水曜10時〜    日本テレビ        
 脚本:中園ミホ     演出:水田伸生     P:次屋尚


◆ 出演者 ◆
日野倫太郎 堺雅人 慧南大学病院 精神科医
夢乃 蒼井優 新橋の売れっ子芸者
水島百合子 吉瀬美智子 慧南大学病院 外科医 倫太郎の幼なじみ
桐生薫 内田有紀 慧南大学病院 看護師 シングルマザー
川上葉子 高梨臨 慧南大学病院 研修医
福原大策 高橋一生 慧南大学病院 研修医
矢部街子 真飛聖 宮川の部下
小夢 中西美帆 夢乃の後輩芸者
益田伊久美 余貴美子 夢乃のいる置屋のお母さん
荒木重人 遠藤憲一 倫太郎の精神科医の先輩で開業医
中畑まどか 酒井若菜 倫太郎の妹
宮川貴博 長塚圭史 慧南大学医学部・精神科主任教授
蓮見栄介 松重豊 慧南大学病院 副病院長兼脳外科主任教授
池正行 石橋蓮司 大物政治家
相沢るり子 高畑淳子 慧南大学、大学病院の理事長
円能寺一雄 小日向文世 慧南大学・大学病院の理事長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」    最終回     2015 .06.17.   

倫太郎にまっすぐに愛してもらったことで、明良と夢乃は・・・ってことですかね?
あまりにもあっさり・・・だったので、一話飛ばしたのか?って思っちゃったよ。(汗)
これまでグズグズと描いてきたのに・・・
こういうときは一瞬なんだね。(汗)

メインの明良が強く出てますけど、芯がしっかりしてるところは夢乃の部分も垣間見え・・
そんな明良にプロポーズしちゃった倫太郎。
無事に断られておりました。(笑)
こんな自分でもちゃんと愛してもらえた・・・って事実が、明良を支えてくれるでしょう。
本当の母にも、育ての母にも、ちゃんと本心を伝えることができて、
これから明良本人の人生が始まる・・・んだろうね。
るり子は荒木預かりとなっておりましたけど・・・
まだまだ不安定で不安。(汗)
荒木自身もなんか心配だし・・・大丈夫かね、この二人・・・(汗)

円能寺もいろいろと抱えていたようで・・・
倫太郎の治療と、夢千代さんの支えで何とかやってけそうですね。

そんなこんなで・・・
つまり、「愛が大事」ってことのようです。
まぁ、そうでしょうな・・・としか言えん。(汗)
人間さ、誰かの愛されてるっていう根っこがあると、結構大丈夫なもんです。
それが、親であれ、異性でであれ、同性であれ・・・
そんなことを、改めて伝えられた最終回でしたな。


結構期待していたぶん、始まってすぐは戸惑いが大きかったです。
コレは・・、どう評価すべきなのか・・・と。
何話か見続けてみて、うーん・・・・ちょっと・・・・と思いながら、
最終回まで見ての総括。
心の病を描くドラマは難しいです。
外科みたいにわかりやすくないですから。

ドラマと割り切ってエンターテインメントにしないと面白味はなくなっちゃうし、
やりすぎると現実味がなくなっちゃうし・・
リアルを追及すると、わかりづらくて盛り上がらないし・・・
という、難しさが際立っちゃった感じかな?

さぁ、来年の大河に期待しよーっと!!!



  ◇  ◇   「絶体絶命のスキャンダル!?仕組まれた破滅への道!」     2015 .06.10.      

結局のところ・・・
相手に好きって言われて、それは無理って拒絶した時点で、
治療が円滑に進む・・・ってのは難しいよね?
でも、精神的な治療を男女間で・・・ってなると、
そうなる確率は高そうだし・・・
なんか、難しいっす。(汗)

で?水島が言うことにゃ・・・
患者と治療者という立場になる前にそういうキスとかしてたんなら、話は別・・・らしい。
うーん・・・・
じゃ、そういうキスとか、そんなことしちゃった時点で、
治療者になってはいけなかった・・ってことか?
倫太郎も恋愛を封印していたせいで、そこんとこが甘かった・・・ってことか?

なんか・・・
もう、どうでもよくなってきてるのよね、正直。
残すは最終回のみなんで、見ますけど・・・
円能寺も荒木もるり子も・・・どいつもこいつも病んでる人ばっかで・・・
画面から発せられるものが「陰」ばっかなんで、
見ててドンヨリしてきちゃうな・・・・。(汗)




  ◇  ◇   「白い巨塔の陰謀!視力を失った脳外科医の野望と決断」     2015 .06.03.      

