木曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本:戸田山雅司ほか    演出:七剛ほか     P:横地郁英ほか


◆ 出演者 ◆
宅間善人 草なぎ剛 警視庁・総合事犯対応係(仮)の刑事
姉小路千波 南果歩 警視庁・総合事犯対応係(仮)の刑事
松原唯子 芦名星 警視庁・総合事犯対応係(仮)の刑事
野方希望 和田正人 警視庁刑事部捜査一課 刑事
我妻真里亜 夏菜 警視庁・総合事犯対応係(仮)の刑事
堀川耕平 平岡祐太 警視庁・総合事犯対応係(仮)の刑事
滝道博喜 吹越満 警察庁警備局警備対策官 警視庁に出向中
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「さよなら宅間!目撃者は1000人!!命がけの逆転トリック」
                                      最終回    2016.03.17.    
ゲスト ・・・ 白河仙太郎(松平健)   我妻公昭(羽場裕一)    小池智英(山本裕典) 

警察内部に裏切り者が・・・ってのは、
明らかに野方くんが怪しかったので、やっぱりな・・・とは思いましたけど、
滝道さんがねぇ・・・
真相の前の、「我妻パパが敵」っていう滝道さんの話をちょいと信じかけていた私は、
最後の最後で、お前ぇ・・・・ってブチ切れそうになったぜぃ!(笑)
そうよね、コイツを信じちゃいかんかったわ・・・。

最後の、白河さんの、「”我々”はもはや組織ではない、理念なんだ」ってのが怖かったね・・
組織という一括りになってくれてれば対処のしようもあるけど、
野に放たれて、その先でそれぞれが動き出してしまった今、
難儀ですぞ・・?

難儀ですけど・・・・まだまだ続くぞ・・・?ってことで、
この先もあるかもだぞ・・・?っていうことでいいんですよね?(笑)
続編、お待ちしております!


宅間を繋ぎとめていたのが、家族だけではなくて相棒だった・・・っていうのも、
ちょっと泣けるシーンでございまして・・・
美也子の意識も戻ったみたいだし・・
しばらくは宅間に休みをあげてくださいね・・・。

やっぱり草gくんの演技は好きだな・・・としみじみ感じた作品でございました。



脚本:戸田山雅司   監督:七剛

  ◇ 第話 ◇   「すべての謎が明らかに!冤罪に陥れた男とついに対決!!」    2016.03.10.    
ゲスト ・・・ 室町美也子(紺野まひる)   佐神稚洋(上川隆也)   安西桂子(井上和香)   小池智英(石黒英雄) 

なるほどー!そういうことか・・・・

最初の犠牲者・須賀が怪しいと思ってたけど、
小池自体が入れ替わってたと・・・
うむむ・・・どこまでも頭のいい管理者Xだ・・・と思ったら!!

今回のゲームの強制参加させられていた面々は・・
「我々」の「駒」だったんだ・・・
犯罪者をうまく利用して・・・なんて浅はかな考えを持った権力者たち=我々が、
頭のいい犯罪者たちに逃げられて困ってた・・・と。
んでもって、その根幹となる考えを提示していたのが・・・宅間。
妻・美也子の小説をヒントに、軽い気持ちで書いたコラムが、
「我々」の計画のもとになってたなんて・・・
ほんと、なんてこってい!だよなぁ・・・。
だから、美也子も狙われることになったんだけど・・・
はぁ・・・意識が戻るといいなぁ・・・。

すべてを佐神に知らされた宅間。
管理者Xの正体にも気づき、追いつめるも・・・・勝手に飛び降りやがった・・・よね?
でも、見ようによっては宅間が殺した・・・みたいに見えるのか・・・?
宅間は管理者Xを操ってた本当の黒幕にたどり着くための最後の戦いへ!

どうなるんだろうなぁ・・・
やっぱ、草gくんの「怒りを殺した演技」、いいっすね!
「全部終わったら泣くよ」ってシーン・・・
終わってないのに、こっちが泣けてくるっつーの!!


早く続きが見たい!



脚本:戸田山雅司   監督:七剛

  ◇ 第話 ◇   「最終章!殺人トーナメントの標的は宅間!?妻との永遠の別れ・・・」
                                              2016.03.03.    
ゲスト ・・・ 室町美也子(紺野まひる)   佐神稚洋(上川隆也)   安西桂子(井上和香)   小池智英(石黒英雄) 

わーっ!もう、展開が早すぎてオロオロしちゃうーっ!!

連続殺人事件発生。
被害者は過去に罪を犯すも罰を受けなかった人たちばかり・・・
この人たちを誰が殺してるのか・・?と思ったら、
なんと、SPで宅間と対峙して刑務所行きになった佐神が黒幕のようで!!
この被害者たちに殺し合いをさせるという「シナリオ」を書いて楽しんでるらしい・・・

そして、最後のターゲットは、宅間の元妻・美也子・・・
毒を盛られて・・・死んだ・・・?
いや、死んでないと思いたい!
だって・・・もし死んじゃってたら、確実に悪に引きずり込まれちゃうもん・・・(涙)

でも、ラテ欄は「妻との永遠の別れ」って書いてあるし・・・
イヤやーっ!!

