水曜10時〜    日本テレビ       
 脚本:野木亜紀子    演出:水田伸生ほか     P:西憲彦ほか 
 主題歌・・・ 「今夜このまま」 あいみょん


◆ 出演者 ◆
深海晶 新垣結衣 ツクモ・クリエイト・ジャパン 社員
根元恒星 松田龍平 会計士 税理士
花井京谷 田中圭 樫村地所 勤務 晶の恋人
長門朱里 黒木華 謎の女
上野発 犬飼貴丈 ツクモ・クリエイト・ジャパン 新入社員
松任谷夢子 伊藤沙莉 ツクモ・クリエイト・ジャパン 社員
佐久間久作 近藤公園 ツクモ・クリエイト・ジャパン チームリーダー
岡持三郎 一ノ瀬ワタル ラーメン屋店長
橘呉羽 菊地凛子 ブランドデザイナー
タクラマカン斉藤 松尾貴史 5tapの店長
九十九剣児 山内圭哉 ツクモ・クリエイト・ジャパン 社長
花井千春 田中美佐子 京谷の母
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「一緒にいよう!ラブかもしれない物語いよいよ完結・・・本当に大切な人に気づく日」
                                      最終回     2018.12.12.   

辞めんのかい、2日で戻るんかい!とツッコミかけましたが・・・・
辞めましたな。
ま、ともに「変わろう」とする人の存在も大きかったかな?
二人して無職・・・
資格も失った恒星のその後・・・心配すぎるんだが。(汗)

晶が辞めたとて、あの社長は変わらんのだろうな。
だけど、社員がちょっと変わったから・・
何か変わるのかな、この会社は・・・
晶が戻れば、その変化も元通りになっちゃうだろうから、
晶は戻らない・・・が正解なんだな。

さて・・・いろいろメンドーなんで総括しますかな。
野木亜紀子×新垣結衣・・・加えて松田龍平ってことで、
結構期待してしまったんだが・・・
ただただ胸にやるせなさが残る毎回でしたね。
週の真ん中・水曜日に、こんなドンヨリ、いただきたくないわけですよ。(汗)


そして、変わりたいけど変われない・・の、モジモジモヤモヤを延々・・・
うーむ、期待外れだったと言わざるを得ない。
最後は、二人で手をつなぎ・・・ってハッピーエンドだったけど、
その先の未来の光が見えないだけに・・
大丈夫かね?って不安もかなりあり・・・(涙)

ま、とはいえ、ほかのキャストも含め、
みんな笑顔で終われたのは何より・・・かな?
うん、そこだけはヨシとしますか!

ってことで・・・・。



  ◇  ◇   「ただの飲み友達?それとも?揺れる恋心・・・傷ついた彼女と彼がよりそう運命の一夜」
                                                2018.12.05.   

は――――――っ、ようやく言うてくれはったな・・・・
よう言うた。
そう、そしてそこで、いつも懐にしのばせてる退職届を、バシーン!やで!!!
・・・え・・・?
出しませんのん・・・・?

吠えた・・・だけ?
あぁ、そっか、その服には内ポケットがないから、そうね、上着のポッケから出すのね!
・・・出さんのんかーいっ!!
出す思たら、出さんのんかーいっ!!!
入っとらんのかーいっ!!!
帰ってまうんかーいっ!!

ふぅ・・・、言うだけ言って、言い負かされて帰ってきたんかい・・・
晶よ・・
自分のこと、わかってる?
アンタがいないと、あの会社、回りまへんで?
辞めたったらええねん、バチン!とかましたったらええねん!

なのに・・・すごすご謝って帰るて・・・
なんやねーん!!

ふぅ・・・・それにしても・・・朱里ちゃんよ、頑張ったやないか。
正直、あそこまでやるとは思ってなかったで?
オバチャン、ちょっと見直したで。
「また続かんかった・・・あたい、ダメ女や・・・」って落ち込まんでもええんよ?
アンタが悪いんやない、あの社長がおかしいねん。

晶ちゃんもさ、こうなること、予測できましたやん?
自信を失って会社を辞めて、復帰しようって頑張ってる子に、あの仕事はないやろ・・・?
可哀想やったわ・・・

辞めたらええねん!と言った社長・・・正直、内心ヒヤヒヤしてるんちゃう?
マジで深海が辞めたらどないしよ・・・って。
それに、あの言い争いを聞いた他の社員、マジでドン引きしてましたから・・・
この際、一気にストライキしてまえばええねん。
自分一人のチカラで何とかしてるとか思てる勘違い社長に鉄槌を!やで!

