火曜10時〜    TBS       
 脚本:森下佳子    演出:平川雄一朗ほか     P:飯田和孝ほか
 主題歌・・・ 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN) MISIA


◆ 出演者 ◆
岩木亜希子 綾瀬はるか 大手金属会社 営業部長
宮本良一 竹野内豊 老舗金属会社 営業マン
麦田章 佐藤健 フーテンの青年
宮本みゆき 横溝菜帆 良一の娘
友井智善 川村陽介 麦田の友人 テレビ局AD
西条乙女 橋本真実 学童の職員
猪本寧々 真凛 良一の部下
宮本愛 奥山佳恵 宮本の亡き妻
田口朝正 浅利陽介 亜希子の部下
笠原廣之進 浅野和之 良一の上司
下山和子 麻生祐未 不動産会社社長
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「絶体絶命!夫が入院 夫婦で戦う大修羅場!!私、再就職します!?」
                                             2018.08.07.     

みゆきの目の前で倒れてしまった良一。
入院して治療開始することになるんだけど、みゆきには「骨折」ということにして、
何週間か、放射線治療を受けるんだけど・・・
いやぁ・・・どの人に気持ちもわかってさぁ・・
検査結果に落ち込んで、つい亜希子に当たってしまう良一の気持ちも、
自分は死んだ奥さんみたいに良一の世話はできないと落ち込む亜希子の気持ちも、
ママのことがあって病院には行きたくないけど、パパのことを思って「奇跡」を集めるみゆきの思いも・・・
どれもこれも、相手のことを思って・・・のことだもんなぁ・・・
そう、亜希子と良一、すでに気持ちがちゃんと通じ合って思い合ってるんだよね・・・

奇跡が、起こって・・・良一の治療の結果は良好。
このまま治るかも・・・って思い始める二人。
治ったとしても、ともに生きてほしいと伝える良一。
治ったら、「私は用なし」だと思ってた亜希子・・
もし治っても、二人、いやみゆきと三人で生きて行こう・・・
そんな思いを通い合わせたエンディングでしたけど・・・

うん、予告、なかったですね。
麦ちゃん、葬儀屋のバイトしてましたね?
これって・・・そういうことかな・・・
次回、かなぁ・・・・?(涙)

でも、そんな悲しいシーンはあっさりと、数年後にぶっ飛ぶ可能性大だよね。
このドラマなら、そうすると思います。

毎回泣かされてるんだよなぁ・・・
コミカルに作ってあるのに泣けてくるんだよ。
重たくなりすぎないように、コミカル要素を増やしてるんだけど、
全体的に漂う空気は、やっぱ泣かせるものなんだよなぁ・・・
いやぁ・・・
見てると泣いてキツイけど、やっぱりこのドラマ、好きだーっ!!



  ◇ 第話 ◇   「私達は契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡・・・夫が決めた愛の形!」
                                             2018.07.31.     

ううう・・・泣いてまったわ・・・(涙)

いきなりのド下ネタからはじまるんで、あわわ・・・って思いましたけど、(笑)
ほんと、真面目な顔して何を提案してるんだか。
でも、何をやらかすか、笑って見てる良一さん・・・お人が悪い。(笑)

さて、みゆきがお友達との会話の中で、「ウチの両親、偽装結婚なんじゃね?」と思いはじめ・・という始まり。
うむ、確かに不自然なとこ、いっぱい。(汗)
何とか切り抜けようとした亜希子だけど・・・
なれそめを聞かれて猶予をいただいておりました。
・・亡くなった奥様を忘れ、私を好きになった・・・という展開は、ダメなのでは?って提案しちゃうあたり、
ほんと、マジメすぎるよな・・・(汗)

みゆきが林間学校に行ってる間、その話を考えよう・・・ってことになったんだけど・・・
スゲー弁当だったね!
まさか、株価チャート弁当なんて・・
斬新すぎて大笑いしてもーた!(笑)

あの先生のフォローがなかったら・・・・どえらいお怒りをいただいたことでしょう、亜希子さん・・・(汗)

