木曜9時〜    テレビ朝日       
 脚本:橋本裕志    演出:田村直己ほか    P:内山聖子ほか
 主題歌・・・ 「イルミネーション」 SEKAI NO OWARI


◆ 出演者 ◆
小鳥遊翔子 米倉涼子 「京極法律事務所」の管理人 元弁護士
海崎勇人 向井理 「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士
青島圭太 林遣都 「京極法律事務所」の弁護士
白鳥美奈子 菜々緒 「Felix & Temma法律事務所」のアソシエイト弁護士
馬場雄一 荒川良々 「京極法律事務所」のパラリーガル
神保有希 内藤理沙 鉄道バーの店員
中沢淳美 宮本茉由 天馬壮一郎の秘書
伊藤理恵 安達祐実 「京極法律事務所」のパラリーガル
茅野明 三浦翔平 「京極法律事務所」のパラリーガル 現役ホスト
大鷹高志 勝村政信 “上から目線”のヤメ検弁護士
天馬壮一郎 小日向文世 「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士
京極雅彦 高橋秀樹 「京極法律事務所」の代表弁護士
◆ レビュー ◆
  ◇ case ◇   「エリート学生の10億暴行事件!?ポチ一世一代の賭け」    2018.11.15.   

泣き落とし・・・?
えぇ〜・・・?
なんだそれ・・・・って思ったよ。(汗)

全然リーガルドラマって感じがしないんだよなぁ・・・
視聴者プレゼントだの、パーティでワーキャーだの・・・・
せめて裁判でおぉ!って思わせてほしいのに、泣き落としだし・・・・

面白さがわからん。
はぁ・・・
「ドクターX」のほうが良かったなぁ・・・・
あ。言ってもーた。(笑)



  ◇ case ◇   「時給25億の花嫁・・・!?遺産相続のトリック」    2018.11.08.      

額が大きすぎてさぁ・・・
小さな事務所なんだから、もっと堅実に稼ぎなさいよ・・・と、
元も子もないことを言っちゃう私。(笑)
だってほら、結局、成功報酬ゼロだし・・・(汗)

っていうかさ、途中で「依頼人の奢り!」とか、「結果的に勝ちだからお祝い!」とか、
確かな金額が手に入ったわけでもないのに豪遊する・・・
おかしくないか?

医者のころはこんなことできなかったから・・・憂さ晴らしか?(笑)

そもそもさ・・、今回、小鳥遊の出番ってあったっけ・・・?
金に釣られて依頼人を事務所に呼んでおいて、ケチつけまくるBBA・・・ってくらいしか
印象がないんですけど??
存在する意味がイマイチわからん。

痛快でもないし、こりゃ「ドクターX」の続編のほうが良かったんじゃ・・?って思えてきたなぁ・・・(汗)



  ◇ case ◇   「嘘つきな証言者!?1億の保険金殺人事件に勝つ!」    2018.10.25.   

今回は、事務所の面々が動いてて、面白かったですね!
いい感じで回り始めた・・・って感じ。

敵対する事務所の出番も少なくて良かったです。
・・向井くんが出てこないだけで、目が散らずに済むってことか・・・?(汗)
やっぱ、この事務所だけで大きくまわし、
敵対する事務所なんて存在させなきゃ良かったのになぁ・・・
存在させたとしても、今回のコッヒーをメインにして存在を薄めにするとかね・・・
それだけでだいぶメインが引き立っていいと思ううんだけどな。

さて・・・早々に怪しかった、恩師の先生。(汗)
あんなバレるウソ、なんでつくかね。(汗)
奥さん・・・可哀想やわ。
今回もかなり自由な法廷のおかげで、真実が明らかになり、良かったです。
それにしても・・・判事と検察官の癒着って、最悪やな。
どんなに訴えても、「異議を却下」で済ましちゃうんだもん。

検察官だけでなく、あの判事も罰してもらいたいもんだわ。

ようやく大鷹が仲間となりまして。
弁護士の数とパラリーガルの数が一致しましたな。
・・・使える弁護士は二人だけど。(汗)



  ◇ case ◇   「女性役員パワハラ裁判3億円!?録音データに勝つ!」
                                      69分SP     2018.10.18.     

向井くんって、存在意義・・・ある?(汗)
ちょこちょこ顔を出してくるけど、白鳥の仕事にくっついてないとダメなの?
自分の仕事、やってる?

そんなに白鳥が信用できてないの?
よくわからん・・・
そうでもしないと出番がない役って・・・意味あるのかね?(汗)

さて、前回よりもグダグダ感を感じてしまった今回。
まぁ・・・使えないポンコツばかりだから仕方ないとはいえ・・・
ポンコツ部分が多すぎて勝てる気がしねぇ。(笑)

だけど、勝つんでしょ?って思いつつ見ていたんだけど、
その「勝つための秘策」がイマイチわかりづらくて、
何を見せられてんだ?って気がしちゃって。(汗)

最後に、こんなことしてましたね?って他人の口から説明されても。(汗)
見せてくださいよ、そこんとこ。

主役でしょうに。
ほんと、弁護士資格がないって、使えないね!(笑) ←言ってやったぜ!!

まだ迷走中かなぁ・・・?
もうちょっと形として固まって来ると面白くなるかもしてないけど。
だって、事務所内の人員、全然有効利用できてないし。(汗)

無駄な金使って雇ってるとしか思えない。
ってか、ヤメ検、いつまでいるわけ?
早く立場を明確にしていただきたいわ。



  ◇ case ◇   「痴漢裁判300億円!?絶対に勝つ女!!」   初回69分SP   2018.10.11.   

「ドクターX」みたいやーん・・・
って言いつつ、やっぱ楽しんで見てもーたなぁ・・・(笑)
役者の役割も、あんまり「ドクターX」と変わってない気もするけど、
それもそれで楽しい・・
やっぱ、ハズレなし・・・かな?

事件としては、痴漢冤罪ってことで、からくりは早々に予想がついてしまいまして・・・
どう料理するか・・・が楽しみどころでしたね。

何があったか詳しくは知らないけど、弁護士資格をはく奪された主人公が、
弁護士資格は持ってるけど、弁護士の仕事はしてこなかった大学教授を代表にして、
頼りないけど正義感はある新米弁護士・青島を雇い、
前科ありまくりのパラリーガルも採用して・・・の、最初の事件。
背景に大企業がいる!と知って、翔子は途端に躍起になって仕事を始める・・・
そして、無事に冤罪を勝ち取り、会社を相手取って賠償金もたくさんふんだくって・・・
初回の事件は勝利!ってわけでした。

小鳥遊の事務所だけでも楽しいし、キャストも濃いのに、
敵対する大事務所にまでいろいろとキャストを配置してるので・・・
なんか、ちょっとゴチャついてるかなぁ・・・って気がしましたね。

初回はこの事務所同士の対立・・・ってのは大きくはなかったけど、
今後はちょいちょい絡んでくるのかしら?
あんまりやりすぎると飽きてくる気がするけどねぇ・・。




★ STORY ★ 弁護士資格を剥奪された小鳥遊(たかなし)翔子が法律事務所の管理人となり、不利な訴訟でも勝利に向けて突き進む物語。