木曜9時〜    TBS       
 脚本:櫻井武晴     演出:堤幸彦     P:植田博樹ほか  
 主題歌・・・ 「世界は終わらない」 Thinking Dogs


◆ 出演者 ◆
永光麦秋 大島優子 警視庁 組対三課 足抜けコール担当
三ヶ島翔 北村一輝 警視庁 組対三課 足抜けコール担当 元マル暴
佐野直道 勝地涼 “暴追センター”の暴追アドバイザー
永光遥 本田翼 麦秋の妹 有留医院勤務
石山博文 田中哲司 警視庁 組対三課 足抜けコール担当
東条剣 庄野崎謙 警視庁 組対三課 足抜けコール担当
水原公樹 岡田浩暉 警視庁 組対四課 マルボウの刑事
有留章子 山口紗弥加 有留医院 院長
永光さくら 宮武美桜 麦秋と遥の妹
永光由美子 名取裕子 麦秋の母
橘勲 遠藤憲一 関東貴船組 組長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「最後の敵は鮮血の向こう側に」    最終回     2015 .06.18.      

いい話に作り上げたね。
そんな上手いこといかん気がするんだが・・・(汗)


特に佐野くんよ。
スリルに憑りつかれちゃってる結構ヤバイ奴だった佐野くんは、
上司の命で、刑事にしてやるって条件で水千組に入り込んでたわけですが・・・
投資をわざと失敗する・・ってのをやってのけちゃったわけだけど、
確実に命を狙われますよね?
ってか、佐野くんのその後は・・・?

バクちゃん、バクちゃん兄、バクちゃん母、橘・・・と、
全部なんかいい話で丸くおさまっちゃって・・・
水田は死んじゃったけど、ハッピーエンド・・・でしたね。
まぁ・・・いいんだけどさ・・・
ちょっと都合よく上手くいきすぎかな・・・って気がしたよ。(汗)

祭りの仮面売り場に、あの”仮面”があったり・・・
最後もちょいちょい遊んでおられましたね。(笑)
まぁ、作り手さんたちは楽しんだであろうドラマでございましたな。



  ◇  ◇   「最終章突入!!最大の難敵に挑む」     2015 .06.11.           

んなこったろーと思ってたよ・・・が満載の回。

まず・・・・
足抜けする!と言っていた水田が、やっぱりやめる!って言いそうだな・・・と思ってた件。・・・ ○
橘が実は父親じゃないとか・・・?と思ってた件。・・・ ○
あの水田組の稼ぎ頭、身内の人間じゃね?と思ってた件。・・・ ○
ってな感じで。

まぁ・・・橘は実はバクちゃんの命の恩人だった・・ってね。
いくらバクちゃんと会えないからって、いつまでも話さない母親が悪いよ。
無理矢理にでも会ってちゃんと伝えるべきだった。
バクちゃんがこんなになってるのを見て、天国の旦那さんが「約束を守りとおせ」って思ってるわけないのに。
この母親がアカン。


実の娘=バクちゃんに嫉妬して足抜けするって言ってた水田。
命がけで自分を守ってくれた橘に感動・・・で、足抜けやめた!ってな。
まぁ、ここは「親子の絆」が見えて、ちょい感動ではあったものの・・・

佐野っちだよねぇ・・・
怪しいとは思ってたけど、やっぱりか・・

で?バクちゃんに何か恨みが・・?
いや、ヤクザに対して恨みがある・・・のか?
じゃぁ、巨額の投資をさせて大失敗してやろう!って魂胆??
命、危なくないっすか・・?(汗)

キラーン!という効果音とともに、バクちゃんのセクシーショット満載で・・・
ファンにはたまらん回だったでしょう。(笑)
真実を知る前の鬼気迫るバクちゃんの顔と、
真実を知った後のバクちゃんの顔・・・
見事な変化ですよ、大島さん。



  ◇  ◇   「兄が出所!?女弁護士との智略戦」     2015 .06.04.           

麦蒔という、橘が足抜けさせたがってる男が、
自分の兄であるということ・・・
それが、今回バクちゃんをより暴走させてるわけですが・・・

仲間としての絆より、血の絆を優先しまくる橘に、
カッチーン!ときた水田は、離脱承諾書が認められないようにするため、
こそっと警察に情報を流したり画策するんだけど・・・

そんなんもこんなんも乗り越え・・・結局橘は息子を一日でも早く仮釈放されるように動く・・
水田、完敗・・・
バクちゃんも、完敗・・・ってわけだ。


次回は水田が足抜け??組ごと??そんなのってアリ・・?
組全体でカタギになるってか?
・・・なるわけないと思うんだが・・・(汗)
でも、水田に抜けられると、貴船組はイタイよな・・・
どうなりますやら・・・。



  ◇  ◇   「壮絶過去 警察官でいさせて!」     2015 .05.28.             

