水曜10時〜    日本テレビ       
 脚本:徳永富彦ほか     演出:大谷太郎ほか     P:伊藤響
 主題歌・・・ 「最後のサヨナラ」 JY


◆ 出演者 ◆
来宮渚 堀北真希 警視庁捜査七課
峰岸雪乃 檀れい 警視庁捜査七課
長見薫子 知英 警視庁捜査七課
伊東凛 高梨臨 警視庁捜査七課
柳幸子 YOU 警視庁捜査七課
菊池謙人 DAIGO フリージャーナリスト
河合百合子 高橋惠子 心療内科医
東野和也 市川知宏 警視庁捜査一課 新米刑事
黒田吾朗 木本武宏 警視庁捜査一課係長
北条光佑 平山浩行 警視庁捜査一課長
神藤勇蔵 佐野史郎 警視庁 刑事部長
瀬川すみれ 大地真央 警視庁捜査七課長
◆ レビュー ◆
  ◇ vol. ◇   「七課解散!?最後の敵は最強毒婦と尊敬したボス」
                                   最終回    2016.03.16.       

事件の全貌はほぼ見えていたので・・・
あとは決着のつけ方・・・・だったんだけど・・・。
うーん・・・
最後までイマイチでしたねぇ・・・(汗)

「ヒガンバナ」らしさで存在感を提示して・・・ってのもないし、
ヒガンバナ廃止を目論んでいた上層部が今回のことできっといなくなるので、
存続・・・で、以前に放送されたSPへとつながるんだろうけど・・・
うーん・・・。

正直、SPのままで終わっておけば良かったね・・・ってのが感想ですね。
連ドラにしたのは失敗だったな、こりゃ。(汗)



  ◇ vol. ◇   「遺産は10億!殺された資産家めずる欲望の女たち」    2016.03.09.       

なるほどね、来宮の父の事件・・・
全体の半ばで解決したかに見せかけて・・・
実は、大きな黒い存在との対決が最後に!!ってわけですね。
前後編にしたためか・・・無駄が多かったのは気になりますし、
またしても「ヒガンバナ」らしさは消え失せてましたしね・・・

ダンカンさん、斉藤由貴さん・・・
ゲストだけ見ると、ワクワクするんだけどなぁ・・・

そうそう、ミュージカル女優として大好きな新島聖子さん・・・
こんな役もやっちゃうなんて・・・
ちょっと感動っす!(笑)



  ◇ vol. ◇   「女の敵に立ち向かえ!凶悪犯殺害に隠された真実」    2016.03.02.       

女性だけの捜査班・・・
ここにきて本領発揮・・・ですよね。
ってか、こういう事件を主に扱う部署として描けばいいのにね?
最初からそうすりゃ良かったのに・・・(汗)


凛の過去・・
そして、今も苦しむ女性たちの姿に・・・泣けてしかたなかった。
犯人が殺されたからって、「あなた、過去にレイプされたよね?」って穿られるのもイヤなのに、
「殺した?」って疑われるわけでしょ?
もう、何回傷つけられたらいいの・・?って感じだもん・・・(涙)
高梨臨ちゃんの演技に、何度も涙しました・・・。

結局は二人の犯人の仲間割れってオチだったけど・・・
裏の「フラジャイル」同様、堀部さんが出てきた時点で、
「あぁ、コイツやな・・」ってわかっちゃうのが残念ポイント。(汗)
この人も犯人役が多いからなぁー!

今回はググッと入り込んで見られました。
次回はどうなるかなぁ・・・?



  ◇ vol. ◇   「禁断の三角関係!教師殺害犯は同僚か教え子か!?」    2016.02.24.    

あら・・・そんなことだったとは・・・・

菊池の父の件・・・・
まさか、菊池が毒を盛ってたとはねぇ・・・
あの来宮のシンクロは、自分の声じゃなくて菊池の声だったのか・・・
「子を想う父」の行動で複雑化してしまった過去、
そして、菊池父を想う女の起こした行動で複雑化した現在・・・
その先の交通事故・・・と、まー複雑が複雑に・・・ってことで、
途中で見ててメンドくさくなっちまった。(汗)
ま、すべてが「相手を想う気持ち」からの行動だったわけですがね・・・

で?何もなかったかのように次回はまた起こった事件を・・・ってこと?
この来宮の過去ネタを最後まで引っ張ると思ってたのに、
この段階で真相がわかっちゃったので・・・
まだ明らかになってない、課長絡みのネタがある・・・ってことですかな?



  ◇ vol. ◇   「殺人犯の息子と父 殺された娘 出会った2人の宿命」    2016.02.17.     

続くんかーいっ!!
もぉ・・・・じれったい・・・。


前回終わりで来宮がパニックになった現場・・・
そこで死んでたのは、来宮の父を殺害した犯人で・・・
で、菊池は、この犯人の息子でした!
あちゃー!そんな因縁か・・・

でも、来宮パパは、菊池を養子にしようとしていた・・・?
なのに殺された・・・?
一体、何があったんだろ・・・・?
で、この菊池父の死の現場に菊池の血がついた刃物が落ちてて・・・
菊池、ケガしてましたねぇ・・・
そんな状態で運転して・・・何をしようとしてるんだか・・・
ってか、警察での取り調べ中、ずっとけがを我慢してたってこと?
警察は気づかなかったのかい?(汗)

自分の過去と向きあう決心をした来宮、
次回、何がわかるのでしょうかね・・・

あと、ドラマコラボ!みたいなこと言って煽ってましたけど・・・
何の関係もなくちょいと出てきただけやん。
何じゃそれ。(汗)



  ◇ vol. ◇   「嫉妬と羨望・・・狙われたプリマ 名門バレエ学園の罠」    2016.02.10.     

