金曜10時〜    TBS       
 脚本:山本むつみ    演出:土井裕泰     P:峠田浩
 主題歌・・・ 「奇蹟 Uru

原作

◆ 出演者 ◆
鴻鳥サクラ 綾野剛 産婦人科医
下屋加江 松岡茉優 産婦人科医
小松留美子 吉田羊 助産師
白川領 坂口健太郎 新生児科医
赤西吾郎 宮沢氷魚 研修医
大澤政信 浅野和之 院長
向井祥子 江口のり子 ソーシャルワーカー
四宮春樹 星野源 産婦人科医
今橋貴之 大森南朋 新生児科部長
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「命についてすべてのこと」   初回69分SP    2017.10.13.          
番組内サブタイトル ・・・ 「赤ちゃんは未来 生まれること、そして生きること」

おかえりなさい、コウノドリ・・・ですね。
前作のドラマが終わってすぐに続編のお話はあったそうで、
そのせいか、みなさんずっと「コウノドリ」の世界を持って成長したんだな・・・ってのが
わかるような気がしましたね。


さて、いきなり島のお医者さんになってたサクラ。
え・・・?と思ったら、島の先輩のお手伝いに行ってたらしい。
・・・気晴らし・・・とか言ってたし、何やら意味深な手紙を読んでたので・・・
何か辛い出来事でもあったのかな?

後に明らかになるでしょう・・・

今回は二人の妊婦さんのお話でしたね。
一人はキャリアウーマンで胎児に心房中隔欠損が見つかった女性。
そしてもう一人は両親ともに聴覚障害のある女性・・・
正直、二人とも聴こえないとなると、かなり不安だろうなぁ・・・って思う。
自分が親なら、心配過ぎて反対しちゃうかも…って思っちゃう。
だけど、産みたい、欲しいって思って授かった子だもん、
人の手を借りて、頑張って行ってほしいな・・・って思います。
・・・ただ・・・最後の車のクラクションシーンとか見てると、
「赤ちゃんが教えてくれたんだね・・」なんて微笑ましい出来事としてではなく、
本当に大丈夫かね・・・?って不安の方を感じてしまったんだけど・・・(汗)

今後も出てくるのかな?

そしてもう一人のキャリアウーマンさん。
ダンナの「大丈夫だよ、オレも手伝う」っていう発言には最初からピキッ!ってきたわ。
手伝うってなんやねん、なんでちょっと引いたとこから偉そうに言ってんねん、
アンタの子じゃろがいっ!!ってね。

しかも奥さんも仕事を持ってる夫婦なら、二人でちゃんとやっていかないとダメでしょうに!
最初の気持ちの持ち方からして間違ってるダンナだもん・・・
この先心配やわ・・・
VSDよりもそっちが心配やっちゅーの。
・・この人も今後出てくるんでしょうね。

次回は子宮頸がんの妊婦さん・・・
こりゃまたハードなお話ですわい・・・(涙)

さて、新メンバーは研修医の赤西。
「産科医になるつもりはないんで」って最初にキッパリ言われると、
可愛がれる自信がないわ、私なら。(汗)
場に馴染む努力をせんかい、チームワークだぞ、医療は!!


ってことで・・・初回から安定のクオリティでしたね。
次回からもしっかりと見ていきたいと思います。
あと・・・一言だけ言うとするなら・・下屋、髪を結べ!
そのサラサラヘアー・・・なんかムカつくねん!
小松のおだんごを見習いなさい!(笑)




★ STORY ★ 2015年10月期に放送された前作から2年後を舞台にした新シリーズ。