そうじゃないかなぁ・・・・と思ってた通りの過去でしたね・・・

お母さん、死んだお父さんと結婚する前、橘との間に麦秋を授かっていたようです。
あのお宮参りの写真を見る限り、幸せそうなんで、
なんで別れたのか、気になるところですが・・

警官になってから、父の死後、バクちゃんの過去が警察に知られてしまう・・・
反社会組織と関わり合いのある人間は警察にいられない・・・とクビになりそうになるも、
自分の父がヤクザであること、死んだ父が自分の父ではなかったこと・・・をきっと受け入れがたかったんだろうね、
死んだ父の言葉だけにすがり、警察官でいることに固執するバクちゃん・・・
一年、仕打ちに耐えたバクちゃんを、人事課の上司は、足抜けコールへと異動させた・・・ってわけだ。

まぁ、予想の範囲内の過去でございまして・・・
だけど、妹・遥や、有留先生がともに戦うと言ってくれて、ちょっと救われたな・・・・
バクちゃんは素直にそれを受け入れてはいないけど・・・(汗)

次回は、橘の息子・麦蒔の足抜けですな。
・・・橘よ、「麦」って文字に何をこめて名前をつけてるんすか・・・?
で、その麦蒔の母親は・・・まさか、由美子さんではないよね・・・?




  ◇  ◇   「母とヤクザ あなたは私の仇です」     2015 .05.21.             

結局、今回も詳しいことはわからずじまい・・・
だから、何やねん・・。(汗)


ヤクザが足抜けすることを簡単に許さないバクちゃん・・
こういうことにならないといいな・・・と思ってたけど、なっちゃいましたねぇ・・・
やりすぎだもんなぁ・・・

で・・・バクちゃんと橘の間に何があったんだろうか?
それに、橘の部下がバクちゃん家族に目をつけておりますが・・・
どうなるんでしょうか・・・

ってか、早く教えてくださいよ、何があったのか・・・。(汗)

それにしても・・・前回との印象が違いすぎて戸惑いますね。



  ◇  ◇   「警察が悪魔 ヤクザが神!?半グレ」     2015 .05.14.           

今回は堤監督のためか・・・
SPEDだのケイゾクだのの小ネタが満載で・・・
そこは楽しめましたよ!

ようやく橘を逮捕できると思ったのに!!な回。
三ヶ島の最後のやり口に、ぐーの音も出ないバクちゃん・・・っていうオチでしたな。

しかし、何があったんかねぇ・・・
引っ張り過ぎやで・・・?
次回は明らかになることを祈ろう・・・



  ◇  ◇   「極道の妻VS女刑事!!母の涙の訳」     2015 .05.07.           

お母さんとバクちゃんの因縁が明らかになるかと思ったら・・・・
まだまだですの、
引っ張るなぁ・・・
ちょいともどかしくてイラついてくるわ・・・。(汗)


今回は、ヤクザの夫と別れたい妻の足抜け。
「単なる離婚問題やないけ!」ってことで、
そこに首を突っ込んでいいのか・・?という気もするんだけど・・・
何でもアリなんです。(笑)

いろいろと一人でやっちまうバクちゃんですが、
最後までその先を読んで動いております。
さすがですが・・・
一人で全部抱え過ぎて、今後本当の危機が訪れるのではと心配ですな・・。(汗)

三ヶ島の知り合いのヤクザの足抜けにもバクちゃんは着手しているようだけど・・・
本人に辞める気がないのに・・・
しかも、結構面倒なヤツっぽいし・・・
大丈夫かね・・・?



  ◇  ◇   「秘密の依頼 娘の恋人がヤクザ!!」     2015 .04.30.           

