水曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本:輿水泰弘ほか    演出:橋本一ほか


◆ 出演者 ◆
杉下右京 水谷豊 特命係・警部
冠城亘 反町隆史 特命係・巡査
月本幸子 鈴木杏樹 花の里・二代目女将
伊丹憲一 川原和久 捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二 山中崇史 捜査一課 刑事・巡査部長
青木年男 浅利陽介 サイバーセキュリティー対策課 特別捜査官
角田六郎 山西惇 組織犯罪対策第五課 課長・警視
大河内春樹 神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
日下部彌彦 榎木孝明 法務事務次官
衣笠籐治 杉本哲太 警視庁 副総監
社美彌子 仲間由紀恵 警視庁 総務部 広報課長
鑓鞍兵衛 柄本明 国家公安委員長
甲斐峯秋 石坂浩二 警察庁長官官房付
◆ レビュー ◆
  ◇ 第話 ◇   「刑事一人」     2018.12.12.        
ゲスト ・・・ 敷島純大(井上肇)   敷島純次(藤原季節)

匂わしてるねぇ・・・
「サルウィン」・・
懐かしい人の顔・・・亀山でしょ?
神戸くんが次回出てくるし、
カイトもちょいちょい出てくるし・・・
なになに?オールスターで何か考えてます??
映画かなぁ・・・・?
気になるなぁ・・・
楽しみにしちゃっていいのかなぁ・・・?
・・・ないか!(笑)

さて・・・伊丹の危機!ってんで、全員団結!とな。
冠城の前職も上手いこと入れ込んできて、
キレイに作りましたよー!って感じでしたね。
まさかここで伊丹くんもいなくなっちゃうのか?ってヒヤヒヤしたけど、
良かったなぁ・・・


こっそり、調べを進める青木も使えましたし・・・
そろそろ、青木が「アンタたちに頼みたい!」って依頼して、
ちょっと距離が縮まる・・・みたいなネタがあってもいいかも?

まぁ、長居する気はないだろうから、仲良くなりたくもないんだろうけどね!(笑)



脚本:真野勝成    監督:権野元


  ◇ 第話 ◇   「微笑みの研究」     2018.12.05.        
ゲスト ・・・ 川村里美(佐津川愛美)   高野鞠子(冨樫真)    猪瀬(オクイシュージ) 

こういう、罪に問えない罪・・・がね、モヤモヤするんですよね・・・
やってやったぜ!と粋がるヤツに、公にできないくせに!!と突くところは確かに痛快ではあるけど・・

うむむ・・・

共感しちゃう・・・か。
大変だねぇ・・
自分だったら・・・って考えると、ほんと、生きてくのが大変そうで、無理やわ・・・(汗)



脚本:金井寛 監督:権野元


  ◇ 第話 ◇   「うさぎとかめ」     2018.11.28.        
ゲスト ・・・ ホームレス男性(山中崇)   谷川(関幸治)   杉原(松田賢二) 

カメに誘われて事件を発見・・・なんて、おとぎ話かっ!!(笑)
ま、それはさておき・・・

きな臭い話が絡んだネタでしたねぇ・・・
記憶喪失のフリをしたくなる気持ちもわからんではない。
ちゃんと見極めて、自分の罪さえも利用する・・・
うむ、最後はカメが勝つ・・・ですな。

追いかけるカメちゃんが、なんとも切ないエンディングでした・・・



脚本:森下直    監督:橋本一


  ◇ 第話 ◇   「ブラックパールの女」     2018.11.21.        
ゲスト ・・・ 遠峰小夜子(西田尚美)   連城(松尾諭) 

「のちに」繋がる話・・・なのかな?
冠城がひっかけられちゃう・・・って展開になるのかしら?
近づくと危険・・・ってわかってても近づいちゃう・・・
それが魔性の女・・・・ってことかね。
でも、イマイチ魔性感がなかった気がするんだけどね・・・(汗)

さて・・・ブラックパールかぁ・・・
それでもちょっと期待したよ、あたしゃ。
「のちに届いたよ、奥さん宛てのプレゼントだったんだね・・・」ってオチ。
なんだよ、ワイロかよっ!!
そんな高価なワイロ・・・
で?転職だって自分のため・・・でしょ?
転職することで妻に今までの恩返しを・・・とかならわかるけど、
結局自分のために動いてたわけじゃんか。
全面的ではないけど、妻を顧みなかった罰・・・って部分が大きいね・・・(汗)

それにしても・・・点検口・・・
ちゃんと閉めとこうぜ、奥さん・・・
甘いよ、どうせやるなら完璧に・・・だよ・・・。



脚本:山本むつみ    監督:権野元


  ◇ 第話 ◇   「計算違いな男」     2018.11.14.        
ゲスト ・・・ 星野亮(木村了)

右京さん・・・どんだけ記憶力がいいんすか・・・
そして、どんだけ頭いいんすか・・

化学式・・・私には悪い呪文にしか見えんぞ・・・(汗)