そのころ、恒星も・・・
不正書類を作るのはやめた!と相手に言うも、受け入れてもらえなかったようで・・
頑張って立ち向かえど、相手に屈してしまった者同士・・・
慰め合いの、一夜の・・・間違い??

さて、最終回。
なんとなーく、ずるずーる・・・と見てきたので、
きっと、ほんわかーと、なんじゃそれー・・な感じで終わると予想。

ま、それがこのドラマらしいと受け入れる覚悟で、来週も観ます。
・・・うーん、寛容!(笑)



  ◇  ◇   「新しい恋が動きだす!不器用な獣が今頃気づく恋心」     2018.11.28.   

人がいい・・・だけでは済まんと思うわけ、晶の場合。
厄介事を自ら受け入れてますよね?
放っておけない性格なんでしょう・・・・わかりますけど・・・
あんな厄介な女・・・受け入れてどうすんだよ・・・
なんやかんやで仲良し・・・とか、全然笑えないんですけど!!
この人に同情して、周りの人たちひどい!とか怒ってるのが馬鹿馬鹿しくなってきた・・・(汗)

今回は、朱里の就職、そして恒星の兄の更生・・・(ぷっ、オヤジギャグ)でしたな。
出来る兄になんだかんだでちょっかい出して、
兄の危機を救った気になって、自分を追いつめて・・・
だけど、今回のことで本当に「兄コンプレックス」から抜け出せたかな?
意地張って見に行かなかった実家の解体・・・
後悔しても、遅いんだよ・・・
さぁ、この後悔、今後どうつながっていくか・・ですな。

まさかの、橘カイジ=ずんの飯尾・・・
えぇ〜・・・?クリエイティブ感、ゼロなんですけど!!(笑)
ま、変わった人であるのはわかったし、
こういう人が呉羽にとっての安心・癒しなのかもしれんね。

京谷の父、亡くなったそうで・・・
千春さん、晶との別れを聞いたらさらに落ち込みそうなんで・・
お知らせは後程にしていただきたいですな・・

ふぅ・・・なんか、なんだかなぁ・・・って気持ちがどんどん膨らんできてさ・・
ここまで見たから最後まで見るけど・・・
晶は晶で、結局変わらないきがしてきたよ・・・・




  ◇  ◇   「かわいくなくて、何が悪い!本音を彼にぶつけた日・・・堂々巡りの恋に大きな決断が」
                                          2018.11.21.      

カオスや・・・
晶の会社に、朱里が・・・?

使えない部下に、ハラスメント社長の相手だけでも大変なのに・・・
辞めちまえ、こんな会社・・・
アンタなら、どんな仕事でもきっとできるから・・・
おぉっ・・・寒気がするぜ・・・。(汗)

一歩踏み出した晶・・・かな?
それは朱里との時間が・・・ってことで、
なんやかんやで、二人が影響し合って話が進んでいってるわけで・・・
京谷は、蚊帳の外・・・だな。
女は、こうと決めたら男は関係ないからね!ふんっ!!(笑)

花井家のゴタゴタは・・・
晶が一歩進むための出来事・・・だったね。
あんな風に自分の想いを貫く千春の姿は、晶に力強く映ったでしょう。
背中を押してもらえたのかもしれない。
千春もまた、晶に支えてもらって・・・
あぁ・・・嫁姑になったら、いい関係になりそうなのになー!
もったいないことしたよ、京谷!!


でもね・・・千春さんとこの話は、本当に胸に迫ってきまして。
このままだと死んでしまうかもしれない、でも、そばにいたい、ここで看取りたい・・・
そんな母の想い、どうして息子たちはわかってあげないんだろ?
呼吸器をつけられ、たくさんの管をつけて、ちょっと長生きしたところで、
それは幸せなんだろうか?
私は、千春さんにあんなに愛されてるお父さんを見て、
このまま逝かせてあげたい・・・って思うんだけどなぁ・・・
他人だから?
いや、私だったら、そうしてほしいけどなぁ・・・
ま、解決したからいいか!
兄嫁さんもいい人そうだし・・・
なんやかんやで、落ち着いてよかったっす。

なんだかねぇ・・・
ダラダラと見続けておりますけど・・・
このまま、たいしたオチもなく、終わりそうな気がしてきたよ・・・
ま、それはそれで、このドラマらしいけどもね・・・(笑)




  ◇  ◇   「衝撃のキスの夜!暴れだす恋のけもの達 偽装結婚の悲しい真実・・・でも好きだったよ」
                                          2018.11.14.      

