水曜10時〜    日本テレビ       
 脚本:金子茂樹    演出:中島悟ほか     P:櫨山裕子
 主題歌・・・ 「I seek」 嵐

主題歌

◆ 出演者 ◆
鮫島零治 大野智 鮫島ホテルズ 社長
柴山美咲 波瑠 鮫島ホテルズ 新入社員
村沖舞子 小池栄子 鮫島の秘書
堀まひろ 清水富美加 鮫島ホテルズ 新入社員
三浦家康 小瀧望 鮫島ホテルズ 社員
蛭間太陽 西堀亮 鮫島ホテルズ 社員
丸田潤 若林誠 鮫島ホテルズ 社員
松若笹広 札内幸太 鮫島ホテルズ 社員
石神剋則 杉本哲太 鮫島の運転手
白浜吾郎 丸山智巳 鮫島の忠臣
音無静夫 三宅弘城 鮫島ホテルズ 社員
和田英雄 北村一輝 ステイゴールドホテル 社長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「最終回 驚きの展開!結婚できる?あせる社長最後の危機」  
                                最終回70分SP     2016.06.15.       

終わってまったーっ!!
もーっ!寂しすぎる!でも、なんか、幸せな気持ちになってるぅーっ!

コレ、絶対「結婚する」というSPを作ってもらいたい!
そこが「目標」でしょ?ぜひ、ぜひ、お願いします!!
あぁ・・・明日から「セカムズロス」やわ・・・(涙)


前回終わりの「ハグ」から・・・どうなったの??って思ったけど、
まさかの酔っ払いにジャマされていたとは・・
で、そのあとの展開は、まさかの「ナシ」・・・。
何やってるんすか、れいさん!!
でも、本人はかなり満足そうで・・・(笑)

そして、久しぶりのデート!!
二人きりのドライブ・・・美咲の夢の場所へ・・・
そして、こんな早い段階でのキス!そして、キス!!
まさかこんなキスシーンとは・・・・可愛いじゃないか!!

んでもって、ちゃんとしたキスまで・・・
大野くんファンの私ですが、許しちゃうぞ!!(笑)

で・・・この後の展開は・・・・結婚!かと思ったら、
村沖の助言で、「同棲からの結婚」ってことになったらしく、
みささんにそれを打診・・・しかし、「急ぎたくない」と断られる・・・
それだけでなく、家に遊びにも来てくれない・・・?
みささん、どうしたんだ・・・?ってことで、
親父を使って何度もおびき寄せようとする零治だけど、美咲に読まれていて・・

どうやら美咲は、また零治がブチ切れて、出ていけ!っていう展開になるんじゃ?って、
せっかく幸せなのに、壊れるのが怖かったみたいだね。
零治は、みささんといると変われる、変わるチャンスをくれ・・って言って、同棲生活突入ーっ!!

ここからがさ・・・何ともリアルで。
わかるなー・・・ここまで一人で暮らしてきた男にはさ、生活の「決まり」ってのもあるし、
好みの違いはどうしても出てくるわけで・・・
何とか我慢し続ける零治に、美咲はちゃんと言ってほしいと告げ・・・
言ってみれば、なんだ、そんなことか!っていうことだったりして、
美咲はあんまりこだわりのないタイプの人間みたいだし、
意外と上手いこと零治を扱ってくれてて・・・
うん、いい感じで上手いこといきそうじゃん?っていう雰囲気でしたね。
・・・あのタメ口には笑ったけど!(笑)
いきなりの「じゃ、自分でやれ!」は、ものすごい爆弾だったわーっ!!


そして一年後・・・・新鮫島ホテルで結婚式をしていたのは・・・和田でした。
嫌味を言いつつ・・・ちゃんと激励をしてくれる師匠・・
どうぞ、お幸せに!!

で・・最後の櫻井翔によるインタビュー・・・・これは・・・必要だったかと問われると・・・
うーん・・・いらなかった気もするけど・・・うーん・・・(汗)

結婚しないまま終わっちゃうの??って寂しかったけど、
すっかり美咲の尻に敷かれちゃってる零治が可愛かったのでヨシとする!(笑)
幸せそうで良かった・・・
こうやっていつか、山頂=結婚に到達するよね、この恋は、きっと・・・
そこ、見たいんで、絶対SPを作ってください!
お願いします!!


