日曜9時〜    TBS       
 脚本:後藤法子     演出:平野俊一ほか     P:韓哲ほか
 主題歌・・・ 「」


◆ 出演者 ◆
永里大介 香取慎吾 大手文具メーカー「ペンナ」勤務
熊谷葉菜子 上野樹里 総合商社「帝光商事」飲料原料部・コーヒー課勤務
田中利奈 水原希子 葉菜子が勤める総合商社の新入社員
佐々木彰一 荒川良々 大介と同じ部署で働く同期社員
入江春人 千葉雄大 大介の後輩社員
山根さとり 柳原可奈子 葉菜子と同じ部署で働く同い年の派遣社員
永里浩太 高田彪我 大介に突然できた義弟
梢あや 中村アン 大介が通うジムのインストラクター
大野美佳 観月ありさ 大介の元カノ
永里美佐代 浅茅陽子 陽三の亡き妻
シゲさん 森本レオ 陽三の幼馴染
永里恵 水野美紀 浩太の母親で、陽三の再婚相手
熊谷律子 風吹ジュン 葉菜子の母
永里陽三 西田敏行 大介の父
◆ レビュー ◆
  ◇ 総括 ◇                                         

これも、レビューはリタイアしましたが、最後まで見ちゃいました。

つまり・・・あの、マンションでの横暴な行動も、
「オレ、もうすぐ死ぬからやりたいようにやるのだ!」っていう陽三の姿だった・・・ってわけかい?
でも、やりすぎですけどね・・・。(汗)

さて、いろいろあって、いつしか心を通わせた大介と葉菜子。
一人がいいけど、二人でもいいかな・・・?っていう、そんな感じの、
何だか喜ぶべきか、納得していいのか不安になるっていうか・・・
大介らしいプロポーズでしたな。
そこら辺で浮遊してそうな陽三さんもお喜びでしょう。

せっかく買った二人それぞれのマンションは、
いい感じで使い分けで暮らしてるみたいね。
中学生と新婚さんはさすがに同じ部屋では寝られないだろうし。(笑)
一人になりたいときはどっちかの家に行けばいいわけで・・
うむ、ある意味羨ましいかも・・・?(笑)

いろんな家族のカタチがあるよ・・・と。
こんな家族のカタチがあってもいいやん・・・と。
そんなことですかね?




4話以降レビュー無し
  ◇  ◇   「亡き母からオヤジと息子へ最後の贈り物」     2016.01.31.            

先週でリタイアしたけど、なんか、見ちゃったんで・・・書いとく。

なんか・・・いい話にしてるけどさ・・・
お母さんの手紙とか、浩太のがっこうの物品の準備とか、
いい話にしちゃってるけどさ・・・

やーっぱ、イライラ部分が多いよねぇ・・・・
だって、部屋の中であんな風に魚を焼いたら、どうなるか・・・・
陽三がわからんってのはまだしも、友達もわからんってどういう爺たちだよ!!
常識がなさすぎる!
文句を言いに来てるのは葉菜子だけだけど、
絶対このマンション中からクレームが来てると思うし!!
常識の無さに、マジでイライラ・・・・です。

この部分さえ、もうちょっとマシになってくれると・・・・
見続けられる気がするんだけど・・・
やっぱ無理だわぁ・・・・(汗)



  ◇  ◇   「元夫はストーカー!?俺の城に危機迫る!」    64分SP   2016.01.24.    

このサブタイトル・・・・
てっきり、今回は葉菜子の元ダンナが出てきて、ストーカーなのか・・・?って展開になるかと思いきや、
浩太をめぐる話がメインだったじゃないか!
なんだ、それ?(汗)

さて・・・確かに、血のつながった父親と、可哀想な境遇の少年を、
ちょっと家を置いてやるくらいできんのか、非情なヤツ!というのもわかるけど・・・
あの、父親・陽三の「世話になります」な感じの無さがムカつくのよ!!
置いてやりたくなくなるのよ!!

勝手にマンションやら会社の人を呼んで「引っ越し祝い」をやるとか言いだして、
また散らかし放題・・・
はぁ・・・いい加減にしてくれ・・ってなときに、
赤の他人の葉菜子に、浩太のことで文句を言われる・・・
ほっとけ!って言いたくなる。

このドラマは、この時代には珍しく、東京でも人のつながりがあるぜ・・・的なことを言いたいの?
大事だよ、人とつながるって・・・って言いたいわけ?
こんな描き方じゃ伝わらんわい。(汗)

うん、日曜は穏やかに過ごそう、
うん、リタイア決定でーす!




  ◇  ◇   「結婚しない息子と娘VS超破天荒な父と母」    初回69分SP     2016.01.17.    

あぁ・・・・イライラした・・・。

私は結婚してますし、家族と暮らしていますが・・・
一人の時間や空間がないとダメなタイプの人間です。
もし、独身で、私だけの城を持ったとしたら・・・・
絶対、大介と同じようにブチ切れます。
いくら親だからって、あんな風にズカズカと、他人を連れて家に入ってこられたら・・・。
無神経な親・陽三に、本当にイライラして
まじで出てけーっ!!!って思ったもん。
こりゃイカン、精神衛生上いかん・・・
このままではいかん・・・・
いや、最後まで見ればちょっとは違うかも・・・と頑張ってみたものの・・・

いかん、最後までイライラしっぱなし。
葉菜子の部下・利奈にもさ・・・
もー、「辞めちまえ!!」って本気で思ったし。
はぁ・・・仕事をするって大変だなぁ・・・・
呑気な専業主婦で何より・・・・って思ったわ。(笑)

さて、そんなこんなで、父親、父の再婚相手の息子とともに暮らすことになった大介。
その再婚相手・恵もやってきて、
元カノも出てきちゃうし、
葉菜子のほうは元ダンナが出てくるみたいで・・・
ちょっと登場人物が多すぎないっすか?
なんか、とっ散らかってる気がしてならん。

ただでさえセリフが多くてせわしないのに、
たくさん人が出てきて、なんか疲れるし・・・・

はぁ・・・・日曜の夜にイライラしたり疲れたくないし・・・
次回を見て、やっぱり精神衛生上よろしくなかったら、リタイアだな・・・。(汗)




★ STORY ★ 香取が演じるのは文具メーカー勤務の会社員。多趣味で自分磨きに余念がなく、独身が心地よくなっている“独身こじらせサラリーマン”。一方、上野は商社勤務のOL。自分にも他人にも厳しい性格で、こちらも「再婚しない」と誓っている“独身こじらせ女子”だ。この2人に主人公の父親とヒロインの母親が絡んで「結婚とは?」「家族とは?」などを描く。