水曜10時〜    日本テレビ       
 脚本:水橋文美江    演出:中島悟ほか     P:櫨山裕子ほか
 主題歌・・・ 「Just You and I」 安室奈美恵

◆ 出演者 ◆
柏崎結衣 沢尻エリカ 広が誘拐され、一人で暮らしている
柏崎陽一 藤木直人 東欧大学 准教授
木野愁平 中島裕翔 児童福祉司
柏崎広 道枝駿佑 3歳で誘拐される結衣の息子
緒野琴音 高橋メアリージュン 柏崎オート職員
西原繭 藤澤遥 莉沙子の娘
西原太治 浅野和之 莉沙子の夫 陽一の上司
西原莉沙子 板谷由夏 結衣のママ友
柏崎里恵 風吹ジュン 陽一の母
門倉麻子 小池栄子 誘拐された広を救い7年間共に過ごす
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「女たち決着と別れ・・・結衣がたどりつく母親の幸せ」    2017.06.14.   

総括、いたしましょうかね。

まず、3歳で息子が誘拐され、13歳で戻ってきた・・・・
失った9年間・・・結衣が「母になる」姿を描く・・・
そんな話だと思ってましたので。
まぁ、麻子という人間が諸悪の根源なんで、(誘拐犯が悪いのはもちろん)
絡まないわけにはいかないけど、
それをも乗り越えて、母となり、家族となっていく・・・っていうのを見るつもりだったんですけど・・・

なんかね。
もう、後半は普通のホームドラマっつーか、何ならちょっとコメディちっくというか。
結衣たちだけでなく、変なネグレクト母まで入れ込んできて、
木野の過去とか、正直どーでもいい西原家のすったもんだも最後まで入れ込んできて、
変なドラマになっちまってましたね。

最後は、まさかの「二人の母」って結末かと思ってたけど、
そうはならなくて一安心・・・
「産んでくれてありがとう」と前回麻子が言ったので、
きっと今回、結衣が「育ててくれてありがとう」っていうんだろうな・・・って思ってたら、案の定。(汗)

許せない、でも憎しみを抱いて生きるのは辛い。
いつか許せたら・・・コウと二人で会いに行く・・・
そんな結末でした。
でも、麻子は「会いに行く」という場所をクビになってる。
麻子としては、自分の罪を再認識した上で、結衣からのそんな言葉を受けたので、
完全に身を引くことでしょう。
クビになったことも、もう連絡が取れなくなることも言わずに別れましたしね。
いろいろ結衣の心の中もスッキリした・・・・ってことで、
柏原家はもう大丈夫でしょう・・・ってことでしょうな。

うむ、もっとシリアスな話になるかと思ってたのに、
変なコミカル部分も入ってきて幻滅だし、
何より、麻子のしたことが何の罪にもなってないことも納得いかないし・・・
そもそもの設定が間違ってたんだろうね。
麻子がコウを引き取って育てる設定がもうちょっと納得できる設定だったら、
麻子にも感情移入できたかもしれないし・・

とにもかくにも、変なドラマでした!ってことで。



  ◇ 第話 ◇   「わが子の恋に母ふたり七転八倒 息子のケジメは意外なサヨナラ」
                                              2017.06.07.      

どーしても、そっちに持って行きたいのね。
「納得して、共に生きる」ってか?

はぁ・・・なんじゃそりゃ・・・なオチが見えてきたよ・・。

大前提として、麻子のしたことは罪深いのよ。
なのに、軽快な音楽と演出で、その罪が感じられないのがムカつくわけ。
で?最後には「コウを産んでくれてありがとう」・・だ?
アンタのために産んだんじゃないわっ!!
どこまでもそういうスタンスだよね・・・
イヤになる。

んでもって、「お母さんって、二人いちゃ、ダメなのかな?」・・・と言いだすコウ。
やむを得ない事情で、母が二人・・・って人はいるよ、そりゃ。
再婚後の継母・・・・とかね。
でも、そうじゃないからーっ!!
そいつ、人の子を連れまわしてた罪人だからーっ!!

でもさ、最後は結衣自身が「共に生きる」ってことを選択したのなら・・・・
他人がとやかく言うことじゃないっすね・・・っていう、そんなオチっすかね?

ふーん、へー・・・としか言いようがない話になっちゃうね。(汗)

最終回は、いろいろと丸くおさめていくんでしょうな。
はぁ・・・・





  ◇ 第話 ◇   「子育てはやり直せる・・・新たな強敵登場に2人の母が一致団結!」
                                              2017.05.31.      

