金曜10時〜    TBS       
 脚本監修:野島伸司   脚本:池田奈津子    演出:吉田健ほか    P:韓哲ほか
 主題歌・・・ 「ローズ」 ベット・ミドラー
原作


◆ 出演者 ◆
白鳥咲人 山下智久 知的障碍者 ドリームフラワーサービス 従業員
望月遙香 栗山千明 脳生理科学研究センター 研究員
柳川隆一 窪田正孝 ドリームフラワーサービス 従業員
檜山康介 工藤阿須加 ドリームフラワーサービス 従業員
小久保一茂 菊池風磨 脳生理科学研究センター 研究員
河口梨央 谷村美月 女子大生 河口社長の娘
小出舞 大政絢 梨央の同級生
杉野史郎 河相我聞 脳生理科学研究センター 研究員
白鳥久人 いしだ壱成 咲人の父
白鳥窓花 草刈民代 咲人の母
河口玲二 中原丈雄 大手製薬会社社長
竹部順一郎 萩原聖人 ドリームフラワーサービス 社長
蜂須賀大吾 石丸幹二 脳生理科学研究センター 部長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「奇跡のラスト〜私から僕への遺言」   最終回     2015 .06.12.    

うーん・・・
なんか、スッキリしない終わり方だったなぁ・・・・

梨央は救えてよかったけど、
「住む世界が違うんだ」って檜山に言われて、そうだね、じゃバイバイ・・って・・。
リアルっちゃーリアルだけど・・
そこはさ、パパもさ、「ずっとそばにいてくれた男」としてちょいと頭を下げるとかさ、
檜山と梨央を今まで描いたのなら、ちゃんと終わらせてほしかったよ・・
ガッカリ。

自分が元に戻ったとき、周りの人を悲しませたくないから・・・と
「さくと」へ言葉を遺した咲人。
しかし・・・山Pの字が汚くて・・・(滝汗)
泣けるシーンなのに・・・幻滅が先に立ってしまって・・・困ったもんです。

で・・・行方不明になったサクちゃん。
「なんでオレは気づかなかったんだ!!」な小久保・・・
「対等な友達はいませんか??」・・・・
ん?まぁ、アルジャーノンを埋めた場所にいるかもしれないから、
捜しに行きましょう!!っていう流れかと思ったら、
呑気に荷造りして、「お世話になりました」・・・・な檜山&柳川。
いやいや、早く行かんと死んでるかもしれんし!!

アルジャーノンを埋めた場所で眠りこけてるサクちゃん発見・・
で・・・三人でハンバーガー屋さんをやってましたとさ。
遥香は、いつか自分に覚悟ができたら・・そのときは・・・な感じだったけど・・・・
え・・・?アルジャーノンは退行のあと、死んだんですけど・・・・?
サクちゃんの寿命も薬のせいで縮まってるかもしれませんけど・・・・?

より強い薬を打ってるんですけど??
みんな、元に戻ったサクちゃんのフォローはしないんですかーっ!!
コラーっ!
何をそれぞれに前を向いて歩いていってるんだーっ!!

もぉ・・・不可解だよ、ほんと。
泣かせようとしてるのはわかったし、実際ちょっと泣いてもうたし。(汗)
だけどさ、話としてはおかしなことになってると思うんだけどなぁ・・・・
うーむ・・・・

まぁ、この話をドラマ化するってことで、嫌な予感しかなかったけど、
やっぱり・・・だったかな。
来期は、「なんじゃ、そりゃ?」なドラマだし・・
もう、金10も「見なくていい枠」になってきちゃったかも・・・だな。(涙)



  ◇ 第話 ◇   「終幕・・・対等のトモダチとの永遠の別れ」    2015 .06.05.          

