木曜11:59〜    日本テレビ       
 脚本:佐藤友治    演出:大谷太郎ほか     P:柿本幸一ほか
 主題歌・・・ 「闇に咲く花」 SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン


◆ 出演者 ◆
今宮沙織 木村多江 人気週刊誌「週刊星流」 契約ライター
福島勲 佐藤二朗 人気週刊誌「週刊星流」 編集長
天満龍二 平山浩行 人気週刊誌「週刊星流」 編集部デスク
高槻裕也 堀井新太 圭吾の元秘書
芦原咲良 岡崎真也 新入社員で沙織のパートナー
寺田圭吾 高橋光臣 沙織の夫 若手政治家のホープだった
城田純一 DAIGO 便利屋
糸賀朱里 鈴木砂羽 カウンセラー
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「暴かれる復讐の真相!」   最終回    2017.12.07.       

朱里の復讐の根深さはすごいね・・・
確かにきっかけは沙織がつくったのかもしれんけどさ・・・
やるせない怒りや恨みをぶつける先が沙織しかなかったのかもしれんけどさ・・・
だからってやりすぎっすよ・・・(汗)

やることやって死んで・・・勝手な女でしたわ。
遺された沙織と悠斗・・・
悠斗がいろんな真実を知る日が怖いよ・・・
今はネット上に情報が残っちゃってるからねぇ・・・
はぁ・・・

編集長、生きてたんだね。
復讐が復讐を・・・かと思ったら、それはやめてくれたようです。

最後まで見ちゃいましたけど・・・
なんか、中途半端な部分もたくさんありますよね。
うーん・・・・



  ◇  ◇   「最終章!真の復讐とは」     2017.11.30.              

ひゃーっ!!!
まさかの・・・・ですわ。
一瞬、「沙粧妙子」を思い出したよ・・・・


福島への復讐が終わった・・・
これで終わり・・・
そんな沙織のもとに、福島がやってきました。
本当の「真相」を話に・・・

「星流」の売れ行き不振の時期に匿名の電話が・・・
寺田の汚職の情報・・・それに乗っかって記事にして大成功を収めた福島。
そこに匿名の電話が再び・・・
「あれ、全部ウソよ、嘘の記事を書いたのね!バラされたくなかったら・・」って言われたのさ。
そして、その後の寺田を追い詰めるねつ造記事の数々を生み出した・・・ってわけだ。
その電話の相手は、朱里・・と告げる福島。
これだけでも十分ショックなのに、
福島は沙織の目の前で飛び降りて死んだ・・
「よく見とけよ、お前が、オレを、殺したんだ」って言いながら・・・

ひゃーっ!すごい復讐だ!
復讐には復讐を、そしてその復讐には、この復讐を・・ってね。
連鎖っすよ、黒の連鎖・・・

茫然自失の沙織は、朱里の言葉を思い出す・・
全て終わったら戻ってこい・・・って言われてた・・・
で、朱里のところにいくと・・・
なんと、花で飾られた妹・綾子の遺体が・・・
う・う・うぇーっ!!!
ここまでやる???


メッセージには、「私のこと、思い出した?」と書いてあった・・
悠斗が人質に取られてる!
一体、25年前に何があったんすか?
そして、朱里の復讐の結末はどこなんでしょうか・・・
あぁ・・・ここまでやるとは思ってなかったんで、
もう、ガクガク・・ですわ。(汗)



  ◇  ◇   「ゲス編集長と最終対決」     2017.11.23.              

まぁね、自分が狙われてるって気づいてる・・・ってこと、
こっちだってわかってるわいっ!!な展開でしたね。
そこまでは読めなかったのかい、福島さん・・・

はぁ・・・でもさ、本当に憎たらしかったからさ、福島が。
もう、最後はスッキリしましたよ!!
でもねぇ・・
公共の電波に乗せての高笑い・・・
・・・心、病んでるんじゃね?って世間は思うよ・・・?
そこは泣いて同情を買ったほうが良かったと思うんだけど・・・

高笑いは放送後、トイレの中ででもおやりになったほうが・・・(汗)

さて、物語が最終章・・・かな?
いよいよ朱里先生の正体が明らかになるみたいです。
復讐のための復讐・・
どんな種明かしになるのでしょうかね・・。



  ◇  ◇   「ゲス不倫の重い代償」     2017.11.16.                

なるほどね・・・

朱里も復讐してるのか、沙織に・・・
学生時代に誰かが死んだ・・・その死に沙織がかかわってて、その件で復讐を・・てこと?
うーむ・・・
それで福島に協力してたわけか・・・ふぅ・・・

さて、ゲス不倫の代償・・ですか。
世間の目にさらされて、倒れてしまった綾子。
ふん、あっけなく倒れて、目が覚めないだ?
なんて都合のいいことですこと!

こうなると、放っておけなくなっちゃうよねぇ、沙織も・・・
甥っ子くんには罪がないだけに・・

そんな綾子や甥っ子くんにまで手を出そうとする福島。
沙織は福島をとことん追いつめるまであきらめないと決めたようです・・・
そう決断させたのは、朱里の誘導なんだけどね・・・
おー、怖っ!


