水曜10時〜    フジテレビ       
 脚本:橋部敦子     演出:石川淳一     P:小林宙
 主題歌・・・ 「fragile」 TOKIO

原作
◆ 出演者 ◆
岸京一郎 長瀬智也 病理医
宮崎智尋 武井咲 新米病理医
細木まどか 小雪 美人外科医
森井久志 野村周平 臨床検査技師
中熊薫 北大路欣也 病理医界の重鎮
◆ レビュー ◆
  ◇ vol. ◇   「隠されていた副作用 巨悪が操作する治験薬 命の希望を諦めない」
                                      最終回    2016.03.16.    

薬を開発し、効果を実証し、認定されて、一般に使用される・・・
それまでにかかる時間とお金は、想像を越えるものなんだろうなぁ・・・。
とはいえ、あんな風にあからさまに患者無視の製薬会社は、やっぱり許せないよねぇ・・
治験という実験台になってもらう以上、敬意をはらっていただきたい。
出た結果は、ちゃんと受け止めて未来につなげていただきたい。

松田さんは、火箱の薬に対する思いを受け止めつつ、
結果、亡くなってしまいましたねぇ・・・
ガンに対する効果はあるものの、重大な副作用が出てしまう薬だったんだ・・・。
そのことを知った火箱は、最後はちゃんと正しい選択をしてくれました。
そのうえで・・・の、最後の岸の演説。
長い難しいセリフ・・・長瀬くん、お疲れーっ!!(笑)

そしてそして・・・
最後には森井くんも戻ってきてくれて!
美しい桜と、ピッタリに合った主題歌と、病理の面々の表情・・・
いやぁ・・・いいエンディングでしたね!

こりゃ、続編があってもいいんじゃないか・・・?って思います。

このドラマで、この枠のドラマは終了となります。
最後の最後で、日テレに一矢報いることができた・・・かな?
でも、今度は日曜でTBSに再挑戦するらしい・・・
懲りないよねぇ、ほんと。
裏にドラマのない枠を見つければいいのにさ・・・。(汗)



  ◇ vol. ◇   「余命半年の幼なじみ 未来を託した夢の新薬 それは希望か悪魔か」
                                              2016.03.09.    

火箱自身には確固たる信念があるわけでね・・・
その信念は間違ってないんだけど・・って感じで。(汗)

さて、森井くんは火箱の紹介で、検査技師としてバイトしつつ勉学に励んでいるようで・・・
結果、岸の仕事場では検査技師がてんてこ舞い!!
こりゃ、マジで存続危うし・・・(汗)

そんなとき、宮崎の幼なじみの松田が入院してくる。
しかし、末期のガンで余命わずか・・・
その松田は一縷の望みを治験に託そうとする・・・
その治験薬は、火箱が日々医者を落とそうと必死になってるもので・・・
岸も了承し、治験薬を使用することになったんだけど・・・
・・・ってか、主治医の存在、ガン無視でいいんですかね?(汗)

この治験薬、まだまだ信用に値するものではないみたいだし、
副作用で死亡も確認されてる・・・
その現場に立ち会った森井くんが、どう絡んでくるかな?
最終回も見逃せませんな。



  ◇ vol. ◇   「天才病理医にピンチ 女性患者に取り違えが発覚!?真実を暴け!!」
                                              2016.03.02.    

申し訳ないが、あの女性外科の男性医師を見た時点で、
あぁ、この俳優さんが演じてるってことは、コイツのミスやな・・・ってのは丸わかりでして・・・(汗)
この俳優さんは、裏切らないなーっ!!(笑)


乳がんの病理検査で・・・取り違えがあった!ってことで、
100%の診断に疑いがもたれてしまったわけで・・
ミスの真相がわかってからのあの女性外科の医長の言い分ったらないよね!
あんだけ病理のミスは責めておいて、
自分たちのミスは「人間だもの」で済まそうとするんだもん・・・
なんか、大企業と下請けを見てるようだわ。(汗)
ぎゃふん!!と言わせてくれてスッキリしたけど・・・
森井くんと岸先生の間には亀裂が・・・?
まぁ、森井くんの気持ちを後押しする形になっておりますので・・・
これも岸先生の考えなのかもしれませんが・・・。

この病理は森井くん無しでは無理だと思うんだけど・・・
どうなりますやら・・・。



  ◇ vol. ◇   「迫るタイムリミット 明かされる医師の過去 花嫁の命を救え!!」
                                              2016.02.24.    