あー、楽しかった・・・
三か月、本当に楽しくて、待ち遠しかったドラマは久しぶりです!
ミステリーとかサスペンスとか、謎解き的な意味合いで次週が気になる!ってのはあるけど、
ラブストーリーでここまで掴まれたのは、かなり久しぶりかも・・・。
本当に、本当に楽しかった・・・
楽しんだ分、お別れが寂しすぎる・・・(涙)

大野くんの演技も良かったけど、小池栄子ちゃんも良かったよね!
この人あってのセカムズだった・・・といっても過言ではない!
もしSPがあるのなら・・・舞子も幸せになってほしいな・・・

そうだ、最後に言わせてもらおう・・・
世界一難しい恋は・・・白浜さんだったな・・・と。(笑)
まさかの、そっち系だったとは・・・一番のサプライズだったかも!
ま、違う道に歩み出せたみたいなんで・・、良かったのかな?




  ◇  ◇   「諦め切れない恋と夢・・・偶然再会で最高のプロポーズ」     2016.06.08.       

「私、社長のこと、全然わかってなかったかも・・・」
そうです、そうやって、みささん自身が気づいて動いてくれること・・・
これが大事なんだよね!

今までは零治の右往左往だけを見てきてて、
一体、美咲はどんな風に零治を好きになってくれたのか、
どんな気持ちでいるのか・・・が見えてこなかったもの・・・。
良かったよ、「鮫島零治」って人間を「知ろう」って思ってくれて・・・
そして、ちゃんと、向き合って、受け入れてくれて・・・
なんだろね、ジワジワと涙が出てきちゃった、そんなラスト前の第9話でした・・・。


「しばらくは会いたくない」と美咲からメールが来て、
会えないのなら、すれ違いたい!と自転車通勤したり、
すれ違えないなら、覗き見したい!とステイゴールドホテル入り口近くのビルをオフィスとして借りようとしたり・・・
で、最終的手段として思いついたのが・・・
ステイゴールドホテル近辺の着ぐるみショー!
着ぐるみの中に入って・・・みささんを垣間見たい・・・ってか?
どんだけ確率が低いんだっつの。(笑)
来てくれたからいいものの・・・。

でもさ、美咲の顔を見て、嬉しくなって、
でも、着ぐるみ越しに美咲の笑顔を見て、
こんな笑顔をオレに向けてくれる日はくるのか・・・って苦しくなったり、
余計に想いが募ってきちゃって・・・
こっちまで胸が苦しくなってきちゃったよ・・・。

そんなとき、和田がホテル業界から退くというニュースが!
和田には和田なりの、「幸せ」ってものを見つけたらしい・・・
和田なりの「幸せ論」を聞いて、
「そっか、幸せを追い求めてるうちは幸せになれないのか・・・みささんを追い続けても幸せにはなれないのか・・」と
悟っちゃった零治に・・・怒りの鉄拳!!
おぉ?和田さん、零治に素敵な喝を入れてくれるのね!!と期待したら・・
「柴山美咲に対して右往左往してるお前が面白いから、諦めたらダメ!!」ときた。
・・・おいおい、私たち視聴者と同じ楽しみ方をなさってるじゃないか・・・(笑)

でも、殴らなくてもいいと思うぞ!

そもそも、美咲のことをあんまり知らない・・・と気づいた零治は、
三浦に頼んで美咲についてリサーチ・・
美咲のホテルを建てたい!って夢を聞いて、「手助けしてあげたらいいんじゃ?」というまひろや三浦に対し、
「夢は自分の手で叶えなくては意味がない、応援はするが、手助けはしない」と言い切る零治。
ひどーい!とご立腹のまひろだけど・・・
美咲にはその考えが響いたようで・・
私、社長のこと、全然わかってなかったかも・・・・と、鮫島旅館へ・・・
そこで、零治の幼いころのことを父親から聞いて、また惹かれていって・・・

そんな美咲に、零治は自分がホテル経営を学んでいた時の本を三浦を介して渡すのよ。
その中には、自分が大事だと思えるとこにたくさんのアンダーラインや書き込みがしてあって、
これからの美咲の夢に役立つといいな・・って想いが伝わってきたよねぇ・・・
グッドなタイミングの贈り物です!!
「会えなくても、できることがあるだろ・・?」という師匠の助言、助かりました!!(笑)


美咲に会えるかも・・・と毎日歩いて帰宅してた零治を、美咲が見つけてくれて・・・
ようやくの、久々の対面です・・
着ぐるみショーの場所だったため、つい条件反射でマスコットの動きをしちゃった零治・・・
でももう、それも許してる・・・っていう声だったよね。
言葉は責めてるのに、声は甘えてる・・・っていう・・・。

美咲の心の動きがよくわかる回でした。
前回終わりと、今回の終わりの美咲の話し方・・・全然違うもん。
声が、甘甘ですもん!!(笑)

いつもの頑なな美咲とは違う・・・と零治も感じ取って、
階段を一段一段おりつつ、相手の反応を見ながら近づいて行って・・・
拒まれることが怖くても、やっぱり近づきたくて・・・
最後は、不器用な抱擁・・
美咲も嬉しくて身をゆだねて・・
それがわかって、零治も嬉しくて・・・・

はぁ・・・・もう、心から祝福ですよ。
ってか、安堵・・・が大きい。(笑)
この一週間、どんだけヤキモキしたか!!