本人希望ではない足抜け・・・っていうパターンでした。
最後に本人の意思も確認できた・・・ってことで、今回も前後編かーい!かと思ったら・・・
ちゃんと完結いたしました。
何よりでござる・・・。

で・・・足抜け部分はさておき・・・・(さておくんかいっ!(笑))
バクちゃんと橘の関係って何なんですかねぇ・・・?
橘とバク母は知り合いっぽいけど・・・

父の死と関係してるのかしら・・・

妹・遙は再就職できたみたいだけど・・・
収監中の有留先生・・・何やらうかぬ表情・・・・?
まだまだ絡んでくるんですかね・・・?

そうそう、貴船組の新たな情報源=警察内部に詳しい男って・・・
まさか、足抜けコール内の人かな・・・?
うーむ・・・バクちゃん、身近に敵がいるかも・・・だぞ・・・?、



  ◇  ◇   「人の再生を邪魔する奴は許さねえ 麦秋怒りの鉄拳!!!!」    
                               64分SP      2015 .04.23.        

倉持元組長の足抜け完了の話・・・
今回も面白く拝見しましたが、
うーん、小ネタが少なくて、ちょっと物足りないかな・・・?
ただ、あの「極太」カップメン・・・
何分かかるんだろ・・・(笑)


簡単に足抜けできると思うなよ!ってのが麦秋の考えだから、
トコトン、追いつめるんだね、対象者を・・。
だけど、「もとに戻ればいい」と思ってやってるわけではなく、
その覚悟を確かめてるんだ。

あの、「足抜け記念時計」には、きっと何か仕込んであるんだろう・・とは思ってたけど、
カメラだったか・・GPSくらいかと思ってたのに。
で、ヤクザに引きずり込もうとする貴船組の証拠を手に入れ、
責任者として組長・橘を捕まえたいらしいが・・・
まだまだ、それは先になりそうですな・・

麦秋は、「二人」て言ってたけど、一人は橘でしょ?
あと一人は誰だろう・・・?
それと、今回、有留先生は自首という形で消えていきましたけど・・
今後も麦秋き協力させられるんでしょうかねぇ・・・
一度ヤクザに関わると、簡単に抜けるのは難しい・・・ってことかね・・・・(涙)



  ◇  ◇   「堤幸彦最新シリーズ 喪服の女警官とマル暴刑事 人情任侠事件簿」    
                            初回72分SP      2015 .04.16.        

THE堤幸彦ワールド!っていう感じね。
私は嫌いではない。
小ネタもやっぱり満載で・・・
こりゃ、好みが分かれる作品ですな・・・
何度も言う、私は嫌いではない・・・(笑)



ヤクザから足抜けを希望している人の電話を受ける「足抜けコール」担当刑事の麦秋。
・・・ってか、麦秋って名前・・・なかなかのセンス・・・?(汗)
しかし、かなりの越権で、ヤクザに乗り込んだり、就職活動を手伝ったり・・・
家に帰らず圭史緒に泊まり込むという、かなりの女でございますが・・・

お父さんが死んだのがヤクザ絡み・・・ってことかな?
あんな能天気な女性警官だったのに、今じゃ喪服だもん・・
お母さんとも確執ありそうだしねぇ・・・

んでもって、ヤクザが指を落としたりした場合、破格で治療させてる医師・有留とは
お父さん絡みで何やらありそう・・・?
あっちもこっちも表情がない暗い女ばっかりで・・
翼ちんの笑顔に癒されまっす。(笑)


で・・・この話、、続きますのん??
初回延長したのに、終わらんのん?
次回まで客を手放したくないからでっか?
裏より三分前に始めるとか、姑息だぞーっ!!(笑)

ま、嫌いじゃないし、続いちゃってるし、裏が裏なんで頑張ってほしい気もするし、
次回も見ますよん。

そうそう、ヤンクミがいたね!
で、それに反応したんが田中哲司さんだった!アンタの嫁ーっ!!(笑)
あと、勝地くんの使用方法が適切すぎてツボ。(笑)
そして、北村さんのリーゼント・・・タイトルバックの映像で笑ったよ!
そして、そして・・・リアルヤクザより顔が怖いエンケンさん・・・(笑)
ハマリ役すぎて・・・怖い。

それにしても・・・エンケンさんとか山口紗弥加さんとか・・・
掛け持ち大変ですなぁ・・・
お体、お気をつけて・・・・




★ STORY ★ 警視庁組織犯罪対策部に勤務する警察官・永光麦秋が「暴力団離脱者相談電話」(通称・足抜けコール)を受けて相談者と接触し、暴力団組織からの離脱を実現させていく。
★ 期待度 ★ うーむ・・・・どうするかなぁ・・・