日曜9時〜    フジテレビ       
 脚本:徳永友一     演出:河野圭太ほか    P:高丸雅隆
 主題歌・・・ 「コメット」 スピッツ


韓国版DVD
◆ 出演者 ◆
一ノ瀬歩 中島裕翔 プロ棋士を諦め、総合商社へ 営業3課
桐明真司 瀬戸康史 一ノ瀬の同期 資源2課
織田勇仁 遠藤憲一 営業3課 課長
香月あかね 山本美月 一ノ瀬の同期 鉄鋼2課
人見将吾 桐山照史 一ノ瀬の同期 繊維2課
白石涼子 中村ゆり 食品2課 課長
結城雅治 丸山智巳 鉄鋼2課 主任
桧山誠 松田賢二 資源2課 主任
安芸公介 山内圭史 営業3課 主任
一ノ瀬夕紀 朝加真由美 歩の母
鷹野義郎 風間杜夫 専務
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「未来へ旅立つ君に贈る言葉」    最終回    2016.09.18.        

視聴率は散々で、話題にもあまり上らなかった気がする今作。
でも、私は好きでしたよ。


オリジナルの韓国作品を知らないので、比較もできませんが、
一ノ瀬っていう、放っておけない真っ直ぐな青年にいつしか周りの人が・・・っていうのは、
一ノ瀬の目立ち部分を減らすことで見事に表現できてた気もしますし、
群像劇みたいになって、誰が主役やねん・・?って感じにもなったけど、
それはそれでこのドラマらしかったかな?って気がします。
ただ、「囲碁の経験を生かして・・」って部分はほとんどなく、
ただの高卒の青年・・・って感じでしたよね・・・
そこが残念かな?


最終回は、前回の騒動の責任をとって織田さんが辞職、
ただ、一ノ瀬は何とか正社員にしてやってくれ・・・っていう願いを受け、
みんなが動いて一ノ瀬を正社員にしようとするも、玉砕・・・
で、辞めて就活中の一ノ瀬のもとに、織田が立ち上げた会社からの誘いが・・・っていうオチでした。
まさか、安芸さんまで辞めてきちゃってましたけど、
この三人だからこそ・・・・ってのがあるので、ヨシとしましょう!(笑)
・・・ヅラは・・・・もう、山内さんの持ちネタですからね・・・・

「正社員になる」っていうオチを選択することもできただろうけど、
このドラマにおける織田さんと安芸さんの存在感や、
営業三課のチームワークから考えると、このオチで良かったと思います。
散々な視聴率の為、続編は望めないかもしれないけど、
この三人が大企業・・・与一物産と対等にやりあう・・・なんてのも見てみたい気がしました。

楽しかったです。



  ◇ 第話 ◇   「最終決戦 お前を守ってみせる」    2016.09.11.               

一ノ瀬を正社員に!!
それだけの想いで信念を曲げてまで事情計画を進めようとする織田。
恩義を感じながらも、自分のためにそこまでしてくれなくていいという一ノ瀬。
しかし、一ノ瀬の発言で事態はさらに急変・・・ってわけだ。

一ノ瀬は窮地に陥ってるけど
とりあえず香月と桐明は部署で居場所を作れてるみたい。
人見くんの空回りは実を結ぶのか・・・(汗)

次回最終回。
笑って終われますように。



  ◇ 第話 ◇   「同期の絆 俺たちがそばにいる」    2016.09.04.               

新規事業のため、営業三課に配属されてきた江部。
かなりの曲者だけど・・・
悪いことしてそうだけどさ、勝手にやってる感じじゃないんだよね。
あんだけ高飛車に、しかも堂々とやってるあたり・・・
後ろ盾があるから・・・だよね。
そこに踏み込んでいくわけか・・・
どうなることやら・・・

一ノ瀬は、一年で切られるらしい。
だからさ、じゃなんで雇ったんだっつーの。
なんとか織田さんが動いてくれるみたいだけど・・・
逆に織田さんまで・・・ってことにならないといいねぇ・・・

同期で一致団結!ってのは、見てて微笑ましいものがありまして・・・
お互いが認め合ってるのも、いい感じ。
このまま4人で切磋琢磨しながらやっていけたらいいのにね・・・。
しかし・・・ほんと、一ノ瀬の影、薄いよなぁ・・・(汗)
悩む香月に「オレたちがいるだろ!」って言ってた人見くんの役割・・・
普通、主役の役割だよね・・・? (汗)
個人的には、これでいいとは思うんだけど・・・・



  ◇ 第話 ◇   「踏ん張れ 願いは必ず届けてやる 新人の発想で大企業が動く 30分拡大SP」
                           84分SP    2016.08.28.                