次週で終わりか・・・
早く見たいけど、終わっちゃうと思うと寂しくて・・・
でもやっぱり、早く見届けたい!
楽しみだーっ!!



  ◇  ◇   「新たな恋は足裏上手安らぎ秘書?ダメ親父教えるまごころ」     2016.06.01.     

うーん・・・・
確かに大人げないし意気地なしで、しょーがない男だけどさ・・・
ここまで引っ張っておいて、”デレ”のない”ツン”のままで終わっちゃうとは・・・
見てるこっちの心が折れそうでやんすよ・・・。(涙)


クビだ!って言われて、速攻辞めちゃう美咲。
未練もないのか?ここまでスッパリだと、やっぱそんなに好きじゃなかったのでは?って気がするよ・・・(汗)
でも、社員たちは「美咲と付き合ってた頃の社長が好きだ!戻ってほしい!」って頑張ってくれて、
美咲の送別会を開いて関係を修復させようとしてくれたんだけど・・

とっととステイゴールドホテルに再就職を決めちゃった美咲。
ブチ切れた零治は、「ウチを去るというなら、神奈川県から出ていけ!」と言っちゃうのよね・・・
さすがにこれは・・・小さすぎるぜよ、零治・・・。

傷心の零治・・・そんなとき、和田から舞子とのことを聞かされ、
え?アイツ、オレのこと好きなの・・・?と思っちゃったらしく・・・
ふぅ・・・そうじゃないでしょ、アンタが考えるべきことは・・・。(汗)

んでもって、急に親父が田舎から出てきて・・・
あれって、息子と仲直りしたくてきたわけ?
何の意味があったの?よくわからんわー!

ただ、寝方が一緒ね・・・とか、女の扱い方の下手さも似てるのね・・とか、
親父の姿を見て、何かを感じ取った零治・・・ってことらしいけど、
別にそんなことじゃなくても良かったんじゃ・・・?って気が。

とにかく、みささんれいさん不足なんですよ!
言い争いでもなんでもいいから、もっとすったもんだしてるとこ、見たいんすよ!

親父とか、どーでもいいんすよ!!

零治が寂しさのあまり、自分でもいいか・・?なんて妥協してるのを知った舞子は、
勇気をもってぶつかれ!私に甘えるな!と発破をかけます。
そして、零治は勇気を出してステイゴールドホテルへ・・・
ストーカー扱いされるも、負けじと思いを伝える!!
・・・伝え方は相変わらず不器用っていうか、不躾っていうか、無礼っていうか・・・(汗)
でも、必死さは伝わってきたんだけどね・・・

美咲、完全にシャットアウトですな。
もう、好きの欠片も残ってないんじゃ?ってくらいの冷徹さ。
私なら、心折れるわぁ・・・(涙)

でも、何とか条件付きで向き合ってくれそう・・?ってとこまで持って行った零治。
「いさなみすやお!!」と見送る背中が・・・切なかったっす・・・(涙)
ま、美咲もあんなこと言って辞めてしまった以上、
簡単に戻ることもできない性格っぽいからな・・・(汗)

残り2話。
次回で何とか美咲が零治って男を認めるとこまで行きつくかな・・・
最終回は・・・最高のキスが待ってる・・・と信じて!
次回を楽しみに待ちたいと思います!
予告で見えた「和田の辞任」も気になるし!
早く続きが見たい!!

はぁ・・・一週間待ったのに・・・この焦らされ方・・・
たまらんわ・・・。(涙)



  ◇  ◇   「お泊まりデート最高のキス!?純情オトコ心で破局の大ピンチ」     2016.05.25.    

