木曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本:福田靖    演出:本橋圭太ほか    P:黒田徹也ほか
 主題歌・・・ 「Plus one」 平井堅


◆ 出演者 ◆
咲坂健人 竹野内豊 『神宮寺法律事務所』のパートナー弁護士
夏目佳恵 松雪泰子 『神宮寺法律事務所』のパートナー弁護士
熱海優作 賀来賢人 『神宮寺法律事務所』の新人アソシエイト弁護士
赤星元 山崎育三郎 『神宮寺法律事務所』のアソシエイト弁護士
猫田純一 杉本哲太 『神宮寺法律事務所』のパートナー弁護士
城ノ内麻里 馬場園梓 『神宮寺法律事務所』のアソシエイト弁護士
茂木さとみ 岡本あずさ 『神宮寺法律事務所』のパラリーガル
咲坂みずき 松風理咲 健人と佳恵の娘
朝丘理恵子 宮地雅子 『神宮寺法律事務所』のベテラン秘書
島谷涼子 宮崎香蓮 みずきの家庭教師の大学生
九十九治 大倉孝二 『神宮寺法律事務所』のパラリーガル
神宮寺一彦 國村隼 『神宮寺法律事務所』の代表
◆ レビュー ◆
  ◇ CASE ◇   「最終決戦 元夫婦、究極の選択」    最終回    2016.06.16.      

仲直りの回・・・ですか。
距離が近すぎてよくなかった・・・ってこともあるだろうから、
佳恵が移籍したのは正しかったんでしょう。
今後、事務所は別ながら、二人が力を合わせて巨悪を倒す!みたいな、
それこそ「グッドパートナー」な話が作れそうな気もしなくはないけど・・
ま、もういいかな・・・?って気もする。(汗)

「グッドパートナー」と銘打ったわりに、全然そんな感じがなくて、
いちいち弁護士バッジをはずすパフォーマンスもピンとこなかったし、
事務所のわちゃわちゃは、「HERO」もどきで、
かといって「HERO」ほどの一体感はなく・・・
全体的に「イマイチ」でしたな。



  ◇ CASE ◇   「今夜決着!!3億を巡る法廷対決」     2016.06.09.       

猫田の詐欺話、いる・・?
こんなん省けば、前回と合わせて一話で済んだと思うんだけど?

事務所全体で取り組んだから、
別に咲坂と佳恵が「グッドパートナーだな!」って感じもないし・・・
いちいち神宮寺がそれを言ってくるから、違和感アリアリなんだよなぁ・・・(汗)

案件は勝利で終わりまして・・・
失恋の猫田も立ち直り・・
最後は、「別れた夫婦のその後」・・・ってことになるわけで、
次週の最終回は、咲坂と佳恵が戦うこととなり・・・っていう展開らしい。
ま、どうせくっつくんでしょ?
娘さんも望んでるし、お互いに嫌な気はしてないみたいだし・・・
とっとと元サヤにおさまっちゃいな!って話で・・・(汗)



  ◇ CASE ◇   「温泉爆発!?理不尽な敵に勝つ!」     2016.06.02.       

なんだよぉ・・・前後編かよぉ・・・
かといって、次週が最終回ではないんだよねぇ・・・
変な構成だこと・・・。

熱海の知り合いの件で、佳恵も協力して賠償金を勝ち取ろうとするんだけど、
どうやら負けちゃったみたいね・・・。
やっぱ、バックについてる人がデカイから?

ま、次回で挽回するんでしょうけどね・・・。



  ◇ CASE ◇   「俺が救う!!謝金3億から大逆転」     2016.05.26.        

まぁ、あの赤星の様子から、「何かあったんだね・・・?」って気づかないほうがおかしいっていうか・・・(汗)

店舗拡大で大借金を抱えてしまった蕎麦屋の再建の案件・・
咲坂は依頼人の要望に応えようとするも、
レッドは頭ごなしに「無理だ!」と店を手放す方向で行こうとする。
意見は対立・・・
咲坂はレッドに、お前の言葉には心がない・・と暗に伝える、
するとレッドは、本音で蕎麦屋の店主に向き合った・・・と、なんだかいい話になっちゃってました。(汗)

もうしわけないが、この程度の案件に弁護士三人もつけて、
この事務所の経営は大丈夫なのか?と逆に心配になる。(汗)


それと、佳恵もレッドの過去を知らなかった・・・ってのは、
「あなたにレッドの心を開かせる何かがあるのかしら?」と佳恵に思わせるために必要だとしても、
ボスの神宮寺は知ってて、あえて咲坂のこの案件につけた・・ってことにした方が、
この事務所のチームワークとして良かったんじゃないか・・・?って気がしましたね。

今までの話よりも見ごたえはあった気はしますけど・・・
いろんな意味でまだ「おぉ!」って感じにはなりきれないドラマだなぁ・・・(汗)



  ◇ CASE ◇   「許さない!最低男に謝罪要求!!」     2016.05.19.        

今回は佳恵が「パートナー」になってました・・・かな?
でもさ、佳恵は弁護士として活動して説得してたやん?
毎回咲坂は弁護士バッジをはずして説得しようとするけど、
やっぱそれっておかしいよねぇ・・・。

セクハラ問題だったので、女性が活躍したのはいいけど、
だったら、最初から佳恵をメインにすべきなんじゃないかなぁ・・・?って気もするし・・

これって、「グッドパートナーになるまで」の話なのかなぁ・・・?
採取回でようやく、公私ともにグッドパートナーに・・・ってことかしら?
先は長いぜ・・・(汗)



  ◇ CASE ◇   「ぶっ壊す!因縁の親子バトル!!」     2016.05.12.         