前回登場したネグレクト母=上牧は、記者の沢登の手先だったのね・・・
記事のネタとして柏崎オートに近づいたら、木野に再会してしまった・・・てわけだ。
で、前半はこの上牧の話。
再婚相手の子をネグレクト・・・
ホントの母は子を捨て、必死に継母として頑張ったけど懐いてくれなくてネグレクト・・・ってことらしい。
なんかね、ほんと、「母」ってなんだろ・・・?って思っちゃう。
血がつながってれば母ってわけではないし、
一生懸命やっても思いが届かないってこともあるしね・・
産みの母とか育ての母とか、なんか、わかんないね・・・ってこと言いたいのかな?
・・って、そんなこと、正直どーでもえーねん!!
メインは、結衣と広でしょーに。
そこんところが全然深まってなくて、何やってんだ!って言いたくなるわ。


後半は、麻子に捨てられた2年前について知りたがる広に、本当のことを話すべきか・・・って話。
子供を信じて、ちゃんと話そう・・・って決めた結衣たちだけど・・
あれって本当のことを話したってことになる?
中途半端じゃない?
あんなレベルで話すならやめときなよって言いたいわ。
ってかさ、携帯持ってるんだから、本当に知りたければ、ネットで調べればいいやん。
この子、いまいち掴めないよねぇ・・・
どうなりたいんだろ?


で?恋をしてるのか?マウスウォッシュを使いまくってたのは、恋をしてるからか?
学校もサボっちゃってるし、二人の母が力を合わせて連れ戻す!ってか?
なんだかなぁ・・・・

なんか、結衣が麻子に対する態度が、あんまり深刻ではないのが気になるのよねぇ・・
最後の電話のくだりとか、コンビか!って感じだし。(汗)

私はもう、本当に麻子には関わってほしくないんですけど!!
コイツは自分の幸せの象徴である広を守りたいだけなんだから!
なんだかねぇ・・・・



  ◇ 第話 ◇   「究極のわが子への愛とは?産み育てふたりの母親 遂に直接対決」
                                              2017.05.24.      

なんだろね、これ。
人の子を自分の子として勝手に育てた女と、
わが子を誘拐されて、他の女に育てられた女・・・
そんな女二人が、お話して、「ごめんなさい」「いいのよ、大変だったわね」・・って、
そんなことになるはずないし、
そんな話、観たくもないんですけど??


で・・、一応謝る麻子に、事情はわかった、可哀想な人・・・・という言動の結衣。
で、麻子、ブッチーン!・・・・。
ここからの麻子の言い分。
私、いい子に育てたでしょ?私が育てたからよ!・・・ですと。
ほっほっほ、ちゃんちゃらおかしいわ。
結衣が育ててたら、いい子に育たなかったかもという根拠を述べてみんかい。
自分が育てた=いい子に育ったなんて、思い上がりも甚だしいわ!!


しまいにゃ、「子を産めとか言われなくて済む・・・それが一番うれしかったことよ!」ときた。
あらぁ・・・コレ、本音かね?
本当にそう思ってるとしたら、なお最低女やわ。
子供が欲しくても産めない女が、心の底から愛おしいと思って育てた・・・ならまだしも、
自分の足りない部分を埋めてくれる、ペットのような感覚でそばに置いてた・・・ってことでしょ?
9年で手放して良かったね。
もうちょっと大きくなったら、母親の言うことなんか聞かないわ、言い返すわ・・・で、可愛くなくってきたかもよ?
そうなったとき、「やっぱ私の子じゃないから・・・」って、捨てる気だったんじゃない?
思った子と違うから、捨てようっと!って言いだしかねない感覚じゃないか。
こんな女に育てられて、広が可哀想って思えたよ!!

麻子が、人に「子を産めっていわれなくなくなって楽になった」と言ってるころ、
周囲のバッシングがすごかったのに、周りになんと言われようと、
ただただ広の生存を祈ってた結衣・・・
そうだろうさ、それはそうだろうさ・・・。
主張は完全に結衣の方が正論です。

ま、これでバシッ!と言ってやったので、もう近寄らないだろう・・・と思うけど、
今度は周囲が放っておかない展開ですな・・・
記者が広に近づいております。
広は麻子の過去を知るでしょう。
その後、柏崎夫婦がちゃんとフォローしてあげれば済む話だと思うので、
変に麻子をからめないでもらいたいわ。
・・・ドラマなんで、そうはいかないでしょうけど。

三人の母以外に、また違う母が登場・・・
ネグレクトっぽいこの母・・・
メインの母たちとどうつなげるのかね・・・・?
変に膨らんできてますけど、なんだかねぇ・・・。

はー、イライラしたわ。



  ◇ 第話 ◇   「この子を育てる!母になれなかった女の壮絶な告白」   2017.05.17.      