咲人は、「元に戻る」という不安を感じつつも、
自分に起こった様々なことに対する「意味」を大事にしたいんだ。
アルジャーノンは、死んでしまった。
アルジャーノンがいなかったら、今の自分はいない。
今の自分がいる意味・・・
そうなると、自分のために時間を使うことより、
「誰かの為」、梨央のために・・・ってなるわけだ・・・
それは、咲人のお父さんもそうだったみたいね。
竹部に「命」をくれたんだから・・・
「笑っていなさい」と教えてくれた父。
咲人は父の教えの通り、父のように、生きていくんだね・・。


だけど、遥香はそれを受け入れられない。
何とか、咲人は自分のために足掻いてほしいと思う。
咲人の母に頼んでまで・・・
だけど、母・窓花は、亡き夫を思ってるんだろうな。
そうして、咲人のことを受け入れてほしいと思う。
「笑っていよう」と努力する咲人に、心からの笑顔を与えてほしい。
そして、吐き出せない苦しみを受け止めてくれたらいいな・・・。

ただね、遥香の気持ちがちょっとね・・・・
「おりこうさん」になる前の咲人から好きだったのならいいんだけど、
おりこうさんになってから、咲人への想いを感じたのだとしたら・・・
そりゃ、元に戻ってほしくはないはずよね。
元に戻ろうが、咲人という人間を愛してる・・・っていう風には感じ取れないから、
足掻いてる様が、良い気がしないというか・・・。
まぁ、「元に戻る」ってことが、元に戻っても生き続ける・・・のか、
アルジャーノンみたいに死んでしまう・・・のかによって、必死さも変わってくるんだろうけど・・・
「失いたくない」の意味が、いまいち伝わりにくいんだよね・・。(汗)

私、昔、ハムスターを何匹も飼ってたことがありまして・・・
何度もお別れを経験しております。
そのころのことを思い出して・・・なんか、号泣しちゃいました・・・。(涙)
アルジャーノン、安らかに・・・。



  ◇ 第話 ◇   「最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!」    2015 .05.29.         

事を面倒なことにしてるとしか思えない。(汗)

そりゃさ、咲人なら梨央を救えるかも?って私も思ったよ。
何もないなら、きっと何とかしてくれると思う。
いや、何かあった今でも、それを聞いたら何とかしてあげたいって思うかもしれない。

だけどさ、咲人自身に「今を継続できないかもしれない」って危機が訪れてて、
そっちで必死な状況なんだよね。
だから、そっちに集中させてあげたいって遥香の気持ちもわかるけど・・・

だからってさ、梨央を救ってほしい!!ってすがってくる檜山や舞たちを、
遥香がそんな風に追い返しちゃいかんだろ。
正直に現状を話せばいいやん。
そしたら、檜山たちだって何も言えないっての。
勝手なことしてさぁ・・・

面倒なことをしてるとしか思えない。
ガッカリだよ。

もう、先はわかってるわけで・・・
あとは、どんなふうに「リバウンド」していくか・・・ですな。
お母さんもさぁ・・・
ちゃんと咲人が理解できるうちに歩み寄ってほしいもんですわ・・。



  ◇ 第話 ◇   「壊れる絆・・・すべてを失っても愛に生きる」    2015 .05.22.         

最後のシーン・・・
栗山千明ちゃんにそこまで脱がせなくてもいいんじゃね・・・・?って気がするんだけど。(汗)
山Pの裸体だけで十分に迫力ありますから。(笑)

蜂須賀の本音に触れ・・・
大切なものを次々に失い・・・
ようやく「目覚めた」」咲人・・・って感じかな?


いろんなことが理解できるようになって、
いろんなことの裏を読めてしまうようになって、
だからこその発言で、絆を失っていってしまう様が丁寧に描かれてましたね。

そして、ようやく気づけた咲人に・・・厳しい現実が待ち受けています。
アルジャーノンに異変が起こっておりました・・
いや、すでに咲人にも起こってたんだけどね・・・(汗)

一方で梨央。
なんと、ALGは梨央には効果がないんだと!!
なんと、蜂須賀、それをわかった上で支援を受けたいがために内緒にしてたらしい・・・
ひでぇヤツだ・・・・(涙)

この病気を知って、最初は恐れただろう梨央が、それでも受け入れようとしていた時に与えられた希望・・
それを粉々に打ち砕かれて・・・
可哀想すぎます・・・。
だけど、そんな梨央にも、そばにいてくれる人がいて、良かった・・・
「あなたには、覚えていてほしいから・・」なんて泣かせるやーん!(涙)
咲人がこのまま持続するのなら、急いで研究してもらいたいくらいだよ・・・。

もう7話が終わりまして・・・
これからは切ない展開になっていきます・・・
見届けなくては・・・。



  ◇ 第話 ◇   「孤独が天才を連れてくる・・・蓋された心」    2015 .05.15.         