やっぱり最後は弁護士として・・・ではなく、一人の人間として・・・なのね。
まぁ、今回は違和感はない流れではあったけど・・

やっぱさ、佳恵との絡みが仕事じゃないのがねぇ・・・
ただ、離婚した過去に縛られて二人で言い合ってる・・・っていう、
発展性のない会話を毎回聞かされてる気がしてねぇ・・・
人ん家の夫婦喧嘩なんて、犬も食わないんですよ!


赤星の入院、九十九の奮闘・・
ここらはちょっと楽しめた気もするけど、
メインの二人がこれじゃぁねぇ・・・
うーむ・・・。(汗)



  ◇ CASE ◇   「大勝負 生き残りをかけた戦」     2016.05.05.            

なんか、テンポが悪いよねぇ・・・
メンバの掛け合い部分も、まったりとしてて・・
そこは、ポン!ポン!!ってテンポ良く!!って思っちゃったもん。
それは編集でうまく出来る気もするので、
演者だけでなく、作りの問題でもあるかなぁ・・・って気が。(汗)

あと・・・「グッドパートナー」って銘打ってるわりに
誰がどうグッドなパートナーなんだよ?って話で。

佳恵は咲坂にちゃちゃ入れてるだけだし。
熱海は全然パートナーにもなれてない・・・ってかジャマだし!
花粉症ならしっかり対策してこんかい!
「しょーがないじゃないですかぁ!」って逆ギレとかありえんし!
これだから「ゆとりは・・・」とか言われるわけよ、アンタ。
私が咲坂ならとうにブチ切れてるわ、マジで。
・・・あかーん・・・ゆとりに対して全然ゆとりがないわ、私・・・・(涙)

毎回、弁護士バッジをはずして、人として忠告・・・アドバイス・・・っていうのが流れのようですが・・・
弁護士としての言葉が通用しないのも問題かと・・・?(汗)
それに、そのうちバッジ、失くすぞ・・・?(滝汗)

竹野内くんの話し方同様、全体的にマッタリ・・・なドラマですね。
ちょっと、眠くなるな・・・(汗)



  ◇ CASE ◇   「大逆転 鍵は300枚の領収書」     2016.04.28.            

顔がいいのは認めちゃうのね・・・・潔いわ・・・(笑)

顔が良く、スタイリッシュにサラっ!と仕事をこなすように見えて、
実は泥臭く、地道に仕事をする咲坂・・・という姿を描いた今回。
佳恵は、サラッ!っとやってのけちゃう対象的な描き方になってるので、
今後もこの感じでいくのかな?

それにしても・・・今回の咲坂の案件の相手・・・最低だったね!
あんな風にお金をかすめとろうとするなんて・・・
でもさ、300件中、嘘は三件だけだったってことは、
残りはちゃんと接待してた・・・ってことよね?
「オタクのあの人、接待されたけど最悪だったよ!」とかいうクレームは来てないわけでしょ?
ってことは、一応営業の仕事は成り立ってたわけで・・・
そういう人たらしのスキル、違うことに使えばいいのにねぇ・・・

概ねいい感じなんだけど・・・
熱海のキャラがウザイっていうか、いちいちうるさいっていうか・・・
雰囲気を壊してるよねぇ・・
何事も適度ですよ。
あーいうサブのゆとりキャラは、ある程度愛せるキャラじゃないとダメです。
愛せる部分がないゆとりキャラは、ただただムカつくだけですから!




  ◇ CASE ◇   「諦めない元夫婦の最強コンビ 掟破りの勝利の裏技」
                                  初回69分SP     2016.04.21.     

TBSの「99.9」と同じ、弁護士モノです。
そして、脚本家があの人のせいか・・・「HERO」っぽいのは否めない・・・(汗)
弁護士と、サブ弁護士のコンビが数組っていう形も似てるしね・・・
ま、局と演出が違うので、まったくソックリってわけではないけども・・・

マツジュンと同じく、マッタリ系なお口の竹野内くん。
でも、キャラがそういうタイプなので違和感はナシですな。
そして・・・松雪さーん!美しいですのぉ・・・
金曜の中谷美紀さんといい・・・40オーバーの美しい女性が元気だと嬉しいもんです♪

新人アソシエイト弁護士の熱海が若干ウザイですが・・・
こういうキャラも必要だ・・・ってことでそのうち慣れるでしょう。
かなり個性的な役が続いていた育三郎くんが大人しめなのが、若干寂しいけど・・・(笑)
初回にしてすっかり「チーム」!って感じで、慣れるの早すぎだろ・・・?って気もしなくはないけど、
まぁ、楽しかったからいいか!(笑)


初回は著作権問題。
こういう案件、あるんだろうなぁ・・・・
そして、敵の弁護士事務所相手に戦ってると見せかけて・・・
相手の会社を追い込んでいたという咲坂の作戦!
見事にハマりましたねぇ・・・
・・・やばっ!失敗したかも・・・?って雰囲気になりかけてましたけどね。(笑)

今後もこんな雰囲気で、ちょっと軽めに、でもしっかり痛快に描いて行ってほしいです。




★ STORY ★ 企業法務専門の同僚ライバル弁護士の男女が元夫婦という複雑な事情を抱えながら、企業の悪に立ち向かう法務&ホームドラマ。