月曜9時〜    フジテレビ       
 脚本:黒岩勉     演出:中江功     P:羽鳥健一
 主題歌・・・ 「I'll be there」 嵐
主題歌

原作

原作
◆ 出演者 ◆
貴族探偵 相葉雅紀 貴族探偵
高徳愛香 武井咲 新米探偵
鼻形雷雨 生瀬勝久 刑事
玉村依子 木南晴夏 社長令嬢
常見慎吾 岡山天音 刑事 鼻形の部下
喜多見切子 井川遥 探偵
ギリ 仲間由紀恵 音声アシストサービス(声)
佐藤 滝藤賢一 運転手
田中 中山美穂 メイド
山本 松重豊 執事
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「花婿候補連続殺人!驚愕と涙の結末とは?」     2017.05.22.       

原作を読んでるので、殺人の顛末はわかっていたんだけど・・・
わかりやすそうで、わかりにくいよね。(汗)
使用人三人が、それぞれ三人の被害者を担当して調べ、
それぞれに推理を披露・・・
最後にまとめて、「こーだったんだよ」って映像化したわけだけど・・・

うん、わかりにくい。(笑)
それぞれが演じてるのはわかるけど、
小さく吹き出しで「この人役」って顔写真を出してくれるけど、
ごちゃごちゃしてて、面倒くさいっ!
つまり、一週回ったってことね?って、変に納得する始末。(笑)

で、今回も愛香の敗北。
貴族の勝ち・・・でしたけど、
最後に貴族、推理してましたな。
桜川の爺さまが一番の曲者だった・・・という。
爺さまの思惑通りに事が進んだわけで・・・めでたしめでたし・・・なのか・・・

そして、貴族、師匠を殺していた??というつながり・・・
原作にはないお話ですねぇ・・
どんな風になっていくんでしょうか・・・?



  ◇  ◇   「華麗なる一族の惨劇!御前襲う死の婿選び」     2017.05.15.       

なんかね・・・・遅いな・・・・とは思ってたんだよ。
使用人も佐藤しかでてこないし。
この推理は変則型で行われるはずなのに・・・って思ってたら、
なんと、前後編!!!
うーむ・・・

なぜに?別に引き延ばすほどのネタかね?
いつも中途半端に延長してんだから、その延長内でおさめることもできただろうに?
うーん・・・なんだろうねぇ・・・

せっかくいい形になってきたかと思えたのになぁ・・・
残念だわ・・・。



  ◇  ◇   「湯けむり復讐殺人事件!!使用人不在で御前ピンチ!?」   
                                  69分SP     2017.05.08.      

舞台をより現代に、そして鼻形を参加させる・・・っていう変更をしてきましたが、
このお話は原作の中でも記憶に残っていたので、
オチは最初からわかって見ておりました。

まぁ、「優」って名前でなんとなく予想はつくというか・・・
男女入れ替わり・・っていうお話でした。
しかし、影響力のある人の自殺はあきませんよ・・・
と、かなり昔にアイドルが投身自殺したあとの影響を思い出した私でございます・・・・(涙)

今回は「密室」ってことで、無駄に人が多くなかったのは良かったですね。
そして、相変わらずの「間違い推理」を披露しちゃった愛香・・・
そろそろ、「間違わない愛香」ってパターンもアリ・・・か?
そうなると貴族探偵の出番がなくなるか・・・?
いや、そうはならないパターンもあるわけで・・・
あれは最終回にもってくるのかなぁ・・・?と今から興味津々でございます。



  ◇  ◇   「禁断の恋殺人事件!国家権力に怒れる貴族」    2017.05.01.      

おや・・・?
慣れてきたのか、私・・・?
もう、相葉ちゃんの貴族に違和感があまりなくなってきた・・・?
こういう貴族もいていいかなぁ・・・?なんて?(笑)


今回は、生々しい生首が登場・・・
うむむ・・・リアルでコワイけど、リアルすぎてマネキンみたいで・・・(汗)
ってことで、今回も最初から真相に気づいてる感じの御前様でした。

かなり早い段階で愛香の推理披露に入り、
今回も山本さんの見事な推理ののち、
横暴な国家権力に怒れる貴族・・・っていう流れ。
うん、お決まりの展開として受け入れれば、気楽に見ることができましたね。

こんな感じで最後まで観ていけそうな気がしました。
・・・・ただ、今回は演出がこれまでとは違う人だったから良かったのかも・・?ってことで、
やっぱり次回も様子見・・・かな?(汗)



  ◇  ◇   「人気作家殺人・・・発見者は御前!?貞淑メイド驚愕推理 」    
                                 69分SP    2017.04.24.       