明良のため・・・と、夢千代さんがるり子に「5000万やるから夢乃の前に姿を出すな」と言いまして、
るり子、やった!わかった!!と承諾。
・・・承諾して消えればいいのに、わざわざ明良に別れを告げるという・・・
この母、どこまでも罪深い。
もしかしたら、るり子も「最後に顔を見たい」なんていう「母の想い」があるのかなぁ・・・?って気もしたけど、
それにしたって、ひどい仕打ちやわ・・・

で、明良が悲しみ、夢乃が出てきて倫太郎の家に侵入、通帳だの権利書だのを持ち去ろうと!!
冷静に倫太郎は説得・・・
夢乃と明良 の記憶をつなぎたいのだ・・・・と。
その記憶が苦しいんだ!!と激昂する夢乃・・・
思い知らせてやる!と捨て台詞をいい、出ていった夢乃・・・

そして、翌日・・・週刊誌に、夢乃とキスしてた写真が出てしまってました!
なるほど、るり子の仕業か・・・
やるよねぇ・・・

悪役がお似合いのエンケンさんと松重さん・・・という豪華な脇二人のお話でしたが・・・
それより悪いコッヒーがいて、もう、お腹いっぱい。(笑)
すっかり新病院に憑りつかれている円能寺が怖いよ・・・

窮地に陥った倫太郎。
それでも相変わらず飄々とするのかな?
・・・その飄々っぷりが、なんか癇に障るのは私だけか・・・?(汗)



  ◇  ◇   「心を閉ざした少年に起きた奇跡!?ボクがママを守る!」     2015 .05.27.       

メインのキャストが患者さんのため、
いつもよりも丁寧に描いた・・・て感じでしたね。
そのせいか、明良部分は全然進まず・・
イライラしてきた。(笑)

桐生看護師の息子さん・・・
確かに、心無い医師=宮川に任せるのは不安ではあったけど、
先を見越して検査や治療の必要性を一番考えていたのは息子くんだった・・っていう・・・
すごい子だよ・・・
ま、宮川の専門分野みたいなんで、ここは任せても大丈夫でしょうな。

で。。。
夢乃は、自分を追いだそうとしている倫太郎を排除するため、
宮川が円能寺に渡した「夢乃と倫太郎のキス写真」を母親に渡しちゃいました。
で、5000万脅されちゃいました・・・

どうも、自分で窮地を招いてるような気がするのは気のせいか??(汗)



  ◇  ◇   「愛と憎しみの境界線とは?精神科医を襲うストーカー事件!」     2015 .05.20.     

うーん・・・
明良とのこと、あんまり進んでなくて・・・
早く治療に着手してくれよ・・・って思いつつ見てました。
次回からようやく・・・ですかね?

しかし・・・倫太郎がかかわることで夢乃が狂暴化してるわけで、
しかも、それが明良に向かってるわけで・・・
ここは、違う医者に任せた方がいいのでは・・・?って気もするんだけど・・・
精神科的にはどうなんですかね・・・?



  ◇  ◇   「これは恋?精神科医はギャンブル依存少女に賭ける!?」     2015 .05.13.       

毎回の患者部分が少なめで、
ほとんどが夢乃でしたね。
どちらも「お金」ってくくりだったので、わかりやすくもあり・・・

また母親に1000万要求された夢乃は、円能寺に泣きつく。
上手いこと仕事してくれたらあげる・・・と言われ、頑張った夢乃。
お金を受け取る日・・・出向いたのは明良のほうで・・・
何が何だかわからず、倫太郎に救いを求める・・・という話。

伊久美=夢千代さんの話によると、芸者だったるり子が明良を産んだものの、
ろくに育てもせず、しまいにゃ置屋の金を持ち逃げして明良を捨てていったらしい。
母親代わりの夢千代に、倫太郎は明良の病について話をするわけだけど・・・・

ほんと、罪な女だよね、るり子は。
育てなかったことで、明良とつながってるなんて・・・
「産まなきゃよかった」という言葉で、明良を縛り付けてる・・・
それをわかっててやってるとしたら・・・
なかなか手ごわいぞ・・・・?(汗)

倫太郎も、うつ病の母を救えなかった、追いつめたのでは?という過去があり、
だからこそ、夢乃に肩入れしてるのかもしれないけど、
最後のるり子とのシーンはすごかったですな・・・・
ほんとに、高畑さんが憎たらしくて!!(笑)

倫太郎も、ちょっと「医師」という立場を忘れてしまってましたもんね・・・

医師として、ちゃんと夢乃に向き合って、改善方向に向かえばいいけど・・・
るり子もジャマだし、何気に円能寺も気になるし、
倫太郎の状況も気になるってんで・・・
まだまだ不安ですな・・・



  ◇  ◇   「踊る精神科医と踊れないバレリーナ!セクハラ疑惑は突然に!」    2015 .05.05.     

ちょっと面白くなってきたかな・・・・?

