金曜8時〜    BSプレムアム       
 脚本:前川洋一     演出:山下智彦ほか     P:陸田元一

原作
雲霧仁左衛門 (前編) (新潮文庫)
◆ 出演者 ◆
雲霧仁左衛門 中井貴一 盗賊・雲霧一党の首領
七化けのお千代 内山理名 雲霧一党
三坪の伝次郎 近藤芳正 雲霧一党
州走りの熊五郎 手塚とおる 雲霧一党
大工小僧七松 大東駿介 雲霧一党
およう 朝倉あき 雲霧一党
山田藤兵衛 村田雄浩 火付盗賊改方の与力
高瀬俵太郎 松田悟志 火付盗賊改方の同心
粂三 やべきょうすけ 火付盗賊改方の密偵
関口雄介 板尾創路 磯部主膳が使う浪人
磯部主膳 春風亭小朝 藤堂家の江戸家老
安部式部 國村準 火付盗賊改方 長官
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「ほおずきの調べ」      2017.01.20.                   

七松、ハニートラップに引っかかるの巻・・・ですか。
やっぱ、コイツがネックやなぁ・・
危険すぎるよ、この子を入れておくのは・・・(汗)

七松が幼なじみの女と再会。
しかしこの女、火盗のスパイだった・・・っていうね。
情報ダダモレで、かなり危なかったよー!
出し抜こうとして、そこも完全に安部に読まれてたし!
一歩間違ったら、全滅だったよなぁ・・・・
危ない、危ない・・・

磯部との関わりも安部に知られてしまいましたし、
ますます混沌としてまいりましたな・・・
もう、一歩も動けないくらいにガチガチに安部に囲まれてる気がするんだけど・・・
お頭、大丈夫ですかい・・・?(汗)




  ◇ 第回 ◇   「新たなる盗め」      2017.01.13.                    

あんな風に尾行されて気づかないようじゃ・・・
雲霧の一党とは認められねーぜ・・・って思ってたら、
あちゃ、速攻で死んでしまった・・・(涙)
ま、仕方ない・・。
で、このことをキッカケに、無事に七松は雲霧の仲間に入れたわけですが・・・
この子、悪い子ではない・・よね?(汗)

磯部の手下・関口に痛めつけられ、心ひとつに新たなる盗めを決意した雲霧一党。
そして、再び火付盗賊改方となった安部との駆け引きも始まり・・・
今回も楽しめました!

ただ・・・やっぱり、あんなに顔が知れ渡ってしまってる七松が気になるよねぇ・・・
あんまり外での仕事をさせないほうがいいんじゃないかね・・・?(汗)




  ◇ 第回 ◇   「嵐の予感」      2017.01.06.                      

きゃーっ!やっぱりカッコいい・・・仁左衛門さん・・・いや、中井貴一さん・・・♪
最後のスローのシーンなんて・・・惚れ惚れしますやーん!


実は前作の「雲霧仁左衛門2」、最後まで観たものの、レビューは途中で終わってまして・・・
どんな風に仁左衛門が姿を消したのか・・・記録が残っておりません。(涙)
でも、記憶には残ってますので、自然と入り込めましたよ。

仁左衛門の兄が身代わりとなって「雲霧仁左衛門は死んだ」ってことになってますけど、
それがウソだと知ってる人たちはいるわけで・・
今回は、本物の仁左衛門をおびき出すために「ニセ雲霧」の事件でしたね。
このニセ雲霧の案件で、一人の新人が仲間に入りそうだし、
仁左衛門の仕込みの伝次郎も加わって、新たなチーム編成・・・ってところでしょうか。

火付盗賊改方を辞めてた安部も、なんだかうれしそうなのは気のせい・・・?(笑)
山田も高瀬も生き生きと動き出しまして・・・
さぁ、今回はどんな決着が待ってるんでしょうか!
愉しませてもらいます!!

そうそう、前作の因縁の藤堂家・・・今回も絡んできてますね。
早々に正体が明らかになってるってことは、話にいちいち絡んでくるってことで・・・
面倒くさいなぁ・・・
個人的に、仁左衛門と安部の闘いだけでいいんだけどな・・(汗)



★ STORY ★ 本作は「鬼平犯科帳」や「剣客商売」で知られる池波正太郎の時代小説を原作に、盗みのプロと捕り物のプロの激突を描く人気ドラマの第3弾。