そうそう、高槻は城田ともみあって転落させちゃったみたいね。
沙織を守ろうとして・・・ってことだろうけど・・
高槻は圭吾のゲス不倫を知ってたわけか・・・
沙織への想い、圭吾への罪悪感を抱えて沙織に協力してたわけね・・
うむむ・・・

一方で天満は芦原と力を合わせて動き始めたようです。
でも福島は大きすぎる敵・・・
追いつめられるのかなぁ・・・?(汗)



  ◇  ◇   「亡き夫が妹と不倫!?」     2017.11.09.               

あー!腹が立つ!!
妹・綾子の言い分、聞いてられん!
は?「お姉ちゃんが私の初恋の人を奪った」だ?
え?いつ、圭吾があなたのものでしたっけ?

そもそも、お姉ちゃんの恋人でしたよ?
お姉ちゃんがアンタの家庭教師に・・って連れてきたってことは、
それなりに信頼し合ってる関係だから・・・でしょ?
ただの友達をアンタの家庭教師にしたとでも?
ってか、二人の関係に気づかないアンタも悪いやん。

で?二人が結婚するって知って、騙された!ってか?
幸せそうな二人を見つつ、嫉妬しながら生きてたら、
圭吾がスキャンダルに巻き込まれて、妊娠中の姉がマスコミ攻勢から避難してる隙に、
弱った圭吾の世話をして、「私が必要とされてる!愛されてる!」ってか?
どんだけアホやねん。
弱ったときにそばにいた女にふらっと・・なんて、ありがちな話やん。
愛してるわけないやん、愛されてるわけないやーん!!

で?そのときに子供ができたのは、愛されてる証拠だと?
そのあとショックで流産しちゃった姉は愛されてなかったとでも?
なんちゅー理論や。

アホか。
平気な顔して子供産んで、弱ってる姉に一緒に住もうって施しをかけて、
優越感に浸ってたんか。
最低の妹やな!
イマミーよ、そんなに苦しまなくていいよ。
アンタは悪くない。
憎いのはこの妹だよ!!
・・ただね・・・生まれてきた甥っ子くんには罪はないんだよねぇ・・・(涙)

そして「星流」をクビになっちゃった天満くん。
城田の転落現場にいたらしい高槻くん。
この二人は今後、どうなるんでしょうか・・
福島の野郎に何とか一矢報いたいよね!!

そして・・・もめてる姉妹を見てほくそ笑んでた朱里・・・
やっぱ、この女が全部裏で動いてるよね・・・?

福島が持ってた、圭吾の「浮気の告白」の動画・・・
あれって、朱里に対して告白した映像なんじゃないの・・?
何のためにこんなことしてるんだろ、この女・・・
この女も何かの復讐にとりつかれてるのか・・・?



  ◇  ◇   「黒幕はねつ造編集長!」     2017.11.02.               

クーッ!!憎たらしいヤツだーっ!
その憎たらしさ、見事に演じてるよ、佐藤さーん!!


編集長が黒幕だと知った沙織・・・
そして天満も、「ねつ造して書いた」ってことを今、福島から聞かされたのよね。
「お前もかかわってるんだ、お前も大変なことになる」って言われて、
ちょっと考えちゃうとこもあったようだけど・・・

最新号の記事を、福島の悪事を暴いた記事にすりかえてくれました・・・
なのに・・・・発売された最新号を見たら!!
さらなる夫の悪い記事が・・・
なんと、沙織の妹との不倫!

なんで・・・?差し替えたはずなのに・・・?って戸惑う天満。
でも、沙織はそれよりも「え・・・?妹の綾子が・・・?」ってなもんで。

わちゃー・・なんて話なんだい・・・
まさか、あの甥っ子くん、夫の子・・・?
そりゃないか!
・・・ないって信じたい・・・(涙)



  ◇  ◇   「美人社長とゲス美少年」     2017.10.26.               

まぁね、三人目への復讐が終わって、はい、終わり・・・じゃないわな。
ドラマが続きませんから。(汗)

女社長の飼ってる美少年に撮られた写真・・・
へぇ・・そんな素敵な小物があるのねぇ・・・
是非芸能人にオススメ・・・(笑)

訴えられる心配はなく、女社長への復讐を加速した沙織だけど・・・
「もうやめてほしい」っていう高槻の手助けはなくなり、
城田からは脅されてしまっていて、万事休す・・・かと思ったら!

なんと・・・朱里の手助けで女社長の悪事を暴くのに成功・・・
この朱里って女、何がしたいのかねぇ・・・?
自分の復讐を沙織にさせてるのか・・?
沙織へのゆがんだ思いがあるんでしょうかねぇ・・・?
妹も何か隠してるみたいだし・・

さて、三人への復讐が終わり・・
さぁ、愛する旦那が待ってるんでしょ?行くのかな?って思ったら・・
「あたし、どうしたらいい・・・?」って墓前で聞いてたよ。
なーんだ、迷ってんじゃん。
迷うことなく後を追うのかと思ってたよ。(汗)


そんな沙織のもとに女社長が・・・
「黒幕知らないの?編集長だよ!」って教えてくれまして。
また「生きる意味」を見つけちゃった沙織。
さぁ、次なる相手は編集長・・・
とりあえず城田の要求には応えておくか・・・とお金を持っていく途中・・
なんと、城田が屋上から落ちてきた!
・・・天満・・・が?

