金曜11:15〜    テレビ朝日       
 脚本:谷口純一郎ほか    演出:深川栄洋ほか     P:三輪祐見子
 主題歌・・・ 「君のうた」 嵐

原作

◆ 出演者 ◆
高円寺達也 相葉雅紀 坂の上動物病院 院長
加瀬トキワ 広末涼子 坂の上動物病院 動物看護師
すず芽 趣里 神楽坂の芸者
堀川広樹 小瀧望 東都獣医大の学生
まめ福 神楽坂の芸者
神主 矢柴俊博 赤城出世稲荷神社の神主
名倉雅彦 大倉孝二 達也の幼馴染でフリーライター
田代真一 村上淳 ナルタウン動物病院 獣医師
高円寺貴子 かとうかずこ 達也の母親
徳丸善次郎 イッセー尾形 姿を消した獣医師
◆ レビュー ◆
  ◇  ◇   「さよならコオ先生 運命の最終オペ・・・!!」   最終回    2018.11.30.    

7年間ずっと待ってて、あんな風になって帰って来たから、はい、サヨナラ・・・は、
ちょっと気になる男性ができた・・・とか関係なく、できないかも・・だわよ。(汗)

加瀬センセのご両親は、「もういいよ」って本当に思ってくれてると思う。
だけど、そうはできないよなぁ・・・って思ってるトキワさんへ・・・
加瀬センセの口笛・・・だよ。
この人は変わってしまったように見えるけど、そうじゃない・・・ってこと。
そして、コオ先生の言葉・・・
忘れてしまったとしても思い出は消えない、また作ればいいだけ・・
これは、背中を押された・・・って感じだよね。

コオ先生は意図してトキワさんに聞かせたわけではないだろうけど・・・

涙で別れるトキワさんの前では我慢してたコオせんせいが、
トキワさんの置手紙を見て嗚咽するシーン・・・
なんだよぉ・・・好きだったんじゃん!淋しいんじゃん!!って、
こっちまで泣けてきてさぁ・・・
動物で泣かされると思ってたこのドラマ、まさか、相葉ちゃんで泣けるとは・・・・(笑)

動物を飼うってことは、楽しいことや幸せなことばかりではない。
大変なことはたくさんあるし、悲しいことや辛いこともある。
だけど、共に生きると決めて、家族になったんだ・・・
どんなときも大事に・・・お別れするまで・・・そして、きっとまた会える・・・
なんか、ペットとともに生きる身として、いろいろと心に染みるドラマでした・・・
ありがとう!!



  ◇  ◇   「超難関オペに挑む!!最後の衝撃的展開!!」    2018.11.23.      

お笑い芸人をドラマに使うのは、今さら絶対反対!とは言わん。
確かに上手にこなす人も多いし。
ただ・・・・渚はいただけんでしょ。(汗)
ちょい役だから目をつむってたとこ、あるんすよ、正直。
なのに、今回はメインですもん・・・
もう・・・見てられんし。

ラブちゃんがどんな状況でも集中できんし。
泣けんかったし。
このドラマで泣かんかったの、初めてかもしれんわ。(汗)

そんなこんなで、メインの話はおいといて・・・
いい感じになってたコオ先生とトキワさん。
そんなとき・・・行方不明の加瀬先生の消息がわかったとな!
でも・・・どうやら、元気で戻って来るわけではないらしい・・・
まぁ、7年も連絡を寄越さないんだもん、そりゃそうだよね・・・(涙)


せっかく動き出したトキワさんとコオ先生の道・・・
やっぱ、ダメなんでしょうか・・・
コオ先生、海外での仕事の話が舞い込んできてましたけど・・・
加瀬先生のことを考えると・・・行かないで!って思っちゃうなぁ・・・(涙)



  ◇  ◇   「小さな命を緊急オペ 2人の恋に急展開!!」    2018.11.16.      

