木曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本:羽原大介     演出:本橋圭太ほか    P:内山聖子ほか
 主題歌・・・ 「聖域」 福山雅治


◆ 出演者 ◆
原口元子 武井咲 東林銀行世田谷北支店 派遣社員
安島富夫 江口洋介 衆議院議員秘書
山田波子 仲里依紗 東林銀行世田谷北支店 派遣社員
村井 亨 滝藤賢一 東林銀行世田谷北支店 次長
牧野 和田正人 銀座の美容室の“オネエ”店長
橋田常雄 高嶋政伸 予備校「上星ゼミナール」の理事長
岩村叡子 真矢ミキ クラブ「燭台」のママ
中岡市子 高畑淳子 楢林クリニックの看護師長 楢林の愛人
楢林謙治 奥田瑛二 楢林クリニック 院長
長谷川庄治 伊東四朗 政財界のフィクサー
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「人生は一度きり・・・銀座の女帝最後の戦い!!」 
                                 最終回69分SP   2017.09.14.     

はぁ・・・最後まで見る価値は・・・なかったな。

最後まで詰めが甘いっていうか、甘ちゃんっていうか、小娘っていうか・・・
小粒にもほどがあったね、今作は。
これまでの「黒革の手帖」とは比較にならんわ。

長谷川の急死により、いろんな人が転落・・・ってわけね。
最後は波子の復讐勝ちってことですか?
あの引き出しに鍵もかけずに市子を家に入れるあたり・・・
この子はアホでんな。
一度痛い目を見てるくせに、甘すぎるわ。

で?そのあとあの引き出しを一度も確認してないんすか?
鍵もかけなかったんすか?
はぁ・・・もう・・・・

で、最後は安島も道連れになっちまって・・・
小賢しい小娘にとっつかまったもんだね。
自業自得・・・かな?

さ、切り替えよう!次クールが楽しみだ!!



  ◇  ◇   「最終章〜私は諦めない!女帝の大逆転劇!!」    2017.09.07.     

長い・・・堕ちていくとこ、長すぎる・・
浮上のキッカケは最後の1シーンだけ・・・
共感できる、応援したくなるっていうキャラでもないから、
堕ちていく様を見せられても、はいはい・・・って気にしかならんのだよ。

この回は不要だったかも・・・って思いますね。

途中、妊娠しちゃうからー!
具合悪そうだからー!
それも織り込み済みなのか?って思ったけど、
流産しちゃったんで、縁起でもねー!って話なわけで・・・(汗)
どうぞご無事にご出産くださいね。
あ、一言老婆心で・・・
「プロ意識のあるとこが好きになった」ってカレは言ってましたけど、
プロ意識のある人は、次の仕事が決まってるのに妊娠しないんじゃね?って思いますよ。(汗)
あ、余計なこと言っちゃった!BBAなんですんませーん!!

さて、最終回。
どんな切り札を手に入れたのやら・・・
まだ手に入れてもいないのに、「このクラブのママになる者です」って行っちゃうとこ・・
そこだぞ!皮算用で動くとこだぞ、悪いとこは!!
こーいうとこだよねぇ・・・好きになれないわ・・・・

もっと頭良く動けばいいのにねぇ・・・
あ、これも相手を刺激する手・・・なんですかな?(汗)



  ◇  ◇   「奪われた手帖!!身代金は3億」    2017.08.24.             

どうして??どうしてこうなるの???っていう元子が描かれてましたけど・・・
え?そうなるっしょ・・・っていう前フリでしたやん。(笑)

だってさ、手元に三億あるなら・・・あの契約はわかるよ?
これから、アレ売って、コレも売って、その結果三億になるからぁ・・・って皮算用で動いてるんでしょ?
そんなん、裏社会のドンがちょこっと動けば、ちょちょい!ってダメになるって、わからんの?
そこまでオバカさんだとは思わなかったわ。
だからオコチャマはダメなのよ・・・って言いたくなっちゃうじゃん!!

で?最後は、カルネまで波子に乗っ取られ・・・っていう。
登り詰めた女、堕ちる・・・っていう話なわけですね。
さぁ、ここからどう這い上がる?取り戻す??って話で盛り上がりたいんだろうけど、
堕ち方があまりに無様で、ワクワクできないわー!!(汗)



  ◇  ◇   「女の敵は女!3億円の土地売買巡る戦い」    2017.08.17.       

うまいこと橋田から金をいただいた元子だけど・・・
3億の銀座一の店を手に入れるために、
危険な存在・長谷川と取引を始めてしまいましたなぁ・・・
それが心配で仕方ない安島・・・ってわけです。

ま、一度痛い目を見ないとわからんのでね、この女は。
そういう展開になっていくべき・・・なんですけどな。

いやはや・・・なかなか武井咲ちゃんも堂に入ってきてはいるけど・・・
全体的な軽さは消えないねぇ・・・
好みの問題なんだけどね・・・。



  ◇  ◇   「VS強欲な学園理事長!銀座No.1クラブの頂上へ・・・!!」    2017.08.10.    