まぁ、拡大SPではあるけど、初回ほど無駄はなかったように思えますが・・・
それでもやっぱり・・・
御前の「御前感」が・・・
く・苦しい・・・・(涙)

推理はやっぱり愛香がしまして。
貴族探偵側は、今回はメイドの田中が担当しまして・・・
愛香の間違った推理を田中さんがやり直す・・・って形でございました。

事件現場が東京じゃない・・ってことで、他県の刑事がやってきて、すったもんだ・・っての、
無駄なんでやめません?(汗)
ハナの存在だけでもう「刑事部分」はお腹いっぱいなんですってば。
そこんとこもスッキリさせてほしいかなぁ・・・って気がしました。

原作では「貴族は全然推理してない」って感じなんだけど、
ドラマ版では「何気に御前は最初から・・・」って匂わせてますね。
ま、その方が「貴族探偵」っぽくはありますけど・・。


最後のチョコ・・・
師匠は死んでるって設定よね?
じゃ、あのチョコは・・・?貴族が持ってたけど・・・家に入り込んでる・・・?
実は亡き師匠に「我が弟子を頼む」とか言われてるとかいう設定・・・?
師匠の立ち位置が未だハッキリしてないので、最後にモヤモヤしてしまいました・・・(汗)
・・・全体的にモヤモヤしてるのに・・・モヤモヤモヤ・・・(笑)



  ◇  ◇   「推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く!」
                              初回84分SP     2017.04.17.       

私は嵐が大好きで、相葉ちゃんの爽やかで元気いっぱいなところが好きです。
うん、一応言っておく。
うん。

そんな私でも・・・・正直・・・キツイ。
相葉ちゃんの演技が、アイタタタ・・・・な部分はさておき、(さておけないレベルでがあったが・・・)
爽やかな相葉ちゃんが、一癖ある貴族探偵をやるのは無理があったかも・・・
嵐でどうしてもやりたかったのなら、相葉ちゃん以外・・・が良かっただろうね。
スタイルでいうと、松潤か翔君、演技でいうと、ニノか大野くん。
とにかく、相葉ちゃんじゃなかった感がすごい・・・です。(涙)

原作でもそうだけど、貴族の登場シーンは少ないんです。
事件が起こって貴族が登場するまでが長いし、
調査してるのは使用人なんで貴族は最後に座ってるか、女口説いてるか・・・なんで。
なので、映像化しても、まー貴族のシーン少なっ!!
でも、アイタタタ・・・な演技だったんで、少な目で逆にありがたい・・っていう。(号泣)

もっと貴族のシーンを増やしてよ!って思えるくらいの存在感が欲しいですねぇ・・

ほぼほぼメインは愛香ですね。
事件に遭遇しちゃうし、必死に調査するし、刑事の相手するし。(笑)
武井咲ちゃん主演・・・状態ですわ。
ふぅ・・・

ま、そんなこんなで、先行き不安な初回となってしまいました。
長めに延長してしまった分、テンポも良くなかったですし・・
ってか、ドラマの初回延長って人物紹介も兼ねて・・っていう意味合いが大きいでしょ?
このドラマの場合、「謎多き貴族」なんで、人物紹介はいりませんから!!

生瀬さんのおふざけは嫌いではないので、個人的にはクスクス笑っちゃったんですけどね・・・(笑)
ガラケーに必死に話しかけてる姿・・・可愛かったよ・・・

いやぁ・・・・ほんと、どうしたもんか・・。
そんな気はしてたけど、やっぱりそうなっちまったか・・・
頑張ってほしいのよ、嵐ファンとしては。
だけど、ドラマ好きとしては・・・正直キツイです。
もうちょっと面白く作れる気がするんで・・、頑張ってくださーい!!
ってことで、期待も込めて、ちょっと甘めに評価・・・

あと・・・仲間由紀恵さんって、「ギリ」ってこと・・?
声だけの出演・・・?
こりゃまた贅沢・・・・




★ STORY ★ 年齢も家族も住所も本名も不明という謎の青年が主人公。「雑事(推理)は使用人に任せる」と言い放ち、執事やメイドたちに推理をさせて自分は遊びに興じながら事件を解決に導いていく一話完結のミステリー。