金曜10時〜    NHK       
 脚本:篠ア絵里子     演出:佐々木善春     P:真鍋斎  
 主題歌・・・ 「最高なしあわせ」 加藤ミリヤ

原作
◆ 出演者 ◆
広沢和花 栗山千明 フリーランスの雑誌記者
朝倉柊二 佐藤隆太 「朝倉クリニック」 若き理事長
朝倉芙有子 栗山千明 柊二の妻
朝倉洋人 玉置玲央 柊二の弟 「朝倉クリニック」 院長
朝倉弘明 寺田農 柊二と洋人の父親
朝倉佐枝子 田島令子 柊二と洋人の母親
三島奈那子 芦名星 朝倉クリニックの看護師長
橘慎一 鶴見辰吾 月刊誌「リアル・トゥデイ」の編集長
森山ちひろ 前田亜季 和花の親友
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「真実の行方〜最終回 真実が全て明らかに」    最終回    2016.12.23.    

柊二っていう名前に疑問はあったのよねぇ・・・
長男に「二」って漢字をつけてるのはどういうこと・・・?って。
なるほど、お母さんの不倫の末の子供だったわけか・・・。
でも、柊二の言う通り、愛せなかったとしても育ててくれたんだもんねぇ・・・
それに対する感謝の気持ちと家族を想う気持ちが父を動かした・・・ってことか。

結局、和花は朝倉クリニックの不正を記事にしたんだけど、
朝倉家としては良かったのかもしれんね・・。
で、柊二と和花は結婚へ・・・ってことみたいだけど、
あの顔のまま?
元に戻すと娘ちゃんが混乱すると思うし、
あの顔のまま・・・ってのもどうかと思うし・・
そこは触れんのかいっ!!って気がしちゃいました。

全6話ってことで、変に無駄がなくて良かったんじゃないかな?
ま、最終回はちょっといろんなことがキレイ事で進んでいっちゃった気はしなくはないけどね・・・(汗)



  ◇ 第回 ◇   「暴かれた正体〜和花の正体が白日の元に」     2016.12.16.         

洋人に気づかれちゃった・・・
危険が迫る!かと思ったら、話し合いで済ましてくれたのね・・・
ちょっと拍子抜け。(笑)


これ以上探るなら、兄も家族も全部巻き込んで不幸になっちゃうぞー!って和花を脅す洋人。
おぅおぅ!勝手に不幸になりやがれ!とは思えない和花・・・なわけだ。
無関係の柊二や娘を想うと、ここで身を引くべき・・って考えたようで・・

家で、自分の正体を明かし、家を去ると告げた和花。
信じられない柊二・・・
「じゃ、全部捨てて私と一緒に家を出てくれる?」と言い出す和花・・・
んなことできるないやーん・・・。

さて最終回。
家を出てまで守ろうとした朝倉家ですが・・・
そんなことできるわけもなく・・・
どんな結果になるんですかね・・・。



  ◇ 第回 ◇   「許されぬ裏切り〜今判明する黒幕の正体」     2016.12.09.         

そうだったのかーっ!!
芙有子の愛人は・・・義弟の洋人だったのか!
あちゃーっ!大失態やなぁ・・・
あまりにも動きすぎて、バレバレではあったけどね・・・
うむむ・・・洋人のカマに引っかかっちゃったんで、かなりヤバイ状況・・・

ここは橘の言う通り、早く撤退したほうがいいんだけど・・・
すっかり柊二に惹かれちゃってるからなぁ・・・
どうなっちゃうんでしょう・・・



  ◇ 第回 ◇   「二人の距離〜利害の反する二人の禁断愛」     2016.12.02.         