お姉さんがあんなに頑なだったのは・・・
そういう気持ちだったのね。

母が死に、父は芸者さんとこにハマり、一人ぽっちだったんだ・・・
だけど、弟がいたって事実は嬉しかった・・・
そんな気持ち、忘れてしまっていたんだけど・・・・

娘・香子が預かることになったワンちゃんのことをいろいろ思い出しちゃったんだ・・
愛犬ジュリが死んだばかりなのに、違う犬に気持ちを移そうとしている娘が、
母が死んで心を移した父みたいに思えて・・・


でもさ、辛いとき、寄り添ってくれる・・・
ペットって、そういう存在なんだよなぁ・・
もう、家族なんだよぉ・・・
病に倒れたワンちゃんをみて、姉さんはいろいろと気づかされた・・ってわけだ。

再開発の話・・・進んでるけど、姉さんの一声でなんとかなるかしら・・・?
だといいけど・・・

トキワさんとコオ先生仲が進みそうでドキドキしたけど、
熱・・・かいっ!!(笑)
ま、相手の小さな変化に気づいちゃう=いつも見つめてるってことなんで・・・
コオ先生の気持ちはトキワさんに向かってるんでしょう。

あとは・・・・トキワさんだよねぇ・・・
難しいなぁ・・・




  ◇  ◇   「嵐を呼ぶインコ・・・!?2人の距離が急接近」    2018.11.09.      

今回はいろんな「親子」の話でしたね。

しかし・・・驚いた。
まさか・・・大地とトキワさん、血のつながりがないとは!

加瀬センセの連れ子だったんだ・・・
そりゃ・・・・お祖父ちゃんたちが引き取りたいっていうのも、仕方ないか・・・って思っちゃったよ。(汗)

加瀬センセが死んだとは限らない。
今まで二人で生きてきた・・・その事実は変わらないわけで。
だからこれからも二人で・・っていう結末だったね。
まぁ、大地自身がトキワが実母ではないってわかってるのであれば、
今後もトラブルは少ないでしょうから、大丈夫かな・・?

そして、すず芽ちゃんの母子のお話・・・
インコのつぶやきには・・・泣けたねぇ・・・(涙)
あんな風な母のつぶやきを聞かされたら・・・仲直りするっしょ!!

気の強い性格の二人だけど、インコのおかげ・・だね。

毎度ながら、ほんわかと心温まる話ですなぁ・・
いい気持ちで眠りにつけます・・。



  ◇  ◇   「救いたい!!1%でも可能性がある限り・・・」    2018.11.02.      

神主の存在の意味・・・を問うたよ、前回。
今回・・・存在の意味・・・あったね。(笑)
ごめんよ、神主・・・。


難しい手術を受けたものの、ワンちゃんは死亡・・・
命と向き合い、家族が望むなら・・・と手術に踏み切ったコオ先生。
なのに・・・ネットに情報が流れて炎上・・・

まぁ、犯人は息子はんだろう・・・・と思いましたけど、案の定。
悲しんでる母親を見かねて・・・かもしれんが、ひどすぎた。
謝られても、評判は一朝一夕では戻らんのだぞ!!

経営が心配だわ・・
なのに・・・堀川君、坂の上に来ちゃったし!
おいおい・・・雇えるのか、コオ先生!!(汗)

実は、我が家のワンコも11歳になりまして・・・
心配になってワンチャンドッグに行ってまいりました。
検査結果待ちです。
何も異常がありませんように・・・

今回は、相葉ちゃんの無精ひげが見られたので、それだけでヨシ。(笑)
あーいう相葉ちゃん、貴重だわー!



  ◇  ◇   「たった一人の家族の命・・・絶対守りたい!!」    2018.10.26.      

その結末かー。
そんな気がしてたんだけど。。。

かなめ屋さんにしたら、安堵して逝けたから良かったのかな?
で。。。院長センセは何しに戻ってきたんだっけ?
新しい家が居づらくて戻ってきたのかと思ったけど
ちゃんと帰っていったしなぁ。。。
コオ先生が心配で様子を見にきたのかな?