変わっていく咲人、
戸惑う周りの人たち、離れていく・・・
「キミには僕がいる!」という蜂須賀・・・
いい感じで話は進んでいるようですが・・・

咲人の母、心を病んでるようですね。
せっかく会いに行ったのに・・・
だけど、それはお母さんが咲人を切り捨てられてないっていうことで・・・
知能は上がっても、そういう人間の機微というか、慮ることはできてないんだよね・・・・

次回、パパが登場・・・?
死んでるよね・・・?
そういうところから、「症状が出てくる」・・・ってことなんでしょうか・・・?

キミには僕がいる!!と言ってる蜂須賀が、
咲人に失望するといの一番に離れていく気がするんですけど・・・?(汗)
何が大切なのか、気づくのはまだまだ先・・・なんでしょうね・・。



  ◇ 第話 ◇   「輝く世界の果てに待つ愛 奪われたキス」    2015 .05.08.         

やっぱり、咲人のお父さんは死んでたか・・・
だから、竹部に咲人を託したのね・・・・。

さて、めきめきと知能アップしていく咲人。
しかし、まだ情緒的には成長しきれてないようで・・・
「好き」の持つたくさんの意味を理解できないようです。
一途な遥香への想い・・
それを悲しく打ち砕かれ・・・ってわけか。

このことで、咲人は情緒的に成長するんだろうけど・・
いい方向には向かないみたいね・・。
母親との再会も、きっと・・・だよね。
そして、友とも・・・

アルジャーノンにはすでに徴候が出てきている様子・・・
早く気づいてほしいもんです。
・・・だからといって、もう遅いんだけどね・・・。(涙)



  ◇ 第話 ◇   「手術失敗!?あなたの為に起きて・・・奇跡」    2015 .05.01.       

手術が終わったものの、すぐに効果が出ない咲人。
「失敗だったのか・・・?」という流れに・・・

しかし、蜂須賀は、「嫉妬」などの感情を揺さぶることで、
ずっと休んできた脳の活性化を促す・・
それが功を奏し、咲人に変化が・・・ってわけだ。

次回はメキメキと成長しちゃう感じでしょうか?
ようやく山Pの演技を楽に見られそうですが。(笑)
変わっていく咲人に、周りは困惑していくんだろうなぁ・・・



  ◇ 第話 ◇   「超知能への手術!世界一好きな人の為」    2015 .04.24.         

何の気なしに「寄生獣」を見ていたら・・・最後まで見てもーた。(笑)
面白かった!
完結編、映画館に観に行こうっと!!

さて・・・

梨央がどうからんでくるのか・・・・と思ってたら、
なるほど、そういうことでしたか・・・。

脳の病に罹ってる梨央のため、河口社長は焦ってたんだ。
で、自分の娘にいきなり「世界初」のオペはさせられないから、
まずは「実験」してみて、大丈夫そうなら娘に・・・って考えてたわけね。
そっか、そっか・・・

咲人の遙香への想いも見えてきたところで、
ようやく手術となりました。
・・・引っ張るねぇ・・・(汗)
オペをしたからといって、すぐに効果が出るわけではないだろうから、
梨央の病状の進み方も気になるところだよね。
それに、咲人に目覚ましい変化が出てきたからといって、
梨央にオペしちゃうのかなぁ・・・?
この話の結末を知ってるものとしては、そこも気になるところですね・・・。

それにしても・・・
咲人の父は、どこにいるんだろ・・・?
ママは妹と二人暮らしですか?
パパが出てこないので、気になるんですけど・・・?

山Pの演技は大きく目をつぶるとして・・・
話はちょっと面白くなってきた・・・かな?