おデブで意地悪なヒロキくん、みゆきのことを気にかけてくれてますけど、
何気にモテモテで・・・そんな恋バナのせいで、みゆきはもう偽装結婚のことなんてどーでもよくなってたんだけど
亜希子と良一は、二人きりのデートでいろいろ話をして、関係を深めておりました・・・
そして、視聴者にも、本当のなれそめ、良一の病気のことが明らかになりまして・・・

スキルス性の胃がんを患った良一は、親しい親戚もいない現状を考え、
娘を託せる人を・・・と亜希子に目を付けたらしい。
いやいや、ほかにいたでしょうよ・・・・、ってか、なんで亜希子・・・?って気はするけども。
亜希子も、偶然人恋しく思っていたときだったので、この提案をお受けしたらしい。
ただ、本当に真面目な人なので、軽々しく受けたわけではないでしょう。
命を亡くす良一とのリレー・・・
ちゃんとバトンを受け取って、みゆきを育てていく・・・
後悔しなように、みゆきが良かったって思えるように・・・

このあたりからもう、泣けてさ・・・
良一はきっと、自分の決断は間違ってなかった・・・って思いと、
こんな風に真剣に考えて向き合ってくれてる亜希子への想いが溢れてきたんだろうな・・・

ピンピンコロリで死んでいこうとしていたけど、
ちゃんと治療を受けてみよう・・・って考えを改めたみたいだからね・・・
具合が悪くなって、そんな姿を見せたくなくて、でも、やっぱりすがって・・・ってのがさ、
もう、二人がお互いをちゃんと必要としてるってのが伝わってきてさ・・・(涙)

だけど、その矢先・・・みゆきの目の前で倒れてしまった・・・
次回は治療する良一・・・ですかね。
なんか、こうやって時間をちゃんと三人で生きていけばいくほど、
別れの時が辛いだろうな・・・って思っちゃう。
みゆきは当然のこと、きっと亜希子が自分が思ってるよりもっと良一を大切に思いはじめてるから・・・

はぁ・・辛いよ・・・・(涙)

で・・・麦ちゃん・・・・
やっぱりわからんな・・・
なんやかんやで、亜希子の周りで奇跡を起こし続けるヤツ・・・ってことか?
で、どうかかわってくるんだろ・・・
うーむ・・・



  ◇ 第話 ◇   「夫が私に解雇通告!?これが私の生きる道・・・PTAを全面廃止へ」
                                             2018.07.24.     

PTAね・・・
いつの時代も、何年経っても、この問題は解決しないもんですな・・・
いや、今の方が昔より厄介だろうね。
大変だ・・・

そんなPTAにたてついちゃった亜希子さん。
運動会を一人で仕切ることになっちゃって!
絶対無理や・・・と思ってたら、田口くんにヘルプを出してた!
夫の良一は夫婦だからいいけど・・・・うん、「一人」ではないな、この時点で・・・(笑)


それにしても、金属探知機・・・ですっけ?
あんなん、どこからレンタルしてきたんすか・・
あ、ハム会社に直接値段交渉できちゃう人だもの、それくらい簡単か!(笑)

結局、一人ではできなかった・・・
自発的に、亜希子に好意的な父兄が手伝ってくれて何とかなった・・・っていうオチ。
まぁ、終わりよければすべてよし・・・なんでしょうけど。
よく頑張りました!
ママ友もできたしね!

さて・・・良一・・・
やっぱり、「来年」が来ないくらいの病気みたいですな。
そして、亜希子はそれを承知・・のようです。
そのうえでの結婚・・・
良一は、娘を一人残して逝けないから・・っていうことだろうけど、
亜希子のメリットは何なんだろうね・・・?まだわからんわ・・・
次回、明らかになるのでしょうかね。


そして、麦ちゃん・・・
一体何者・・・?
全然宮本夫妻に関係がないみたいよね?
後に、良一亡きあとに出会う・・・ってことかしら?
じゃぁなんで、こんな風に小出しで出てきてるんだろ?
よくわからん。




  ◇ 第話 ◇   「最愛の娘の家出!?そして私は制服を脱ぐ」     2018.07.17.     

