木曜11:59〜    日本テレビ       
 脚本:佐藤友治    演出:大谷太郎ほか     P:柿本幸一ほか
 主題歌・・・ 「闇に咲く花」 SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン


◆ 出演者 ◆
今宮沙織 木村多江 人気週刊誌「週刊星流」 契約ライター
福島勲 佐藤二朗 人気週刊誌「週刊星流」 編集長
天満龍二 平山浩行 人気週刊誌「週刊星流」 編集部デスク
高槻裕也 堀井新太 圭吾の元秘書
芦原咲良 岡崎真也 新入社員で沙織のパートナー
寺田圭吾 高橋光臣 沙織の夫 若手政治家のホープだった
城田純一 DAIGO 便利屋
糸賀朱里 鈴木砂羽 カウンセラー
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「ゲス女優の炎上結婚式」     2017.10.12.               

芹那が結婚・・・っていっても、日本中がお祝いムードにはならんだろ・・・って、
ちょっと引っかかった。(笑)


さて、次なるターゲット。
今回は女の裏に潜む心情を動かして・・・でしたね。
うまいこといきました。

で・・・早速城田が沙織の素性を知ることになってましたけど・・・
となると、天満も知ることになるわけで。
どうなるんでしょうか。

・・・と、先が気になる風に書いてますけど・・・
うむむ、次回を見るかはちょっと怪しい雰囲気でやんす。(汗)
面白味が感じられないんだもん・・・




  ◇  ◇        2017.10.05.                              

ハメられて失脚した若手政治家・・・
うん、可哀想だよ、可哀想だけど・・・
「オレ、ハメられたんだ!この三人がオレをハメたんだ!
でも心配いらない、何も怖くない、これで苦しみから解放される、
愛してる・・・全てが終わったら、君もおいで・・・、先に行って待ってるから・・・」

で、マンションの部屋から飛び降りてしまう衝撃音入りの動画・・
こんな遺言テープ、遺して死にます??
奥さんのお腹の中にはまもなく生まれる子がいるのに?
こんなショッキングなことを言い残して死ぬ?
しかも、「君もおいで、先に行って待ってる」??
こらこら、待つなっつーの、促すなっつーの!
こんな夫、イヤやーっ!!!


そんな印象から始まりました、今作。
もう、冒頭でドン引きっすよ。
夫も生まれるはずだった子も失って茫然自失の彼女のもとに、
匿名の人物から届いたUSBメモリの中の動画・・・
コレを見て、彼女は復讐の鬼と化す!!っていうお話なんだけど・・
なんか、もう初期設定が受け入れがたいわ・・・
最悪。(汗)


名前を変え、夫を追い込んだ週刊誌の記者となった沙織。
数々のスクープをもってきて信頼を勝ち得たあと、復讐に乗り出した・・
夫の盟友だった塚本という男の不倫を暴いて、夫と同じ目にあわせる・・ってことだったけど・・・
ちょっと納得いかないのよねぇ・・・
政治家の妻がさ、愛人ごときでこんな風に動く?
夫のことはさておき、自分や子のことを考えると、あんな風に事実を暴くほうに動くかなぁ・・・?
しかも週刊誌の記者の口車に乗って・・・
ありえないと思うんだけど・・・
政治家の妻はもっと利口っしょ。(汗)

ま、そんなこんなで塚本を追い込むことに成功したわけですが・・・
あんな風に正体を明かしていいのかね?
「してやったり」って言いたいのはわかるけどさ・・
これもなんか納得いかん。(汗)

あと・・亡き夫の元秘書の男性・・・何者?
沙織に情報を提供してくれてるみたいだけど、どんなチカラを持ってるんすかね?(汗)
それと、沙織のカウンセラーも怪しいね。
あのUSBを送ってきたのはコイツかね?

あの動画にもなにか裏がありそうな気がするし・・
まだまだ真実が眠ってるようですね・・・
なのに、復讐に憑りつかれて動かされてる気がするのよね、沙織は・・・
後々、苦しむことにならないといいけど・・(汗)
ま、ないことをでっち上げて記事にしてるわけじゃないから、いいんだけどね・・・

ってことで、もろもろ納得いかんところもありますが、
次回も観てみる・・、様子見・・・ですね。
復讐相手が三人ってことで、数的には足りないのでどんなふうに膨らませるのか気になるし。




★ STORY ★ 木村が演じるのは敏腕記者の沙織。有望な政治家だった夫が身に覚えのないスキャンダルがもとで自殺し、関わった人間を陥れることに執念を燃やす。