次回は大変なことになりそうー。
もう最終回ですか?ってくらいの騒動っぽいけど 大丈夫かね。。。?

個人的には・・・・あの、神主さんが不気味で、存在が好きじゃない。(汗)
せっかくのドラマの雰囲気を不気味なモノにしてるんだもん・・・

必要・・・?



  ◇  ◇   「延命か断脚か?家族が選ぶ幸せのカタチ・・・病を治し、心を癒す」    2018.10.19.    

嵐ちゃんの新曲で主題歌の「君のうた」の歌詞に「虹の橋」っていうとこがあって・・・・
そっか、そうだったのね・・・とストンと腑に落ちた。
この歌は、愛する存在に対して・・・それが人間でもペットでも・・・
どっちにも通じる歌だったのね・・
虹の橋で待ってる・・・
はぁ・・・泣いてもうたわ・・・。

夜中に泣くと、明日の朝、目が腫れるのよね・・・・(涙)

ウチのワンコは最近11歳になった。
ありがたいことに健康。
でも、残りの寿命がそんなに残ってないのに、
腫瘍ができたからとて、脚を切るか・・・
考えただけで悲しいけど、考えてみた。
そんな可哀想なこと、できない!って思ったけど・・・
コオ先生の言葉に愕然とした。
ワンコは苦しんでる。
痛みを取ってあげる方法が、脚を切るしかないのなら・・・
そうしてあげるべき・・・なんだよね・・・。

あぁ・・・いかん、自分に置き換えてみてしまうと、つらすぎた・・・(涙)
でも、やっぱり、温かい空気に包まれている、素敵なドラマだ。

コオ先生の背景も一気に見えてきて、
こんな穏やかな人が、そんなもん背負ってたとは・・・
いやはや、人は見かけによらん・・・
お坊ちゃまだったとは・・・。

田代センセが敵役かと思ったけど、この人も悪い人ではない。
全体的にやっぱり、優しいドラマだ。



  ◇  ◇   「若き獣医師が紡ぐ心温まる感動の物語」     2018.10.12.       

ナチュサボンな相葉ちゃん・・・可愛い・・・
そして、ワンコもニャンコも可愛い・・・そして、せつない・・・(涙)

まさかのワンコの心の声に、涙してもーたがな・・・・
いやぁ・・・・やっぱ、相葉ちゃんはこの手の話がピッタリやね!!

達也が就職するためにやってきた実家近くの動物病院・・・
でも、院長はすでに姿を消し、一人きりでオンボロ病院を再開することになったわけですが・・・
この、達也って人間を名倉たち脇の人間のセリフで説明してるのがいいですね。
そのおかげで、とてもわかりやすかったし、説明臭くもなかった。

穏やかな人柄だけど、実は有能な獣医師ってのもわかりましたしね。

でも、オペもやるなら一人では無理・・・・
そんなとき、動物看護士を母に持つ少年が車に轢かれたワンコを見つけて・・・っていう、
何とも都合の良い展開ではありますが、
まぁ、マンガ原作なんでね・・・そんなこともあろうかと・・・
なんだろ、相葉ちゃんのおかげですべてが優しい気持ちで受け入れられる・・・(笑)

優しく丁寧な達也の仕事を目の当たりにし、
勤めるはずだった大きな動物病院のシステマチックでスピーディな医療に疑問を持ったトキワ。
なんと、達也の病院に来てくれることに!!
・・・あのぉ・・・給料…払えるかどうか・・・(汗)
でも見捨てないでやってくださいね!!!


いやぁ・・・癒されたなぁ・・・
個人的には、趣里さんの演技がお気に入りで。
大地くんとのお弁当のやり取りは素晴らしかったです!(笑)
今後も楽しみ・・・



★ STORY ★ 東京・神楽坂で開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く物語。