた車が見つかった!ってんで、大阪に向かった朋美・・・
ま、車の持ち主は浩光なわけで、先にそっちに連絡がいくってことは・・・
鉢合わせる・・・ってことで。(汗)

相変わらず上から目線の浩光の言い分に、
もう、カッチンカチンきちゃったよ。
この期に及んでまだ自分本位でしか考えられないのね・・・


このままじゃイヤだ、自分の道を見つけたいという朋美の宣言に
何も言えずに戻ってきちゃった浩光に長男・健太は・・・
健太は、カノジョとの関係で自分の家の「おかしさ」に気づけたみたいで、
ま、この子も優太もちょっとずつ変わってきてるのでヨシとしましょう。
問題はこのオヤジだよ。
・・・変わったとしても、簡単に戻るのはイヤだけどね!!

朋美は、坂が多い長崎で高齢者が不便だろうと宅配の弁当サービスを考え付く。
亀田の力を借りつつ、なんとか形にできたら・・・と思ってると・・・
いよいよ亀田のところにある弁護士がやってきて・・・

とうとう亀田のしてることが明らかになってくるのかな?



  ◇ 第回 ◇   「息子の家出」      2015.02.08.                      

えぇ・・・・亀田くんって、悪いヤツじゃなかったんだっけ・・・?
いや、まだまだ怪しい・・・

水族館で優太を確保した朋美。
だけど、しょっちゅう仕事を抜ける・・・ってんで、クビになっちゃいまして・・・
まだ貯金はあるけど・・
「貯金アリ」ってことを亀田に漏らすあたりが、危ないと思うんだが・・・(汗)

亀田は、ボランティアでお年寄りの相手をしてると告白してたけど・・・
香典泥棒してたしな・・・
そんな純粋なヤツではないだろう・・・

一方、東京では、浩光が「夫婦同伴の食事会があるのに!!」と
朋美を迎えに長崎に行こうとしております。
朋美もさ、住所を浩光に教えた時点で、
連れ戻しにくる・・・って考えられるわけで、
どうしたいんだろう・・・?って思っちゃうよね。

ま、このままでいいわけはないだろうけど、
だからって、戻るってのも違うと思うし・・・



  ◇ 第回 ◇   「母親失格」      2015.02.01.                       

結局、山岡先生のお宅でお世話になることにした朋美。
生活費に・・・と3万円渡すも・・・

後日、「受け取ってない」って言われるし、
「光熱費は銀行引き落としになってる」っていう、その通帳が見当たらないし・・・
この家・・・誰か入り込んでるのか・・?
山岡先生が使って、忘れてしまってるのか・・?
とにかく、お金に関してはキッチリしとかないと、アンタが疑われることになるぞ!!

そんなとき、亀田がボロボロになってやってきたぞ・・?
面倒がまたひとつ・・・(汗)

そして、家では・・・なんと、優太が家出!!
どうやら、ブログのアクセスで朋美が長崎にいるって知って向かってるらしい・・・?
はっきりとした住所も知らんのに??
無謀な息子じゃー!

・・・予告を見る限り、ちゃんと会えてるみたいで安心ですが・・・

実母にも捨てられ、妻は戻らず、長男は恋人の家に、次男は家出・・・
あっという間に一人ぼっちの浩光・・・
どううなりますやら・・・。



  ◇ 第回 ◇   「初恋の男」      2015.01.25.                       

元カレと会った朋美・・・
「変わってない」はずがないやん・・(汗)
見た目もそうだけど、既婚者の男が元カノに会いに行く理由って、
限られてくるでしょうに・・・
・・ま、「営業」だった・・・ってことで。(汗)
何を期待してたんだね、朋美・・・(滝汗)

貯金が減るのが怖くて、バイトを始めた朋美。
だけど、馴染めず苦労・・
そんな時、山岡先生がらみで面倒なことに・・・ってわけだ。

正直、とっとと知佐子のとこに行けば?って思ってたのさ。
ようやく誘ってくれたんで、山岡先生のゴタゴタにも巻き込まれず済んだ・・・かと思ったら!
「カレシが戻ってきたから、ゴメーン!」だとよ。
なんかさ、朋美が苦労すればいい・・っていう意地の悪さを感じ取れる女なんで、
行かなくて正解だったかな、と。


で・・・・山岡先生を捨てていった亀田を見かけた朋美・・・
うむ、どうやら年寄り騙し男らしい・・?
山岡先生についてたのも、金目的・・・・か。
ろくでもない男だよ・・・(汗)



  ◇ 第回 ◇   「もう一つの人生」      2015.01.18.                    