うん、やっぱり面白い。
ただ・・・麦ちゃん(勝手にそう呼ぶ)の立ち位置がやっぱりわからんね。
こんな風に毎回転職して、毎回何らかの形でかかわってくるのかな?


腹芸でみゆきの逆鱗に触れてもーた亜希子。
土下座戦法でなんとか乗り切りつつ、同居開始!!ってわけだ。
「家出してやる!」と意気込むみゆきだったけど、
会社を休んで、死んだママに何とか近づこうと努力する姿に、
ちょっと心動かされ・・・ってわけだ。
そして亜希子も、みゆきの笑顔に心を完全に奪われてまして、
会社を辞めるという決断!
後悔しない自信がある・・・なんて、すごい力強いお言葉!
頼りになるーっ!!
・・・良一的には、収入が・・・って連発してましたけどね。(笑)
ま、この先に訪れる展開を考えると、亜希子には仕事を続けてもらってるほうがいいんじゃ・・・?って思うけど・・(涙)

ママにちょっと似てる・・・とか、そんな人じゃないからこそ、
逆に受け入れやすい・・・のかもしれん、って思い始めてきたよ。
不器用ながらも頑張る大人の姿は、子供の目からしてもほほえましいのかもしれん。(笑)
徐々に距離が狭まってきてる二人が、本当に見てて楽しい。
だから・・・良一のことが気になるよね・・・

・・・ってか、良一と亜希子のなれそめ、まだ明らかになりません???
決して愛し合ってるとは思えないんだけど・・・?

仕事を辞めて義母になる亜希子にとってのメリットは何なんだろ・・・?




  ◇ 第話 ◇   「33才独身部長女子が突然の義母宣言!?私は貴女に就職します!!」  
                                            2018.07.10.       

原作は未読。
前知識はそんなに入れずに見てみました。
だけど、「義母と娘の」なんで、「父」は、そういうことなんだろう・・、ってことなんでしょう。

妻を三年前に亡くした宮本良一、
一人娘のみゆきと暮らしていたある日、急に義母候補の亜希子をみゆきに対面させる・・・という始まり。
え・・・・?この二人のなれそめとか、愛し合ってる感じとか・・・
全然描かれないんですけど、どういうこと・・・?って思っちゃう。

ま、そこには何か「理由」があるから・・・なんでしょうけどね。
後に描かれるでしょう・・・

「義母と娘の」なんで、初回はこの二人の関係構築が描かれました。
仕事では凄腕の亜希子だけど、相手が子供だとなかなか手を焼いていましたね。
何の説明もなく、急に「新しいお母さんだよ」って言われた子供ちゃんの方が可哀想で、
そっちに同情してしまったわ。
理由が明かされてないので、余計に・・・だったわね。

でも、真摯な姿勢でまっすぐぶつかった亜希子の行動で、
みゆきの気持ちもは少し動いたらしく、最後は「合格通知」を送ってくれました。
このシーンは、なんかちょっとジーンとしちゃったなぁ・・・
「御出家ください」には笑ったけど。


でもねぇ・・・そのあとが・・・(汗)
喜びの表し方がなかなかのクセの強さで。(汗)
あれやられたら、そりゃ恥ずかしくて、合格通知取り消し・・・ってのもあり得るかも。(涙)
ま、こんな不器用な義母ちゃんです、徐々に・・・・かな?

予告で良一のヒミツがちょこっと見えてましたね。
そういうことか・・・「契約結婚」ってことなのかな?
どっちにも「メリット」のある結婚らしいけど・・・
良一の抱えてることを知った上でのこの話なのかね、亜希子さん・・?
うむむ・・・気になります。

感情を素直に顔に出してくれるみゆきちゃんは可愛くもいじらしく、
不器用だけどまっすぐな亜希子も悪い人ではないと思うし、
個人的にはこのまま見ていきたいと思ってます。
ただ・・・タケルくんの存在はどう関わってくるのかな?
良一亡き後・・・ってことでしょうか?
義母と娘の10年を描く・・・ってことらしいので、長くかかわってくるんでしょうな。




★ STORY ★ バリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が8歳の娘を持つ男性・宮本良一と結婚。母親になろうと慣れない家事や育児に奔走する10年間と、義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語。