火曜9時〜    フジテレビ       
 原案・脚本:金城一紀    演出:鈴木浩介ほか     P:笠置高弘ほか
 主題歌・・・ 「I need your love」 Beverly

オリジナル小説
◆ 出演者 ◆
稲見朗 小栗旬 公安機動捜査隊特捜班 捜査員
田丸三郎 西島秀俊 公安機動捜査隊特捜班 捜査員
吉永光成 田中哲司 公安機動捜査隊特捜班 班長
樫井勇輔 野間口徹 公安機動捜査隊特捜班 捜査員
大山玲 新木優子 公安機動捜査隊特捜班 捜査員
林千種 石田ゆり子 林の妻
青沼祐光 飯田基祐 警視庁 公安総務課長
林智史 眞島秀和 公安の協力者
鍛治大輝 長塚京三 警察庁 警備局長
◆ レビュー ◆
  ◇ episode. ◇   「議員襲撃!テロ阻止せよ」    2017.04.25.             

子供だと思って手を抜いたね・・・・。

現職議員がマスコミの目の前で殺された・・・・
その犯人を追う特捜班。
見えてきたのは、この国の腐った政治の闇・・・
犯人は、その闇の被害者の子供たちだった・・・ってわけだ。

大山が元ハッカーで、昔ハッカー仲間と闇に葬られた事件を追っていたらしいけど、
なんか怖くなって大山は抜けたらしい。
「平成維新軍」は、そのハッカー仲間たちの今なのでは・・?と考えた大山・・・
・・・そうらしい。
ガキが、自分の手を汚さずに維新の名乗ってテロを起こして遊んでるらしい。
こういうヤツラが一番許せん。

早く、たどり着いてほしいなぁ・・・

でも、ガキだけでこんなことできるわけないから・・・
この「平成維新軍」を操る黒幕の「大人」がいるんだろうけどね・・。


相手が子供だと思ってビンタなんかして、取り逃がして自殺されて・・・
ちょっと不甲斐ない、後味の悪い、やるせない結末になっちまいました・・・。
あの場合、早めに無力化しないとダメっしょ。。
ビンタするヒマあったら、拳銃を奪いなさい。
4人もいるんだから、誰か腕とか足とか撃ちなさい。
ったく・・・・。

とはいえ、一時間があっという間でございました。
引き込まれますね。



  ◇ episode. ◇   「暗殺の真相を暴け」    2017.04.18.                 

一話完結なので、妙にアッサリ・・・っていうか、
国家権力が絡んでるから、水戸黄門的に「悪いヤツをとっちめる!」なことにはならないのが、
まぁ、消化不良っていうか、リアルっていうか・・・・ね。

うむ、こんな話も仕方ない・・・・か。
面白かったけどね。

田丸の公安時代の知り合いの記者から「会いたい」と連絡が・・・
行ってみると、直前で殺されてしまう・・・
特捜班は独自に動き、真実をあぶりだす・・・・って話でしたけど、
「保険の写真」、すぐに位置情報に気づかないとダメっしょ、大山くん。
そこ・・・専門家なら当然の行動だと思うけど・・・(汗)


被害者の家での攻防・・・・なかなか見ごたえアリでしたね!
あの敵(SPだったみたいだけど)も、なかなかの出来る男で・・・
いやぁ・・・絶対巻き込まれたくないわーっ!!

結局、国会議員の遊び場・・・ってことで、
そこでお遊びが過ぎちゃって女性を傷つけちゃった議員がいた・・・ってわけでした。
それを隠すため、真実にたどり着いても鍛治に蓋をされちゃった・・・っていう。
うーむ・・・
うまいこと田丸を言いくるめてたけど、
この件で鍛治は一体何を手に入れたのか・・・だよね。
やっぱ、コイツが一番腹黒い・・・(汗)


田丸の公安時代のエスである林・・・
公安を離れてしまった田丸は、林の妻の面倒は見続けてるみたいだけど・・・
なんか、自分をエスとして送り込んだ担当が部署を離れてしまったなんて、
林さんの今後がめっちゃ心配なんですけど・・・(汗)
そして、林の妻・千種と田丸の関係も怪しい感じで・・・
一線を越えるんじゃないぞ!!



  ◇ episode. ◇   「凶悪爆弾テロ事件を防げ!特捜班始動!」   初回69分SP  2017.04.11.  

今期ドラマが始まったぞーっ!!っていう、そんな感じですね。
・・・すでに数本始まってはいたんだが。(笑)

期待しまくっていた作品。
オリジナルで描かれた小説も前もって読んでおきましたよ。
なので、世界観にはすでに入り込めておりました。
うむ、準備万端。(笑)

鍛治警備局長が自分で作り上げたという特捜班の5人。
最初の案件は、新幹線内で狙われてる大臣。
犯人を見つけ、安全確保・・・です。
なのに・・・爆弾見つけたけど、もうスイッチが押されてたから・・・仕方なく・・・か?
なぜに一緒に飛び込む?
目立ちたがりか?犯人が逃げたかもしれんぞ?爆弾で死んだかもしれんぞ?
列車内から動画撮られまくって拡散されるぞーっ!!!
ったく、そこは爆弾だけ投げれば済む話なのに・・・
ちょっと盛りすぎっすね、ここは。(汗)


ま、稲見って男がこういうヤツ・・・・っていう紹介なんでしょう・・・と納得し、
次なる事件へ・・・
大臣の息子が拉致されたあと首に爆弾をつけられ、悪事を告白しないと・・っていう事件。
何度殺されてもしゃーないくらいの悪事を重ねてきたらしいボンボン。
なんでこんなヤツを守るために命をかけなくちゃなんないのか・・・
お仕事って大変っすね。(涙)

数少ない情報、目に見えない情報から推測し、真実にたどり着くわけですが・・・
いいコンビネーションですね、この5人。
頸動脈に指を当て、相手の嘘を見抜く班長や
爆弾ならお任せ!の樫井さん、IT関係は大山が言われなくても情報取りまくってくれますし、
武闘派の田丸と稲見は人並み外れた身体能力で・・・
それぞれに「一度骨折した競走馬」らしいですけど、それはおいおい・・・かな?

この5人を集めて、まるで使い捨てみたいに扱ってウッキウキの鍛治さん・・・
怖いっす。
コイツが一番ヤバイやつっすね、きっと・・・。(汗)


この事件は「平成維新軍」と名乗る連中の仕業らしく、
これが通しの「敵」ってことになるんでしょうかね。

個人的には満足な初回です。
なんか・・・・最後に「映画化」とか言われそうな気がしてならんのだけど・・・
それはいいけど、話はドラマで一応の決着をつけてくださいね?
映画に持ち越し・・・とか、勘弁ですぞ!!






★ STORY ★ 国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、 規格外の男たちの活躍を描く!テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。 刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!