何やってんすか・・・・もぉ・・・・
他人事だから笑えるだけどさ、
最後の方はもう、どっちも不憫でさ・・・
「ちょ、待てよ!」で強引に・・・でもいいのにさぁ・・・
今回はどんよりなエンディングで・・・グッタリ。(涙)

序盤で「交際発覚」部分が描かれて、しかも三浦以外全員知ってたっていう・・・
零治を思って黙って見守ってた・・・っていうのも、なんか微笑ましくて。
そのこと、ちゃんと零治に伝えてあげてね、石神さん!(笑)

今回のメインテーマ=キス、ですが・・・
全体的に、「女の扱いに慣れた和田が舞子を・・・」ってのと、
「女の扱いが全然わかってない零治が美咲に・・・」ってのを対比して描いていて、
あぁ、こんなにスマートにやられたら、流されちゃうなぁ・・・とか、
なんでそこでこう、グイッ!といけないの・・・?とか、
感情があっちこっち、忙しかったっす。(笑)

美咲を家に泊めておきながら、キスもできない零治・・
基本的なこと、言いましょうか?
あんな大きなベッドがあるんなら、わざわざ客用布団を敷かず、
一緒にベッドで寝ればいいんですよ、最初から!!
そこから間違ってますから!!


「本当に好きな人とは、キスしなくても幸せなんだよなぁ・・」って気持ちはわかります。
でも、それ、付き合いだしたばかりのカップルが抱く感情か?
ヤバイな、完全に心まで老齢化してるぞ、零治!!(笑)
だいたいね、相談する相手が初老のオッサンってのが間違ってるのよ。(ごめん、哲太さん)
ここは舞子か和田に・・・
・・・あ、舞子と和田の関係を想うと、それも出来かねる状況か・・・
うーむ・・・・友達がいないのもネックだったな・・・(汗)

美咲はってーと、「大事にされてるのか?大人の余裕なのか?」としばらく待ってみたものの、
「こっちから行ってもいいんじゃね?」というまひろのアドバイスを受け・・
とうとう最後は自分から零治のベッドへ・・・
きゃーっ!ありがたい展開じゃないか!受け入れなさい!じっとしてなさい!!

・・なのに・・・零治ったら・・・
そんな変な装置作るヒマがあったら、違う勉強をしようよぉ・・
言わんこっちゃない、最悪の展開に・・・
さすがの美咲もブチ切れ!「意気地なし!!器が小さい!!」と文句言われちゃいまして・・・
美咲も零治に言いたいことが言えるようになってきた・・・と好意的に捉えたい私ですが・・・
零治は・・・「クビだ!!」ですと。
・・・はぁ?公私混同が甚だしい!
訳、わかんなくなっちまっただね・・・(涙)
で・・・ケンカ別れのエンディング・・・
はぁ・・・修復可能なのか、コレ・・・・?

一方で舞子は・・・和田との付き合いを終わらせることに・・・
今はまだ零治のことを放っておけないようです。
「(零治のこと)好きです」って言ってたけど、それは「人として」だよね?
まさかの参戦・・・ってことじゃないよね?

それはそれでいい「調味料」になる気はしなくもないけど・・・(笑)

大野くんが「ベッドシーンがあります」って言ってたので、
どんなことになるのかと思って見てたら・・・確かにベッドでのシーンではあったけど・・・
こんなに苦いシーンだったとは・・・
次回は甘い展開、お待ちしています!!

ってか・・・残り3話・・
まさかの、最終回でようやくキス・・・とかいう展開ですか?
いやいや、そこまでもいかない気がしてきたよ・・・
ほんと、難しい恋だなぁ、この恋・・・(涙)




  ◇  ◇   「初恋成就でバカップル誕生!悲劇のダンスパーティ・・・真夜中に通じる心」
                                              2016.05.18.      

もぉ・・・・序盤の二人のデートや携帯のやり取りが可愛くて・・・
もー、可愛い二人じゃのー!ってニヤニヤしながら見ちゃいました!
序盤でなるほど・・・って思ったのは、
美咲は零治に変に怖がらずに普通に接していた理由がわかったこと。
そっか、お祖父ちゃんに似ていたからなのね・・・
メモ魔なところもソックリ!
ただ、気になるのは・・・
美咲がパリに行ってる間に死んじゃったお祖父ちゃん・・・
まさか、お祖父ちゃんと零治・・・なんか関係してないよね・・?
零治が生前のお祖父ちゃんを苦しめてたなんてこと、ないよね・・・?

