土曜6:10〜    NHK       
 脚本:吉田紀子     演出:伊勢田雅也ほか     P:小松昌代ほか  
 主題歌・・・ 「」

原作
◆ 出演者 ◆
きよ 武井咲 浅野家・江戸上屋敷の奥女中
礒貝十郎左衛門 福士誠治 浅野家の家臣 役職は物頭
阿久利 田中麗奈 長矩の正室
浅野内匠頭長矩 今井翼 浅野家三代当主
村松三太夫 中尾明慶 浅野家家臣
堀部安兵衛 佐藤隆太 浅野家家臣 元江戸留守居役
大石内蔵助 石丸幹二 浅野家筆頭家老 国家老上席
仙桂尼 三田佳子 きよの叔母
勝田善左衛門 大東駿介 きよの兄 浪人
佐藤條右衛門 皆川猿時 浪人
浅野大学長広 中村倫也 内匠頭の弟
ほり 陽月華 弥兵衛の娘 安兵衛の妻
堀部弥兵衛 笹野高史 浅野家家臣 元江戸留守居役
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「松の廊下が二人を裂く」    2016.10.15.               
番組内サブタイトル ・・・ 「事件」

なんか・・・すんごい感じ悪いんですけど。(怒)

あの刃傷沙汰が起こって・・・
お家は大変なことになっとるわけですよ。
なのに、きよは想い人のことばっかり・・・
お慕いしていた姫様の心情を思うと、心に蓋をするのが普通じゃないのか?
気が気がじゃない・・・って感じはバリバリだすくせに、
姫様といるときは、なんか無表情だし・・
何だよ、この女!!って感じ。

どうせ、「忠臣蔵」の流れに沿いつつ、
きよと磯貝の恋を描いて行くわけでしょ?
となると、「恋バナ」部分がムカつくので、
すでに知ってる「忠臣蔵」部分だけを楽しむのも、なんか無駄な気がしてきたので・・
リタイアするとしますわ。



  ◇ 第回 ◇   「愛ゆえの嘘」    2016.10.08.                     
番組内サブタイトル ・・・ 「画策」

見合いしたくないからって、「奥方様のそばにいたい・・・」なんてウソをつくなんて・・・・
この女はよー!って思っちゃうよ。
でも、きよは「奥方さまは全部わかってらっしゃる・・」って思ってるよね?
いやいや、そうじゃないかもしれんやん。
自分勝手やのぉ・・・
「正直な娘」って奥方さまが言ってたので、まぁ、お気づきなのかもしれんんけど・・・
それにしても、なんかやっぱ好きになれんわ、この子。(汗)

さて、そんな小娘の恋はさておき・・・
・・・あ、さておいちゃいかんのか、これがメインか?(笑)
浅野家の一大事が迫っておりんすね。
生真面目なお殿様ゆえ・・・見ててこっちまで胃がきゅー・・・・となっちまいます。
吉良=伊武さんか・・・
憎たらしさ加減が、いい感じ・・・(笑)

次回は辛い話になりそうだ・・・
恋の話はさておいて・・・じっくり見させていただきたいです。
・・だから、さておいちゃいかんのか?(笑)



  ◇ 第回 ◇   「縁談が波乱を呼ぶ」    2016.10.01.                 
番組内サブタイトル ・・・ 「縁談」

国に戻った十郎左、一年後会える日を待っていたきよ・・・
そのきよに、縁談が・・・
そして、兄がしでかした出来事が・・・って話でした。

きよの父は、身分違いの恋を貫いて結婚するために武士の身分を捨てた・・・
結果、母は後悔していないと言って死んだけど、
兄はそのことで仕官が叶わないとプーな生活をしていて・・・ってことで
この恋を貫く先に見える現実を知ってるにもかかわらず、
止まろうとはしないのね・・・(汗)

しかも、縁談が来てることを十郎左には告げないという・・・
なんという小悪魔。(笑)

で、縁談を先延ばしにしようと考えてるようだけど・・・
お殿様にかの有名なお仕事が降りかかってくるらしいので・・
そんな話も言いだせず・・・な展開なんでしょうな。



  ◇ 第回 ◇   「初恋が運命を動かす」    2016.09.24.                
番組内サブタイトル ・・・ 「初恋」

やっぱ、武井咲ちゃんの顔は、現代顔だよねぇ・・・
時代劇だと、どうも違和感が・・・ってうか、軽く見えちゃうっていうか・・・

脇を固める方々やお話自体は重厚な気もするのに、
なんか、ポップな印象になっちまうんだよねぇ・・・
残念・・・

個人的に、「福士」といえば「蒼汰」ではなく「誠治」なのです、私。(笑)
なので、その部分ではウキウキなんだけど・・・
やっぱ、相手が彼女じゃ萌えないわ・・・(涙)

ってことで、苦しい恋の始まり・・・の初回ですけど、
放送時間も時間だし、見続けるかどうかは怪しいでがす。
とりあえず次回は様子見・・・

それにしても・・・山の中とはいえ、人が来るかもしれない道で、
そんな裸体になっちまうたー・・、やっぱり普通の時代劇じゃねぇな・・・(汗)
あと、今井翼くんが貫禄がつきすぎてて・・・・誰かわからんかったよ・・・。



★ STORY ★ 究極の侍〜赤穂浪士を愛した女性を描く「忠臣蔵の恋」は松之廊下→吉良邸討ち入りでは終わらない!その女性の名は月光院。波乱の人生を描く愛のサクセスストーリー