京谷が嫌いーっ!
なんだ、コイツ!
自分のこと棚に上げて・・・・晶のキスは責めるんかい!
そりゃさ、オレが見てるって知っててキスしたんかい?って怒る気持ちはわかるけどさ、
だからって、アンタ、晶を一方的に責めるなんて・・・どんな神経してんだか。

こんな考えの男はね、やめたほうがいいぜ、晶ちゃん!
とっとと切っちゃいな!
元カノのとこに戻るなら、それでええやーん!ってなもんよ。

そして・・事の発端の呉羽さんに文句を言いに行ったけど・・
そっか、そんなことがあったのか・・
ってことは、京谷との「エッチ」も、手術後初めての・・・「できるかな・・?」って思って・・の、ってこと?
何も考えてない・・・わけじゃなかったんだ。
ちゃんとできるかどうか、試したかったのか。
それなら旦那でも恒星でもいいやん!って思うけど、
そうじゃないんだよね・・・。
好きって感情がある人とする前に、できるかどうか、確かめたかったんだろうなぁ・・・って、
なんか、その気持ちはわからんでもないかなぁ・・って、ちょっと思ってしまった。

呉羽が橘カイジと偽装結婚?って話を聞いて、気になって仕方なかった恒星だけど、
呉羽が抱えてる問題を知り、
そして、その問題を自分には話してくれず、頼ってもくれなかったことがショックだったわけだけど・・
「踏み込まない関係」だったからね・・・
踏み込むのが怖かったんだろうなぁ・・・
踏み込んだとて・・・・呉羽が望む答えを恒星が返せたとも思えないし・・・
だったら、今のままの関係を続けたいって気持ち・・・わかるなぁ・・

呉羽を本当の意味で救ってくれたのが橘カイジだったとしたら・・・
早く見てみたいなー!
恒星よ、上場の仕事、受けてしまいなさい!
早く対面しちゃいなさい!
そして、早く視聴者に橘カイジがどんなやつか、見せておくんなさい!!(笑)


そして・・・京谷が家を出ていき、行き先が気になる朱里は・・
晶の家に出没・・・帰ってない・・・近辺をウロウロ・・・5tapを見つけて入店・・・という、
まったく理解したくない女です。
晶が入ってきちゃって、慌てて逃げたけど・・・晶にはバレバレ。
で、飲み逃げしちゃった!って焦るも、晶が支払ったと聞いて・・
そういうとこがムカつく!!って勝手に怒り・・
今度はちゃんと晶に・・・って千春さんが送ったお酢、また盗むのか!!
ったく・・・ヒマだから余計なことをするんだよ!
とっとと仕事を探せってんだ!!
嫌いやわー!コイツ・・・


京谷と朱里・・・マジで嫌いやわ・・・。
晶んとこの社長も嫌いだけどね・・・。
社内に監視カメラつけるって・・・どうよ?
こんな会社・・・マジで早く逃げ出した方がいいわ!!
・・・京谷んとこの部長さんがガツン!ってやってくれて、ちょっとだけスッキリしたけどね!(笑)



  ◇  ◇   「元カノと直接対決 別れる気ありますか?・・・バカになってみた夜 揺れ動く恋のけもの」
                                          2018.11.07.      