そんな切ない展開だけはやめてほしい。
逆の展開なら嬉しいけどね・・・。

さて、幸せな二人・・・ちょっとやっかむ舞子・・・からの、
「和田さんのアドバイス、全然効かなかったっす、オレのオリジナルっす!」って
変なことを言いだす零治・・・
ここはさ、こういう人はさ、「ありがとうございました!」って崇めておけば、
「これからもじゃんじゃんアドバイス、してあげちゃうぜ!!」なことになっただろうにさぁ・・・
バカだよねぇ・・・
しまいにゃ、「パーティのために目を付けた女だ」なんてことまで言っちゃうんだもん・・・
おバカさんだよ・・・・(涙)


その結果・・・パーティでの和田の発言・・・ってことになるのかな?
和田さんも大人げない。
若干の零治に対するイラつきや、舞子の素っ気ない態度なんかもあって
ちょっとイタズラしちゃったのかもね・・・
・・・かなり大きなイタズラになっちまったけど・・・(涙)

このパーティのために自分に近づいたんだ・・・って思った美咲は、先に帰っちゃって・・・
もう、グッタリ、ガックリのれいさん。(涙)
でも、勇気を出して、正座して電話しましたね!
そう、携帯の一番の有効な活用法は、通話ですよ!!
「おやすみなさい」を逆から読んだら「いさなみすやお」・・・のくだりは、
微笑ましかったけど、くだらねーっ!って思いつつ見ていたよ。
まさか、委員長の美咲がこんなくだらない話に付き合ってくれるとは思ってなかったけどね。(笑)

これに付き合えるってことは・・・美咲も結構すでに零治を好きだよね・・・

でも、最後にこうやって使うための伏線だったわけですな。
自分の言葉ではうまく伝えられないから、いさなみ先生の力を借りて・・・と。(笑)
で・・・最後は「今から会う」ってとこまで持って行った零治!
すごいやん、これは和田の力も舞子のアドバイスもなしに、完全なる鮫島オリジナルの展開!!
頑張るんだぞ!!
・・・ただ、個人的には、和田や舞子や石神の力を借りて奮闘する零治も好きなので、
ちょっとは入れ込んでくれると嬉しいかなぁ・・・とも思う。
独り立ちにはまだ早いよ、恋愛初心者なんだから。(笑)


はぁ・・・今回もリピート決定ですわ。
可愛いのぉ・・・♪

ただ気になったのは・・・美咲の零治の登録の仕方ですよ。
「鮫島零治」って、呼び捨てかいっ!
「れいさん」っていう愛称でもなければ、社長もつけない・・・
なんと素っ気ない女なんだ!
・・・そんなところも可愛いんだろうなぁ、零治にとっては・・・(笑)



  ◇  ◇   「遂にカップルへ!?恋愛スキル総動員で待ちわびる最終回答」
                                              2016.05.11.      

「少し、お時間頂けますか・・・?」
で、待ちに待たされた今回。
いやぁ・・・今回で返事が出ないんじゃ・・?ってヒヤヒヤしちゃった。
で、出たとしても・・・・ダメなんだろうなぁ・・・って。

すぐに返事しないって、どういうことだ?からの、
保留のフリして断るつもりに決まってる!からの、
ししょーっ!!が、まぁ、面白かった。(笑)

そっか・・・師匠曰く、待ってる間も「好感度アップ」の行動をすべきだったのね!
で、石神さんの結婚パーティで懐のデカさを美咲の前で披露・・・したのに・・・
見てねーしっ!!
くそっ!なぜ見ない!!と、マジでこっちもヤキモキでしたよ・・・


でも、今回のグッジョブは、まひろちゃんだよね・・・。
マジメで頭カッチカチの委員長タイプの美咲に、
マジメもいいけど、気持ちで動くのもアリっしょ?ってなことを言ってくれてたから、
自分の気持ちの動きに美咲は気づけたんだもんねぇ・・・
いい子だ・・・。

ようやく返事をすることにした美咲。
あの表情からは、NOだな・・・ってわかっちゃったけど・・・
「19時まではジムにいる」っていう零治との約束に遅れたことで、
走り出してる自分の気持ちに気づいて、返事が変わったようです・・・

私としてはさ、やっぱ舞子目線で見てるからさ、
「今来たところだ・・・」って、優しい嘘をついてる零治の姿に、泣けてきてさ・・・
その嘘にちゃんと美咲が気づいて、
自分の気持ちに間違いはないって自信を持って返事をしてる姿に、
また泣けてさ・・・

まさかの、OKがでまして!
帰りの車の中では狂喜乱舞!!かと思ったけど、
しみじみ、噛みしめてましたね・・・
いや、走り過ぎてお疲れか・・・?(笑)


とにかく、まさかのOKで、カップル誕生です!!
こうなりゃ、もう美咲が後に引けないようにするため、公表しちまえ!(笑)