和花の複雑な心境がメインの回でしたな。
まぁ、わからんでもないが・・・
お話としては、もうちょっと進展を・・・ってね。(汗)

医療ミスの被害者に何とか会おうとしてる和花だけど・・・
芙有子の顔じゃ無理だと思うんだが・・・・
ってか、あんなに美しく治せるなら、あの医療ミスの顔は治せんもんかね。(汗)

「その病院、人が死んでるぞ・・」っていう編集長・・
芙有子のパソコンにはいろんな情報が残ってるんでしょうか・・?
不倫相手にも会って、体を張って情報を引き出すんですかね・・・?
うーむ・・・ジャーナリストとしての精神・・・すごい。(汗)



  ◇ 第回 ◇   「私を捨てた日〜迫る危機!潜入取材続行を決意する」     2016.11.25.   

うん、面白いですね。
テンポが速くて目が離せません。


芙有子の姿のまま、朝倉クリニックの医療ミスの取材を続けることにした和花。
でも、このままだと、情がわいちゃうよねぇ・・・
すでにオコチャマは懐き始めてるし、
夢を捨ててまで弟の手助けをしてる柊二に感情をぶつけはじめてるし・・・

そんな中、医療ミスの被害者と連絡がとれた和花。
でも、話を聞くと・・その示談でひどい扱いをしたのが芙有子だったみたいで・・・
今の姿では会ってもらえないどころか、加害者になっちゃうわけで!
困った状況だよ・・・(汗)

それにしても・・・たこ焼き器って普通に常備してるもんなの?
ウチにはないけど・・?(汗)
ってか、そんなことしてると、「記憶を失ってるだけじゃないよね・・?」って疑われるぞ!



  ◇ 第回 ◇   「失われた記憶〜究極のラブサスペンスが今始まる」     2016.11.18.     

なんの説明もないまま、違和感を感じさせる始まり・・・
飛行機事故で生き残ったものの、全身火傷で全身整形が必要だったらしい芙有子。
記憶を失ってしまってるらしい芙有子。
夫の弟の手によって、完全に復元できちゃったらしい芙有子。
さぁ、退院だ、家に帰ろう・・・と、幸せな展開のはずなのに、夫はつれない・・・
家に戻っても「おめでとう」感がない・・・
娘も怖がって近寄らない・・・
どういうこと・・・?っていう流れの中、徐々に見えてきます。

飛行機事故前の芙有子という女性は、夫を、家族をないがしろにして、
金は使い放題、浮気しまくり、娘に暴力・・・と最低の女で、離婚寸前だった。
カチンときた芙有子は、娘を連れて旅行に出かけ、その先での事故だった・・・らしい。
でも、自分の中に、そういう要素があるとは思えない芙有子は戸惑う・・
そんなある日、娘の手を握ったとき・・・記憶が一気に戻る・・・

実は、この芙有子の容貌にされちゃった女性は、
記者の和花という女性で、朝倉クリニックの医療ミス隠ぺいを探るために、
まずは朝倉理事長夫人に近づいてみよう・・・って魂胆で同じ飛行機に乗ったわけだ。
そこで、「素敵なネックレスー!」とか言いつつ、ネックレスが交換されたり、
「窓際じゃないと気分悪い」って芙有子が席を変わったり・・・ということが起こり、
あぁ、だから二人が間違って認識されちゃったわけだ・・・ってことね。
和花の席に芙有子、芙有子のネックレスを和花が・・・ってことで、
生き残った和花は芙有子に間違われたわけだ・・・

で、初回の最後で記憶が戻った和花・・・
この入れ替わりを利用して取材を続行するらしい。
うーむ・・・なんて切り替えの早い・・・

ま、美女からブスに・・・・じゃなく、美女になれたわけだから・・・いいのか?(笑)
でも、諸々、そんな簡単にはいかないんだろねぇ・・・
いろいろと齟齬が出てくるでしょうしね・・・。
それに、もしかしたら和花の姿で芙有子が生きてる可能性も・・・?
「フェイスオフ」かっ!!(笑)

初回のツカミはOKかな?
次回も見てみます。




★ STORY ★ 罪を犯したセレブ妻。暴こうとする雑誌記者。二人が入れ替わる時、戦慄のストーリーが始まる!