火曜10時〜    TBS       
 脚本:野木亜紀子    演出:土井裕泰ほか     P:那須田淳ほか
 主題歌・・・ 「エコー」 ユニコーン

原作
◆ 出演者 ◆
黒沢心 黒木華 興都館 バイブス編集部 編集者
五百旗頭敬 オダギリジョー 興都館 バイブス編集部 副編集長
小泉純 坂口健太郎 興都館 バイブス営業担当
壬生平太 荒川良々 興都館 バイブス編集部 編集者
ミサト 野々すみ花 小料理屋の女将
菊池文則 永岡佑 興都館 バイブス編集部 フリーの編集者
八丹カズオ 前野朋哉 漫画家
三蔵山龍 小日向文世 大物漫画家
高畑一寸 滝藤賢一 売れっ子漫画家
成田メロンヌ 要潤 漫画家
中田伯 永山絢斗 漫画家
沼田渡 ムロツヨシ ベテランアシスタント
河舞子 濱田マリ 仏像マニアの書店員
久慈勝 高田純次 興都館 社長
安井昇 安田顕 興都館 バイブス編集部 編集者
和田靖樹 松重豊 興都館 バイブス編集部 編集長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「私は忘れない!心震える瞬間を・・・」    最終回    2016.06.14.    

最終回は、中田くんと心の、漫画家と編集者の成長を描いていましたね。
心が本心でぶつかって、ちゃんと中田くんに伝わって、
良かったなぁ・・・

総評としては・・・
全然期待してないドラマでしたが、初回から面白い!って思えて、
最後までその想いのまま見終わった・・・って感じです。
こういう、明日の活力になるようなドラマ、いいですよね!
ハラハラドキドキも、それはそれで楽しいけど、
こういうドラマは、毎期一作はあってほしいですな。

でも、やっぱり全体的に「華」がなかったですね・・・
心=黒木華ちゃんで良かったとは思ってるんですけどね・・・。



  ◇ 第話 ◇   「好きです 突然、愛の告白・・・成るか!?初連載!」    2016.06.07.    

今回は、高畑さんと五百旗頭さんに泣かされたわ・・・
築かれた見えない絆・・・
切れそうで切れなかった、想いの絆・・・
エンペラー引き抜き??の話も、絆を深めるためだったと思えば、
終わりよければすべてよし・・・ってことで。(笑)


中田伯の闇は思ってたよりも深く・・・
その闇を思うがままに作品にぶつけているわけですが、
担当の心は、それをちゃんと理解して、読者に届けないとダメなんだよね。
五百旗頭さんって存在は、本当に大きいわ・・・
作家より、五百旗頭さんが引き抜きされないようにしないとダメかもよ、興都館!(笑)

次回で最終回。
あの予告の感じだと、ハッピーエンド・・・かな?



  ◇ 第話 ◇   「鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!」    2016.05.31.      

妖怪パタパタか・・・うん、言い得て妙。(笑)
こういうヤツ、本当に迷惑よね!
違う本の上に本を置いていくやつ、いるもん!
買う側からしても、マジでやめてほしいわ!!

さて・・・今回は、いい話でしたなぁ・・・
最後の感動の場面は、もらい泣きしてもーたもん。

愛する人の夢をともに追ってたから、あんな笑顔でいられたんだよ、お母さんは。
そんなことすら忘れちゃうくらい、辛い日々を送っていた娘ちゃん。
罪な父親だぜ、後田先生!
とにかく早く酒を抜いてくださいよ!!

そして、すっかりスランプの中田伯。
ま、一皮むける前の苦悩の日々・・・ってことで、見守りましょう。
三蔵山先生がついてるから、大丈夫でしょう。

次回は、人気作家・高畑さんがライバル誌に引き抜き??
まったく、妖怪パタパタといい・・・王者とは思えない姑息なヤツらです!!
負けるな、バイブス!



  ◇ 第話 ◇   「天才VS凡人・・・マンガの神様に愛されたい!」    2016.05.24.      