次回は、目標としていたホテル協会のパーティに美咲を連れていけるみたいですね!
良かった、良かった・・・・とはいかないみたいで・・・
告白が実るまでの第一章に続き、
次は「本当に好きな人との恋愛の進め方」という第2章が始まるわけですな。
恋愛素人だもの・・・いろいろと躓きそうだなぁ・・・・(涙)
やっぱ、師匠頼りか・・・?
いや、師匠を100%信用していいのか・・まだ不安なんだけどね・・・(汗)

気になるのは、石神さんも結婚し、零治も幸せに向かって走り出したわけで、
あとは舞子だよねぇ・・
和田にいいように振り回されてるんだよなぁ・・・
そのうち、本当に舞子も和田を好きになっちゃうんじゃないかなぁ・・・・?
舞子がいなくなったあと、美咲と二人で零治は頑張っていく・・・っていうオチになるのかしら・・・?
はぁ・・・気になるわぁ・・・
次回が待ち遠しい!



  ◇  ◇   「恋愛師匠の必勝指令で一泊旅行・・・遂に愛の告白でアタマ真っ白」
                                              2016.05.04.      

ごめーん!!もう、ごめーん!!
今回は最初から最後まで、ヤラれっぱなしでございまして!

評価を上げちゃうのだ!!
楽しかったり切なかったり、カッコよかったり・・・
絶対、もう一回見るーっ!!(笑)

師匠・和田の言う通り動いていいのか・・・?と思いつつ、
「無意味な質問」=「好きな色は?」を問いかけてみた零治。
すると・・翌日、「あれってどういう意味ですか・・・?」と美咲が聞いてきた!!
脈あり判定・陽性ってことらしい・・・
でも、あの返事は・・・逆に薄気味悪さを感じさせたんじゃ・・・?って気が。(笑)

これで和田にすっかり心酔しちゃった零治は・・・
「仕事にかこつけて一泊旅行」作戦に打って出る!
インチキくじ引きでまんまと美咲に当たりくじを引かせ・・・
和田の言う通り、「自然に”緑”を入れ込めよ・・・」ってことで・・・
わかりやすいグリーンの服にグリーンの車!!
海辺でのはしゃぎっぷり!
もう・・・可愛すぎる・・・(笑)


狭い空間、そして、社長なのに小型車っていうギャップ作戦も功を奏し
ホテルでの食事で告白だ!!ってなったんだけど・・・
どんだけ酔っても言えなかったよ・・・。(涙)
「最高のエンディングで勝負!」と和田に言われ、
翌日、別れ際にバラの花束を用意するも渡せず・・・

すっかり凹んでしまいましたよ・・
恥ずかしかったんじゃない、怖かったんだ・・・
不甲斐ない自分に向き合うのはもう疲れた・・・って泣いちゃって・・・
ううう・・・なんか、舞子目線なんで、泣けてきちゃったよ・・・。(涙)
「柴山美咲を好きだったオレは忘れてくれ・・・」なんて言ってさ・・・。

で、美咲には目も合わせられず、意図せずして「恋の駆け引き」をしちゃってた零治。
美咲は、急に素っ気なくなった零治のことが気になってしょうがない!!
一方零治は、恋も失い、シェフの引き抜きも失敗・・・かと思ったら!!
仕事では平気でキザなこと、言えてるじゃないか!!

こうやって鮫島ホテルズを大きくしてきたのね!
カッコいいぞ!!
・・・そういうとこ、美咲に見せたいよなぁ・・・。

そして最後は・・・
メダカの孵化を見るために泊まり込みをしていた零治のもとに・・・
美咲のほうからやってきた!!
自分が何かしたから社長に避けられてるのか・・?って気にしていたようで・・・
そんなとき、タイミング良くメダカが孵化してくれて!!
グッジョブ、メダカ!!(笑)

孵化を見て感動する美咲を見つめ・・
思わず「お前が好きだ・・・」と漏れてしまった零治の気持ち!!
わーっ!!
わーっ!!!
このままちゃんと目を見て告白しなさいよ!
変に誤魔化すんじゃないよ!

早く続きが見たいよーっ!!

ってことで、一時間、ひゃー!きゃー!って言いながら見ておりました。(笑)
可愛いヤツじゃのぉ・・・
零治の気持ちは伝わっただろうし、
美咲も零治のことが気になってはいるだろうけど・・
それが「好き」ってことかと聞かれると・・・まだまだな気もするから・・・
ようやくの「一歩」ってことかな?