自分のミスを受け入れようとしない医者と・・・って話ですな。
うむ、このタイプの話はやっぱり重なっちゃうよねぇ・・・
でも、そこに「老兵」を重ねたことで、ちょいと面白味が増しましたな。

しかし、岸先生、宮崎先生だけでなく、老放射線技師まで・・・
どこまでも「人間好き」だよねー!(笑)
そんな岸先生が次回・・・ミス??
気になりますなー!

それにしても・・・ろくな検査もしないで勝手にガン治療って・・・
たまったもんじゃないなぁ・・・(涙)



  ◇ vol. ◇   「患者のSOS!!主治医を変えたい母親 二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!」
                                              2016.02.17.    

今回の話はちょっと無理があるっていうか・・・・・
他の病院の患者を勝手に連れ出して、勝手に検査して・・・って、
問題になるっしょ、コレ。(汗)
だったら、患者(もしくは家族)の意思でちゃんと退院してから・・・にすればいいのに。

あと、相手の病院の医者が、なんでそんな診断&治療をしたのか・・・がわからんかったよね。
やる気がないのなら、勝手にしやがれで手放すだろうし、
思い込みで診断したのなら、ムキになって何か行動しただろうし・・
相手側の動きが全然見えないので、何がしたかったわけ・・・?って気がしてならんかった。

確定診断には驚いたよ・・・
あんな必死に子のことを心配しておいて、栄養失調なんて・・・
ま、そんな理由があったのなら納得ではあるけど・・・

宮崎が患者に入れ込み過ぎて心配・・・とか言いつつ、
そうさせてるのはアンタやろ!って気がしなくもない岸。(汗)

どんどんアンタも宮崎寄りになってますけどね・・・。



  ◇ vol. ◇   「余命1年の宣告通知 難病の青年の夢よ叶え 命を諦めない診断!!」
                                              2016.02.10.    

森井をメインにして、岸がサポートして・・・
宮崎はちょいとホンワカさせる担当として出てきて・・・
いいバランスでしたね。

しかし、何とも後味の悪いというか・・・
でも、ある意味「生ききった」というか・・・
あまりの結末に驚いちゃいましたね・・・。

でもさ、最後の宮崎のピアノ・・・
あれでエンディングで良くない?
なんで主題歌に変えちゃうかなぁ・・・
今回は、カレの作曲した曲で・・・・でいいじゃんね?

なんか、そこがちょっと残念でしたね・・・・。

これで森井くんの迷いもなくなったかな?
ますますチーム一丸となって・・・って感じで、いいと思います!



  ◇ vol. ◇   「最も診断が出せない病気・・・託された母娘の命と未来!!」    2016.02.03.    

岸と細木の対立!ってんで、今回はシリアスモードで楽しめました。

岸先生、臨床医だったんだ・・・
こっちも驚きで、どういうこと?と、そこが早く知りたいです。

今回の患者さん・・
ガンかと思ったら、違ってた、
だけど、他でガンになりそうなところが見つかった、
しかも子供に遺伝する確率は5割・・・
早く手術しましょう!
・・・こんな告知、さすがにキツイ。
考える猶予を与え、すぐに戻ってきてくれたからいいけど、
へたすると絶望して行方不明・・・とかありうるんで・・・
怖いっちゃー怖い選択でしたよね・・・。
病理医が口出すとこじゃない気も多々しましたが・・・
相手が細木だからこそ言いたくなった・・ってことで納得します。


今回は宮崎があんまり前に出てこなかったので、かなり見やすかったです。
次回は森井くんメインかな?
楽しみです。



  ◇ vol. ◇   「病名がわからない!?原因不明の病いから、夫婦の絆と命を守れ」
                                              2016.01.27.     