  ◇ 第話 ◇   「対等な友情、親友のために溢れでる涙」    2015 .04.17.         

窪田くんは好きなんだけど・・・
柳川の話・・・いる?(汗)
「友だちは対等でなくちゃいかん」っていう言葉を引き出すために必要だとしても、
ちょっと無駄に長いっていうか・・・
柳川の母親の借金とか、同僚とのその後とか、全然解決してないし・・・
変な感じっすよ。(汗)
ま、あんまり山Pだけ!ってなっても、演技的に耐えられないかもしれないので、
これはこれで良しなのかもしれない・・・(汗)

梨央との関わりも、一体どんな意味が・・・?と思ってたけど、
なるほど、梨央は河口社長の娘なのね・・・
そういうことで話が進むわけか・・・

気になったのは、蜂須賀の息子の話。
駅のホームで楽器がぶつかったとかで揉めて、転落して死んじゃったらしいけど、
それって、誰なんだろう・・・?
全く関係のない人なんだろうか・・。

いよいよ、咲人が被験者となりました。
オペを経て、変わっていくことになるんだけど・・・
山Pがねぇ・・・この段階で、すでに「素」が出ちゃってるときがちょいちょいあるので、
もうちょっとどっぷり「知的障碍者」の演技をしておかないと、
「ギャップ」が出てこないんじゃないかなぁ・・・?

もっと、もっと!!って思ってしまうんだなぁ・・・
でも、もうオペしちゃうし・・・もう遅いか・・・。(涙)




  ◇ 第話 ◇   「無垢な夢、愛、友情がもたらす奇跡」   初回69分SP     2015 .04.10.     

あぁ・・・・・
これは・・・・・

私は2002年放送の、ユースケ・サンタマリア主演の「アルジャーノンに花束を」が
とっても好きな人間でして・・・
んでもって、最近の諸事により、山Pのことがあんまり好きではなくなってるのもありまして・・・
うーむ・・・

主演は窪田くんがやればよかったのに・・・って思っちゃったよ。
彼なら見事にやり切ってくれるとおもうんだけどなぁ・・・・
とにかく、顔がキレイすぎるし、所作や存在や雰囲気がキレイすぎるんだよね・・・、
そのせいか、「知的障碍者を演じている人」にしか見えなかった。

当初の不安通りの初回って感じかな・・・?(汗)

それと、サブエピソード、多くないっすか?
望月遥香の蜂須賀への恋とか、刑務所帰りの檜山のこととか、
梨央とか舞とか・・・
枝葉が多すぎて、メインがおろそかになるパターンになりかねないぞ?

んでもって、咲人と研究所の接点が無理矢理すぎない??
研究所を脱走したアルジャーノンが偶然咲人と出会うまでは何とか納得できたとしても、
咲人の部屋までくるとか・・・
ファンタジーなのか??
で、いくらお利口なネズミとはいえ、ポケットに大人しくおさまってる??
それに、GPSついてるなら、咲人の部屋にいる段階で到達すべきやし。
本気で探してた??

逃がした張本人とされてる小久保は何をしてたんだよ?

んでもって、いしだ壱成と草刈民代が夫婦って、どんな設定だね?
今後登場することを考えると、草刈民代さんは年齢的にOKだとしても、
いしだ壱成は無理がないか?
もう死んでる設定なのか??

とにかくツッコミどころが多いし、
主演の演技がどうにもこうにも・・・なんで・・・
このままレビューはリタイアの方向になるかも・・・。
中居くんは見事に演じてたのになぁ・・・
でも、手術後の変化は見てみたい気もするので・・・
やっぱ、もうちょっと様子見ですかな・・・?




★ STORY ★ 28歳だが知能は幼児並みの精神遅滞者の白鳥咲人は白ネズミのアルジャーノンと同じ知的能力を向上させる脳外科手術を受けて天才的な知能を手に入れる一方、孤独と苦悩も抱えてしまう・・・。
★ 期待度 ★ 以前は好きだったんだけどなぁ・・・最近は逆に・・・なんだよね、山P・・・(涙)