はぁ・・・ここまで4話費やしましたよ!
どうなりますやら・・・ですな。

冒頭に零治の若かりし頃のエピソードが出てきて、
無駄に長い「これまでの流れ」を見せられるより楽しかったですね!
そんなことがあって、あの三人のコンビになったわけか・・・
そんな恩ある鮫島社長を・・・まさか舞子さん、捨てたりしないよね・・?
和田さん、恩をあだで返したことは謝るから、舞子さんにちょっかい出さないでーっ!!



  ◇  ◇   「ひねくれ社長が新人に恥ずかしすぎる告白 恋愛スイッチオンの秘策とは」
                                              2016.04.27.      

「一緒に犬の名前を考えてくれた」ってだけで、
もう、アイツ、オレのこと、好きなんじゃね?って思えちゃう思考回路・・・
覗いてみたい・・・。(笑)

いや、覗かぬとも、単純回路過ぎて見えてるんだけどね・・・・。
キノコ雑誌に写真が掲載されたことで気を引こうとするなんて・・・
小学生かっ!!ってね。(笑)

さて、「告白しないと伝わりませんから!」と舞子に言われて、
いろいろと頑張る零治だけど・・・
美咲が鮫島ホテルズ入社前に和田と会ってたことがあると知った零治は、
「嫌いだーっ!!」とブンむくれちゃうんだけど、
美咲に問いただすと、「鮫島ホテルズが好きだから入社したんです」と答えが返ってきて・・・
「ってことは・・・オレのこと、好きなんじゃね?」と・・・。
かーっ・・・
開いた口が塞がらん・・・。(涙)
隣で煽る石神さんも罪深い・・・。(笑)


仕事をする姿で美咲の気を引こうとする零治だけど・・・
まぁ、頑張ってる姿は「社長として当たりまえ」なわけで・・・
そんな大事業、一人であっという間に片付ける姿を見せるより、
京都の仕事を二人きりでやるほうが近道なんじゃないかと・・?
やっぱ、いろいろ間違ってる・・・(汗)

そんなこんなで、東京に新ホテルを作ることとなり、
美咲をその現場に連れて行っていろいろ意見を聞くんだけど・・
一世一代の告白!!
「好きなんだ!!」は予告で何度も見てまして、
どんな場面で、どんなふうに・・・?って期待してたら・・・
「お前が犬につけてくれた”ごすけ”って名前が・・・好きなんだ!」でした。
「よし!言ったぞ!言ってやったぞ!!」なドヤ顔でしたけど・・・
うむ、間違いなく伝わってないし。(汗)
ってか、フレンチレストランに「ごすけ」って名前・・・無いわーっ!
センス疑われて、嫌われるわーっ!!(笑)


打ち上げの場で、まひろの友達が社長に入社早々見染められて結婚する・・って話になって、
どう思うか?と美咲が聞かれて・・・
「気持ち悪いっ!」って言われちゃいました・・・
コントか!ってくらいの落ち込み&動揺・・・(笑)
これはキツイ、そりゃ”出張”という名の逃避をしたくなる気持ちはわかる・・・。(涙)

で、現実逃避してキノコ狩りしているところに・・・・なんと、和田がやってきた!
零治の恋の相談を、舞子が和田にしてたんだよねぇ・・・
で、和田はありがたくアドバイスをしにきてくれた!
さすが、世界一の余裕です!!(笑)
気持ち悪いと言われて落ち込む零治に、「それは予防線を張ってるだけで、落としやすい女だよ」と言う・・
「オレの言う通りにしてれば間違いないよ・・・」と。
この人・・・信じていいんだよね・・・?
振り回して、そのすきにいろいろと零治から奪おうとか、そういう悪い人ではない・・・よね?
うん、信じよう!

次回も楽しくなりそうだーっ!!
美咲との二人旅もだけど、零治の過去も・・



  ◇  ◇   「ひねくれ社長の初恋は難関続出・・・目指せ器の大きい男!犬の散歩で求愛」
                                              2016.04.20.      

はぁ・・・・愛おしいヤツだなぁ・・・
大野くんファンにはたまらんドラマでございますぅ・・・。

初回は「上手にウソをつく」がテーマでしたが、
今回は「器の大きい男になる」でございまして・・・
まー、その前に描かれた「器のコンパクトっぷり」が、痛々しいったら。(笑)
そんなんじゃ、好かれるどころか、嫌われますから!!