先週お休みだった分、30分延長して、2話分をまとめたよ!って感じでしたね。

前半は、桐明くん、改心の巻。
後半は、一ノ瀬、一旦落ち込むも、課で一致団結の巻・・でした。

前半の「この一万円で何かを売って利益をあげてこい」ってのは、
桐明で苦々しい思いをしてるのに、自分もする・・・っていう、
一ノ瀬の行動に??だったなぁ・・・
追いつめられて・・・かもしれんけど、行くかね、そこ・・・(汗)

後半の、「企画を考えたのに、正社員じゃないから担当できない」ってのは
切ないけど、しょうがないっていうかねぇ・・・
でもさ、頑張って正社員になればいいわけで・・・って思ったら、
「高卒で正社員になったヤツはいないから・・・」って、
おいおい、じゃ、なんで契約社員で雇ったわけ?
「使えるかもしれんから・・」ってことなんでしょ?
使えるヤツって判断したら、正社員にしてくれるんじゃないのん??

よくわからんわ・・
モチベーション、下がるわ・・・(汗)

ま、それでも営業3課の優しい上司とともに、また一段ステップアップしたらしい一ノ瀬。
個人的には、専務の質問の答えに全然ピンとこなかったので、
それでいいんですか・・・?って甚だ疑問ではあるんですが・・・

次なる壁が登場のようです。
どうなりますやら。



  ◇ 第話 ◇   「負けたくない、お前にだけは」    2016.08.14.                

完全に群像劇・・・ですね。(汗)
主人公パートの短いこと・・・っていうか、メイン感がなさすぎる・・・(滝汗)
営業3課では課長と安芸さんの存在がデカすぎて存在が消えてるし、
同期の中でも、みんな頑張ったり、頑張らなかったり、頑張りどころを間違ってたり・・・と、
それぞれに個性がグイグイ出てきてるのに、
主人公の個性=囲碁経験が全然活かされてないし・・
なんだろねぇ・・・

ま、そこを完全無視しちゃうと、それなりに楽しめてる私・・・
うん、主人公の影の薄さは気にしないことにしよう!(笑)



  ◇ 第話 ◇   「僕が会社を辞めなかった理由」    2016.08.07.               

あかねへのえげつないイジメをする資源2課・・・
最悪やわ・・・
パワハラで訴えてやんなさい!!

プライドが高くて、仕事をしてないとしか思えない桐明くん・・・
ブーブー言ってるヒマがあったら、何かしろよ!と言いたいわ。

やる気はあふれるほどにあるのに、上司に恵まれなかった人見くん・・・・
可哀想だなぁ・・・
めげないでほしいよ・・・。

と、同期の仲間もいろいろありまして、
主役の一ノ瀬くん、今回は「囲碁の経験」を生かして・・って展開でしたけど、
予想してたほどのパンチのある行動ではなかったかなぁ・・・?
でも、地味にちゃんと影響を与えてはいたようで・・・

一ノ瀬以外の同期の子や、食品2課の課長のエピソードまで、
なんだか盛り込みすぎじゃ?って気もしなくはないけどね・・・
個人的には、裏よりも楽しんで見てるので、
こっち一本に絞ることにしましたよ。




  ◇ 第話 ◇   「事件勃発 上司の危機を救え!!」    2016.07.31.           