そっか、「堂々巡り」から抜け出せないんだね、晶は。
恋も仕事も・・・
一歩その「円」から出てみたら、きっと全然違う何かが待ってるのに。
それをしないのは、もったいない。
できるはずなのに・・・
一旦、全部リセットしてみたらどうだろ?
そのきっかけが、恒星・・・ってのもアリだと思うけどね・・・・。


今回は・・・千春さんの思い出で泣けた。
そんな思い出があってよかった。
愛ゆえの介護・・・でよかった。
多少の意地もあるだろうし、多大な忍耐や疲労もあると思う。
だけど、その根底に、忘れられない思い出がってよかった。
・・・・それにすがらないとやってられん・・・のかもしれんが。(涙)

さて、晶ちゃん、元カノ朱里のもとへ・・・で前回終わりましたが・・・
朱里の言い分に、「こっちもアンタなんか大嫌い!」って言ってやりたかったけど・・・
晶は、そんな朱里が羨ましいんだと。
えぇ〜・・・?朱里的には嫌味にしか聞こえんし・・・(汗)
でも、晶は心底思ってるんだろうねぇ・・・
そんな風に自分!で生きられたら・・って思っちゃうんだろうなぁ・・・

それにしても・・・鼻歌からの、バリバリ仕事・・・怖かったっすねー!
出来ちゃうからまた、すごかったっすねぇ・・・
こりゃ、ますます社長の要望が増えるんちゃうか?と心配になっちゃう。
しかも・・・佐久間さんが辞める??
この会社・・・・マジで早めに逃亡したもん勝ちな気がしてきた・・・(汗)

時すでに遅しくん・・・の京谷。
自殺さわぎを起こした朱里のことが、「自分のせいで死んじゃう」ってのが耐えられず、
強く言うとまた自殺しちゃうんじゃ?って思って、ダラダラと今までやってきたようですが・・・
とうとう決意しました。
「このマンションはあげる、オレが出ていく、ローンは払うよ」ですと。
わーい!なんてありがたい話!!(笑)
・・・なわけ、ないわけで・・・
朱里さんよ、どうすんのかなぁ・・・?
まず、ゴミ屋敷になること、間違いナッシング!ですけどね。(汗)

京谷を受け入れると、また堂々巡りになっちゃう・・・と困った晶ちゃん。
荷物下げてこっちに向かってくる京谷を見て・・・ヤバッ!と思わず恒星にキス!!
うむ、これで京谷がどう出るか・・・だな。
ま、京谷には前科一犯、あるわけで・・・責められる立場じゃねーしな・・・

いやはや、なんだかねぇ・・・って思いつつ、長々と書いてしまひました。
早く、吹っ切ってほしいねー!



  ◇  ◇   「スマホを落とした彼のヒミツ・・・まさかの裏切りに彼女ブチギレ 衝撃の逆襲始まる!」
                                          2018.10.31.      

ちっ・・・引っかかったぜ・・
「はぁ・・・スッキリした」っていう予告のガッキーのセリフに、あらぬ想像をしてしまひ、
その流れを期待して、まんまと騙されたぜ!!(笑)


さて、パクっ!と京谷をいただいてしまった呉羽姐さん。
ストレートな人なんだね、欲しいと思ったらすぐにお手をつける・・・と。
で、ま、こんなもんっしょ?と晶にフツーにお伝えしちゃう姐さん。
イっちゃってます。(汗)

そこでさ、なんで?ひどい!最低!ってブチキレりゃいいのに、
あ、聞いてないし、知らないから、だからこの話はナシで・・・っていう「事なかれ主義」の晶。
だからダメなんだって・・・
そんなん、我慢するとこじゃないって。

京谷が、いや、黙ってられん、ごめん・・・って白状したからいいものの、
「お?この女、浮気してもOKタイプか?」って誤解されちゃうぞ?
・・・まぁ、「ごめん!」って白状すれば許されるって思ってたとしても許せんけど。(汗)

で・・・、その憂さ晴らしで、恒星と寝ちゃうことにした晶。
キスってするもの・・・?とか言い出す、メンドー女。(笑)
ここは雰囲気ですよ!流されるのが獣っすよ!!

・・・獣じゃないんすね、やっぱ・・・(涙)
で・・・酒飲んで、ベッドになだれ込んだら・・・恒星、酔って寝てまう・・という。
あぁ、寝てしまってヤラなかった・・・ってことにしてあげる!っていう恒星のやさしさね・・・って思ったら、
ガチで寝とるやないかい!!
もったいない!ガッキーを目の前にして酒に負けるとは・・・獣ではないな、コイツも・・・(笑)

ということで、何もせずに朝帰りの晶が銭湯に入って「スッキリ!」というオチでした。
けっ!風呂上がりスッキリかい!
騙された・・・(まだ言う・・・(笑))

で・・・京谷に「オレんチ、泊まったよ」と言っちゃった恒星。
おいおい、面白がってんのか?嵐を巻き起こしたいのか?何がしたんだ。

タクラマカンがカウンターの内側で面白がってるのは、間違いない・・・(笑)

一方で晶さん、京谷のマンションへ・・・元カノに会いに・・・?
おやおや?波乱の予感・・・?