でもさ、美也子に毒を盛ったのも、手紙を忍ばせたのも、
体型からして上川さんじゃない気がするのよねぇ・・
死んだとされる「須賀和也」ってヤツ、どうせ生きてるんでしょ?
そいつじゃないか・・・?
佐神の下僕になってる・・・?

とにかく、マジでブチ切れの宅間がどうなっていくのか・・・
早く見たいような、心配なような・・・(汗)



脚本:戸田山雅司   監督:及川拓郎

  ◇ 第話 ◇   「病院が巨大密室に!?致死率100%ウイルス ナースの完全犯罪!!」
                                              2016.02.25.    
ゲスト ・・・ 山本茂文(袴田吉彦)    高沢憲一(池田政典)    鳥塚蕗子(逢沢りな)  

手が込んでますねぇ・・・相変わらず!
ここで終わりと思ったら、もう一ネタありますもん!
まぁね、袴田くんが「悪くない」わけないんでね・・・(笑)

病院に送られてきた怪文書を説きつつ、犯人を誘導したり・・・と、
本当に頭がキレッキレの宅間。
怪文書はあっけなく解決していき・・・
冒頭の殺人に繋がる新たな事件!も寸前で止め・・・
めでたし・・・と思いきや、自分の欲の為に人を操っていた真犯人も見事逮捕!

なのに、なんだか残念そうな宅間が気がかりの我妻・・・
そう、宅間は、「我々」とつながる犯罪者では?と毎回考えてるんだね。
だけど、違ってた・・・とガッカリしてるわけだ。
未だ近づけない「我々」の存在・・・
いや、宅間の頭の中では何かが繋がっていってるみたい・・・?

いよいよラスト3回。
次回は最終回に繋がる危機が訪れるみたいですね。
楽しみです!
・・・気になるのは、今作で全部解決しちゃうのか・・・?ってこと。
いいドラマなので、次シリーズにつなげる・・・って手もアリですからねぇ・・・

どこまで解決するのか・・・ですね。


脚本:戸田山雅司   監督:細川光信

  ◇ 第話 ◇   「復讐のピアニスト!母子を引き裂く遠隔殺人トリック!!」     2016.02.18.    
ゲスト ・・・ 雨宮薫(矢田亜希子)    渡辺仁(平岡拓真)   

雨宮薫・・・って、なんか、結構使われてません??
どっかで聞いた名前やな・・・って気がした。

さて、今回も結構込み入った話。
てっきり、ベッカの息子が犯人かと思ったら・・・
薫自身が巧妙に仕組んでいたとは・・・
怖い女だねぇ・・・

すんごい勢いで謎を解き明かしちゃう宅間。
これが別のドラマだと違和感を感じるかもしれないけど、
何故だかこのドラマだと、「だって、10年10カ月入ってましたから」で納得できちゃってる自分・・
不思議ぃ〜!(笑)


脚本:徳永友一   監督:細川光信

  ◇ 第話 ◇   「殺人上映会!死んだ女優から謎の招待状・・・容疑者は観客全員!?」
                                             2016.02.11.      
ゲスト ・・・ 藤村毅(神尾佑)    真壁修輔(東根作寿英)    山本美沙(広岡由里子) 

まぁ、最初から東根作さんが怪しいってのはわかってたんだけど・・・・
かなり時間を残して・・・の、事件解決となったため、おや?と思ったら・・・
まさかの、神尾さんも・・・っていう。
うむむ・・・容赦ない。(笑)

しかし・・・ほんと、宅間は犯罪を呼ぶんだねぇ・・・
宅間憎し!な人がまさか刑務所、しかも看守の中にいたとは・・・
でもさ、看守の身体的特徴までインプットされてるなんて・・・
すごいよ、宅間の記憶力!!

ただね・・・・あの爆弾、多少乱暴に扱っても大丈夫なんだったら、
カーテンとかでグルグルに巻いて、
その間に外から鍵でドアを開けてもらったら、
たとえスイッチオンになったとしても、十分に全員逃げられたと思うんだけど・・・?
どうして、解除するっていう道しかなかったんだろうね?
ま、そんなことしたら、真壁が自ら犯人と名乗り出て、宅間に指示を出しただろうけどさ・・・。
ちょいと、そんなことが気になりました。


脚本:徳永友一   監督:及川拓郎 

  ◇ 第話 ◇   「女刑事・姉小路の罪 5年の嘘!?京都〜東京 2つの殺人の点と線」
                                             2016.02.04.      
ゲスト ・・・ 矢橋宗一(眞島秀和)    加瀬信行(山田悠介)  

今期、コレが一番面白いドラマだな・・・・と確信したわ。(「ちかえもん」もだけど)

姉小路が、宅間に出会う前、京都で自分が挙げた事件の犯人が、
服役を終えて出所した・・・
「自分は無罪だ」と言っていたが、この事件の関係者が殺される事件が起こり・・・って展開。