「語り部」として全国を回って原爆体験を語り継いでいる山岡という老人と、
その付き人らしき亀田という青年に拾われた朋美。
しかし・・・

ある旅館に泊まった朋美たちですが、
亀田が山岡老人を捨てて消えた!!
手紙には「先生を長崎の家に送り届けてください」と・・・
言われた通り長崎まで送った朋美は・・・
お金に節約のため、ネットカフェに泊まり、そこで次男・優太のブログを見つける・・・という話。

いやはや、亀田なる人物、何者なんだーっ!って感じよね?
山岡老人、大丈夫か・・?って気もするし。(汗)

ま、朋美としては自分のことで精いっぱいだろうから、とりあえずスルー・・・だよね。

友人・知佐子に会った朋美だけど
世間知らずの朋美に厳しい言葉をぶつける知佐子・・
まぁ、言ってることは間違いないけど、
そこに確実に「羨望」や「嫉妬」が入ってるんで、感じが悪いよね・・・(汗)

しかもさ、「元カレに会ってみたら・・・?」とか嗾けるし!
事を大きくするなっつの。

さて、朋美の家族は・・・だけど・・・
やっぱり浩光は危機感を感じてない。
母親に家事を任せ、朋美の家出を真剣に考えてない・・
長男はちょっと「ヤバくね?」って感じがしてるのかもしれんけど・・・
次男は、まだまだオコチャマだから・・・どう出るか・・・だよね。

それにしても・・・浩光の「ポーチ」、誰が女性に送り付けたんだ?ってね。
この意味では、浩光も「危機感」を感じてるかもね・・・(笑)
ざまぁみろだわ!




  ◇ 第回 ◇   「逃げる主婦」      2015.01.11.                      

ほんっと、冒頭の「蔑ろ」にされるシーンは・・・・
専業主婦としてはカチンコチンカッチン!!ってくるんですよね!
原作を読みながらも、鼻息が荒くなりましたもん!!

主婦って、「やって当たり前」って思われる職業なんだよね。
「成果」としてあらわれるわけではないので、感謝もされづらい・・・
でもさ、だからってさ・・・
自分の誕生日ってのに、何が悲しくて、
自分で店を予約し、車を運転し、酒も飲まず、家族の愚痴を聞かされねばならんのだ!
あの夫の言い方・・・ひどすぎる・・・
夫があんなんだから、子どもたちが母親を見下すのよ!
そうだ、そうだ!家出してやれい!!・・・っていう始まりなんですが・・・


この家出がねぇ・・・始まってすぐにトラブルまみれ!(笑)
原作では、初日は友達と東京で過ごし、一日家族に反省を促し、
謝ってきたら戻ってやってもいい・・・っていう考えだったけど、
夫の突き放した言動、子どもたちの無視・・・ってことで、旅立つ・・っていう設定だったんだけど、
そこはありませんでしたね。
こういう、「一応謝罪の機会は与えたぞ?」ってのも設定として必要な気はするんだけど・・・

そんなこんなで高速に乗った朋美。
親友のいる福岡に行ってみるか・・・・っていうことになるんだけど・・・・
サービスエリアで拾った女性に・・・
車を持ち逃げされちゃって!!
ヒッチハイクすれば、「アンタ、いくら?」と言われ侮辱され・・・
車の中のゴルフバッグはおいていってくれたおかげで、金に換えることができたものの、
その中には夫の浮気の証拠が残されており・・・
と、まさに踏んだり蹴ったり!!

そこに救いの神が降臨・・・
って・・・、アンタ、こんな痛い目にあって、またホイホイついていく気か??

ってか、ゴルフバッグ売った金・8万円があれば、福岡まで電車で行けますけど?
安い靴も買えますやん??
・・・ってことは置いといて・・・(笑)

家出主婦・朋美の行く末やいかに・・・・ですな。




★ STORY ★ もう二度と会うことはないでしょう。46歳の誕生日。身勝手な夫や息子たちと決別し、主婦・朋美は1200キロの旅路へ。彼女の行く手に待っているのは「荒野」なのか?それとも…桐野文学の最高峰ともいえる名作を、鈴木京香の主演でドラマ化!!
★ 期待度 ★ 結構「んなアホな」っていうお話なんだけど、面白く作ってあるといいなぁ・・・