汚いなぁ・・・
どこまでも自分を守って・・ってスタンス。
でも・・・それって危険だよね・・・?

今回はお金が動く話。
私は壊滅的に数字に弱いので、
2億だけど、1億5千万で5千万を・・で2億戻って・・・とか、
かー!もう、聞いてて「やめてー!」って感じで。(笑)
この程度で頭が拒絶反応を起こすなんて・・・マジ終わってるな、あたい。(涙)

で、いろいろ動く金・2億を奪ってやる・・・って考える元子だけど、
何の代償もなく手に入れようとしておるのですよ、この強欲女は。
どうしても元子を抱きたい橋田理事長に、
新人ホステスをあてがうという暴挙に!
いやぁ・・・あの新人ホステス・すみ江さん・・・・納得してる・・・?
「お金に困ってる」っていうとこだけ見て、金さえ渡せばって思ってない?

のちに痛い目をみないといいけど・・・

あと・・・安島のこと・・・一応話を進めておりますが・・
これ、個人的価値観なんですけど・・・
「あんなキレイな奥さん」・・って設定で江口のり子さん・・・って・・・
どうしてもスルーできなかった・・(汗)
うん、これはあくまで個人的価値観でございますですが。(笑)



  ◇  ◇   「悪女炎上 次の獲物は3億円!!」     2017.08.03.         

慣れてきたのは、見てるほうも演じてるほうも・・・でしょうか。
武井咲ちゃんの「ママ」っぷり、ちょっと板についてきた・・・かな?


あんな風に陥れた波子ですもの、簡単にあきらめてはくれない・・・でしょう。
そして、その波子、元子が金を手に入れた理由を知りたくて、
銀行の村井に会いに行っちゃいまして。
左遷された、給料減った、人生めちゃくちゃにされた!と、憤りまくる村井。
こりゃなかなか手ごわい敵になっちゃいそうねぇ・・・
警察に行かれて困るのはお互い様で・・・
どう決着がつくのかしらね?

銀座で一番のクラブが売りに出されるとのこと・・・
3億だとすると、あと2億足りない・・・
で、元子が目を付けたのは、橋田でした・・
この人は楢林ほど簡単ではなさそうよ・・・?
お手並み拝見・・・・ですね。




  ◇  ◇   「愛より金 2億円を賭けて・・・銀座の女仁義なき戦い!!」  
                                  69分SP     2017.07.27.    

波子を「カルネ」に引き込んだのはいいけど・・・
あれじゃ、銀座のクラブの格が落ちるでしょうに・・・
あーいう子を管理できないって時点で、ママの素質に問題があるっていうか・・・(汗)

で、楢林を誑かして、カルネの上に店を構えることになった波子。
この時点で、楢林の男としての格も下がるっていうかね・・・(汗)
見過ごせない・・ということで、元子は原口の愛人・中岡に目をつけて・・ってわけだ。
うん、まぁ、予想通りの展開ではあるんだけど・・・

やっぱりねぇ・・・なんだろうねぇ・・・・陳腐に感じるんだよねぇ・・・
予定調和で、だからこそ安心してみてられるってのはあるんだけど、
うーん・・・面白味としてはどうなんだろうなぁ・・・

様子見状態、まだまだ続く・・ってとこでしょうかね?



  ◇  ◇   「1億8千万横領!?銀座の女帝誕生へ」   初回69分SP     2017.07.20.    

米倉涼子主演のドラマが未だに記憶に残ってますので・・・
お話としては新鮮味もあったもんじゃない。(汗)
イマドキのネタ(SNS問題)なんかを入れてきてはいるけど、
漂う雰囲気は昭和臭い・・・(笑)


でも、武井咲ちゃんは、ギュッと絞って、雰囲気を大人に近づけてきてはいましたね。
まぁ、努力は認めたいところですが・・・・
脇役・・・年齢が違い過ぎません??
唯一、波子が若いけど、安島役の江口さんとは全然合わないっていうか・・・
違和感しか感じない・・・
年齢設定としては、江口さんが正解で、咲ちゃんが若すぎるんだよね。
やっぱ、そこがネックになってくるよねぇ・・・諸々・・・。


頑張ってるのはわかるし、力が入ってるのもわかるんだけど・・・
やっぱ、難しいかなあ・・・いろいろ・・・。
とりあえず様子見・・・かな?




★ STORY ★ 2004年に所属事務所先輩の米倉涼子(41)が主演して以来13年ぶりの連ドラ化。