あたしゃ、すっかり騙されてましたし。(汗)
宅間と姉小路、ケンカのままで大丈夫・・・?
手を貸してやんなよ・・・ってホントに思って見てたし。
さすが女優&俳優さんやわ・・・・(違うか?(笑))

なんと、最初から二人だけで通じて、ちゃんと捜査してたとはねぇ・・
いやはや、いいコンビだ。
だけど、身内を騙したことで、チーム内の亀裂が心配・・・(笑)

とにかく、姉小路の挙げた事件が冤罪じゃなくて良かったよ・・・
宅間の思わぬ同窓会も楽しかったし・・・(笑)
一時間ではもったいない内容でしたね。
でも、2時間ドラマだと間延びしそうなんで・・
これでいいと思います!


脚本:戸田山雅司   監督:及川拓郎

  ◇ 第話 ◇   「時効寸前!殺人罪を消滅させるトリック!?悪女の復讐!!」
                                             2016.01.28.      
ゲスト ・・・ 丹羽奈津美(鶴田真由)   我妻公昭(羽場裕一)   

今までとは違う展開でしたねぇ・・・・
面白かったです。

我妻が一人で行動したことが発端で・・・
物語終了まで数時間の出来事・・・だよね?
宅間の脳みそフル回転での短時間での解決・・・
見事でした。


ただ気になったのは・・・
最後の我妻の言葉だよね・・・?
「我々」側の人間だと思ってたんだけど、
あんな風に姉小路に話すってことは、「存在は知ってるけど深くは知らない」・・・みたいな?
いやぁ・・・初回の雰囲気だと、「我々」寄りの人間だよね・・・?
うーむ・・・これも策略なのか・・・?




脚本:戸田山雅司   監督:七剛

  ◇ 第話 ◇   「10年服役した刑事!いろはカルタ殺人事件 月夜に狙われた女!!」    
                                             2016.01.21.      
ゲスト ・・・ 連城明弘(相島一之)   山辺和幸(矢島健一)   辻岡益美(雛形あきこ)

京都をからめてきましたねぇ・・・
今までを無駄にしない感じは好きですよ!


でも・・・現場でバリバリ動いてる宅間には違和感がまだあるわ・・・。
今回は「ハマってるゲームを作ってる会社だから」って理由があったけど、
今後はどんな理由で宅間を動かすのかしらね?(笑)

いろはかるたか・・・
江戸かるたと京かるた、中身が違うのか・・・
他の土地も違ってるのかなぁ・・・?
・・・疑問に思うほど興味もないのですが。(汗)

残念なのは、金井勇太くんが出てきた時点で、
あぁ、コイツが犯人やな・・・・ってわかっちゃうところ。
あまりにもわかりやすいキャスティングですよ・・・(涙)



脚本:戸田山雅司   監督:七剛

  ◇ 第話 ◇   「10年間刑務所にいた刑事!トリックだらけの密室殺人!!美人妻の空白の300日」
                                初回69分SP      2016.01.14.      
ゲスト ・・・ 新宮司朱子(石田ひかり)  君原兼文(井上順)  横内幹也(遠山俊也)  近藤竜行(松田賢二)      

なんか・・・・二転三転どころの話じゃなかったね。(汗)
見てて、疲れちゃった・・・(滝汗)


10年間、冤罪で服役していた刑事・宅間。
で・・・また入っちゃった!って冒頭・・・
冗談か?と思ったらマジでしたね。
んなこと、あるかいや!!(笑)

序盤で早々に宅間が事件を解決しちゃった「自殺」。
でも、その裏には、いろんなことが隠されていて・・・
ある男が、すべての人間の思惑を動かしておりました・・・
そこに、気づけなかったんですな、宅間くん。
10年服役してても、このパターンは読めなかった・・・・ってわけかね?

で、再び冤罪で服役することになった宅間を、
昔の仲間=京都の面々が動いてくれて、無事に釈放・・・となり、
本格的な事件解決へ・・・と。
まー、「オレ、捜査しないから」と言いつつ、初回から動く動く!!(笑)
今まではほかに動いてくれる人がいたからねぇ・・
あ、その「動いてくれる人」たちがやってきたので、
次回からはまた動かない気かしら・・・?(笑)

「我々の存在」という大筋のキーワード、出てきましたが・・・・
まさかの、新相棒・我妻もそのメンバー・・・?
まぁ、伯父が警察庁長官らしいので、つながってるとしても意外ではないか・・・
最終回ではちゃんとカタがつくのかなぁ・・・?
シリーズ化を目論んでるのなら、まだまだ引っ張る可能性アリだけどね・・・(汗)


初回ってことで盛り込みすぎ・・・なんでしょう。
次回からの平常運転でどんな感じになるか・・
様子見ですね。


脚本:戸田山雅司   監督:七剛


★ STORY ★ 12月のSPドラマ放送後、1月期の連続ドラマとして、舞台を東京に移しスタートする。