なんでそんなにあっさり・・・?って気がした。

だってさ、夜、誰もいないオフィスで他課のキャビネットをあさってる姿を見られたら・・・
「営業3課が持ってた書類をこっそりしのばせて、資源2課が持ってたってことにしようとしたんだな!」ってことにならない??
「ほら、やっぱりお前たち(資源2課)が持ってたんじゃないか!」ってことにすんなりなるのはおかしくないか?
なんであっさり、織田が資源2課長をやり込める展開になるんだ?
なんで疑われないんだーっ!!って感じだったよ。


あと・・・営業3課って、窓際なの・・?
課員が少なくない??
他の課は、たくさんいるよ・・・?(汗)
そんな感じでもない風に描かれてるけど・・・違和感あるよねぇ・・・。

仕事をさせてもらえず事務ばっか・・・とすねる桐明。
上司の下働きばっかで、手柄も持って行かれてすねる人見。
女だからとちゃんと向き合ってももらえない香月。
と、他の新人たちは苦労しているようですが、
一ノ瀬は一年契約社員だとしても、幸せな課に配属されたようです。

そろそろ、「過去の囲碁経験」を生かした仕事をしてください。
そういうとこ、見たいんですけどね・・・。



  ◇ 第話 ◇   「大逆転!?運命のプレゼン試験」    2016.07.24.            

織田さんと同級生の社長さんとの交渉は、あれで終わり・・・ですかね?
一ノ瀬に、「仕事って大変なんだよ」ってことを知らせるための流れだったのか?

でもさ、過去にパシリみたいに扱った親分肌の同級生がいきなり会社に来て、
ウチと取引してよ・・・ってあの態度で来られたら、
私もちょっとカチーン・・・とくるかも。
昔の関係性を持ち出して、「話聞いてくれて当たり前」みたいな態度が気に食わんもん。(汗)


で・・・・インターンのプレゼン試験。
人見とペアを組んだ一ノ瀬だけど、いいようにコキ使われて、
いいところを持っていかれそうになるも、
本番で人見くんがバリバリ緊張しやがって・・・・ってことで、
お?ここはコネで高卒の一ノ瀬くんがカッコよくプレゼンして見返す!って流れか?と思ったけど、
資料をまとめただけでプレゼンできる・・・・わけもなかった。(汗)

その後、人見が立ち直り、なんかいい感じでプレゼンが終わって、
人見も一ノ瀬も合格・・・しかも本社勤務!っていうオチ。
え?他が落ちて(もしくは支社勤務になって)、この子たちが本社勤務となった根拠は?
なんか、納得いかんけど・・・?

まぁ、ここで落ちるわけないんだけどね、主役だから・・・(汗)

さて、次回から正社員としてのお仕事開始!なわけですね。
「囲碁をやってたおかげで・・・」っていうとこが生かされるんでしょうか?
・・・そうでないと、今のところ、コネの高卒ってのを挽回できてませんからね。(汗)



  ◇ 第話 ◇   「会社の現実に立ち向かえ!コネ入社の最弱ヒーロー」    
                                  初回84分SP     2016.07.17.     

一切期待してませんでしたし、放送が3局かぶったので、
どれかを初回から切り捨ててやろうかと考えていて、
だとすると、このドラマを選択しようと思ってたけど、
我が家には全録っていう便利機器があるため・・・見ちゃいました。(笑)

期待ゼロだったせいか・・・ちょっと面白かったぞ?
囲碁のプロを目指していたため、社会とのつながりがあんまりなかった・・・ってことだけど、
まぁ、あんな商社に高卒で、しかもやる気ナシで入ってこられたら、
必死に入ってきた人や、仕事に誇りを持って働いてる人にとっては
ムカつく存在だよね。(汗)

だけど、初回で、しかも早い段階で改心してちゃんと働きだしたので、
見てるこっちも気分がいいっていうか。(笑)

ほどよい「悪いヤツ」が存在し、
そして頼りになる上司たちの存在も安定していて、
初回にしてすっかり「形」が出来上がってるのが良かったですね。

今後、いろんな人と触れ合い、いろんなことを乗り越えて行きながら、
囲碁をやってきたことを仕事に生かしつつ成長していくんでしょう。
ちょっと、温かい目で見守ってみようかなぁ・・・って思いになりました。
次回も見てみます。





★ STORY ★ 一ノ瀬歩が、総合商社のインターンシップで研修生として働きはじめ、挫折を繰り返しながらも成長していくヒューマンドラマ。