私は、大腸の内視鏡検査を受けた経験があるもんで・・・・
あれを、短期間に4回も受けるなんて・・・
絶対イヤなんですけど!!
検査自体も痛いし屈辱的ですが、
何より、前処理がキツくてさ・・・・(大量の下剤飲用とか)
あぁ、思い出したくもない・・・

今回の岸の「敵」は、患者をないがしろにする医者・・・ではなかったけど、
患者より自分の診断が大事な人・・・でしたね。
自分の診断を確定させたいがための検査、病理・・・って感じだもん。
患者のことを考えたら、あんな検査を何度もさせやしませんし!

結局、腸結核だった・・・っていう・・・
なんか、いろんな面で恐ろしさを感じてしまったわ・・・
怖い、怖い・・・・。

さて、今回も、岸よりも宮崎が目立ちまくっておりましたね・・・・
うーん・・・・もっと岸を動かした方が面白いと思うんだけどなぁ・・・




  ◇ vol. ◇   「身代金運搬ネット中継!?誘拐犯の哀しい目的とは」    2016.01.20.    

なんで延長するかなぁ・・・・
妙に長いなぁ・・・と思ったら、また延長してるし・・・。

だいたい、患者さんの診断に重きを置いて見せてくれたほうがいいのに、
変にキャストのウダウダを聞かされるもんだから長く感じるのよ。
宮崎が病理医にくる過程は前回見ましたし、
新人で慣れてないのもわかってますから、
もう、コイツの苦悩はそんなに描いてくれなくてもいいですって。(汗)
そこ、カットして通常放送に戻してくださいよ・・・

しかし、今回の件に関しては、「出張」しないと確定できなかったよね?
今後もこんな感じで普通の病理医はしないことをやっていくわけですか?
えぇ〜?めっちゃ大変じゃない・・・?

それこそ、「ヒマでいいね」って言われちゃうよ・・?(汗)

予告も異常に長く、「これからのフラジャイル」・・・なんて見せてたけど、
この先にも興味を持ってほしくて流したんだよね?
・・・・「内部でもめる!」とか、別に興味ないんですけど・・・(汗)
なーんか、見せ方がちょっとズレてる気がするのは、私だけですかね・・・?



  ◇  ◇   「僕の言葉は絶対だ!!正義と信念を貫く男が命を救う!!」    
                                初回69分SP    2016.01.13.       

私個人の見解ですが・・・
長瀬くん=おバカさんっていうイメージあるので・・・
天才病理医!って言われましても、そのイメージがジャマをする・・・(汗)

なるべく、なるべく、頭の中から排除するように努めます・・

さて、診断に欠かせない病理医の存在。
普通に病院に通ってたら、存在すら知らない人も多いはず。
確かに、重要なお仕事です。
ある意味、「病理医が言ったもん!」と責任重大なわけで・・・
その「責任」をちゃんと受け止めて、なおかつ迅速に診断を下す・・・
なかなかのストレスフルなお仕事ですなぁ・・・

そんな病理医・岸のもとに、新人・宮崎が入るキッカケとなる案件と、その後の案件の2本立てでした。
手塚さんを持ってくるもんだから、余計に「してやったり感」が出るっていうか・・・(笑)
キャスティングはうまかったですな。

検査技師の森井くんは、偏屈・岸の相手、無茶な注文、コーヒ―作りと大忙し・・・
こっちの方がストレスフルだな・・・・(汗)
カレもね、何か心に抱えているものがあるようで・・・・
おいおい見えてくるでしょう。

武井咲ちゃんの実年齢から言うと、医者ではありえねー!と言いたいとこですが、
今作ではそんなにイヤ目立ちをしてないので、いい感じかも・・・ですね。
なんせ、長瀬くんの顔もキャラも濃いですから。(笑)

とりあえず視聴決定。



★ STORY ★ 病気の原因を解明し、患者への診断を科学的に確定させる「病理医」に焦点を当てた医療ドラマ。