うーん・・・・
なんか、もう、来宮の能力の詳細が全然わからん。(汗)
現場に残った声しか聞こえないんだっけか?
生きてる人の心の声とか、聞こうと思っても聞こえないんだっけ?
やっぱり、全然使えてないよねぇ・・・

今回も、ヒガンバナの面々で事件を・・・ってなってるけど、
そんなにチーム力も感じないし・・・
これ、どんどん面白くなくなってる気がするなぁ・・・

来宮の父の事件が再度浮上して、
菊池も絡んでくる・・・ってことで、大筋の話が動いてきそうな次回。
ってことで、とりあえず次回も見てみますけどね・・・。



  ◇ vol. ◇   「犯人の愛・・・女性科学者が謎の爆死!悲劇の真相は」    2016.02.03.    

峰岸が恋・・・?
相手が萩原聖人・・・?
この時点で、犯人は萩原聖人決定ですよね。(汗)
どんな理由があろうと、殺人を隠すための殺人は罪深いですな。

さて・・・やっぱり「ヒガンバナ」の特性が全然出てこないですよね。
フツーの刑事ドラマですやん。
次回は薫子の身内が・・・ってんで、ちょっとはチームの色が出てくるかもしれませんが・・・
そういう意味じゃないしねぇ・・・

菊池は・・・きっと味方ですね。
で、来宮の父の事件を追ってる・・・と。
そのうちこの人・・・やられちゃう予感・・・(滝汗)



  ◇ vol. ◇   「ママはぼくが守る・・・カリスマ主婦に隠された真実」    2016.01.27.       

今回は、来宮と峰岸以外にも、ちょっと柳にスポットがあたった感じになってまして、
そこんとこは評価できるものの・・・
やっぱり、来宮の能力がイマイチ使い物になってないので、
このドラマの売り部分がピンとこないっていうか・・・・
うーん・・・

事件のほうは・・・ってーと・・・
まぁ・・・可哀想な人だったけど・・・
自分の命よりも守りたいもの・・・だったのかい?(汗)
なんか、虚しいっす・・。



  ◇ vol. ◇   「身代金運搬ネット中継!?誘拐犯の哀しい目的とは」    2016.01.20.    

なんか・・・・来宮の能力って、あんま使えないよね・・?(汗)
だって、シンクロしても倒れて記憶を失うんでしょ?
そばに誰か(峰岸)がいてくれないとダメなんて・・・使えないわぁ・・・・(滝汗)

来宮と峰岸が一生懸命動いてるのはわかるけど、
他の面々は食っちゃべってばっかで、存在意義が・・・(汗)
喰っちゃべっててもいいから、要所要所でバスっ!!と決めてほしいんだけどね・・
そうでないと、無駄な時間としか思えないですから・・。


それにしても・・・ひどい話だったねぇ・・・
マジメに生きてきて、その成果が出て、真っ直ぐに夢に向かってただけなのに、
ヤッカミからイジメられ、最後は追いつめられて自殺・・・なんて。
しかも、その真相は隠されてしまっていたとは・・・
親御さんの気持ちを思うと、やりきれないっすわ。

最後の菊池の部屋のシーン・・・
どうやら来宮は警察官の父親を事件で亡くしているみたいね。
その場面を見ちゃったのかなぁ、来宮は・・・?
で、菊池はどう関係してるんだろ・・・?
なんで調べてるんだろうねぇ・・・



  ◇ vol. ◇   「豪華客船が爆破!?止める鍵はOL殺害犯のウソ」    
                               初回70分SP    2016.01.13.     

2014年にSPドラマで放送されたものの連ドラ化。
SPドラマは、来宮の過去・・・ってのを匂わせて終わったんだけど、
そこ、全然触れませんでしたね。
なかったことに・・・・?
んなわけないか。
菊池っていうジャーナリストがそこんとこに関係してるってことかな?

事件現場の残留思念が聞こえちゃう・・・・らしい来宮。
捜査一課の峰岸は、今回の事件を通して七課に入ってくることになったけど、
SPドラマではすでに七課じゃなかったでしたっけ・・?
時間が遡ってるのかな・・・?
ってことは、来宮の過去の描き方も・・・そういうことなんですかね。

初回の事件は・・・
規模はデカイのに、犯人がショボイっていう・・・
動機も、イマドキなんだけど、なんだそりゃ・・・っていう・・・。

殺人事件のほうに重きを置いた描き方だったけど、
爆弾が爆発していたら・・・・って思うと、そっちの方が大事だぜい・・・・って気がしたわ。(汗)

堀北真希ちゃんが汚い言葉を口にするのに、なーんか違和感っていうか、
全然似合ってないからさぁ・・・

変なムズムズする感じがしちゃいます。(汗)
そのうち慣れるかな?
慣れちゃいかん気もするんだけどね・・・(笑)

とりあえず次回も見てみる。
裏もあるから、無理せずどっちか切るかもしれません。



★ STORY ★ 昨年10月に放送されたスペシャルドラマが連ドラに昇格。警視庁で通称「ヒガンバナ」と呼ばれる女性だけの部署を描くドラマで、堀北は相手の心にシンクロする能力を持つ毒舌キャラの女刑事・来宮(きのみや)渚を演じる。