はぁ〜・・・・?
なんじゃこりゃ。
私の心が狭いのか・・・?
全然許せないし、同情できないんですけど?
被害者ぶって自分勝手なだけじゃん。


今回は、麻子がどうしてこんなことしちゃったのか・・・?な話。
真っ直ぐな母に、真っ直ぐ生きろと言われ続けた女が、
付き合ってた男にこっぴどくフラれ、何度も中絶して体はボロボロなうえに妊娠発覚、
一人で産んで育てようと思ってたら、階段から落ちて流産。
身も心もボロボロなとき、隣の部屋で広を見つけた・・・ってことらしい。

虐待されて放置されたと思った、だって広が「ママはもう帰ってこない」って言ったから、
一日だけのつもりだった、
熱を出しちゃったから・・・
母が危篤と知って、交番に置いていこうと思ったけど出来なかった・・・

はぁ〜?どれもこれも、勝手すぎる。
虐待で放置されたって思い込んだのも、アンタの勝手やし!
自分の寂しさを埋めるための存在やんか!
広との生活で幸せを感じるたび、罪悪感はなかったの?
本当の親が探しに来るかもって焦りはなかったの?
純粋に広の母になれるって思ってたの?
ろくに教育も受けさせないで・・・
何言ってんだい!

可哀想・・・愛を持って育ててくれた・・・最後は命を守るために自分を犠牲にして・・・
・・・と、そんな風に考えたんすか、結衣さんよ。
「広のためを思って・・・です。」と、麻子を雇うことにしたらしいけど、
え?それって広のためになる?
そんな複雑な関係の「母二人」と生活することが「広のため」か?
さっぱりわからん。

だいたいさ、広は自分の生い立ちにあんまり執着しないよね?
なんで実の両親と離されたのか?
育ての母と離されたのはなぜ?
その間に何があったの・・・?って普通は知りたがらない??
変だよ・・・。

「僕がそう言ってあげないといけない気がした・・・」って木野さんよ。
「あなたは悪くない」はアカンやろ?
悪いやろ!人の子を何年も黙って連れまわしたんだぞ?
悪いに決まってるやろーっ!!


はぁ・・・もう、なんか、イライラする!!
ムカムカするーっ!!




  ◇ 第話 ◇   「わが子の意外な返信メール・・・産んでくれた意味を探す旅の答え」   2017.05.10.  

ナウ先輩の、自分の身を削るような広への説得・・・
見てて辛かったよ・・・(涙)


ナウ先輩ったら、広を連れ出して何をする気!って思ったけど、
産んでくれたお母さんの存在の大きさを、身をもって知らしめたいっていう想いで、
自分の母を探す旅に巻き込んだわけだ・・・

やっと見つけたナウ先輩の母は、
もう、典型的なクズ母で・・・
あんな風に、人前で、我が子にあんなことを言えちゃう母がいるなんて・・・
だけど、こんな母でも、唯一の自分の産みの母なんだ・・・って、
産んでくれた母は、どうしたってあの人しかいないわけで・・・
ナウ先輩の涙、言葉・・・ちゃんと広に届いたようで・・・

広は家に帰るって決めました。
ドン!と待つ!!と言いつつ、心配でしかたなかった結衣は一安心・・・
広のいない時間に、夫婦の関係もいい感じになってましたしね・・
これで、柏崎家、ようやく一歩進めた・・・って思えたのに・・・

広がいなくなったことで、木野さんが麻子に行方を知らないか?って連絡しちゃったため、
麻子としては、泣く泣く手放した広が結局施設に戻りたいって言いだすくらいの暮しをしてた・・って思ったみたいで、
偶然出会った琴音の紹介で里恵さんに引き合わされてたのもあり、
「柏崎オートで雇ってください!」って言いきっちゃってました・・・
アンタが行って状況が良くなるとでも?
余計にこじれるって思わないの?
アンタが奪った時間を修復するために必死で模索してる家族なんだよ?
またジャマするの?


経理として社長=里恵さんに雇われたわけで、堂々とやってきた麻子だけど・・・
事情を知って駆け付けた琴音の口から、「人殺し!」という言葉が・・・
ははぁ〜ん・・・なるほどね。
広に降りかかった災いから広を守るため、正当防衛で人を死なせてしまった・・・とかか?
だから2年の刑で済んだってことかしら?
で?血の繋がった子でもないのに、命がけで広を守った・・・っていう美談にするわけ?
いやいや、アンタが連れて行かなきゃ、そんな災い、そもそもなかったわけで。
アンタが広を連れ去って何年も勝手に育てたことは、全然チャラになりませんから!!!