  ◇  ◇   「今夜、恋のけものが動き出す!!・・・謝ればいいと思うな!ケンカとナンパと衝撃キス」
                                          2018.10.24.      

獣だね、呉羽は・・・
こんな風に生きられたら・・・ってことですか?
いやいや、私はこんな風には生きたくないっす。
行き過ぎてます。(汗)
あの状況で京谷に襲い掛かる意味・・・不明です。
理解、不能です。
獣になれなくて結構です。


さて・・・このドラマの問題点、発見。
それは・・・ガッキーの表情の乏しさ・・・かな?
あの傍若無人の社長にあんだけ詰め寄られ・・・マジ顔で対応するから、いかんのです。
もうちょっとコミカル要素を入れてくれると、
ちょっと薄まるんですよ、悲惨さが。

いや、悲惨さを表現したいのかもしれんが、リアルに悲惨で見てられんのです。
だから、ちょっと「ドラマらしいオブラート」に包んでほしいのです。
そのための「コミカル」が足りんのです。
それさえあれば、もうちょっと見てられるのに・・・

そんなこんなで、全然職場の環境改善はならず、
オマケに京谷の元カノの「京谷の母から晶に送られてきたモノをオークションで売る」という
恐ろしい暴挙発覚で混沌と・・・
はぁ・・・マジクソだな、この女。
コイツもある意味「獣」か?
こんな風に生きられたら・・・・って、思うかっ!!!
ウサギまで買って・・
その金って、オークションでモノが売れたお金か?
はぁ・・・・

この状況を打開すべき!と話し合いをしようとすると、
「別れたい・・・?」と聞いてきやがる軟弱男。
居座る元カノを追い出せないくらいだもの、こう返してくるわなぁ・・・

最悪ぅ・・・
こんな男、別れてしまえばいいのに。
なんで付き合ってるんだろ、4年も。
ありえへん。
獣みたいに生きられたらなぁ・・・・なんて段階の話ではない。
理解不能。

恒星が抱えてることも明らかになりましたけど・・・
歪んでまんなぁ・・
嫌いって言いながら、助けるために悪事に手を染めてしまった・・・
本当に嫌いなら切り捨ててしまえばいいのに、それはできない。
獣になれない・・・ってことか。
未だに悪事を引きずってるみたいだけど、大変なことにならんといいけどなぁ・・・

なんとなく流されて見ておりますが・・
どうしたもんじゃろのぉ・・・。




  ◇  ◇   「反撃開始!!仕事も恋も、私変わりたい」     2018.10.17.      

うーん。。。
そんな結末になる気がした。(汗)
結局、便利に使われることに変わりなし。
でも、今回の回想シーンを見ていると、
「やらされて」ってわけでもなく、 自ら世話を焼いてしまうっていう性質みたいだから、
あの社長がもうちょっと上手に晶を使えばいいんだよね。
こき使うだけでなく、時には甘い飴を与えないとーですよ。
給料アップくらいじゃ、またグレますよー!(笑)
ちゃんと折々で褒めたり感謝したりしてあげてください。

あと、前の派遣先の上司の紹介だからーとか、
その会社には彼氏が勤めてるからーとか、
簡単に辞められない理由もあるのかな?って思っちゃいました。

そしてー、京谷の家に住んでる女は、元カノだったのか!
なんで住んでるのか?
なんで追い出さないのか?
なんで晶は文句を言わないのか?
それがわかりましたね。


それぞれに恋人がいるときに知り合って、
京谷の彼女が仕事で悩んでるって聞いて、「辞めたらいいのに」って言っちゃって、
結果、彼女は会社を辞めて京谷の家に転がり込んで、
次の仕事が決まるまで一緒に住むことになったんだけど、
その最中に、晶との恋が始まっちゃったわけだ。

晶としては、 京谷の家に住むことも、会社を辞めることも、
自分が意見してしまった部分もあるし、
京谷と彼女の恋が終わる前に付き合いだしたっぽいので 罪悪感もあって、強く言えないのかもしれない。
でも、歪すぎる関係だよねー。
新しい恋をしたいーって気持ちはわからんでもない。

恒星は、悪い仕事をしてるみたいねー。
でも、あんまり興味はわきませんけど。(汗)
この人に、男としても、人間としても魅力を感じないんだよねー。

だからかな、呉羽は鐘の音が聞こえなかったのかも。(涙)

前回よりも惹かれる部分は減ったかなー?
様子見だなぁ〜。



  ◇  ◇   「本音が言えない大人の恋が動き出す・・・我慢ばかりの気遣い女VSでまかせ毒舌男!」
                                  初回70分SP     2018.10.10.     

