木曜9時〜    テレビ朝日     
 脚本:遊川和彦     演出:片山修ほか     P:黒田徹也ほか
 主題歌・・・ 「理由」 槇原敬之


◆ 出演者 ◆
梅田美奈 尾野真千子 ピアニスト
梅田信次 江口洋介 美奈の夫 不動産管理会社勤務
男の子 横山歩 梅田家に迷い込んできた子
梅田巧 速水もこみち 信次の弟
不破春代 坂井真紀 信次の妹 既婚
堂本真知 余 貴美子 児童相談所のベテラン職員
追川真美 藤竜也 美奈の父 世界的に有名な指揮者
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「2人の母 本当の親は、誰?」   最終回    2016.09.15.         

予想に反して、何とも穏やかなハッピーエンド・・・
そこにちょっと驚き。(笑)
ま、描かれてない修羅場はありそうな気もするけど・・・(汗)

泉の抱えてる事情はかなり深刻でしたね・・・
そりゃ、母親には言えないわな・・
レイプによる妊娠・出産かな・・・?って思ってたけど、
実父だったとは・・・

この事実、いつかハジメが知る日がくるんだろうか・・・?
全力で隠し通してほしいけど・・・・
激情タイプの祖母がいいかねん・・・(汗)

とはいえ、「梅田さん夫婦に託すのが一番」と泉が決断し、
ハジメという名で美奈たち夫婦と特別養子縁組が成立しました・・・
とにかく、幸せに、温かく見守られて成長していってほしい。

「愛しています」と、言葉にして、目を見てちゃんと伝えることは、
とても恥ずかしく、難しいことですよね。
でも、言わないとわからないこと、言ったから伝わることって絶対ある・・・
そのことを教えられた気がしました。



  ◇  ◇   「本当の親子になるために」     2016.09.08.                  

ハジメを失って、作られた形が壊れていく・・・
そこを上手に描いていましたね。
変にテンションの高い信次が、こうなっちまったら・・・っていうのもわかったし、
何気に美奈の無謀さも見られたし。(笑)

作って、壊れて、そしてまた・・っていう、ラス前の展開としては良かったと思います。

さぁ、最終回。
どうなるんだろうなぁ・・・
遊川さんだけに・・・大団円のハッピーエンドってことにはならない気がする・・・
でも、「その結末はないだろ・・・」っていう、いつものオチにはしないでほしいな。
ハジメが幸せであることが一番だからね・・・。



  ◇  ◇   「実母の正体」     2016.08.25.                         

泣いたわ・・・・
最後は涙なしには見られなかったですよ・・・。(涙)


急に現れたセレブな女は、ハジメの母ではなく祖母でした・・・。
どうやら、娘の管理できてなくて、子供を産んだことも知らなかったんだろうね。
で、病んだ娘が息子を産んでたって知って、
「跡取りできたやん!」って、引き取りにきた・・・ってことだろう。
長野の大病院の娘らしい黒川泉という女・・・
志田未来ちゃんか・・・若くして子を産んだ役・・・・またかい・・・(汗)

でもさ、「二度と虐待しない」って誓約書とか、
「問題ナシ」っていう診断書とか、信用ならんやん?
病院で雇ってる医師に書かせればいいわけだし、
誓約書だって泉が書いたかどうかわからんし。

そういうとこ、ちゃんと調べたのかね・・・?
あの感じだと、泉本人は引き取りたいと思ってるとは思えないだけど・・?
「そんなことはどうでもいい、私が育てるから!」ってBBAが言いそうだけどね・・・(汗)

でもさ、そもそもさ、本当の親が子供を虐待後放置して行方不明ってことでさ、
特別養子縁組って組んでいいのかね?
本当の親が現れる可能性があるわけだし、
そうなった場合、どうすんのさ。
正式に戸籍上も養子にしちゃった後なら、どうにもできない・・・ってことか?
法律がそう決めてるのか?
なんか変だよ・・・
ってか、梅田夫妻に、「本当の親が見つかった場合」の説明はしてなかったのか?

こんなに幸せな気持ちを味あわせておいて、
急に取り上げるなんて・・・可哀想すぎるよ、ハジメが・・・・。(涙)


残り三話、まずは梅田家本体の問題、そして黒川家の問題を描いていくんでしょうか?
最後はきっと、三人が一緒にいられるといいなぁ・・・
でも、あのBBAが認めると思えないしな・・・・
どうなるんだろ・・・。



  ◇  ◇   「実母の影」     2016.08.18.                           