どんな風に悲劇に描かれても、あたしゃ絶対麻子には同情しませんから。
本当に広を思うなら、どっか別の場所で生きていけ!ってことですよ。
関わるな、あっち行け!ってなもんです。
あー!次回は見るのがイヤだわ・・・(汗)




  ◇ 第話 ◇   「弁当捨てるわが子の心見えない・・・育ての母の再出発」   2017.05.03.     

えー!そんなに簡単に手放しちゃうの・・・?
せっかく戻ってきたのに・・・
それでもいろんな人の手助けを借りながら一緒に時間をかけて関係を築くべきでは・・・?

そんな風に思った第4話です。

広が学校からの連絡を自分にくれない・・・ってんで、部屋を漁っちゃう結衣。
うん、思春期の子にそれはいかん・・・
やるならバレないように完璧に・・・(笑)
バレちゃって、広は施設に戻りたいと言い出し・・・って展開です。

広にとって「母」は、麻子であって、
父や祖母は今までいなかった存在だから「新規」だけど、
結衣は「上書き」になっちゃうわけで・・・
だから、広は結衣を受け入れるのに時間がかかるんだよ・・・

そのことくらい、誰でもわかるだろうに・・・
みんなで見守っていこうよぉ・・・・

施設に返す・・・ってんで木野が迎えにきたものの、
途中で脱走しちゃう広。
ナウ先輩と待ち合わせしてたみたいだけど、何をする気だろ・・・?

一方、麻子は刑務所時代の知り合いの店で働かせてもらおうと思ってたのに、
相手にその気はなくて邪険にされてました・・・
・・・やっぱコッチも可哀想に描くわけね・・・
だからって、柏崎オートで雇うってどういうことさ!!
何も知らずに誰かが連れてきちゃったとしても、
この女のしたことを知ったら、誰もが追い返すっしょ!!
・・・追い返すっしょ・・・?
えぇ〜?ありえないんですけどー!!



  ◇ 第話 ◇   「届かぬ想い・・・わが子の嘘に母はどうする?育てた女と直接対決」   2017.04.26.   

まぁ・・・そうね、引っ張るんだろうね・・・
小出しにしてくるのね、いろんな謎は。
なんか・・・イライラする。(笑)


木野くんは門倉麻子と連絡を取ってる・・・ってだけでなく、
2年前、麻子が広を施設に預けていったときのことも知ってるみたいね。
だからこそ・・・
知ってるなら、早く教えて!!って気がするわけ。
誰も知らず、麻子だけが口をつぐんでる・・・ってんならわかるんだけど、
知ってるやつが知りたがってる人に何も言わずにいるのがイライラするんだよ。
なんかねぇ・・・
子供を奪われて、いきなり返されて、これから必死に親子関係を構築していこうとしてる人の側にたってない・・・っていうか、
何とかしてやろうって気持ちがイマイチ伝わらないっていうか・・・
どっちの味方なんだよ!っていう・・・。
過去に何があったか知らんけどさぁ・・・
辛気臭い顔して・・・ったく・・・
・・・と言いつつ、大人になったなぁ、中島君・・・としみじみしております。(笑)

さて、未だ広と麻子との関係は続いてると感じ取ってる結衣。
責めず、時間をかけて・・・って考えてるのは伝わります。
子供と・・・だけでなく、夫との関係も・・・だから、いろいろ大変ですわな。

そんな中、麻子がやってくる。
開き直った態度、悪びれずに「虐待されてると思ったから保護してた」と言いやがる。
いやいや、だからって何年も育てるっておかしいやろ?って、どうしてつっこまないんだ、結衣!
人が好すぎてモヤモヤするんだよー!!


麻子は、広を突き放す覚悟でやってきたようですが、
こんな風に一方的に別れを切り出すってことは逆効果ですからね?
広は余計にママへの想いを募らせちゃうじゃん!!
・・・ん?それも作戦・・・?(汗)
ま、本当の親に返すってことにしたのは本当みたいだけど、
心から・・・って感じではないみたいだからなぁ・・・
この2年の間、何があったのかね・・・

早めに麻子の行動の説明をしてもらって、
山あり谷ありながらも、親子になっていく・・・っていう作りでもいいと思うんだけどなぁ・・・・
謎を引っ張りすぎてる気がするんだけど・・・
お客を引き付けておきたいんだろうけど、
やりすぎはまさに逆効果ですぞ・・・・?(汗)



  ◇ 第話 ◇   「愛しいわが子と再び暮らせる!育てた母が送った衝撃の手紙」    2017.04.19.   