だいたい、「外国人と付き合ってた過去がある」ってだけで、
もー無理!とか言うなんぞ・・・・コンパクト過ぎる!!(笑)
まぁね、いろいろと妄想しちゃう気持ちはわからんでもないけど・・・
勝てない気持ちもわかるけど・・・(笑)
でも、「両手」を引いたわけではないらしく、まだ美咲を好きではいるようで・・・

「器、コンパクトじゃねーし!」プロジェクトを実行する零治。
その一環で、「捨て犬も拾っちゃうし!」までやってのけるも・・・
零治は気づく・・・
器が大きいと思われたいんじゃない、おしゃべりしたいんだ!!と・・・

そんな零治に、舞子は「デートに誘え」と言いだしまして!
いやぁ・・・いきなりハードル、高くないっすか??(汗)
もうちょっと距離を近づけて・・・
職権乱用でもいいから、無理矢理二人の時間を作るとか・・・
もうちょっと手を貸しておやんなさいよ、舞子!!


オフィス街で犬の散歩中に偶然美咲と会う・・・っていう、無理矢理なことをする零治ですが・・・
デートには誘えませんで・・・
「お前と一緒に・・・お前と一緒に・・・・」の時点で
なんとなく伝わるけどね、フツーは。
美咲は鈍感なので、全然気づいてないし、響いてもいませんけど・・・

結局、捨て犬は飼い主が見つかってしまい、
子供たちにアドバイスを受け、美咲が喜ぶことってなんだろう・・?って考え、
前回クビにした社員を呼び戻す・・・ということに。
喜んではいたけど・・・
かなり理不尽なことよね、これって・・・(汗)

「いい名前、考えてですけどね・・」と美咲に言われ、
ひゃっほー!な零治が可愛くてさ・・・
ちょっと巻き戻して見ちゃいましたよ。(笑)
で・・・デートに・・・誘わないと時間がないんだけど・・・
どうなることやら・・・
和田も美咲を狙ってるぞ!
しっかりしろ、零治!!



  ◇  ◇   「恋愛偏差値最低のセレブ社長が一目惚れ!優しい嘘で彼女にプロポーズ」
                                初回70分SP      2016.04.13.      

前もって言っておきますよ。
私は大野くんファンです。
なので、どえらい贔屓目で見ております。
そこんとこ、よろしくです。

大野くん好きとはいえ・・・
さすがにアラフォーに入ってきて、肌質とか、年を感じるようになってきたよねぇ・・なんて、
ちょいとしみじみ感じつつ・・・
あと、そもそもが猫背くんなんで・・・・「出来る男!」っていう説得力に欠けるのよねぇ・・・
これ、大野くんが好きでも気になるので、そうでもない人は余計に気になるかもだなぁ・・・

と、ちょいとディスっておきつつ・・・
やっぱ、可愛かったですわ、大野くん♪
私の立ち位置としては、確実に小池栄子です。(笑)
もう、優しく見守り、的確なアドバイスを差し上げる秘書でありたい!

何とかしてやりたい!と思いつつ見ておりましたわ。

仕事はできるが恋愛はからっきしダメな鮫島ホテルズ社長・鮫島零治。
ライバルの和田に見せつけるために婚約者でもめっけようと見合いを重ねるも、
恋愛ベタの無神経野郎のため、ことごとく失敗・・
そんな零治の前に・・・一人の女性が現れた・・・ってわけだ。

あの感じだと、もう、あの浴場の時点で一目惚れですよね・・・・?
自分では全然気づいてないですけど。
もう、美咲の存在だけで振り回されてる感じですもん。
可愛いったらありゃしない。
美咲の気を引きたくて奮闘する姿も可愛かったわぁ・・・

でも、美咲は何やら抱えている様子・・・?
この美咲と、美咲を追う零治の両面を描いていく・・・って感じかな?
個人的には、零治部分を大目にしてもらいたいんだけど・・・
秘書の舞子とのやりとりと零治の空回りで十分面白くなると思うんだけどねぇ・・・

それにしても・・・このドラマのスタッフ、大野くんの身長の低さをイジってるよね・・・?
あのメダカの水槽、でか過ぎだし!

エサやってる零治の姿、かなり無理してるし!
ま、隠そうとしてないので、そっちのほうが好印象だけどね!



★ STORY ★ 大野が演じるのは、老舗旅館の後継ぎでホテル業界に進出した若社長。客を満足させる才能は天才的ながら、女性を喜ばせる才能は一切ない変わり者だ。「ホテル業界の寵児(ちょうじ)」と呼ばれ、一見すると非の打ちどころのないセレブ。だが一方で、上から目線でKYで子供っぽい。自分でその性格に気付かないことで恋が実らないが、今回初めて恋に落ち、もん絶しながら奮闘、成長していく。