各話のゲスト患者の話はさておき・・・
夢乃のことですけど・・・
やっぱり解離性同一性障害でしたね。
幼い頃の辛くて苦しい自分を守るための人格が夢乃なんだ・・・。
あんな母親にネグレクトされて、そりゃそうなるさ・・・(涙)
だけど、母親に愛されたくて仕方ない明良・・・
それを知っててつけこむ母・るり子・・・
とことんひどい母親だ。


気になったのは、伊久美さんがるり子を知ってるってこと。
るり子から明良を預かってるって形みたいだけど、
実は、伊久美さんが実母で、理由があってるり子に育ててもらったけど、
ひどい育て方してたから取り返した・・・とかじゃないかしら?
だってさ、あんなひどい育て方してたら、「産んだだけで母親なんて言うな!」と叱りつけそうなのに、
何も言えなかったもん、伊久美さん・・・・
なんか、事情があるような気がするんだけどなぁ・・・

で、この夢乃=明良を救おうとする倫太郎・・・って流れのようですが・・・
なんか、倫太郎自身も抱えてるよね・・・?
妹が母親の話をしてたら、
水島ともども、ビミョーな顔してたし・・・

どんな展開になっていくんでしょうかね・・・
ただいえることは・・・宮川みたいな医師に、病んだとき診てもらいたくないってことだわ。
患者の顔も見ないなんて・・最低やわ。



  ◇  ◇   「愛に包まれた夫婦に起きた真夜中のDV事件!?」    2015 .04.29.       

これ、一時間かね・・・?ってくらい、長く感じたなぁ・・・・

とにかく、夢乃って女が得体が知れなくて、
見てると気持ちがザワザワしちゃうんだよねぇ・・・

あれって、多重人格ってことなのかな・・・?
まだまだ引っ張るのかね?
そろそろ診断を下していただきたいもんです。

今回は、DV夫のお話・・・
あの奥さんの演技がちょっと大仰で、全然入り込めなかったんですけど・・・(汗)
そういう、無意識の暴力ってあるんだなぁ・・・
でも、治る病気で良かったよ。

このドラマって、あんまり好きになれる人がいないのがネックだなぁ・・・
うーん・・・



  ◇  ◇   「恋愛は一過性の精神疾患のようなもの、そう僕は思っていた・・・」    2015 .04.22.    

やっぱり、何とも掴みどころのないドラマだよなぁ・・・

やっぱり、毎回の患者と夢乃との恋バナは並行して描くわけですな。
そのせいか、患者さんへのアプローチとか、診断までのプロセスとか、
優れた精神科医・・・って部分があんまり描かれてない気がする。
だから、なんか物足りないっていう気になるのかなぁ・・・


夢乃とのことも、本気で騙されてたわけ?
恋すると、優れた分析力も働かない・・・ってこと?
なんか、そういうとこもガッカリ感が否めないんだよな・・・

夢乃の真意もねぇ・・
確実に倫太郎を騙して金をせしめた・・って顔してたのに、
最後はちゃんとお金を返す・・・っていう・・・
何を考えてるの?
他の男は騙せても、この人とはちゃんとつながってたい・・・とでも?
何はともあれ、危険すぎる女です。
深入りしないことをオススメしたいが、ダメなんでしょうな・・。(汗)



  ◇  ◇   「悩める子羊達よ、さぁ!あなたの心を診ましょうか」    
                                      初回70分SP     2015 .04.15.      

うーん・・・・期待してただけに、ちょっとイマイチだったかなぁ・・・・?

まず、すごい役者を集めてきたもんだ・・・とは思いますが、
そのせいが、目が散ってしゃーない。(笑)

そもそも、メインは倫太郎だけかと思いきや、
太い筋として、夢乃を描いていくみたいだよね・・・?
そこが意外だったし、不安要素でもある・・・かも・・・・だわ。(汗)

患者と接し、目を見て言葉で癒し、病から解放してあげたいという精神科医・倫太郎。
対立する宮川は、客観的データによって診断・治療するタイプ・・・
ま、器質的に異常がないのなら、倫太郎タイプの医者がいいよなぁ・・・(汗)

それにしても、「ドクターX」と同じ脚本家が書いた医療ものとは思えないほどの、
テイストに違いというか、テンポの違いというか・・・
かなり困惑しておりんす。(汗)
こんな間延びした初回・・・大丈夫かね・・・?
後半のハリセンボン春菜のシーンに入ってからは、くーっ・・・と引き込まれはしたものの、
それまでは、マターリ・・・な雰囲気で・・・

次回からはもっとわかりやすく、テンポよく進んでくれますよね・・・?
お願いしますよ・・・。(汗)




★ STORY ★ 鋭い洞察力と直感力を武器に、闇を抱える患者の奥底から心をほぐすスーパー精神科医・日野倫太郎。2か月以上先まで予約が埋まっている売れっ子ドクターという役どころだ。各話ごとに登場するさまざまな問題を抱えたゲスト患者とのやりとりが1話完結で描かれるが、倫太郎がどうしても心を解き明かすことができないある女性との交流もメーンテーマとなる。
★ 期待度 ★ 堺さんですもの、期待しちゃいます!