丁寧に作ってるんだろうけど・・・・もどかしい。
何はともあれ、広と結衣の関係を・・・っていうよりさ、
そこはこれからじっくりでいいわけで、ここまでを早く教えんかい!ってなもんで。
イライラしたわー!

「まだ調査中でハッキリわかってはいないんですが・・・」と繰り返す木野だけどさ、
警察にはちゃんと通報したんだよね?
9年前に誘拐されて行方不明の子らしい児童を見つけた・・・って、
ちゃんと通報してくれてるよね?
2年前に施設に来て、空白の7年について、ちゃんと調べてもらってるよね?

アンタたちだけで調べてるとかってことはないよね?

それと・・・ようやく後半で明らかになった、7年間も広を育てた麻子についてだけど、
なぜ広を手放したのか・・・は、捕まりそうになったから?
就学してないといけない広との暮らしに限界を感じて手放したのかしら?
となると・・・言い方を変えると「困って捨てた」だよね?
かーっ!!許せん!!

でもさ・・・育ててくれたわけで・・・なんてことを考えさせないくらいのひどい手紙でしたな・・・・
手放してもなお、広の心をつなぎ留めたいわけだ。
ママと離れたら、新しく「お母さん」と名乗る人が出てくる・・なんて、よく言ったもんだわ。(汗)
抗うことなく受け止めろ・・・だ?
なんだあの箇条書きの指示は!
何様やねん・・・
絶対捕まえて刑務所送りにしてやらんと気が済まん。

もう中学生ですもん、広もわかるでしょうさ。
木野くんは「まだ子供だと思っていただきたい」って言ってたけど、
中学生になるんですもの、ちゃんと順序立てて説明すればわかるはず。
誘拐されたあと、通報せず親元に戻さずに勝手に育てた女だ・・・ってこと。

きっと苦悩するだろうけど、どっちが間違ってるかはわかるはずよ。

はぁ・・・ムカムカするね。
次回は平気な顔して会いにくるんすか?
敗けんなよ!!

あと・・・沢尻エリカのセリフがね・・・単調っていうか。
セリフを言ってる・・って感じがして、ちょっと勿体ないよね。
それと・・フジッキーの無言の涙にはもらい泣きしてしまいましたよ・・・



  ◇ 第話 ◇   「わが子が誘拐・・・涙の再会で始まる親子の愛しい絆」    
                                       初回70分SP    2017.04.12.      

まぁ・・・・どうしても「八日目の蝉」と設定が似てるんでね・・・・
既視感は否めないんだけど・・・

あと、どんなに上手くても、どんなにキレイでも、私は沢尻エリカが嫌いなんだな・・・っていう・・・ね。
最近涙もろくてイヤになっちゃうのに、全然泣けなかったもん・・・
うん、相当だね、私。(笑)


一人息子が誘拐された・・・
目を離したお前が悪い!という流れになりそうなところ、
ダンナの教え子の犯行だった・・・ってことで、どっちも責められず・・・
しかも被疑者自殺にて、広の行方はわからず・・
9年が経ち、広が見つかった・・・っていう初回でした。

でもさ、犯人の学生があの場所に子を置いていったわけでしょ?
だったら、ちゃんと捜査すりゃ見つかりそうなもんだけどねぇ・・・
何人もの人の手に渡って最終的のあの場所に・・・とかですか?
警察がたどり着く前に麻子が移動したってことかな?
今後明らかになるんだろうけど、今のところ違和感がありますね。

それと、子を失った母、その子を母として育てた女・・・の二人がメインでよくないっすか?
なんで三人の女性を描く・・・っていう感じなんだろ?

これまた違和感・・・

誘拐した学生が悪い、でも、見つけて通報せずに何年も育てた女のほうが罪深い。
私はそう思う。
どんなに可哀想に、どんなに愛情深く育てたと描かれても、
麻子に共感することはない気がするな・・・

だからといって、沢尻エリカに・・・も無理やし。
困ったもんです。(笑)

あと・・・大きくなった広役の子ですけど・・・
顔は、とくに口元とか、沢尻エリカに似ていて、
お・・・?って思わせる部分はあるんだけど・・・
なんせ演技が・・・(汗)
先行き不安になっちまったぜい・・・。

麻子はどうしてわが子として育てた広を手放したのか・・・
広の最後の表情の意味は・・・?
結衣はちゃんと「母」になれるのか・・・
今後の展開に注目・・ですね。
とりあえず、次回も視聴いたします。




★ STORY ★ 誘拐された3歳の息子が9年ぶりに保護されて、母子関係を再構築しようともがく。