土曜9時〜    NHK         
 脚本:大森寿美男     演出:加藤拓      P:海辺潔
ムック
原作
原作
原作
原作
◆ 出演者 ◆
バルサ 綾瀬はるか 短槍使いの女用心棒
チャグム 板垣瑞生 新ヨゴ国 第二皇子
タンダ 東出昌大 薬草師
トロガイ 高島礼子 呪術師
カグロ 渡辺いっけい カンバル王国の王の槍 ジグロの兄
カーム 降谷建志 カグロの息子
ユーカ 花總まり バルサの叔母
トト 米良美一 全牧童の最長老
ラルーグ 武田鉄矢 ヨンサ氏族 元氏族長
アスラ 鈴木梨央 タルの民の少女
チキサ 福山康平 タルの民 アスラの兄
イーハン ディーン・フジオカ ロタ国王ヨーサムの弟
スーアン 品川徹 ロタ王国の南部を束ねる大領主
ラウル 高良健吾 タルシュ帝国の第二王子
ヒュウゴ 鈴木亮平 タルシュ帝国の密偵
クールズ 小市慢太郎 タルシュ帝国の宰相
藤原竜也 新ヨゴ国 君主
二ノ妃 木村文乃 新ヨゴ国 第二王妃 チャグムの母
トーサ 伊武雅刀 新ヨゴ国の海軍大提督 二ノ妃の父
聖導師 鹿賀丈史 星読博士の最高位
シュガ 林遣都 星読博士
ガカイ 吹越満 星読博士 シュガの兄弟子
モン 神尾佑 狩人のリーダー
ジン 松田悟志 狩人一の強者
マーサ 渡辺えり 四路街で衣装店を営む女主人
トウノ 岩崎う大 マーサの息子
ログサム 中村獅童 カンバル王国の君主
ジグロ 吉川晃司 短槍の達人 バルサの育ての親
◆ レビュー ◆
  ◇ 第回 ◇   「ルイシャ贈り」     2017.12.09.                   

叔母・ユーカとの再会・・・
バルサは死んでるって兄から聞かされてたユーカは最初は信じないものの、
思い出話で確信し、抱き合うのよね・・・
兄も、姪も、愛しいジグロも失ったユーカだっただけに、
まさにバルサを話は青天の霹靂でしょうな・・・

しかし、追っ手・カグロがやってきた・・・
バルサはヨンサ族のラルーグにチャグムを託し、
一人捕まってログサムと対面することに・・・
チャグムの言い分をしっかり聞いてほしいっていう条件を出すも、
ログサムジグロの死の真相について問いただすのさ・・・
カグロは本当にジグロをやっつけたのか・・・ってね。
ここで本当のことをいうとカグロの立場がないし、ジグロが負けたって認めるのも悔しいし・・
でも、バルサは賢明な判断をするでしょうな・・・


ラルーグは、トトにチャグムを託す。
山の王の扉が開いてるらしい・・・
ログサムは山の王との取引について横暴な態度にでるはず・・・・
さぁ、どうなっちゃうんでしょうかね・・・。



  ◇ 第回 ◇   「カンバルの闇」     2017.12.02.                   
番組内サブタイトル ・・・ 「カンバルの闇」

なぜ、ジグロとバルサは追われていたのか・・・
それを丁寧に一話かけて描いてくれてましたね。
・・ここにきてようやく・・・・な気もするけど。(汗)
だって、原作だと、「闇の守り人」は、第2弾なので、早めに説明されてたもん。

バルサの父はカンバル王の主治医で、病がちな王のために献身的に働いていたものの、
王の弟・ログサムは兄を亡きものにしろとバルサの父に命じたのよ。
暗にバルサの命を握ってる・・・と言って・・・(涙)
そして父は王に毒を盛り続けた・・・結果、死んでしまった王・・
子を宿した妃もおそらくログサムに殺され、
バルサの父は、自分もバルサも命がないかも!て思って、
親友のジグロにバルサの命を預けた・・・ってわけだ。
悲しい逃亡の始まりです・・・

家族も仕事もすべてを捨ててバルサのために生きてくれたジグロ、
そのジグロは、バルサと叔母と気持ちを通わせていたみたい・・・?
ジグロが故郷を裏切って逃げたあと、叔母さんはどうやって生きていたんだろう・・?
次回はその叔母との再会ですね・・・

カンバル王国は、山の恵みを糧に生きている国だった・・
この「山の王」に戦いを挑もうとしているログサム・・・
そんなことをしたら・・・どうなりますやら・・・ですな。



  ◇ 第回 ◇   「女用心棒・バルサの新たな戦いが始まる」     2017.11.25.         
番組内サブタイトル ・・・ 「バルサ、故郷へ」

カグロ・・・・ユグロじゃなくて・・・?という戸惑いは、公式サイトににて解消いたしまして・・・
さぁ、バルサの最後の戦いが始まります!

シーズン2の終わりで、チャグムを連れて故郷へ向かう決意をしたバルサ。
父を殺され、養父であるジグロと逃亡する人生を歩むハメになった元凶・ログサム王に会うために・・
新ヨゴ国を想うチャグムのため・・です。
しかし、故郷は温かくは迎えてくれなかった・・・・と。

確かに、バルサの父の死の真相を知らない人たちからすると、
逃げた、追っ手も殺しまくった・・・じゃ、憎しみの対象になるよねぇ・・
遺された同じ氏族の人たちはさぞかし肩身の狭い思いをしてきたでしょう・・・
カームのぶつける怒りは当然のものだと思いました・・

さぁ、真相は明らかになるんでしょうか・・・?
原作では死んでるはずのログサム王が生きています。
このことがどう影響してくるのかな・・・?

しかし、今カンバル王国はそれどころじゃないんです。
「闇」との対峙が迫ってまして・・・
まずはこっちを描くのかな?
そして、 懐かしい人との再会が待っています・・
ちょっと泣いちゃうかもな・・・(涙)


そして一方、タルシュ王国に狙われてる新ヨゴ国。
なのに、「オレ、神なんで、頭下げるとか、ありえないんで!」っていうスタンスを変えない新ヨゴ国王。
こんな君主だから、聖導師がいろいろ動いちゃうんだよねぇ・・・(涙)
そして、タンダは、兄の頼みで戦の最前線に行くことになっちゃいます。
何があってもバルサを想っていきていたタンダだけど、それどころじゃないことに・・・だよね。
あの兄さんもさ、普段はタンダを変人扱いしてるくせにさ、
こういうときだけ「独り身のはぐれ者」を都合よく扱いやがる!
憎たらしいわ・・・
無事にバルサと会える日はくるのでしょうか・・・

あらすじを知ってる者からするとワクワクする初回でした。
・・・知らない人は情報過多であっぷあっぷかもしれないけど・・・(汗)




★ STORY ★ お尋ね者となった女用心棒バルサと、新ヨゴ国の皇太子となったチャグム。別れ別れとなったふたりの冒険が、再び始まる!