あらら、ちょっと展開が動いてきたので面白くなってきた・・のか?
次回も見てみるとしよう・・・。



  ◇  ◇   「美人社長とゲス美少年」     2017.10.19.               

三人にリベンジしたら、このお話は終わってしまうわけで・・・
簡単に終わるとは思ってなかったけどね・・・
ってか、今までがうまく行き過ぎたんだよ・・っていうね。(汗)

女社長が美少年を飼ってるってことで、この少年から証言を・・って考えたけど、
「飼われてる」ってことに満足してる側にとっては、沙織は邪魔者だもんなぁ・・・
そうなるわな・・・っていう。
ただじゃおかん!っていう終わりだったけど・・大丈夫かねぇ・・?

この女社長も裏で結構なことをしてるみたいだから、
暴いておやんなさい!って気はしなくもないけど・・
次回で決着か・・?

カウンセラーがますます怪しい・・・のと、
便利屋が沙織を脅迫してきましたね。



  ◇  ◇   「ゲス女優の炎上結婚式」     2017.10.12.               

芹那が結婚・・・っていっても、日本中がお祝いムードにはならんだろ・・・って、
ちょっと引っかかった。(笑)


さて、次なるターゲット。
今回は女の裏に潜む心情を動かして・・・でしたね。
うまいこといきました。

で・・・早速城田が沙織の素性を知ることになってましたけど・・・
となると、天満も知ることになるわけで。
どうなるんでしょうか。

・・・と、先が気になる風に書いてますけど・・・
うむむ、次回を見るかはちょっと怪しい雰囲気でやんす。(汗)
面白味が感じられないんだもん・・・




  ◇  ◇        2017.10.05.                              

ハメられて失脚した若手政治家・・・
うん、可哀想だよ、可哀想だけど・・・
「オレ、ハメられたんだ!この三人がオレをハメたんだ!
でも心配いらない、何も怖くない、これで苦しみから解放される、
愛してる・・・全てが終わったら、君もおいで・・・、先に行って待ってるから・・・」

で、マンションの部屋から飛び降りてしまう衝撃音入りの動画・・
こんな遺言テープ、遺して死にます??
奥さんのお腹の中にはまもなく生まれる子がいるのに?
こんなショッキングなことを言い残して死ぬ?
しかも、「君もおいで、先に行って待ってる」??
こらこら、待つなっつーの、促すなっつーの!
こんな夫、イヤやーっ!!!


そんな印象から始まりました、今作。
もう、冒頭でドン引きっすよ。
夫も生まれるはずだった子も失って茫然自失の彼女のもとに、
匿名の人物から届いたUSBメモリの中の動画・・・
コレを見て、彼女は復讐の鬼と化す!!っていうお話なんだけど・・
なんか、もう初期設定が受け入れがたいわ・・・
最悪。(汗)


名前を変え、夫を追い込んだ週刊誌の記者となった沙織。
数々のスクープをもってきて信頼を勝ち得たあと、復讐に乗り出した・・
夫の盟友だった塚本という男の不倫を暴いて、夫と同じ目にあわせる・・ってことだったけど・・・
ちょっと納得いかないのよねぇ・・・
政治家の妻がさ、愛人ごときでこんな風に動く?
夫のことはさておき、自分や子のことを考えると、あんな風に事実を暴くほうに動くかなぁ・・・?
しかも週刊誌の記者の口車に乗って・・・
ありえないと思うんだけど・・・
政治家の妻はもっと利口っしょ。(汗)

ま、そんなこんなで塚本を追い込むことに成功したわけですが・・・
あんな風に正体を明かしていいのかね?
「してやったり」って言いたいのはわかるけどさ・・
これもなんか納得いかん。(汗)

あと・・亡き夫の元秘書の男性・・・何者?
沙織に情報を提供してくれてるみたいだけど、どんなチカラを持ってるんすかね?(汗)
それと、沙織のカウンセラーも怪しいね。
あのUSBを送ってきたのはコイツかね?

あの動画にもなにか裏がありそうな気がするし・・
まだまだ真実が眠ってるようですね・・・
なのに、復讐に憑りつかれて動かされてる気がするのよね、沙織は・・・
後々、苦しむことにならないといいけど・・(汗)
ま、ないことをでっち上げて記事にしてるわけじゃないから、いいんだけどね・・・

ってことで、もろもろ納得いかんところもありますが、
次回も観てみる・・、様子見・・・ですね。
復讐相手が三人ってことで、数的には足りないのでどんなふうに膨らませるのか気になるし。




★ STORY ★ 木村が演じるのは敏腕記者の沙織。有望な政治家だった夫が身に覚えのないスキャンダルがもとで自殺し、関わった人間を陥れることに執念を燃やす。