はぁ・・・辞めちまえ!こんな会社!!
そんだけ可愛かったら、ほかに仕事があるはず!
そんだけ仕事がこなせるんだったら、どこででも働けるはず!

なんで我慢してんだ、こんなトコで・・・
マジで、山内圭哉さんが嫌いになりそう・・・(涙)

そんな、ブラック企業で、営業の仕事・・・いや、アシスタントとして働いている主人公・晶。
いるのよねぇ・・・・こう、サササっ!って何でもこなしちゃう人。
そうすると、あぁ、あの人がやってくれるんだ・・・あの人がやった方が早いしね・・・文句言わないし・・・って、
その方向に考える周りの人間ってのは絶対いるわけで。
で、こんな状況になるわけです。
晶が全面的に悪いわけではない、社長の九十九の言う通り、育てないかん・・というのも正論。
でもさ、あんだけハイパーでスピードで何かを要求されたら・・
そりゃ、こなしちゃうでしょ、できる人は!
はぁ・・・もう、マジでイライラしつつ、わかるわぁ・・・って思いながら見てました。


ただね、無意識に線路に体が傾くまでイッちゃってるのなら、やめた方がいい。
ビール三杯でも酔わないのよねぇ・・・なんて言ってるけど、
もうちょっと飲んだら、線路に落ちちゃう可能性があるわけで。

でもね・・・この状況を打破するために・・・恋をしたい・・・なんて言ってるのなら、
まだ大丈夫かなぁ・・・?って思えちゃった。(笑)

その余裕はあるのねぇ・・・
結婚したい相手がいながら、先が見えないってこともあって、恋したいなぁ・・・なんて言っちゃう・・・
うーん・・・危ない、危ない。(汗)
「ここ、オレの会社、寄ってく?一発、いっとく?」みたいな恒星にひっかからなかったのは良かったけど
危うい、危うい・・・

で、初回は晶メインで、周りの人はちょこっと見せ・・・って感じだったけど・・・
恒星もねぇ・・・付き合ってる?って思ってる女がほかの男と交際0日で結婚したって聞かされてまして、
わぁ・・こりゃぁ・・・なかなかのヘビー案件かと思ったけど・・
なんか、飄々としてるし・・?
嘘くさい笑顔をしちゃう晶に、感情を表に出さない恒星・・・
どっちも、「バカになれたら楽なのにねぇ・・・」な人種のようです。


そして・・・晶の恋人の京谷。
あの・・・家にいる女はダレっすか?
名字が違うんで・・・妹・・・ではない?
まさか・・・元カノとかじゃないでしょうね???
うむむ・・・謎深い・・・
そして、暗闇でネトゲしてる黒木華・・・・なんだかレア映像・・・(笑)

そんなこんなで・・・ラブになるかもしれないストーリー・・・らしいです。
まぁ・・・雰囲気ドラマ・・・ですな。
昨日もその類のドラマがありましたけど、
あっちよりは何がしたいか見えてる気がするので、面白かったかな?

ただね・・・イライラを我慢する精神力が今後も必要とされるのなら・・・
週の真ん中・・・正直しんどい。(涙)
頑張って変化してみた晶に対しての会社の対応が、変わりますように・・・(祈)




★ STORY ★ 新垣が演じる深海晶は、常に笑顔で仕事も完璧にこなすが、何のために頑張っているのかがわからない…。一方、松田演じるエリート会計士・根元恒星は、人当たりがよく女にモテるが、誰も信用せず、無防備に人を愛せるほど馬鹿じゃない…という役どころ。そんな“心に堅い鎧を着込んだ”二人が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会い、本音でぶつかり、傷つきながら、自分らしく踏み出す姿を描いていく。