いずれ、絶対出てくるであろう、実母・・・
アンタだったか、富田靖子さん・・・・
もっとボロボロかと思ったら、なんだか小奇麗・・・?
金持ちの男でも捕まえたか?
じゃ、ハジメはジャマでしょうに?
何しにやってきたんだーっ!!

その前に、さらに「親子関係」を確実にするための出来事・・・
美奈と信次だけでなく、妹や母も一緒に「家族」になっていってて、
やっと作り上げた関係を・・・

壊しやがりますか、やっぱり、遊川さんよ・・・(涙)
非情だねぇ・・・・

でも、きっと最後は家族になれると信じたいですな・・・
あ、そうだ、実名が明らかになったから・・・
「ハジメ」ではなくなるのかしら・・・?



  ◇  ◇   「生まれて初めて書いた手紙」     2016.08.11.                 

ちょっと上手くいきすぎな気もするし・・・
幼稚園に通うのも早すぎる気もしなくはないが・・・・(汗)


どんな親になるか、どんな子になってほしいか・・
美奈も信次も、いわゆる「普通に愛されて」きてないから、
それぞれに親と接触して考えるわけだ。
・・・答えは出てないけど・・・(汗)
信次のお母さんのあの表情を見てると、かなり罪悪感を感じてるみたいなんで、
そんなに責めないでやってよ・・・・って思っちゃった。
ハジメや美奈にはあんなに優しいのにねぇ・・・・

必死に愛されようとしてるハジメだけど、
ちゃんと美奈に届いてなくて胸が痛くなったなぁ・・・
しまいにゃ信次まであんなこと言うし・・
ってか、捨てられた子に「出ていけ」はひどすぎないか?
5分って、子供が耐えられる時間じゃないし。(汗)
ほんと危なっかしい新米パパママですわ。

ハジメくんの努力、認めてあげてね!
字を覚えるのも、お箸の持ち方も、あんなにすんなり上手になってるんだよ!
次回は幼稚園でいろいろあるだろうけど・・・
また三人で乗り越えてほしいですな。



  ◇  ◇   「5才の産声 初めてしゃべった日」     2016.08.04.                

遊川脚本だから・・・と、何か起こるのではと身構えて見始めたのに、
拍子抜けするくらい、真っ直ぐな展開で、
最後は感動してしまったよ・・。


赤ちゃん帰りをしてしまったハジメ。
あんなに重いのにおんぶに抱っこ・・・
完全に腰をやられますね、私なら・・・(汗)
一人で大変で、なんで私が!!って追いつめられる美奈だけど、
信次サイドから見ると、こんなに尽くしてるのに見向きもされないなんて・・・
逆に報われなくてやるせないっていうか・・・(涙)


本当に追い詰められたとき・・・やってきた堂本。
まさにちょっと年のいった天使のように・・(笑)
愛されることを信じていいのか、そんなに簡単に進めないハジメの気持ちを代弁してくれて、
厳しくも優しくアドバイスをくれました・・・

そして、ハジメを「産む」ことにした梅田夫妻。
言葉や行動の意味がわかる年齢のハジメだからこそ・・・の「出産」だよね。
こうやって、愛されて生まれてきたってことを実感させたことで、
最後は「お父さん、お母さん」ってしゃべってくれました・・・
いやぁ・・・大変だった分、喜びも増したことでしょうな・・・

さぁ、これからは「我が子」として、ちゃんと育てて行かねばなりません。
それはそれで大変だよな・・・
特に美奈は、「ちゃんと愛された」っていう覚えがないらしいから・・・。



  ◇  ◇   「あなたの、あいを、ためします」     2016.07.28.                  

リアリティの無さを感じたこと・・・
美奈の髪型です。
あんなサラサラの髪を結びもせず、乱れさせもせず、
「一日中相手するのは大変なの!!」って言われても・・・
伝わりませんよ・・・?

あの変に長い前髪も・・・なんか、ジャマなんですけど・・・(汗)

試し行動が始まったハジメくん。
まぁ、怒らずに付き合うのは大変だろうけど・・・
なるべく子供が手に届きそうなところにモノを置かない・・・とか、
もっと工夫をすべきなんじゃないか・・・?って気が。

全部付き合ってたら、そりゃ持たんって。

あとさ、ただでさえ大変なときに、
嫌ってる父親を呼ばれた日にゃ、そりゃ誰でもキレるわ。
信次、本当に無神経っていうか、なんていうか・・・(汗)

この天真爛漫な明るさに救われることもあるだろうけど、
自分のコンディション如何では、ムカついて仕方ないかもしれんわ・・・・(滝汗)

もう無理!とハジメを施設に返した二人。
だけど、思い直して迎えに・・・
すると、素直についてきたハジメは、今度は美奈に甘え行動を・・・ってことみたいね。
赤ちゃんみたいになっちゃうわけだ。
見た目は大きいけど、赤ちゃんから育てるくらいの気持ちが必要なのかもね・・・。



  ◇  ◇   「あなたの手は、離さない」     2016.07.21.                     