頭のいい人の、「人殺し計画」。
何度も失敗し続けたものの、成功したらしたで、後悔して自殺しようと・・・なんて、
ほんと、一人で空回りしてるだけでしたなぁ・・・

全体的にテイストが軽めだったので、見やすかったです。



脚本:根本ノンジ    監督:橋本一


  ◇ 第話 ◇   「バクハン」     2018.11.07.        
ゲスト ・・・ 源馬(中野英雄)   百田(長谷川公彦)   久我(崎本大海) 

見ごたえあったなー!!
映画一本見た気がしたよ。
久々に面白かったし・・・
何より、シャブ山シャブ子さんのインパクトよ!!(笑)
夢に出そうや・・・・(涙)


必要悪か・・・
それを許しておけないのが、右京さん・・・
角田さんだけでなく、冠城まで敵に回しても、正義を貫いておりまして・・・
ま、結果的に「救えた」部分は大きかったようですが・・・

でもね、いろんな根っこ、まだまだはびこってますし。(汗)
源馬の言葉から考えるに、もし右京さんに子供でもいたら・・・
何かしらの報復が・・・って心配になっちゃう。
怖い仕事だよぉ・・・
正義貫くって、怖いよぉ・・・(涙)



脚本:真野勝成    監督:橋本一


  ◇ 第話 ◇   「辞書の神様」     2018.10.31.        
ゲスト ・・・ 大鷹(森本レオ)  国島(森田順平)  中西茂(天野浩成)   和田利広(酒向芳) 

酒向さんが出てきた時点で、あぁ、この人かも・・・って思った。
「検察側の罪人」での印象が超ド級でしたからね・・・・

さて、通常回に戻り。。。
三人体制がどう稼働するかと思ったら・・・
あくまで青木の立ち位置は変わらないわけですね。
絡んでくるわけではない・・・と。
なんか、つまらん。(汗)
特命に来た意味、あるん??


辞書編纂にはとても興味がありまして、
私自身も辞書を読むのが大好きなので・・「千言万辞」欲しいっす。(笑)
面白いんだよねぇ・・、辞書って。
なんて思いつつ、見ておりました。

あんな風に変わった人でも、周りの人がついてきてくれて守ってくれる・・・
なんて幸せな人なんだろうね。
ま、好き嫌いは誰にでもどこにでも存在する・・・ってことで。

次回はなんと、角田さんとぶつかる???
いやーん、そこはほのぼのでお願いしたーい!!




脚本:神森万里江    監督:権野元


  ◇ 第話 ◇   「ボディ〜二重の罠」     2018.10.24.        
ゲスト ・・・ 三上冨貴江(とよた真帆)  鬼束鋼太郎(利重剛)  鬼束祥(谷村美月)  風間楓子(芦名星)

右京はそこまで読めていたんでしょうか。
離れを壊して、そのあとの面々の動きを見ていた・・・ってことでしょうか?
自分のクビをかけて?
うーん・・・

なんか怪しいな・・って思ってたら、やっぱデキてたんか、コイツら。
父の若きヨメと・・・
浮気してた妻・・・だし、どいつもこいつも・・だな。

まさかの、あの血がアライグマのものとは!
後出しな部分が多すぎて、「へぇ・・・」としか思えなかったわ。(汗)

何だか、甲斐さんがカイトくんを思い出しすぎ・・・だよね?
まさか、マジで戻ってきます??
もしそうなら、何も働かない第三の特命メンバーを追い出してからにしてください。(汗)
この2話、全然絡んでませんから。
何のためにいるのやら・・・



脚本:輿水泰弘    監督:橋本一


  ◇ 第話 ◇   「ボディ〜死体消失!!富豪一族の完全犯罪」  
                            初回84分SP     2018.10.17.     
ゲスト ・・・ 三上冨貴江(とよた真帆)  鬼束鋼太郎(利重剛)  鬼束祥(谷村美月)  風間楓子(芦名星)

始まりましたね。いよいよ。

さて・・・中途半端に一時間半延長だから、おかしいなって思ってたらー。
終わらんのかいっ!
次回に続くのかいっ!
次回も延長するんかいっ!

なんだそれー。

ま、途中から、こりゃ死体は見つからないな、、、って気がしてきて
あぁ、これ、今回で終わらない気だな、って気づいたんで、
後半は緊張感なしに見てましたけども。(汗)

とはいえ、鬼束家が面白かったので、見続けられましたけどね。
さぁ、ボディはどこにあるんでしょうか?
私は、縄文土器収集家が、凶器として使われた土偶(?)を棄てるはずがないので
それを右京さんは調べてるんじゃないか?って思うんだけど。
違うかな?


あとー、大木刑事役の志水さん。
とても痩せられてましたけど、
ちゃんとお声も聞けて、嬉しかったです。
ありがとうございました。お疲れ様でした。
ご冥福をお祈りします。

カイトくんを垣間見れて、ちょっと嬉しい初回でした!


脚本:輿水泰弘    監督:橋本一


★ STORY ★ 人気シリーズ17弾。異例の三人体制の特命係の始まり。