沼田さん、ようやく現実と向きあう・・・の巻。
中田に最後はちゃんと理由を言ってあげたほうがいいのでは・・・?
ずっと「何にムカついたんだ?」って引きずるぞ?(笑)

帰る場所がある・・・・ってこと、
帰る場所なんてないってこと・・・
沼田は、育ちも平凡ではなく、その結果生み出される中田の力に、勝てない・・・って思ったのかもね・・・
カレはカレ、あなたはあなた・・・とも思うんだけど・・・。(汗)

そんなこんなで、中田伯の奮闘はまだまだ続くようで・・・
電子書籍化に反対する枯れた過去の漫画家の話が次回に続くようですね。
あんな風で、よく暮らしていけるもんだ・・・
お前こそ現実と向き合え!ってことで。

今回はなんか、ボンヤリと見終わってしまった感じだな・・・
なんでだろ・・・?



  ◇ 第話 ◇   「勝ち続ける仕事術・・・新人ツブシの秘密とは?」    2016.05.17.     

安井さんもいろいろあったんだねぇ・・・
そして、廃刊の経験があるからこそ、バイブスを廃刊にさせないように、
あえて想いを殺して仕事をしてるんだ・・・
昔熱かったからこそ・・・の今なんだね。

でもさ、確かに安井のおかげで売り上げが安定してるのかもしれんけど、
使い捨てされる漫画家さんは可哀想だなぁ・・・

絹はその前に自分でちゃんと道を歩き出したけど・・・
次は誰が犠牲になるのか・・・って感じで・・・(汗)
理想だけじゃダメってのはわかるけど・・・
難しいなぁ・・・

中田君は面白かったね!
まさか、自分が絵が下手って気づいてなかったとは・・・・(汗)
でも、そこで挫けず、頑張る決意をしたようで・・・
これが、ある人に影響しちゃうわけか・・・
切ない話になりそうだ・・・。(涙)



  ◇ 第話 ◇   「運を使いこなせ!なるか ド下手新人デビュー」    2016.05.10.      

社長の過去なんて・・・長々と・・・って思って見てたけど、
やっぱり素敵な話でしたねぇ・・・

運を貯めるか・・
私も心掛けてみようかなぁ・・?
・・・でも、当たりくじはきっと捨てずに換金しちゃうけどね・・・(笑)

新人作家の初の単行本化の仕事を任された心。
いいものを作る・・・それは、作家の将来を潰さないために、売れるものを・・
そうよね、売ってあげてなんぼですもんね。

そして、一方で、売れずに倉庫に保管されていた在庫本は・・・
一定期間で廃棄処分にされる・・
あの映像は、ほんと、本を愛する人間からすると胸が痛むな・・・

初めて本が本屋に並んだ瞬間、
そして、本が処分される瞬間・・・
どちらも、編集者として忘れてはいけない瞬間・・
この気持ちを忘れないように毎年この場に立ち会う社長さん・・・素敵でした・・・。

次回はツブシの安井の話かな・・・?
7話まで書かせておいて、「あれ、ボツ」とか簡単に言っちゃうコイツ・・・
絹ちゃん・・・大丈夫かなぁ・・・?(涙)



  ◇ 第話 ◇   「目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告」    2016.05.03.      

今回は新人発掘の話。
長い目で見ないといけない話なんで、わかりやすい決着がつく回ではなかったけど、
新人編集者なりの頑張りは描けてましたね。

ただ・・・確かに、持ち込んだのに担当が新人だと・・・ちょっと不安かも。
ベテランの人に「こうすべき!」とか、「絶対こうだよ!」って言われたら、
そっちに流されちゃうよなぁ・・
新人・絹ちゃん、安井さんにつぶされないといいけど・・・(涙)

中田くんは、絵は下手だけど、マンガの見せ方は抜群にうまいらしいので、
「進撃の巨人」みたいにイケちゃうかも・・・だよね。
頑張ってほしいです。

あと、老新人の一之進さん、デビューおめでとう!
バイブスではきっと無理だったろうから、心のアドバイスが効いたんだよね!
見る目はあるんだよなぁ・・・
あとは経験だよねぇ・・・
頑張れ、心!!


今回もほっこり、そしてちょっと切なく、胸に響く回でした。
毎回、楽しいです!!



  ◇ 第話 ◇   「天才VSド新人編集!先生の信頼を守りたい」    2016.04.26.      