江口洋介が、もう「あんちゃん」にしか見えない・・・・(汗)
それにしても、うるさい男やなぁ・・・
私はちょっと耐え兼ねるかも、このテンションの旦那は・・・・(滝汗)

そんな二人、里親申請のための面接を受けることに。
その中で、お互いに知らないことが次々に出てきて、言い争いになったり・・・
・・・でもさ、「痔」は言わなくても良くない・・・?
そんな重篤なものでなければ、生活に支障がないわけで・・・
「そうなの?知らなかったよ!なんで言ってくれないの??」っていうダンナも、イヤ・・・(汗)

信次は、父と兄を事故で失っていて、
その際に母と何かしら確執が生まれたらしいけど、それはまだ明かされず・・・
美奈の母は、海に入って自殺したらしいけど、
父との関係に絶望して・・・ってことらしい。
父を嫌悪しながら音楽の道を志してるあたり、美奈の心も結構大変そうで・・

「完璧な二人」ではないものの、
少年が二人に何かしら良い反応を示してることは明らかなわけで、
堂本はきっと、そこを評価してるんだろうなぁ・・・
で、里親申請は通りました。
次回は、「お試し期間」に突入のようです。
ホントに自分を受け入れてくれるのか・・・と、少年の「お試し行動」が始まるみたい。
大変そうだ・・・
「僕が手助けします!!」って信次は言うけどさ・・・
ほとんどの世話は美奈がやることになるし、
何より、少年が求めてるのは信次より美奈みたいだから、
お試し行動は美奈に向かうんだろうねぇ・・・




  ◇  ◇   「夫婦は捨てられた子の本当の家族になろうと思った」   
                                   初回69分SP     2016.07.14.     

ピアニストの夢を追い続け、プロになるまで子供は作らない・・・
しかし、その夢の先が見えず、日々鬱憤をトイレに吐き出して凄さ射ていた美奈・・・
そんな美奈のところに、ある日、迷い子が現れて・・・という始まり。

夢が叶いそうにないから・・・逃げてる、って気もするし、
子作りにトライして、どうにもできなかった・・・ってわけでもないのに、
いきなり、しかもかなり複雑な境遇の子を特別養子縁組で受け入れようとするなんて、
エキセントリックすぎやしませんかい?(汗)
この脚本家の書く話はぶっ飛んでる・・・と先入観を持って観ましたが、
違う意味でぶっ飛んでましたわ。(汗)


だいたい、その子の親は?
絶対後々トラブルの種として登場するよね?
んでもって、「養子縁組をするに値する夫婦か?」っていう調査で、
何かしら秘密が出てくるんでしょうさ、この人の書く話ですもん。(汗)
そんなこんなを乗り越えて、最後は幸せになれる・・・って話になる・・・・のか?
いや、この人の書く話だもん、
そんなハッピーエンドは初回から全然期待できないわ。(笑)


静かなオノマチさんの演技と対照的に、
変なテンションMAXピョンピョンの江口さん・・・
どうしよう、うすら寒くて鳥肌が・・・(汗)
このテンションで「養子縁組をお願いします!」って言われた側も、
大丈夫かね・・・?って不安になるわ。(汗)

でも、変に固執してるようにも見えたから・・・
もしやこの人も何かしらそういう過去があったりするのかしらね・・?

男の子役の歩くん。
死んだ目の演技が凄かったなぁ・・・
いつもニコニコ明るい雰囲気しか見てなかったので、驚いちゃったよ。
この子の笑顔がいつか見たい・・・・って気持ちになったよ。
だけど、この脚本家だからなぁ・・・・(まだ言うか(笑))

ま、とりあえず次回も見ますけど・・・・
あのフーテン弟と、過保護妹の存在がねぇ・・・
過保護妹は、「血がつながってないから」云々でいちいち干渉してくる役として必要かもしれんけど、
モコミッチーはどうなんかね?
料理作ってるとこしか最近見てないから、なんか不安だよ・・・(笑)

予想していたほどの変な展開はなく、
この先どうなるんだろ・・・?って気にもなりましたし、
おかしな展開にしていかなければ、いいドラマになるかもしれない・・・と期待して、
次回も見てみることにします。




★ STORY ★ 日本で唯一、血のつながらない他人同士が家族となる制度「特別養子縁組」を題材に、「本当の家族とは何か」を問うホームドラマ。