今回もいい話・・・♪
でも、それより気になったのは・・・
華ちゃんが芦田愛菜ちゃんに見えて仕方なかったこと・・・・
口の感じとか・・・・似てるよね・・・・?(汗)

さて、人気漫画家の高畑の担当になった心。
しかし、高畑のカノジョが出ていっちゃって、やる気なくしちゃった高畑先生・・
大ピンチ!!の回でしたね・・。
そして、不人気による打ち切りとなった成田の担当・壬生も大ピンチ・・・

今回は、編集っていう立場がよくわかるお話で、
ただ、漫画家が書くのを待って、本にする・・・ってだけじゃなくて、
浮かれすぎないように、溺れないように、
読者と作家を繋いでいる大事なお仕事なんだな・・・って思いました。
漫画家も時間に追われてるけど、編集者さんもそうなんだろうなぁ・・
大変な仕事だなぁ・・・

今回もまた成長した心。
次回は新人作家発掘・・・ですかね。
なんか鼻につく安井さんのことが知れそうなので、楽しみです。



  ◇ 第話 ◇   「これが僕の仕事だ!幽霊社員の本気の営業!」    2016.04.19.     

やっぱり、いいわー!このドラマ・・・・
見ていて元気がもらえる!!
押しつけがましくないのが良い!

癒されるなぁ・・・♪

今回は、望まぬ営業職でやる気ナシ男の小泉くんのお話。
営業なんて・・・って言いつつ、靴は全然すり減ってない・・・っていうショットから・・・・の!!
心が営業のお手伝いにくることになって、
「たんぽぽ鉄道」というマンガの推しをすることになって、
いつしか、嫌いだった「頑張る!」を実践!!
結果、靴底は見事にすり減っていた・・・っていう、
まぁ・・・なんていい話♪

心の元気もやる気も、「ウザイ」ととられればそれまでだけど、
ちゃんと小泉には響いていましたよね。
華ちゃんの存在感が、いい感じで押しつけがましくないんですよねぇ・・・
いいキャスティングだわぁ・・・


今回は成功のお話・・・
次回は、心、初めて担当を持つ!かな?
そろそろ挫折を知る・・・となるのでしょうかねぇ・・・?

それにしても・・・たんぽぽ鉄道、読んで見たくなったよ!
どっかで売ってないかなぁ・・・?(笑)



  ◇ 第話 ◇   「夢を描いて感動を売れ!涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!」
                                  初回69分SP     2016.04.12.      

正直、華ちゃんに「主役!」という「華」はない。(汗)
でも・・・だからこその、存在感・・・という感じでしたね。

期待していなかった分、気楽に見られましたし、
何より、仏像の見え方に本気で感心してしまって、
その後の「心の気づき」に、なるほどーっ!!ってマジで感心しましたから。(笑)
単純でゴメンちゃい。


さて・・・出版社に入社した、柔道経験のある女子・・・のお話。
臭い部室で格闘技をやってただけあって、
男所帯の編集部でも全然平気!ってのもなかなかよろしい。(笑)

体育会系で生きてきたので、人との接し方も上手だし、
まっすぐに熱い部分も、「過ぎてない」ので好ましい。
ってことで・・・なかなかの好感触の主人公です。
今のところ・・・身内に敵はいないもんね。

そんな心の、初めての大仕事は・・・漫画界の重鎮の危機を救う!な展開でした。
確かに、あの姿勢じゃおかしくなるよねぇ・・・
ってか、誰か気づけよ・・・っていう・・・。(汗)

でも、修正できたのなら、話が面白ければまだまだイケるわけで・・・
めでたしめでたし・・・ですな。
それにしても・・・三週分前倒しで週刊連載を書くなんて・・
この世界のことをそんなに知らない私でも、なかなか厳しいことでは・・・?って思っちゃうわね。
それしか仕事がないのならできるかもしれんけどさ・・・。

ってことで、次回も視聴決定。
来週は裏が始まりますが・・・
コレがどうでるか・・・・ですよね。
面白ければ、リアルタイムは裏で・・・ってことになるかなぁ・・・?と思ってますが。

そうそう、余談ですが・・・・河さんがお勤めの本屋さん・・・
私の行きつけの本屋さん!!
ここまで来てるのか、あの俳優たちが!!と驚き・・
いつ行けば、会えますか・・・?(笑)



★ STORY ★ 元柔道日本代表候補の漫画編集者、黒沢心が、持ち前のガッツと根性で不況の出版業界を盛り上げる物語。